松本純の国会奮戦記2021-08

2021(令和3)年8月

トップへ 奮戦記目次へ 前月のページへ 今日の予定・昨日の動き 次月のページへ 「まちかど政治瓦版」8月号

8/8横浜市長選告示8/22投票 8/24パラリンピック開会

8月31(火)曇り雨

東京都コロナ感染2909人 緊急事態宣言51日目/63日間
神奈川県コロナ感染1541人(うち横浜市559人) 緊急事態宣言30日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0900〜(参考)閣議/官邸

▼閣議の概要について
冒頭3件ございます。閣議の概要でありますが、一般案件1件、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、総務大臣から、「労働力調査結果について」、厚生労働大臣から、「有効求人倍率(令和3年7月)について」、それぞれ発言がありました。閣僚懇談会においては、財務大臣から、「FATF(金融活動作業部会)第4次対日審査報告書の公表について」、文部科学大臣から、「第12回日中韓文化大臣会合の開催について」、発言があり、菅総理大臣から、「デジタル庁の発足に当たって」、の御発言がございました。
▼学校における感染防止対策及び児童生徒の自殺対策について
2点目であります。既に新学期が始まっている学校もありますが、明日(9/1)から学校が始まる地域も多いと思います。この機会に改めて、学校における感染防止対策、そして児童生徒の自殺対策について申し上げます。まず、学校における感染防止対策でありますが、非常に厳しい感染状況の中で新しい学期を迎えることとなり、児童生徒の方々、そして保護者、教職員の皆様も、それぞれ不安をお持ちのことと思います。子供たちにとって、学校で学ぶ機会はとても貴重な時間であります。政府としては、地方自治体等と連携し、感染防止を行いつつ、子供たちの学ぶ機会を確保するため、全力で取り組みたいと考えております。学校での感染防止のためには、発熱等の症状があるときには学校に登校あるいは出勤をしないこと、部活動などの時間も含めて、十分な換気を行うことなどの対策を徹底していただく必要があります。文部科学省から新学期の学校の対応について、特に感染防止のために重要なポイントをチェックリストとしてお示しをしております。現場で感染防止対策が徹底されるよう取り組んでまいります。また、12歳未満の子供たちはワクチンの接種を受けることができません。子供たちの周囲の教職員、保護者の皆様にはワクチンの接種について是非御検討いただきたいと思います。地方自治体には、教職員でこれから接種を希望する方ができるだけ早く接種を受けることができるよう御配慮いただくとともに、大学拠点接種を実施している大学においても御協力をお願いをしたいと思います。一方で、学校で児童生徒や教職員の感染が確認された場合には、小学校等が休業になることも想定をされます。小学校休業等により、仕事を休まざるを得ない保護者への支援策については、今年度、厚生労働省の両立支援等助成金に新たに「新型コロナウイルス感染症対策特例」が設けられ、特別有給休暇を設ける事業主を支援をしております。小学校において、休業が増加する事態も想定し、個人からの申請に対応できる仕組みも含め、厚生労働大臣において検討が行われているところであります。保護者の皆さんにも御理解・御協力をいただきながら、新学期になって、学校で感染が広がらないよう、また、感染が発生した場合にも迅速に的確な対応が行われるよう、取り組んでまいりたいと思います。
次に、児童生徒の自殺対策であります。自殺者数は、平成22年以降10年連続で減少いたしました。昨年(令和2年)は、新型コロナの影響で自殺の要因となり得る様々な問題が悪化したことにより、11年ぶりに前年を上回りました。特に小中高生の自殺者数は過去最多の499人となり、深刻な状況にあると認識をしております。自殺対策基本法では9月10日から9月16日までを「自殺予防週間」と位置付け、自殺防止に関する啓発を広く展開することとしていますが、児童生徒の自殺が長期休業明けに急増する傾向があることから、私が厚生労働大臣の時に、自殺予防週間の取組を前倒しで行うことといたしました。本年も今月(8月)初旬から、自殺防止の相談窓口や自殺予防週間等に関して、YouTube動画等のインターネット広告、厚労省Twitter等による情報発信が行われております。厚生労働省のSNS相談の窓口には、今年の4月から7月までに約8万2千件もの相談が寄せられております。不安や悩みのある児童生徒の皆さん、一人で悩むことなく、周りの大人、友人に是非相談をしてみてください。また、周りの人に相談しづらい時には、こうした相談窓口に是非電話等していただきたいと思います。また、友人や御家族の方など周囲の方に向けたYouTube動画は、8月2日から昨日までの1か月弱の間に、約39万回視聴されております。この動画も参考にしていただきながら、身近な人が普段と様子が違うことに気づいた場合には、まずはしっかりと話を聞いていただき、温かく寄り添った支援をお願いをし、また必要があれば、先程申し上げた相談窓口等に相談するよう促していただければというふうに思います。
▼FATF(金融活動作業部会)による第4次対日審査報告書の公表について
3点目でありますけれども、昨日(8月30日)、マネロン・テロ資金供与・拡散金融対策のための国際基準の策定及び履行状況審査を行う金融活動作業部会いわゆるFATFにより、第4次対日審査報告書が公表されました。本報告書では、日本の対策について、成果が上がっていると評価されると同時に、日本の対策を一層向上させるため、金融機関等に対する監督、マネロン・テロ資金供与にかかる捜査・訴追等に優先的に取り組むべきとされたところであります。この報告書を受け、政府として、必要な法整備の検討を着実に行うため、本日、内閣官房に「FATF勧告関係法整備検討室」を設置することとし、本件を担当する閣僚として、棚橋大臣にこれをお願いすることとなりました。政府として、法整備を始め、マネロン等の対策のための取組について、関係省庁連携の上、引き続き、しっかりと対応してまいります。
(加藤勝信内閣官房長官)

