志公会しこうかい(麻生太郎政策集団)

2020(令和2)年

 トップへ 目次へ 前のページへ 次のぺージへ

3月12日(木)晴れ 国会不正常

衆院本会議遅れるも新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案可決→参院へ送付

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

本日正午より志公会(麻生派)の例会が開かれました。麻生太郎会長の挨拶は下記の通りです。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2020/03/12 【要旨】

 昨日、東日本大震災の発生から丸9年を迎えた。改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、被災された方々に心よりお見舞い申し上げる。

 あれから9年。この間、鈴木俊一先生のご地元含め、被災地の皆さんは復旧に取り組んでこられた。そして今、田中(和徳)先生が復興担当大臣をお務めである。

 地震や津波など我々は長いこと自然災害に悩まされてきた。そしてその都度、皆で国難を乗り越えてきた。その意味でも皆さんと共に更なる復興への道を歩んでいきたいと思う。引き続き皆さんにもご活躍いただくことをお祈り申し上げる。

 さて、ご存知のように今、国会(審議)は止まっている。一部反対はあったが与野党の賛成をもって、緊急事態宣言を可能にする法案は(衆議院内閣)委員会審議を終え、これをきょうの(衆議院)本会議で通す予定ではなかったのか。一日も早く参議院に送らねばならない法案ではないのか。早く成立させなばならないという点で、有権者の目は厳しいと思う。

 他の委員会でもそれぞれ法案等を抱えておられると思うが、それらにきちっと対応し責任を果たしていく。それをもって我々は国民の負託に応えていかねばならない。ぜひそうした自覚を持って臨んでいただくことをお願い申し上げる。

 


3月5日(木)晴れ時々曇り 参・予算委員会・一般質疑

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

今日は麻生太郎会長が参議院財務金委出席のため森英介会長代理が挨拶されました。


2月27日(木)晴れ時々曇り 衆・予算委員会・一般質疑

棚橋予算委員長解任決議案・森法務大臣不信任決議案、いずれも否決

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

正午より志公会(麻生派)の例会が開催されました。麻生太郎会長の挨拶の様子です。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2002/02/27 【要旨】

 今月3日に(実質)審議入りした衆議院での新年度予算案は、本日午前までの審議時間は77時間となった。予算委員会の委員の方、また国対等の関係者にはご苦労いただいているが、年度内での確実な成立を図るべく、最後まできちんと詰めていかねばならない。

 新型コロナウィルスについては予断を許さない状況だ。入ってくる情報も限られている。感染の拡大を許さないためにもこの1〜2週間が極めて重要だ。(政府として)予備費を活用した緊急対応策をまとめさせていただいたところだ。

 これによって、経済がリーマンショック並み(の影響を受ける)と言う人もいるが、あの時は市場からカネが無くなった。今は市場にカネが余っている。同じように例えるのは経済にとって不必要な話だ。こういったものは“正しく恐れる”べきだ。リーマンショックと比較するのは如何なものかと思っている。まだ分かっていないことが多い中、やはり正しく恐れなければならない。

 この冬はインフルエンザにかかる人が少ないと言うが、やはり手を洗うことは効果があるということは確かだと思う。

 いずれにしても、(新年度)予算の早期成立に向け最後の最後までよろしくお願い申し上げる。

 


2月20日(木)曇り 衆・予算委員会・一般質疑

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

正午から志公会例会が開催されました。麻生太郎会長の挨拶は下記の通りです。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2020/02/20 【要旨】

 国会では衆議院において新年度予算案が審議中だ。出席されている方、またテレビ等でご覧の方はご存知だと思うが、「ストップ&ゴー」を繰り返してはいるが、本日午前までで審議時間は約63時間に達しており、あすは中央公聴会が予定されている。

 この予算は社会保障の充実、防災・減災、国土強靭化等を実施していく大切なものだ。加えて、先行きの話として、(新型)コロナウィルスの感染拡大による経済への影響もよく見ていかねばならない。

