松本純の国会奮戦記2020-01

2020(令和2)年1月

トップへ 奮戦記目次へ 前月のページへ 「今日の主な予定・昨日の動き」へ 次月のページへ まちかど政治かわら版1月号

1月18日(土)雨曇り

■0710〜(地元)あらい絹世後援会新春のつどい「成田詣と東京都内施設見学」/杉田守茂前集合・出発

あらい絹世後援会の毎年恒例の成田詣での日帰りバス旅行が開催され、松本真純夫人が参加しました。この会はあらい絹世後援会の新年会も兼ねており、成田山でお参りした後、ホテルで新春の集いが行われました。開会にあたり昨年ご逝去された後援会長の金子光男さんへの黙祷が捧げられました。続いて来賓として松本真純夫人、関勝則市会議員より祝辞が述べられました。次にあらい絹世県議会議員より謝辞があり、本日の参加と昨年の支援に感謝が述べられ、今年は昨年、大きな被害をだした自然災害への対応と、自身が県議会で努めている厚生常任委員長として先日発生した新型コロナウイルスの肺炎などにもしっかり対応していきたいとのお話がありました。乾杯後は和やかな新年会となりました(ビジネス斎藤報告)

●1000〜(地元)まちかど政治瓦版広報会議/地元事務所

まちかど政治瓦版広報会議が地元事務所で開かれました。2月号は横浜の農業政策について特集することになりました。(秘書古正報告)

●1100〜(地元)東京国税労働組合神奈川地区本部「2020年ニューイヤーパーティー」/崎陽軒本店

毎年、新年恒例の東京国税労働組合神奈川地区本部主催「東京国税労働組合神奈川地区本部 `20New Year Party」が、崎陽軒本店5Fマンダリンイーストルームで開催されました。大沼伸彦執行委員長からの新年の挨拶で開会され、松本純代議士からは、推薦議員の来賓として挨拶を致しました。上部団体の東京国税労働組合豊間根純執行委員長から、地区本部の代表の江東地区本部島田勝司本部長からの挨拶がありました。引き続き、大沼執行委員長、豊間根執行委員長と一緒に鏡開きをして、廣田孝則副執行委員長の乾杯の挨拶・発声で懇親にうつりました。その後は子どもたちによりジャンボシュウマイのカットがされ、職場有志のフールト演奏、ビンゴによるお楽しみ抽選会、閉会の挨拶の後、ガンバロー三唱でお開きとなり、2月17日からの確定申告を目前にして家族揃っての楽しい一日になったとのことでした。なお、東京国税労働組合からは、矢野亨副執行委員長、志岐知幸書記長も出席されていました。(秘書渡部報告)

■1300〜(地元)中区肢体障害者福祉協会新春交流会/桂宮

中区肢体障害者福祉協会新春交流会が中華街の「桂宮」で開かれました。残念ながら網川健一会長はご欠席となりましたが、代理として井上副会長から新年の挨拶が述べられました。松本純事務所からは新年のご挨拶と、松本純代議士が引き続き本年も国対委員長代理として円滑な国会運営に努め、地元事務所としても防災減災をはじめとした安全安心な町づくりに取り組んでまいりますとご報告をいたしました。(秘書浅野報告)

■1330〜(地元)神奈川県クリーニング生活衛生同業組合令和2年新年賀詞交換会/ホテル横浜キャメロットジャパン

神奈川県クリーニング生活衛生同業組合令和2年新年賀詞交換会がホテル横浜キャメロットジャパンで開催されました。浦島昭夫理事長より「私ども生活衛生同業組合は昨年の秋、消費税の値上げによりかなり厳しい状況が続いております。特にクリーニング業はなかでもホームクリーニングを主に営業されている方はここ数年比べ物にならない位落ち込んでおります。何とか景気の回復により戻っていかなければと思います。幸い中東の貿易摩擦もある程度解消したかと思われます。今年はオリンピック・パラリンピックが開催されることを契機に世の中が明るくなり、景気が戻る事を願っております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1730〜(地元)誠友会総会・新年会/サントペペ