●1100〜(政務)来客面談/地元事務所

松本純後援会「松風会」の小糸泰次会長が来訪されました。今後の活動方針などについて意見交換がなされました。

※1815〜(政務)大井潤氏面談/地元事務所

私が総務大臣政務官だったころの秘書官、大井潤氏が来訪されました。横浜の経済などについてご意見をいただきました。


8月30日(月)晴れ時々曇り

東京都コロナ感染1915人 緊急事態宣言50日目/63日間
神奈川県コロナ感染1719人(うち横浜市878人) 緊急事態宣言29日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1130〜(政務)金沢区県市議懇談会/ローズホテル横浜

横浜市長選挙総括、磯子区市議補欠選挙、衆議院総選挙などについて意見交換が行われました。


8月29日(日)晴れ時々曇り

東京都コロナ感染3081人 緊急事態宣言49日目/63日間
神奈川県コロナ感染2362人(うち横浜市928人) 緊急事態宣言28日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※【中止】(政務)第六天大稲荷子供の集い

新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。


8月28日(土)曇り時々晴れ

東京都コロナ感染3581人 緊急事態宣言48日目/63日間
神奈川県コロナ感染2378人(うち横浜市973人) 緊急事態宣言27日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

●0930〜(政務)広報企画会議/地元事務所

広報企画会議が地元事務所で開かれました。今日は次期総選挙に向けての広報製作物の打合せを行いました。(秘書古正報告)

※1200〜(政務)中区県市議懇談会/ローズホテル横浜

自民党県市会議員との意見交換会に出席しました。


8月27日(金)晴れ時々曇り

東京都コロナ感染4227人 緊急事態宣言47日目/63日間
神奈川県コロナ感染2662人(うち横浜市1165人) 緊急事態宣言26日目/42日間

▼新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針の変更について
○北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島はまん延防止等重点措置を8月26日までとし、その後緊急事態宣言に移行(8月27日〜9月12日)
○高知、佐賀、長崎、宮崎にまん延防止等重点措置を適用(8月27日〜9月12日)

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0900〜(参考)閣議/官邸

▼閣議の概要について
閣議の概要でありますけれども、一般案件1件、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、棚橋大臣から「令和3年度『防災の日』総合防災訓練について」、井上大臣から「令和3年度に日本学術会議が共同主催する国際会議の中止について」、及び「令和4年度に日本学術会議が共同主催する国際会議について」、厚生労働大臣から「令和3年度自殺予防週間の実施について」、文部科学大臣から「文化審議会(文化功労者選考分科会)委員の人事について」、それぞれ発言がありました。
また、閣僚懇談会においては、河野大臣から「国家公務員のテレワーク実施の徹底について」、西村大臣から「緊急事態宣言の区域の変更等を受けた新型コロナウイルス感染症対策の強化・徹底について」、発言があり、私(官房長官)及び河野大臣から「男性国家公務員の育児休業等の取得促進に係るフォローアップについて」、それぞれ申し上げたところであります。
▼内閣府及び内閣官房の人事について
2件目は本日の閣議で承認された内閣府の人事及び9月2日付けの内閣官房の人事、これをお手元の資料で配布をさせていただいております。
▼男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得促進に係るフォローアップについて
3件目でありますが、先ほど申し上げた男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得促進に係るフォローアップについて、閣議後の閣僚懇談会において、国家公務員制度担当大臣から、男性国家公務員の育児休業等の取得促進に係るフォローアップについて報告がありました。調査の結果、昨年の4月から6月に子供が生まれた男性職員については、育児休業等の平均取得日数が50日となり、目途としていた一か月を大きく上回るものでありました。私(官房長官)からも各大臣に対し、男性職員が育児休業等を取得できるような環境の実現に向けた取組を引き続き進めていただくようお願いをしたところであります。
▼国際博覧会推進本部の開催について
最後4件目でありますが、本日、国際博覧会推進本部を開催いたしました。昨年12月に閣議決定をした、大阪・関西万博の基本方針の具体化のため、万博を支える周辺インフラの整備の具体的計画となる「インフラ整備計画」を決定いたしました。会場へのアクセスの向上に加え、にぎわいや魅力の向上、更には開催後の大阪・関西全体の成長基盤ともなるよう、着実に進めてまいります。万博の成功に向け、引き続き政府一丸となって、博覧会協会、大阪府、大阪市などの関係自治体、経済界などとも連携しながら、オールジャパンで取組を進めてまいります。
(加藤勝信内閣官房長官)


8月26日(木)晴れ時々曇り

東京都コロナ感染4704人 緊急事態宣言46日目/63日間
神奈川県コロナ感染2632人(うち横浜市936人) 緊急事態宣言25日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1700〜来客面談/地元事務所


8月25日(水)曇り時々晴れ

パラリンピック、山田美幸選手(14歳)が銀メダル おめでとう!