 そうした意味でも、また、地方(自治体)の議会、予算への影響からも、この予算が年度内に成立するか否かは肝心なところだ。衆議院を通過すれば、次の参議院での(審議の)形も見えてくるので、非常に大事な点であることを腹に収めて対応していただきたい。

 他の委員会でもいわゆる「店開き」の時期となっており、いろいろと重要な法案の審議が控えている。

 今、(新型)コロナウィルスへの対応に当たっておられる方、また、感染症対策に当たっておられる方もそうだが、それぞれ懸命に努力をされている。

 我々は立法府に身を置く者として、一日も早く予算をきちんと成立させ、その上で必要な法律をこしらえていくのだという自覚を持って、対応していただくことをお願いする。

●1830〜(閥務)志公会定例懇談会/都内

番記者の皆さんから感謝の挨拶があり、大変盛り上がった懇談会になりました。


2月13日(木)晴れ 新型コロナウイルス感染防止へ

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

正午から志公会例会が開催されました。麻生太郎会長の挨拶の要旨は下記の通りです。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2020/02/13 【要旨】

 国会では新年度予算案について(衆議院)予算委員会で審議中であるが、現在は中断している。毎年、何かしらの事態が起きるのでなかなかスムーズに進まないこともある。

 やはり今は新型コロナウィルスへの対策、そして経済への影響を真剣に考えなければならない。その意味からも我々としては、一日も早く予算を成立させる必要がある。

 先程、報道されていたが、森英介先生のご地元(勝浦市)にあるホテル三日月に滞在されいた方が検査の結果、全員陰性と確認され、帰宅されたとのことだった。大変良かったと思う。

 いずれにしても年度内に確実に(予算を)成立させることによって、民間企業もそれなりの対応ができることになると思う。とにかくきちんと予算を上げる。これを目指して今後詰めていかねばならない大事なところだと思う。

 ご存知のように、先月末をもってBREXIT、つまり英国がEUから離脱した。また米国では(秋の大統領選挙に向けた)党員集会や予備選挙などが行われている。このBREXITにしても米中にしてもいろいろな話が動いており、我々は常に世界情勢に目を配らせておかねばならない。

 思い出してみてほしい。江戸時代、米国のみならず世界各国からの要請を断り続け鎖国を維持した。その間、徳川政権は何をしていたのか。何か対応したか。時間があったのだから、何かあった時のために検討をしておけば良かったのに何もしていなかった。そして開国から明治維新を迎えることになった。自国内のみを見て、外で起きることは自分たちには関係ないものと思っていたら、結果としてあのようになった。

 爾来150年余が経ちいろいろ経験したはずだが、世界が大きく動いている中で今、国会はそれに対応できているのだろうか、という感覚が国民の中にある。皆さんはそうした目で見られているという意識を、ぜひ頭の中で整理して持っていてもらいたい。この新型コロナウィルスに関しても、現象面だけでなくこれが及ぼす影響についても真剣に考えていただくことをお願いする。

 


2月6日(木)晴れ 衆・予算委員会・一般質疑

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

正午から志公会(麻生派)の例会が開催されました。麻生太郎会長の挨拶は下記の通りです。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2020/02/06 【要旨】

 国会ではいよいよ今週から、令和2年度の予算審議が(衆議院)予算委員会で始まった。きのうまでの3日間で基本的質疑を終え、きょうからは一般質疑に移っている。とにかくこの予算を一日も早く成立させることが最大の課題であろうと思っている。

 連日、報道されている新型コロナウィルスについては、ここにも色々と関係されている方もいらっしゃると思う。

 今、この感染症に対して、(武漢からの帰国者等を)千葉県(勝浦市のホテル)や各役所の施設で受け入れているが、こうした事態が起こし得るという前提で考えておかないと、いざという時に「収容施設がありません」となりかねない。

 今後、更に感染が拡大していくと、経済で言えばものづくり、特に自動車などは数万点の部品の一つでも欠ければできないものであり、サプライチェーンへの影響も出てくることになる。長期的にも色々な対策を考えてやっていかねばならない。そうした点も十分頭に入れて対応していかねばならないと思っている。

 


1月30日(木)晴れ時々曇り 補正予算成立

新型コロナウィルス対策!