誠友會総会・新年会が山手駅前の洋食店「サントペペ」にて開催されました。嶋村裕元会長は海外出張のため欠席されましたが、高須賀吾朗副会長が会長代行として総会が行われ、総会は滞りなく終了しました。総会終了後は新年会が開催され、原聡祐県議、松本研市議、伊波俊之助市議より謝辞が述べられ、衆議院議員松本純代理として松本純代議士の近況をご報告し、誠友會の皆さまの新年のご挨拶をいたしました。乾杯後は様々な話題が飛び交い、楽しい新年会をご一緒させていただきました。(秘書浅野報告)

■1800〜(地元)磯子消防団第1分団懇親会/どん亭

磯子消防団第1分団の新年懇親会が開催され代理出席しました。先約があり遅参した為、到着時は懇親会の真っ最中で盛り上がっていました。到着と同時に挨拶の機会をいただき、昨年のご支援の感謝と今年一年が第一分団の皆さまにとって災害の無いすばらしい年になる事をお祈りいたしました。(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)神奈川県麺業組合連絡協議会・学校給食麺協同組合合同新年会/華正樓本館

神奈川県麺業組合連絡協議会・学校給食麺協同組合合同新年会が華正樓本館で開催されました。神奈川県麺業組合連絡協議会・佐久間一郎会長より、まだまだ我々中小企業には景気の良さが実感出来ていない事や4月から栄養成分表示が実施となる事が新年挨拶の中で述べられました。続いて神奈川県学校給食麺協同組合・石毛浩雄理事長より、少子化により学校給食、業者も減少にある中、組合員一同頑張って行く旨の新年挨拶がなされました。続いて来賓挨拶、来賓国会議員代理紹介が行われ、乾杯の発声で歓談となりました。他の会場から駆けつけた伊波俊之助市議からも新年挨拶が述べられました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)野毛町3・4丁目町内会令和2年新年賀詞交換会

野毛町3・4丁目町内会令和2年新年賀詞交換会が一ノ蔵で開かれました。神田信男会長より「昨年は野毛3・4丁目町内会はさしたる事故もなく過ごさしていただきました。これも伊勢山皇大神宮、横浜成田山のご加護があり、また皆様方が一生懸命地域のために、町内のためにやっていただいたのでつつがなく過ごせたと思います。昨日は阪神淡路大震災から25年経ちましたが、災害は忘れた頃にやってくるとか言われますが、この関東エリアは今まで大き災害がここのところなく、そろそろという学術的な話もあります。これは心に止めて対処していただければと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1900〜(地元)月一会新年会/三艘町内会館

月一会新年会が三艘町内会館で開催されました。かなり遅れて出席したのですが皆さんから歓待され、斎藤洋子会長や会員皆さんに新年ご挨拶をいたしました。料理をいただきながら松本純代議士近況をお伝えしました。皆さんからは様々な話題と、以前に月一会で国会見学に行かれた内容を伺いました。(秘書森報


1月17日(金)曇り雨

■0700〜(地元)第8回早朝駅頭演説会/屏風浦駅・京急杉田駅

本日は屏風浦駅と杉田駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は131枚/累計878枚(古正32/累計/189枚、斎藤36枚/累計278枚、森17枚/累計187枚、浅野46枚/累計224枚)でした。(秘書斎藤報告)

※0750〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。政令、人事が決定されました。閣僚懇談会においては、衛藤晟一大臣から「領土・主権展示館の移転について」、御発言がありました。 (菅義偉内閣官房長官)

■1100〜(地元)神奈川県空調衛生工業会令和2年新年賀詞交換会/ホテルニューグランド

神奈川県空調衛生工業会の令和2年の賀詞交換会が開催され代理出席しました。開会にあたり有井清会長より年頭のご挨拶があり、出席された皆さまへのお礼が述べられました。また昨年は5月に元号が変わり10月には即位の礼とおめでたい年でしたが、災害も多い年でもありました。景気はゆるやかに回復基調とは言え、米中貿易戦争やイギリスのイグジット、中東問題など注視していかなければならない状況でもあります。業界では東京オリンピック後の反動が心配されますが、ホテル整備などが上昇することと、県では高度成長時代に作られたインフラの再整備などが予定されています。また働き方改革では生産性の向上とワークバランスが必要です。担い手対策も工業高校へのアプローチをしており結果も出つつあります。最後にパリ協定の実施に伴い、フロン回収などを進め地球温暖化対策・環境対策にも努めていきたいとのお話しがありました。続いて来賓の挨拶と紹介があり私も松本純代理として紹介していただきました。乾杯後は和やかな賀詞交換会になりました(秘書斎藤報告)

