為公会いこうかい⇒志公会しこうかい(麻生太郎政策集団)

INDEX

 トップへ

麻生派の日々の活動

志公会の活動

2023 統一地方選挙

2022 参院選挙 松本純は自民党復党と神奈川1区支部長復帰を成した  志公会事務局顧問に就任

2021 コロナ禍で例会開催にも慎重な対応  苦しい一年

志公会と語る夕べ コロナ禍の「志公会と語る夕べ」2020アルバム

2020 新型コロナウイルス感染拡大防止

2019 参院選挙

2018 例会・志公会と語る夕べ・夏季研修会

                 緊急総会→安倍総裁選挙に59/59票・志公会有権者全員投票  麻生会長のもと一致団結

 

為公会➡志公会

2017 新たな 体制づくり(為公会を発展的に解消し三派合流)

 

為公会の活動

2016 参院選挙勝利へ

2015 あるべき政策集団をめざして

2014 11月21日衆院解散、12月2日公示、14日投開票

2013 参院選挙勝利でねじれ解消へ

2012 民主党政権を解散に追い込め! そして政権奪還!

2011 政権奪還を目指して  統一地方選挙勝利

2010 野党自民党として 参院選大勝利

2009 麻生は総理就任のため為公会離脱中 7月21日衆院解散

2008 麻生は二度目の幹事長に 、第4回総裁選勝利し総理へ

2007 第1回為公会パーティー 、第3回総裁選

2006 第2回総裁選、「太郎会」設立、「為公会」設立

 

麻生太郎の考え

2008/02/25 私の地方繁栄論

2008/01/22 安心を取り戻すプラン

2007/01/08 麻生太郎邸訪問!

 

麻生派の歩み

 

志公会(新麻生派)設立
2017(平成29)年7月3日
ホテルオークラ

為公会(44名)、番町政策研究会(10名)、天元会(6名)、以上三派が発展的に解消され、新たに志公会(新麻生派)に集結する設立総会が開かれた。59+1名を擁する第2派閥、新麻生派が結成された。

 

為公会(麻生太郎政策集団・派閥)設立
2006(平成18)年12月19日(火)
ホテルオークラ

「天下為公(天下をもって公となす)」

  古代中国の経書、礼記の一説にある為政者の政治理念を説く言葉で、「大同の世界を建設する」の意である。政治的決断を迫られた幾多の局面において、常に私の頭にあった大切な言葉である。
 昨今、「公」という言葉からその重みが失われつつあるが、自由、民主主義は「公」の概念がなければ成り立たない。そして為政者には、今、この「公」の重みを取り戻し、国家が公共全体の為にあるべく政(まつりごと)を行い、蒼生安寧を図ることが求められている。
  今ここに、天下が「公」の為にあるという崇高な理念の下、政策研究・立案を行い、我が国が持つ底力を引き出すべく活動していく政策集団「為公会」を設立する。

2006(平成18)年12月19日
 衆議院議員 麻生太郎 他 会員一同

麻生太郎(会長)、中馬弘毅(座長)、鈴木恒夫(副会長)、鴻池祥肇(副会長)、森英介(事務総長)、山口俊一、岩谷毅、河野太郎、桜井郁三、井上信治、赤間次郎、鈴木馨祐、薗浦健太郎、浅野勝人、松本純(事務局長)

 

太郎会(麻生太郎を囲む超派閥の会)
2006(平成18)年10月23日(月)設立
キャピトル東急ホテル

 「太郎会」、これは私が勝手に呼んでいる名称で、麻生太郎招待懇談会とでも言うのが正式な呼び名かも知れません。麻生太郎さんの総裁選挙に協力した仲間と、ときどき懇親を深め、交流を続けようと麻生太郎さんから呼びかけられた会合です。それぞれの現在の取り組みについての話などで盛り上がりました。

この私が勝手に呼んでいた「太郎会」が正式な会の名前になってしまいました。毎月定例で、直接麻生太郎と語る会として、徐々に仲間の輪が広がったらいいな、と思っています。

 

大勇会が独立旗揚げ(16名)
1999(平成11)年1月18日

河野洋平(11期)、粕谷茂(9期)、相澤英之(8期)、石川要三(7期)、東家嘉幸(7期)、麻生太郎(6期)、中馬弘毅(6期)、江藤征士郎(5期)、鈴木恒夫(3期)、森英介(3期)、浅野勝人(2期)、亀井久興(2期)、栗原裕康(2期)、岩下栄一(1期)、河野太郎(1期)、松本純(1期)、以上に鯨岡兵輔(12期)が合流し、大勇会が旗揚げした。その時、麻生太郎先輩が松本純に贈った言葉が「義理と人情とやせ我慢」。

 

大勇会(河野洋平グループ)宏池会離脱
1998(平成10)年12月21日

当時の宏池会会長宮澤喜一氏が後継者として加藤紘一氏を会長に指名することが決定し、それに反発した河野洋平グループ15名が脱会することになった。

 
 

派閥で組織論を学ぶ

 

麻生太郎の涙と松本純の奮闘(未定稿)

2023/02/16(敬称略)

▼麻生太郎の涙 麻生政権末期・総選挙で自民党181名を失ったこと

自民党

野党(民主・立憲)

2009

前回選挙296
直前議席300
選挙結果119(181)
麻生太郎

前回選挙113
直前議席115
選挙結果308(193)
鳩山由紀夫(民主)

2012

前回選挙119
直前議席118
選挙結果294(176)
安倍晋三と共に麻生は贖罪した

前回選挙308
直前議席230
選挙結果 57(173)
野田佳彦(民主)

2014

前回選挙294
直前議席295
選挙結果291(4)
安倍晋三

前回選挙57
直前議席62
選挙結果73(11)
海江田万里(民主)