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

志公会例会が正午から開かれました。麻生太郎会長は下記の通り挨拶されました。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2020/01/30 【要旨】

 お陰様で今年度の補正予算については、一昨日、衆議院を通過した。ここにおられる(衆議院予算委員会の)山際(大志郎)理事を始め、お力添えをいただき感謝申し上げる。そして、きのう、きょうと参議院予算委員会に論戦の場が移っている。

 この補正予算は言うまでもなく、経済の下振れリスクへの対応、また相次いだ台風等による災害からの復旧・復興に資するものである。まだ、午後の質疑が残っているが、そうした趣旨に鑑みて一刻も早く成立を得るよう、お力添えをよろしくお願い申し上げる。

 さて、何かと暗いニュースが多い中、また、新型肺炎の話がなければもう少し盛り上がったのではないかと思う話題が、(大相撲で)幕尻から優勝した徳勝龍関だ。幕尻から優勝するとは大したものではないか。

 (優勝した後の)インタビューもなかなか泣かせた。「バリバリ、インタビューの練習をしていた」と、これだけ明るく言える人はなかなかいない。BBCでは「UNDERDOG SUMO WRESTLER」が「UNEXPECTED WIN」なんて報道されていた。

 33歳。同期の(元横綱)稀勢の里などが優勝し、また引退していく中、徳勝龍関は「まだ33歳と思ってが頑張る」と。泣かせるではないか。

 我々も日々いろんことに直面するが、ここは(徳勝龍のように)腐らず、脇を締めて頑張っていただくことを期待している。

 


1月23日(木)曇り時々雨 衆院代表質問2日目

●1200〜(閥務)志公会例会/志公会事務所

正午より志公会例会が開かれました。麻生太郎会長は下記の通り挨拶されました。

志公会例会 麻生太郎会長挨拶
2020/01/23 【要旨】

 先週の新年会でお目にかからせていただいた方がほとんどだが、きょうが(新年)初めての方もいらっしゃると思う。改めて、本年もどうぞよろしくお願い申し上げる。

 また、これも新年会で話をさせていただいたが、昨年末、衆議院長野3区の井出庸生先生が自由民主党に入党の上、志公会に入会された。後程、井出先生にはご挨拶をいただく。

 さて、今週の月曜日より第201回国会がスタートした。今、衆参それぞれでの代表質問も始まっている。

 先ずは今年度の補正予算、続いて令和2年度の本予算の審議に入るが、これらを一日も早く成立させねばならない。この7〜8年、毎年申し上げているが、こうした予算が早期にきちんと成立することは、その年の景気に対する心理的影響が極めて大きい。「1週間違ったって大したことないじゃないか」と言う人もいるが、地方の県議会、市議会等は(国の)予算成立を待って、それぞれの審議に入る。そう言った意味では、極めて大きな影響がある。景気の「気」の部分は極めて大きいということはぜひご理解いただきたい。

 これ(予算)を確実に成立させるには、予算委員長はもちろんのこと予算委員会の理事、国対の担当者などにご活躍いただかねばならないところだが、与党議員は皆、緊張感を持って国会に臨むことが求められる。

 それから憲法改正に向けての議論に続いていくことになるが、その点をしっかり腹に収めて国会に臨んでいただくことを期待している。

 


1月16日(木)晴れ曇り

●1830〜(閥務)志公会新年懇談会/都内

志公会(麻生派)の新年会が開催されました。皆さん元気に上京されました。麻生太郎会長よりこれからの取り組みについてお話がありました。


目次へ     トップページへ