競泳女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害クラス)で日本選手として初めて、しかも日本選手で最年少記録。

東京都コロナ感染4228人 緊急事態宣言45日目/63日間
神奈川県コロナ感染2304人(うち横浜市886人) 緊急事態宣言24日目/42日間

●0830〜今日の国会

■0930〜(政務)告別式:故金澤一美氏/浄光寺

故金澤一美氏の告別式が浄光寺で執り行われ真純夫人と弔問に伺いました。金澤氏は松本純代議士の後援会「松純会」の会員で市会議員時代から大変お世話になっていました。心よりご冥福をお祈りします。(秘書浅野報告)

※1000〜(参考)衆・厚生労働委員会/衆分館第16委員室

衆院厚生労働委員会の閉会中審査が行われ、新型コロナウイルス感染症の現状、対策について議論が交わされました。政府分科会の尾身茂会長は、学校が始まると感染拡大や医療逼迫もあり得ると懸念を示しました。また国会議員、一般の住民、事業者なども参画したタウンミーティングのようなものを開いて、個人の感染予防の実行と、医療関係者のコロナ診療への協力の2つを担保するような議論を初めてほしいとお願いしました。さらに、国会の議論も出来る範囲でテレワーク、オンラインにすると国民へのメッセージになるのではないか、との意見を述べました。田村憲久厚生労働大臣は、治療に使う抗体カクテル療法について、外来患者に対しても投与を認める方針を明らかにしました。(秘書鈴木報告)

※1300〜(参考)衆・議院運営委員会/衆院第1委員室

衆・議院運営委員会が開かれ 、緊急事態宣言の対象区域変更などに関する政府からの報告と質疑が行われました。西村康稔経済再生担当大臣は、デルタ株のまん延による感染拡大について、深刻な状況にあるとの強い危機感を専門家と共有していると現状を述べました。そして医療提供体制の確保、感染防止策の徹底、ワクチン接種の推進の3つの柱からなる対策に総力を挙げて取り組むと述べました。緊急事態宣言を発令する際の判断基準を巡り、今後ずっとこの基準でいくことはないが、今の段階で変更して混乱することがないようにしたいとし、特に医療を重視した判断を今後していくと思う、と見直しの検討を進める考えを示しました。そして現在13都府県に出されている緊急事態宣言の対象地域に北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を追加し、まん延防止等重点措置を高知、佐賀、長崎、宮崎の4県に新たに適用すると説明しました。(秘書鈴木報告)

▼新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針の変更について
○北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島はまん延防止等重点措置を8月26日までとし、その後緊急事態宣言に移行(8月27日〜9月12日)
○高知、佐賀、長崎、宮崎にまん延防止等重点措置を適用(8月27日〜9月12日)

●1400〜(政務)厚生労働省説明/1-302

厚生労働省医薬・生活衛生局安川孝志薬事企画官(医薬・生活衛生局総務課医薬情報室長併任)から医薬・生活衛生局関連令和4年度予算概算要求、税制改正要望等について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1715〜(政務)厚生労働省説明/1-302

厚生労働省大島一博大臣官房長から、令和4年度予算等要望についての説明を受けました。(秘書渡部報告)


8月24日(火)曇り時々晴れ

東京2020パラリンピック競技大会開会式
東京都コロナ感染4220人 緊急事態宣言44日目/63日間
神奈川県コロナ感染1948人(うち横浜市788人) 緊急事態宣言23日目/42日間

■1300〜(政務)JUN CLUB定例会/天吉

松本純後援会のJUN CLUB定例会が天麩羅「天吉」で開かれました。南雲誠司会長より横浜市長選挙の結果についての感想や次期衆院選について挨拶の中で述べられました。松本代議士から衆議院選挙の日程予想や政策などについての話がありました。(秘書古正報告)

※1500〜【中止】(政務)吉田町町内会・名店街会役員会・市況研究会/吉田町町内会館

吉田町町内会・名店街会役員会・市況研究会が吉田町町内会館で開催される予定でしたが、神奈川県に緊急事態宣言が発出された事で中止となりました。(秘書古正報告)

※2000〜【中止】(政務)杉田二世会例会/関勝則事務所

杉田二世会例会は緊急事態宣言中の為、中止となりました(秘書斎藤報告)


8月23日(月)曇り

東京都コロナ感染2447人 緊急事態宣言43日目/63日間
神奈川県コロナ感染2579人(うち横浜市1210人) 緊急事態宣言22日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

 


8月22日(日)曇り時々晴れ 横浜市長選挙投開票日

【横浜市長選】小此木八郎氏は残念ながら及ばず
東京都コロナ感染4392人 緊急事態宣言42日目/63日間
神奈川県コロナ感染2524人(うち横浜市1046人) 緊急事態宣言21日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1000〜【中止】(政務)中原熊野神社大祭式/中原熊野神社

毎年開催される中原熊野神社の大祭式はコロナ感染防止の為、来賓は招かず宮司と役員のみで行なわれました(秘書斎藤報告)

●1300〜(政務)政策勉強会/地元事務所

広報紙、SNS各種ツールの活用についての勉強会が開かれました。


8月21日(土)曇り時々晴れ 横浜市長選挙(選挙活動最終日)M/14

東京都コロナ感染 5074人 緊急事態宣言41日目/63日間
神奈川県コロナ感染 2705人(うち横浜市1145人) 緊急事態宣言20日目/42日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1300〜(市長選)横浜市長選挙・小此木候補街頭/金沢文庫駅西口

横浜市長選挙も今日が最終日となりました。京急金沢文庫駅西口で小此木八郎候補の街頭演説会が集まった有権者の方たちの前で行われました。黒川勝市議、関勝則市議、高橋徳美市議、伊波俊之助市議、竹野内猛市議、新井絹世県議、大村悠県議が横浜市長選挙を最後まで闘い抜いて小此木候補への支援を訴えられました。国からは島村大参議、元防衛大臣・石破茂衆議が小此木候補の応援に訪れ、力強い支援を訴えられました。小此木候補は衆議院8期、国務大臣の経験を「声を聞く政治」として横浜市政に反映した未来都市・横浜を目指す政策を訴えられました。演説会の終わりには全員で選挙戦必勝を期すガンバローコールが行われました。(秘書森報告)