※1100〜(参考)総務会/党本部601

11時から総務会が開催され、下記案件が諮られました。(秘書鈴木報告)

【案件】
▽執行部より報告の件
▽人事案件について
▽国会対策について
▽政務調査会よりの案件について
@平成三十年度歳入歳出の決算上の剰余金の処理の特例に関する法律案
A地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案
B家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(議員立法)
▽その他

●1200〜(政務)日本保険薬局協会賀詞交歓会/オークラ東京

日本保険薬局協会賀詞交歓会がオークラ東京プレステージタワー2階オーチャードで、一般社団法人日本保険薬局協会、一般社団法人日本薬局学会、日本保険薬局政治連盟の共催で開催されました。松本代議士は、議院運営委員会与党理事懇談会のため、開会前に、お伺いし、南野利久会長にご挨拶をしました。尾辻秀久参議院議員はじめ、自見はなこ参議院議員、高木美智代衆議院議員等の国会議員が出席されていました。日本医薬品勤務薬剤師会師尾仁会長等関連団体からの来賓も出席されていました。(秘書渡部報告)

●1225〜(国対)議院運営委員会与党理事懇談会/院内第13控室

20日の国会開会、22日、23日の代表質問の本会議をいかに開催できるか、与野党の攻防が続いています。今後の流れについて与党理事により情報共有がなされました。

※1300〜(参考)議院運営委員会理事会/院内議運理事会室

●1300〜(国対)内閣府説明/院内代理室

内閣府より国会の日程に関する説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

●1310〜(国対)警察庁説明/院内代理室

警察庁より、提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

■1400〜(地元)令和2年トラック関係5団体新年賀詞交歓会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

令和2年トラック関係5団体新年賀詞交歓会が横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開催されました。主催者代表挨拶で(一社)神奈川県トラック協会・吉田修一会長より毎年恒例となっている3つのお願いがなされました。@交通事故、労災事故を防ぐ努力。A経営環境、労働環境の改善。B我々業界の思いが伝わるためには選挙に行く事。以上の3点について話され、「当たり前の事に感謝と危機感を持ちましょう。素晴らしい会場で、美味しい物をいただく。また健康でいる事も当たり前ではなく、それぞれが努力によって成し得ています。今年もONEチームとして、同じ方向を向いて頑張って行きたいと思います」と年頭挨拶が述べられました。(秘書森報告)

※1410〜(国対)与野党国対委員長会談/院内常任委員長控室

野党側からの要望を国対委員長会談で受けた森山裕国対委員長から記者の皆さんに報告がなされました。課題は二大臣の辞任と本人らからの記者会見です。

■1500〜(地元)川本工業蒲゚和2年新年賀詞交歓会/川本工業竃{社8Fホール

川本工業蒲゚和2年新年賀詞交歓会が川本工業グループ(新栄会・協栄会・川本工業安全衛生協力会・アクト安全衛生協力会)共済で川本工業竃{社8Fホールで開催されました。川本守彦社長より「昨年は令和に改元されるとともに、第126代天皇陛下が御即位され、我が国にとって新たな時代の幕開けの年となりました。またラグビーワールドカップ2019も大盛況に終わり、日本代表の奮闘に日本中が沸きました。一方相次ぐ激甚災害・英国EU離脱問題・米中貿易摩擦問題・北朝鮮情勢・日韓関係など、様々な話題にこと欠かない1年でもありました。そうした中、我々建設業を取り巻く環境は、首都圏を中心にインフラ整備・大規模再開発、民間企業の設備投資の底堅さなどを背景に公共・民間工事ともに堅調に推移しました。新中期計画初年度にあたる2019年度の当社業績も期初の目標数値を十分にクリアする目処が立ち、足元業績は堅調に推移しています。但し気を緩めることなく、この第4四半期の業務を遂行し、より高いレベルで業績を着地させることが重要です。新中計で掲げた総合設備のプロフェッショナルとして、お客様に信頼される技術と品質を提供し、社会・地域・街づくりに貢献するという基本理念を念頭に業務に邁進していただきたいと思います。2020年は川本工業創業90周年の年です。当社グループにとって記念すべき特別な1年となります。創業90周年に迎えるにあたり、永年の間、グループを支えていただいたお客さま、社会・地域の方々に心より感謝し。次なる100周年、としてその先へ向け、グループの一層の発展に一丸となって取り組んでいきましょう」との挨拶がなされました。小此木八郎衆議、島村大参議、三原じゅん子参議から祝辞がなされました。(秘書古正報告)