2017

前回選挙291
直前議席284
選挙結果284(±0)
安倍晋三

前回選挙(新党)
直前議席15
選挙結果55(40)
枝野幸男(立憲)

2008年に総裁・総理に就任した麻生太郎は、2009年、任期いっぱいになり解散を打たなければならない時期到来。

リーマンショック対策でG20を新設し、IMF1000億ドル貸付、など国際社会に麻生太郎の名を轟かせるも、マスコミ世論は「一度民主にやらせてみろ」の大合唱。

自民党300議員の首を切 る解散を打つも、結果は119名に激減。麻生太郎は涙を流した。

2012年、 自民党議員の捲土重来を期し、安倍晋三の二度目の総裁・総理就任に向け決死の総裁選に立ち向かう。各派閥で「もう安倍はない」の党内雰囲気を覆し、決選投票に持ち込み、石破を破り安倍晋三の二度目の総裁総理が誕生。

その直後に行われた2012年総選挙で294議席を確保し、政権を奪還し、麻生太郎は贖罪した。

 

▼松本純の奮闘 麻生太郎総裁選と派閥拡大への道

政局全般の情報を持ち、高い次元で判断するのが派閥の長の役目。松本純は派閥会長のもとで一致結束することが政治力の源泉と考える。

≪初期の動き≫

1996年(平成8)年 松本純衆議院議員初当選 地元県市議の推薦で河野洋平先生の門を叩く。
自民党総裁だった河野洋平は派閥解消を訴えていたことから、河野を慕う15〜16名は河野の尊敬する宮澤喜一会長の宏池会に在籍。その中での番頭格は麻生太郎。そこへ初当選同期の河野太郎と共に宏池会へ入会した。

1998(平成10)1221日〜
河野洋平が大事にしていた宏池会の宮澤会長は河野洋平へ会長職を委ねると見ていたが、加藤紘一会長が誕生する流になった。反発した河野グループは、
宏池会離脱し大勇会(河野派)発足へ

1999(平成11)0118日〜
大勇会が独立旗揚げ(15名+1) 河野洋平(11)、粕谷茂(9)、相沢英之(8)、東家嘉幸(7)麻生太郎(6)、中馬弘毅(6)、衛藤征士郎(5)、鈴木恒夫(3)森英介(3)、浅野勝人(2)、亀井久興(2)、栗原裕康(2)、岩下栄一(1)河野太郎(1)松本純(1)、 以上に鯨岡兵輔(12)が合流。

≪総裁選≫

1999(平成11)0909日〜
自民党総裁選1999告示日・21日投票/小渕(当選)350票・加藤113票・山崎51

2001(平成13)0414日〜麻生挑戦1回目
自民党総裁選2001告示日・24日投票/小泉(当選)298票・橋本155票・麻生31

2003(平成15)0920日〜小泉内閣・閣内の麻生は不出馬
自民党総裁選2003投票日/小泉(当選)399票・亀井139票・藤井65票・高村54

2006(平成18)0908日〜麻生挑戦2回目
自民党総裁選2006告示日・20日投票/安倍(当選)464票・麻生136票・谷垣102

2006(平成18)年10月23日〜「太郎会」設立
 鳩山邦夫の協力により麻生太郎を支える太郎会が立ち上がり、鳩山氏が会長へ。

2006(平成18)1221日〜「為公会」設立(15)
麻生太郎(会長)、中馬弘毅(座長)、鈴木恒夫(副会長)、鴻池祥肇(副会長)、森英介(事務総長)、山口俊一、岩屋毅、河野太郎、桜井郁三、井上信治、赤間二郎、鈴木馨祐、薗浦健太郎、浅野勝人、松本純(事務局長)

2007(平成19)0914日〜麻生挑戦3回目
自民党総裁選2007告示日・23日投票/福田(当選)330票・麻生197

2008(平成20)0910日〜麻生挑戦4回目で総裁・総理に就任
自民党総裁選2008告示日・22日投票/麻生(当選)351票・与謝野66票・小池46票・石原37票・石破25

2009(平成21)0918日〜野党自民党の総裁選
自民党総裁選2009告示日・28日投票/谷垣(当選)300票・河野144票・西村54

2012(平成24)0914日〜自民党総裁選2012告示日・26日投票
@石破199票・安倍141票・石原96票・町村34票・林27票、
A安倍(当選)108票・石破89
決選投票で麻生の支持する安倍が二度目の総裁・総理に選出

(当時為公会会員は12)⇒派閥内4名の 意見不一致が出て、12名の一本化が出来ず麻生会長の面子を潰した形となってしまった。

≪松本純の贖罪の開始≫派閥拡大へ

2015(平成27)0908日〜自民党総裁選2015告示日
安倍(無投票当選)

2017(平成29)0703日〜「志公会」発足
三派合流により59名による志公会(麻生派)が立ち上がる。
松本は
国家公安委員長、防災大臣など務めながら、長年の懸案であった合流を完成させた。

2018(平成30)0827()晴れ時々曇り〜自民党総裁選2018に向け
0745(閥務)総理面談(志公会政策提言)/官邸
1100(閥務)麻生会長面談(甘利座長より政策報告)/都内
1400(閥務)志公会緊急総会(次期総裁選推薦候補について)/志公会事務所
※推薦人署名の徹底
全会一致で了承されたことから、直ちに安倍晋三総裁候補の推薦人書類に各自署名がなされ、本人署名31、代理者署名27推薦人候補全メンバー58(森英介選管委員を除く)から安倍支持の署名書類が整った。

為公会(麻生派)を一本化し、松本は麻生太郎会長を支えた。

以上

 


トップページへ