※1730〜(市長選)横浜市長選挙・小此木候補街頭/桜木町駅

小此木八郎候補街頭演説会がJR桜木町駅前で開催されました。島村大参議の司会進行で始めに中西けんじ参議の応援演説がなされました。続いて小此木八郎候補による決意表明演説がなされ、石破茂元防衛大臣・元自民党幹事長の激励挨拶がなされました。(秘書古正報告)

※1900〜(市長選)横浜市長選挙・小此木候補マイク納め/横浜駅西口

コロナ禍での厳しい横浜市長選挙の選挙活動が全て終了しました。最終の日程はJR横浜駅西口でのマイク納め式でした。


8月20日(金)曇り時々晴れ 横浜市長選挙L/14

東京都コロナ感染5405人 緊急事態宣言40日目/63日間(51日間+12日間延長)
神奈川県コロナ感染2878人(うち横浜市1131人) 緊急事態宣言19日目/42日間(30日間+12日間延長)

▼新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針の変更について
○東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄は緊急事態宣言を9月12日まで延長
○茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡はまん延防止等重点措置を8月19日までとし、その後緊急事態宣言に移行(8月20日〜9月12日)
○北海道、福島、石川、愛知、滋賀、熊本はまん延防止等重点措置を9月12日まで延長
○宮城、山梨、富山、岐阜、三重、岡山、広島、香川、愛媛、鹿児島にまん延防止等重点措置を適用(8月20日〜9月12日)

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/日ノ出町駅

横浜市長選挙の早朝街頭活動が日ノ出町駅前で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議、ボランティアの方と「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報を配布しました。(秘書浅野報告)

※0700〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/金沢区

高橋徳美市議、大村悠県議、黒川勝市議のリレー形式で横浜市長選挙宣車遊説を金沢区で行いました。市長選も残り2日となり、宣車から熱の入った応援遊説がなされ小此木候補への支持が訴えられました。松本純事務所は先導車で遊説地区の道案内を務めました。(秘書森報告)

※1000〜(参考)閣議/官邸

まず閣議の概要でありますが、一般案件3件、政令、人事が決定されました。大臣発言として、河野大臣から、「一般職の職員の給与についての人事院勧告等について」、総務大臣から、「消費者物価指数について」、文部科学大臣から、「国立大学法人の長の人事について」、それぞれ発言がありました。閣僚懇談会においては、西村大臣から、「緊急事態宣言の期間及び区域の変更等を受けた新型コロナウイルス感染症対策の強化、徹底について」、発言がありました。(加藤勝信内閣官房長官)

※1200〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/磯子区

横浜市長選挙の宣車遊説が行われ、関勝則市会議員、新井絹世県議会議員が宣車に乗車し、小此木候補のこれまでの実績と支援を訴えました(秘書斎藤報告)

※1600〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/中区

横浜市長選の宣車遊説が中区で行われ、伊波俊之助市会議員、原聡佑県議会議員が乗車し小此木候補への支援を訴えました(秘書浅野報告)

※1930〜【中止】(政務)青友会三金会/山元町1丁目自治会館

今月の青友会三金会は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中止となりました。(秘書浅野報告)


8月19日(木)曇り時々晴れ 横浜市長選挙K/14

東京都コロナ感染5534人 緊急事態宣言39日目/51日間
神奈川県コロナ感染2347人(うち横浜市834人) 緊急事態宣言18日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/金沢文庫駅

早朝の金沢文庫駅で小此木八郎候補の街頭演説が行われ、横浜市政に挑む決意と政策が訴えられました。街頭演説には黒川勝市議、高橋徳美市議、大村悠県議、竹野内猛市議、新井絹世県議、山本ともひろ衆議の応援演説がなされました。松本純事務所は選挙スタッフの皆さんと共に政策ビラの配布を行いました。(秘書森報告)

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/関内駅

横浜市長選挙の早朝街頭活動がJR関内駅前で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議、ボランティアの方と「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報を配布しました。(秘書浅野報告)

●1300〜(政務)ネット勉強会/1-302

ネットツールについての勉強会が行われました。

※1400〜(市長選)横浜市長選挙街頭/パークシティ金沢八景他

横浜市長選挙街頭が金沢区で行われました。金沢区大規模マンションのパークシティ金沢八景、レイディアントシティ、シティ能見台いこいの街、ビーコンヒル能見台で小此木候補は辻立ちを行い政策と支援を訴えられました。黒川勝市議、高橋徳美市議、竹野内猛市議、浜田靖一衆議が小此木候補の応援演説を行い松本純事務所はルート案内と辻立ち会場での政策ビラの配布活動を行いました。(秘書森報告)

※1600〜(市長選)横浜市長選挙街頭/イオン本牧店前

横浜市長選挙の早朝街頭活動がイオン本牧店前にて行われました。集まった方々一人一人に小此木候補が選挙必勝を訴えました。続けて伊勢佐木町へと移動し、6丁目から1丁目を歩き、店舗の方、通行人の方々と元気よく言葉を交わされていました。(秘書浅野報告)

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/関内駅

18時からの関内駅での街頭は中止となりました。(秘書浅野報告)

※1830〜(市長選)横浜市長選挙街頭/ラビスタ前

横浜市長選挙の街頭演説会が磯子区新杉田駅前のラビスタ前で行なわれました。小此木候補本人がマイクで自身の政策などを皆さんに力強く訴えました(秘書斎藤報告)