■1600〜(政務)ハイヤー・タクシー業界新年賀詞交歓会/経団連会館

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会(川鍋一朗会長(日本交通椛纒\取締役会長))、一般社団法人全国自動車無線連合会(野公秀会長)、一般社団法人関東自動車無線協会(野公秀会お長)合同新年賀詞交歓会が、「国民の安全を脅かし、地域公共交通の存続を危うくする白タク行為の断固阻止!」のスローガンのもと、経団連会館2階経団連ホールで開催されました。川鍋一朗会長、高野公秀会長の挨拶の後、来賓の佐々木紀国土交通大臣政務官、木村弥生総務大臣政務官、田中和徳復興大臣(自由民主党ハヤー・タクシー議員連盟幹事長代理)、富田茂之公明党ハイヤー・タクシー議員懇話会会長、超党派(野党)タクシー政策議員連盟増子輝彦会長、自由民主党細田博之衆議院議員、公明党太田昭宏衆議院議員からの挨拶があり、坂本克己最高顧問の乾杯のご発声で懇親にうつりました。山田美樹衆議院議員、三林裕巳衆議院議員、盛山正仁衆議院議員等多くの国会議員が出席されていました。(秘書渡部報告)

川鍋会長は年頭の挨拶で、「本年は、7月24日から東京オリンピックが、8月25日から東京パラリンピックが開催されます。全タク連では、近年訪日外国人が急速に増加している状況を踏まえ、平成30年1月に「訪日外国人向けタクシーサービス向上アクションプラン」を策定し、母国と同じタクシー・ハイヤー利用環境づくり、言葉の不安解消、決済の不安解消等、訪日外国人のニーズに対応した安全で快適なタクシーサービスの向上に取り組んできました。特に東京オリンピック・パラリンピックの開催期間は、訪日観光客を含む多数の人の移動が見込まれるため、大会成功の一助となるべくタクシー業界として輸送面でしっかりと貢献したいと考えています。これまでの取組をより一層着実に推進して頂きますよう会員の皆様の御理解・御協力をお願い致します。さて、令和元年8月30日付け公示において、全国48運賃ブロックで消費税率引上げと同時に予定されていた通常運賃改定が先送りされたことは、108年に亘る我が国タクシー史上初めての異常事態でした。全タク連では、直ちに9月4日一見自動車局長に対し、通常運賃改定の早期実施等を求める申し入れを行うとともに、9月から10月にかけて開催された与野党のタクシー議連の総会において窮状を訴え、早期実施への支援を要請したところです。議連総会においては、関係行政機関に対し先生方から強力に早期実施すべしとの声を挙げて頂きました。11月6日には、赤羽国土交通大臣、与野党のタクシー議連の会長にも出席頂き大分で全国事業者大会を開催し、運賃改定の早期実施を求める緊急決議を採択し、国土交通省に対し申し入れを実施しました。与野党のタクシー議連の先生方には、11月上旬に物価問題に関する関係閣僚会議の主宰者である菅官房長官への要請行動も実施して頂きました。その後、なかなか事態が進展しなかったことから、11月25日には関係する25の協会長を加えた緊急拡大正副会長会議を開催し、改めて通常運賃改定の年内実施を強く求める要望書をとりまとめ、出席者全員の署名を添付し、同日、赤羽国土交通大臣に提出しました。そして、12月10日に開催した第2回目の緊急拡大正副会長会議には赤羽国土交通大臣が出席され、「関係方面との調整が終了し来年2月1日より実施が決まり、この旨12月13日に公示する。」とのお話がありました。昨年12月13日にようやく各運輸局から公示がなされたのは、このような与野党の議員連盟の先生方による強力なる御支援があったればこそと考えており、心より感謝申し上げます。ライドシェアと称する白タク行為を解禁しようとする動きについては、令和元年6月21日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2019」及び「成長戦略実行計画」において、ライドシェアに関する記述はされてはおらず、タクシーを進化させるという方向が示されたものと考えています。また、同日閣議決定された「規制改革実施計画」及び5月に公表されたシェアリングエコノミー検討会議の第2次報告書においても、ライドシェアに関する文言は見られませんでした。しかしながら、未来投資会議、国家戦略特区諮問会議においては、相変わらず民間議員の竹中平蔵氏等がライドシェア解禁について度々発信しており、昨年6月11日の国家戦略特区諮問会議においても、「来年のオリンピック・パラリンピックに向けた課題としてライドシェアの本格的な実現」について提案がなされました。