8月18日(水)曇り時々晴れ 横浜市長選挙J/14

東京都コロナ感染5386人 緊急事態宣言38日目/51日間
神奈川県コロナ感染2021人(うち横浜市633人) 緊急事態宣言17日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

●0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/元町中華街駅

横浜市長選挙の早朝街頭活動が元町中華街駅で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議と「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報を配布しました。(秘書浅野報告)

●0830〜今日の国会

※1300〜(参考)衆・内閣委員会/衆院第1委員室

衆院内閣委員会の閉会中審査が行われ、新型コロナウイルス対策を中心に議論が交わされました。分科会の尾身茂会長は、感染者は報告されているより多いと思うと述べ、社会全体が感染対策に協力する状況になっていないと懸念を示しました。またコロナ患者を対象にした抗寄生虫薬イベルメクチンの使用に関して、厚生労働省の山本史審議官は、治験結果を踏まえ今後承認申請がされた場合には、優先かつ迅速に審査が行われると説明しました。東京オリパラ競技大会推進本部事務局長の辞任問題なども取り上げられました。(秘書鈴木報告)

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/元町中華街駅

元町中華街での街頭は中止となりました。(秘書浅野報告)

※1700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/富岡駅西口

京急富岡駅で横浜市長選挙街頭を、高橋徳美市議と松本純事務所で「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」のビラを配布しました。高橋市議と親交のある方から激励を受けました。(秘書森報告)

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/元町中華街駅

18時からの元町中華街での街頭は中止となりました。(秘書浅野報告)

※1930〜【中止】(政務)花純会/初黄町内会館

今月の花純会は新型コロナウイルス感染拡大防止により中止となりました。(秘書浅野報告)


8月17日(火)雨時々曇り 横浜市長選挙I/14

東京都コロナ感染4377人 緊急事態宣言37日目/51日間
神奈川県コロナ感染2017人(うち横浜市727人) 緊急事態宣言16日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/富岡駅

雨のため中止となりました。(秘書森報告)

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/山手駅

横浜市長選挙の早朝街頭活動が山手駅で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議と「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報を配布しました。(秘書浅野報告)

※0800〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/中区

横浜市長選の宣車遊説が中区で行われ、伊波俊之助市会議員、原聡佑県議会議員が乗車し小此木候補への支援を訴えました(秘書浅野報告)

●0830〜今日の国会

※1000〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/磯子区

横浜市長選の宣車遊説が磯子区で行われ、関勝則市会議員、新井絹世県議会議員が乗車し、地元の皆様に小此木候補への支援が訴えられました(秘書斎藤報告)

※1100〜【中止】(政務)孫文先生碑前祭/富岡慶珊寺

神奈川県日華親善協会(松本純会長)主催の孫文先生碑前祭が富岡慶珊寺で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。(秘書古正報告)

※1200〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/金沢区

横浜市長選挙宣車遊説を金沢区で行いました。黒川勝市議、大村悠県議、高橋徳美市議のリレー形式で小此木八郎候補の応援遊説がなされました。松本純事務所は先導車で金沢区内遊説コース案内を担当しました。(秘書森報告)

●1500〜(政務)動画撮影/1-302

政策メッセージの動画を撮影しました。(秘書渡部報告)

※1630〜(市長選)横浜市長選挙街頭/京急杉田駅

横浜市長選挙の街頭広報活動が京急杉田駅で行なわれ、関勝則市会議員と新井絹世県議会議員と共にビラを配布しました(秘書斎藤報告)

※1700〜(参考)衆・議院運営委員会/衆院第1委員室

衆・議院運営委員会が開かれ 、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の対象地域拡大などが議論されました。西村康稔経済再生担当大臣は、全国的にこれまで経験したことのない高い水準で感染拡大が継続しており、医療提供体制や感染状況にかかる指標が、極めて厳しい状況にある、と述べました。また西村大臣は、政府の分科会では全国に緊急事態宣言を発出すべきではないか、個人の行動制限に関する法的仕組みも検討を進めてもらいたい、等々の議論があったことを報告しました。さらにこうした議論も踏まえて強い危機感を共有し、感染拡大防止策の強化などに取り組んでいくと述べました。緊急事態宣言の対象は13都府県に、まん延防止等重点措置の対象地域は16道県に拡大され、47都道府県の約6割がいずれかの措置の対象となります。(秘書鈴木報告)

▼新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針の変更について
○東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄は緊急事態宣言を9月12日まで延長
○茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡はまん延防止等重点措置を8月19日までとし、その後緊急事態宣言に移行(8月20日〜9月12日)
○北海道、福島、石川、愛知、滋賀、熊本はまん延防止等重点措置を9月12日まで延長
○宮城、山梨、富山、岐阜、三重、岡山、広島、香川、愛媛、鹿児島にまん延防止等重点措置を適用(8月20日〜9月12日)

※1700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/富岡駅

雨のため中止した早朝の京急富岡駅での横浜市長選挙街頭を、夕方の京急富岡駅東口で黒川勝市議と松本純事務所で「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」のビラを配布しました。富岡商和会・鈴木道弘会長から激励を受けました。(秘書森報告)

※1700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/根岸駅

横浜市長選挙の街頭活動根岸駅で開催されました。原聡祐県議、伊波俊之助市議と「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の届出ビラ1号を配布しました。(秘書古正報告)


8月16日(月) 横浜市長選挙H/14

★アフガニスタン政権崩壊・タリバンが勝利
東京都コロナ感染2962人 緊急事態宣言36日目/51日間
神奈川県コロナ感染2584人(うち横浜市1272人) 緊急事態宣言15日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/元町中華街駅