また、新経済連盟は、昨年10月24日、自民党のデジタル社会推進特別委員会及び公明党の政策要望懇談会において、「『New Economy』の実現に向けた政策要望」としてライドシェア新法の制定を提言しました。10月31日に新たにスタートした規制改革推進会議においても、複数の委員からライドシェア解禁に関する発言がなされる等、依然として予断を許さない状況にあります。全タク連では、引き続き政府の各種会議の検討状況を注視していくとともに、与野党の議員連盟の先生方、国土交通省等行政機関、労働組合、そして全国の地方自治体等と緊密に連携をとりながら、ライドシェア解禁断固阻止に向けて全力を尽くします。一方、我々タクシー業界は、少子・高齢化社会が急速に進行する中、地方創生を担う地域公共交通機関・社会インフラであることを改めて自覚するとともに、利用者ニーズの多様化、IT化の進展、観光先進国の実現等に対応すべく、スマホ配車の普及促進、UDタクシー・妊婦応援タクシー・育児支援タクシー・観光タクシーの充実、乗合タクシー全国展開のより一層の強化、多言語タブレットの導入促進、キャッシュレス決済の拡充等、タクシー事業の更なる進化を図り、引き続き日本においてはライドシェアは不要であるということを示していきたいと考えています。11項目の事業活性化策である「今後新たに取り組む事項について」が打ち出しから2年以上が経過したことから、都道府県協会の意見を踏まえつつ、平成31年3月よりライドシェア問題対策特別委員会において11項目の刷新について集中的な検討を行いました。その結果、「MaaSへの積極的参画」「自動運転技術の活用方策の検討」「キャッシュレス決済の導入促進」「子育てを応援するタクシーの普及」「ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)・福祉タクシーの配車体制の構築」「『運転者職場環境良好度認証』制度の普及促進」「労働力確保対策の推進」「大規模災害時における緊急輸送に関する地方自治体との協定等の締結の推進」「タクシー産業の国内外へのアピールの推進」という新たな9項目から成る「『タクシー業界において今後新たに取り組む事項について』への追加項目」をとりまとめ、令和元年6月5日の正副会長会議において決定、6月25日の通常総会において発表致しました。会員の皆様におかれましては、先の11項目と合わせた計20項目について、それぞれの地域の状況を踏まえて検討され、実施可能な項目について取組を進めて頂きますようお願い致します。先の11項目のうち、事前確定運賃については、平成29年の実証実験を経て制度設計がなされ、平成31年4月26日付けで認可申請の取扱いについて通達が発出されました。同通達については、輸送実績を示した書面及びデータの提出等に関して多くの都道府県協会から課題・要望が寄せられたことから、全タク連では、国土交通省に対し令和元年8月2日付けで要望書を提出致しました。この要望を受け、国土交通省におかれては地域の実情に応じて弾力的な運用をご検討頂きながら、第一弾として10月25日付けで事前確定運賃の認可がなされ、10月28日以降、準備が整った事業者から事前確定運賃のサービスをスタート致しました。事前確定運賃は、「渋滞や回り道等により運賃が高くなるかもしれない。」「到着するまでメーターが気になる。」という利用者の不安感を払拭できるサービスであることから、利用者利便に資するものと確信しており、今後の全国的な普及に期待しています。また、先の11項目については、相乗りタクシー、変動迎車料金、定額タクシー等につきましても、実証実験の結果を踏まえ、国土交通省の指導を頂きながら本格実施に向けてその取組を進めていきたいと考えています。羽田、成田、関西等の国際空港や大型クルーズ船が入港する港或いは全国の観光地等で、訪日中国人を対象としたスマホアプリを使った白タク行為が横行している問題は、断じて容認できるものではなく、国土交通省、警察庁等関係行政機関に対し、訪日中国人等を対象とした白タク行為の取り締まりを一層強化されるよう要望していきたいと考えています。また、最近、東京都内の繁華街を中心に横行しているWEBサイトで運転者と利用者を仲介するマッチングサービス「CREW(クルー)」については、その実態は、互助・共助を仮装した謝礼を得ることを目的とした白タク行為そのものでないかとの声があります。