雨天中止となりました。(秘書浅野報告)

●1600〜(政務)神奈川県土地家屋調査士政治連盟夏季研修会/神奈川県土地家屋調査士会館

神奈川県土地家屋調査士政治連盟夏季研修会が神奈川県土地家屋調査士会館で開催され松本純代議士が出席しました。冒頭顧問を努める松本代議士から挨拶がなされました。本日は上田尚彦会長が所用のためZOOM参加となり福本正幸名誉会長が出席されました。研修会は自民党所有者不明土地に関する特命委員会事務局長の井林辰憲衆議院議員により「所有者不明土地問題について」と題し講演が行われました。研修会は新型コロナウイルス拡大防止のため、ZOOMによるweb研修となりました。(秘書古正報告)

※1630〜(市長選)横浜市長選挙街頭/根岸駅

磯子区支部の横浜市長選の街頭が開催され参加しました。当初杉田駅の予定でしたが、雨の為、根岸駅に変更となりました。関勝則市会議員、新井絹世県議会議員と共にビラを配布しました。(秘書斎藤報告)

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/山手駅

横浜市長選挙の街頭活動が元町中華街駅前で行われる予定でしたが雨天の為、予定を変更し山手駅で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議と「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報を配布しました。(秘書浅野報告)

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/能見台駅

夕方の能見台で、大村悠県議と松本純事務所で横浜市長選挙街頭活動を行い「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」のビラを配布しました。(秘書森報告)

※1930〜【中止】(政務)杉田十日会商店街例会/杉田南部自治会館

今月の杉田十日会商店街会例会は緊急事態宣言の為、中止になりました(秘書斎藤報告)


8月15日(日)曇り時々雨〈終戦の日〉 横浜市長選挙G/14

★第76回全国戦没者追悼式/武道館
東京都コロナ感染4295人 緊急事態宣言35日目/51日間
神奈川県コロナ感染2081人(うち横浜市777人) 緊急事態宣言14日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1530〜(市長選)横浜市長選挙街頭/元町商店街

横浜市長選挙の街頭活動が元町商店街で行われ、小此木八郎候補、原聡祐県議、伊波俊之助市議が街頭遊説を行いました。(秘書古正報告)


8月14日(土)曇り時々雨 横浜市長選挙F/14

◎佐賀、長崎、福岡、広島に大雨特別警報
◎滋賀、京都、兵庫に避難指示

東京都コロナ感染5094人 緊急事態宣言34日目/51日間
神奈川県コロナ感染2356人(うち横浜市933人) 緊急事態宣言13日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

■0900〜(政務)森浅間神社例大祭式典/森浅間神社

令和3年度の森浅間神社の例大祭の式典が行われ参加しました。昨年に続きコロナの影響で神輿などの出御はなく、式典のみとなりました。松本小寿恵宮司により本殿で式典が行なわれ、無事に終了後、来年こそは子供達も喜ぶお祭りを盛大に開催したいとのお話がありました。(秘書斎藤報告)

※1000〜【来賓取止め】根岸八幡神社例大祭式典/根岸八幡神社

毎年開催される根岸八幡神社例大祭式典はコロナ感染防止の為、来賓を招かず、宮司、役員のみでの実施となりました(秘書斎藤報告)

※1300〜(市長選)横浜市長選挙街頭/ビアレヨコハマ前

横浜市長選挙「おこのぎ八郎候補街頭演説会」がビアレヨコハマ前で行われました。黒川勝市議、高橋徳美市議、大村悠県議、竹野内猛市議が参加され小此木候補の応援演説がなされました。松本純事務所は選挙スタッフの皆さんと共に個人ビラの配布を行いました。小此木候補は横浜市政に挑む決意と政策を力強く訴えられました。(秘書森報告)

※1500〜(市長選)横浜市長選挙街頭/金沢八景駅

金沢八景駅街頭は雨のため中止となりました。(秘書森報告)

※1600〜(市長選)横浜市長選挙街頭/上台集会所前

雨天中止となりました。(秘書浅野報告)


8月13日(金)曇り時々雨 横浜市長選挙E/14

東京都コロナ感染5773人 緊急事態宣言33日目/51日間
神奈川県コロナ感染2281人(うち横浜市839人) 緊急事態宣言12日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/桜木町駅

横浜市長選挙の街頭活動がみなとみらい線元町中華街駅で開催する予定てましたが、雨天の為JR桜木町駅で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議、ボランティアの方と、「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の届出ビラ1号を配布しました。(秘書古正報告)

※0800〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/金沢区

 

※1000〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/磯子区

横浜市長選の宣車遊説が磯子区で行われ、関勝則市会議員が乗車し小此木候補への支援を訴えました(秘書斎藤報告)

※1200〜(市長選)横浜市長選挙宣車遊説/中区

横浜市長選の宣車遊説が中区で行われ、伊波俊之助市会議員、原聡佑県議会議員が乗車し小此木候補への支援を訴えました(秘書斎藤報告)

※1630〜(市長選)横浜市長選挙街頭/屏風浦駅

横浜市長選挙の街頭活動が磯子区の屏風浦駅で行われ、雨を避けながら、関勝則市会議員、新井絹世県議会議員と共にビラを配布しました(秘書斎藤報告)

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/桜木町駅新南口

夕方のJR桜木町駅新南口で、伊波俊之助市議と原聡祐県議、松本純事務所で横浜市長選挙街頭活動を行い「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報ビラを配布しました。(秘書森報告)


8月12日(木)曇り一時雨 横浜市長選挙D/14

東京都コロナ感染4989人 緊急事態宣言32日目/51日間
神奈川県コロナ感染1807人(うち横浜市485人) 緊急事態宣言11日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/石川町駅南口

横浜市長選挙の街頭活動がJR石川町駅南口で行われました。原聡祐県議、伊波俊之助市議、ボランティアの方と、「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報を配布しました。(秘書古正報告)

※1630〜(市長選)横浜市長選挙街頭/磯子駅

横浜市長選挙の街頭活動を関勝則市会議員、新井絹世県議会議員と一緒に磯子駅で行い、「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」広報ビラを配布しました。(秘書斎藤報告)

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/石川町駅南口

早朝に続いて夕方のJR石川町駅南口で、伊波俊之助市議とボランティアの方、松本純事務所で横浜市長選挙街頭活動を行い「市民の声を聞く横浜市政を実現する会」の会報ビラを配布しました。(秘書森報告)

※1900〜【中止】(政務)山手会/北欧

新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。


8月11日(水)晴れ時々曇り 横浜市長選挙C/14

東京都コロナ感染4200人 緊急事態宣言31日目/51日間
神奈川県コロナ感染1565人(うち横浜市611人) 緊急事態宣言10日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0700〜(市長選)横浜市長選挙街頭/山手駅

※1030〜(市長選)横浜市長選挙街頭/プララ杉田

※1800〜(市長選)横浜市長選挙街頭/山手駅


8月10日(火)曇り 横浜市長選挙B/14

東京都コロナ感染2612人 緊急事態宣言30日目/51日間
神奈川県コロナ感染1572人(うち横浜市485人) 緊急事態宣言9日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1000〜(参考)閣議/官邸

▼閣議の概要について
冒頭2件。まず閣議でありますが、一般案件1件、条約の公布、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、菅総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」御発言がございました。
▼給与関係閣僚会議について
2件目でありますが、本日、菅総理が人事院より、国家公務員のボーナス引下げに関する人事院勧告を受け取りました。これを受け、先ほど持ち回りにより第1回給与関係閣僚会議を開催し、本年の国家公務員の給与の取扱いの検討に着手をいたしました。国家公務員の給与の取扱いについては、人事院勧告制度を尊重するとの基本姿勢に立ち、適正な結論を得るよう、国の財政状況、経済・社会情勢など、国政全般の観点から検討することとしております。以上であります。
(加藤勝信内閣官房長官)

※1400〜(市長選)横浜市長選挙確団車遊説/神奈川1区

本日は小此木八郎候補の確認団体車遊説のお手伝いをしました。


8月9日(月)曇り一時雨〈長崎原爆の日〉 横浜市長選挙A/1

東京都コロナ感染2884人 緊急事態宣言29日目/51日間
神奈川県コロナ感染2166人(うち横浜市1139人) 緊急事態宣言8日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

●0900〜(政務)政策資料打合せ/地元事務所

 


8月8日(日)雨〈山の日〉 横浜市長選挙告示日@/14日間

台風10号接近・警戒

★横浜市長選挙告示

立候補したのは8人(無所属)。台風10号接近で雨降る中、選挙ポスター張り、第一声など各候補は選挙活動がスタートしました。
〈届け出順〉太田正孝氏(75)元市議、田中康夫氏(65)元長野県知事、小此木八郎氏(56)前国家公安委員長で元衆院議員、坪倉良和氏(70)水産仲卸業社長、福田峰之氏(57)元衆院議員、山中竹春氏(48)元横浜市立大教授=立憲民主推薦、林文子氏(75)横浜市長現職、松沢成文氏(63)前神奈川県知事で元参院議員

東京2020オリンピック競技大会閉会式

報道によると、日本のメダル58個はリオ五輪の41個を超え史上最多(金27個、銀14個、銅17個)とのこと。メダル総数では5位ながら、金メダルではアメリカ(金39個)、中国(金38個)に続き世界3位の成績だそうです。

東京都コロナ感染4066人 緊急事態宣言28日目/51日間
神奈川県コロナ感染1860人(うち横浜市718人) 緊急事態宣言7日目/30日間

まん延防止等重点措置の対象に福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本の8県が追加されました。期間は今日8月8日〜31日。

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0800〜【来賓取止め】(政務)第456回本牧神社「お馬流し」お馬送り式(祭典)/社殿内
※0900〜【来賓取止め】(政務)第456回本牧神社「お馬流し」お馬・供奉御列、町内巡幸出発/大鳥居〜本牧通り〜本牧漁港
※1030〜【来賓取止め】(政務)第456回本牧神社「お馬流し」祭礼船出港・お馬流し/本牧漁港→東京湾上

新型コロナウイルス感染拡大防止のため来賓の出席は取りやめとなりました。

※1030〜【来賓取止め】(政務)日枝神社例大祭式/日枝神社

新型コロナウイルス感染拡大防止のため来賓の出席は取りやめとなりました。

※1800〜【中止】(政務)まつたけ会/地元事務所

新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。


8月7日(土)曇り時々雨 台風10号接近・警戒

東京都コロナ感染4566人 緊急事態宣言27日目/51日間
神奈川県コロナ感染1893人(うち横浜市763人) 緊急事態宣言6日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※0930〜【来賓取止め】(政務) 第456回本牧神社「お馬流し」お馬迎え式・例祭斎行/境内
※1000〜【来賓取止め】(政務) 第456回本牧神社「お馬流し」例祭斎行/社殿内

新型コロナウイルス感染拡大防止のため来賓の出席は取りやめとなりました。


8月6日(金)曇り〈広島原爆の日〉

東京都コロナ感染4515人 緊急事態宣言26日目/51日間
神奈川県コロナ感染2082人(うち横浜市905人)(左記いずれも過去最多) 緊急事態宣言5日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

●1100〜(政務)浅野英雄氏弔問/磯子斎場

松本純代議士秘書の浅野英樹さんのご尊父浅野英雄氏が逝去され、松本代議士と真純夫人が磯子斎場に弔問に伺いました。心よりご冥福をお祈りいたします。(秘書古正報告)


8月5日(木)晴れ時々曇り コロナ感染者世界で2億人超

東京都コロナ感染5042人(過去最多) 緊急事態宣言25日目/51日間
神奈川県コロナ感染1846人(過去最多)(うち横浜市 583人) 緊急事態宣言4日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

●0830〜今日の国会

※1300〜(参考)衆・議院運営委員会/衆院第1委員室

 

●1400〜(政務)面談

 

●1800〜(政務)面談/地元事務所

 

 


8月4日(水)晴れ時々曇り

東京都コロナ感染4166人 緊急事態宣言24日目/51日間
神奈川県コロナ感染1484人(うち横浜市568人) 緊急事態宣言3日目/30日間
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本に「まん延防止等重点措置」を適用。期間は今月8日から31日まで

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

●0830〜今日の国会

※1000〜(参考)衆・厚生労働委員会/衆分館第16委員室

衆院厚生労働委員会で閉会中審査が行われ、新型コロナウイルスに関する新たな政府の方針を中心に議論が交わされました。この療養方針の見直しでは、感染者が急増する地域では、重症化リスクの低い中等症以下の患者は自宅療養を基本とする、とされています。田村憲久厚生労働大臣は、感染拡大に伴い逼迫する病床確保のためであると理解を求め、訪問看護を充実させる方針である、と述べました。政府分科会の尾身茂会長は、夏休み、お盆、オリンピックなどを理由に、感染のスピードと医療の逼迫は今までになく厳しい、との認識を示しました。(秘書鈴木報告)


8月3日(火)曇り時々晴れ

東京都コロナ感染3709人 緊急事態宣言23日目/51日間
神奈川県コロナ感染1298人(うち横浜市444人) 緊急事態宣言2日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1000〜(参考)閣議/官邸

閣議でありますが、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、総務大臣から、「令和3年度普通交付税大綱について」、外務大臣から、「タイ及びラオスにおける新型コロナ対応のための緊急無償資金協力について」、菅総理大臣から、「海外出張不在中の臨時代理等について」、それぞれ発言がありました。閣僚懇談会においては、西村大臣から、「緊急事態宣言の期間及び区域の変更等を受けた新型コロナウイルス感染症対策の強化・徹底について」発言がありました。私(官房長官)の方からは以上であります。(加藤勝信内閣官房長官)


8月2日(月)曇り時々晴れ 神奈川県も緊急事態宣言へ

(今日からの変更) 神奈川県緊急事態宣言に移行(8月31日までの30日間)

都道府県 〜8月1日 8月2日〜31日
東京 緊急事態宣言 緊急事態宣言
沖縄 緊急事態宣言 緊急事態宣言
埼玉 まん延防止等重点措置 緊急事態宣言
千葉 まん延防止等重点措置 緊急事態宣言
神奈川 まん延防止等重点措置 緊急事態宣言
大阪 まん延防止等重点措置 緊急事態宣言
北海道 なし まん延防止等重点措置
石川 なし まん延防止等重点措置
京都 なし まん延防止等重点措置
兵庫 なし まん延防止等重点措置
福岡 なし まん延防止等重点措置

(東京都のこれまでの動き)

※東京4回目の緊急事態宣言発令(7月12日〜8月22日)42日間
  (まん延防止等重点措置から緊急事態宣言へ移行)
※沖縄は緊急事態宣言を8月22日まで延長
※4府県(埼玉、千葉、神奈川、大阪)はまん延防止等重点措置を8月22日まで延長
※5道府県(北海道、愛知、京都、兵庫、福岡)はまん延防止等重点措置を解除

(神奈川県横浜市のこれまでの動き)

※横浜市まん延防止等重点措置(7月12日〜8月22日)42日間延長
※横浜市まん延防止等重点措置(6月21日〜7月11日)21日間延長
※横浜市まん延防止等重点措置(6月1日〜6月20日)20日間延長
※横浜市まん延防止等重点措置(5月12日〜5月31日)20日間延長
※横浜市まん延防止等重点措置(4月20日〜5月11日)22日間

東京都コロナ感染 2195人 緊急事態宣言22日目/51日間
神奈川県コロナ感染 1686人(うち横浜市825人) 緊急事態宣言1日目/30日間

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

※1100〜【来賓取止め】(政務)厳島神社例大祭/厳島神社

新型コロナウイルス感染防止のため、来賓の皆さんの出席は取りやめとなり、内輪の代表者のみで神事が行われる事になりました。


8月1日(日)曇り時々晴れ

東京都コロナ感染 3058人 緊急事態宣言21日目/51日間(42日間+9日間延長)
神奈川県コロナ感染 1258人(うち横浜市393人) まん延防止等重点措置21日目/21日間(まん延防止は8月1日を最終日に変更、 明日から緊急事態宣言へ移行)

●終日〜(政務)資料整理・事務処理

急激に増加しているコロナ感染はデルタ型の感染力が強いウイルスによるもので、拡大防止に厳重な注意が必要になりました。

7月へ←続き→9月へ

目次へ     トップページへ
奮戦記目次へ    トップへ