国土交通省は平成30年3月30日、自家用車を使った運送で、利用者が支払う謝礼の範囲を明確化する通達を出しましたが、「CREW」は、表面的には国土交通省の指導に従いシステム変更を行って通達に沿った運営を行っているとしていますが、利用者の声を聴く限り、実態は通達の趣旨を逸脱し、評価が低い利用者はサービス提供を受けにくくなる仕組みが残っている疑いがあります。「CREW」については、引き続き注視していくとともに、国土交通省には、その実態解明と適切な対応を強く要望して参りたいと考えています。過疎地域等における生活交通の確保に有効な手段である「乗合タクシー」については、これまでも全タク連で事例集を作成し、これを活用した地方自治体への訪問活動等により、乗合タクシーの導入に積極的に取り組んで頂くよう傘下会員の皆様にお願いしてきました。これに加え、現在、各都道府県タクシー協会では、自治体訪問活動等による自治体との意見交換等を通じて把握した地域交通の課題・ニーズ等について、タクシー事業者として貢献できる取組をとりまとめた「地域交通サポート計画」の策定作業を鋭意進めて頂いているところです。各都道府県協会におかれましては、これらの活動を通じて地方運輸局及び地元自治体と連携し、地域住民の生活交通の確保のため乗合タクシー導入等への取組を積極的に推進して頂きますようお願い申し上げます。UDタクシーの導入は急速に進んでおり、特にトヨタ自動車のJPN TAXIの登録台数は、昨年11月末において全国で17,671台、東京で10,371台となっています。全タク連といたしましては、引き続き国土交通省に対し、UDタクシーの導入補助の拡充を積極的に要望していきたいと考えています。一方で、JPN  TAXIの発売以降、車椅子の利用者等がUDタクシーであるにもかかわらず運送の申込みを断られる事例があるとの指摘が、国会、報道及び障害者関係団体等から度々なされています。平成30年11月8日付けの国土交通省通達「ユニバーサルデザインタクシーによる運送の適切な実施について」に基づき、UDタクシーの運送に関する研修の受講等の取組を各地で推進したことにより、障害者団体が昨年10月30日に実施した全国一斉調査結果では「スムーズに乗ることができた。」等の好事例も見られる一方、残念ながら乗車拒否等の事例報告も公表されています。このような状況の中、国土交通省から改めて令和元年11月19日付けで通達「ユニバーサルデザインタクシーによる運送の適切な実施の徹底について」が発出されました。各都道府県協会及び傘下会員の皆様におかれましては、これらの通達を踏まえ、UDタクシーの運転、予約、配車その他の業務に携わる従業員に対し、UDタクシーの運送に関する研修を実施する等の取組を引き続き積極的に推進して頂きますようお願い致します。今年4月から働き方改革関連法が中小企業にも本格的に適用され、タクシー業界においても、5年間の猶予期間中のうちに、時間外労働の上限を年960時間以内にしなければならない2年目を迎えることになります。全タク連では一昨年3月に策定した「タクシー事業における働き方改革の実現に向けたアクションプラン」に沿って各種の取組を確実に推進することとしています。また、タクシードライバーの人材確保については、4月以降実施が予定されている「就職氷河期世代向けの資格習得支援等の施策」等を受けて、タクシードライバーの職業としての魅力を広くPRするとともに、人材確保に最大限努めて参ります。さらに、現在ドライバーの高齢化が進んでいることから、昨年4月より、タクシー・ハイヤー業における高齢者雇用推進ガイドラインの策定を進めているところですが、本年夏頃には皆様にお示しできる見込みです。改正タクシー特措法については、現在、22地域が特定地域に指定されていますが、昨年11月、平成27年及び28年に指定を受けた20地域について、平成30年度輸送実績に基づき改めて地域指定の見直しがなされ、7地域が指定を継続、2地域が当初期限の末日から3年間延長、11地域が令和元年度末を以て解除する旨の方針が示されました。また、現在108地域が準特定地域に指定されています。引き続き、全国の特定地域及び準特定地域において、適正化・活性化の取組を進めて頂きますようお願い申し上げます。お、全タク連では、改正タクシー特措法施行における課題・要望について、各都道府県協会の意見を踏まえ、平成28年11月15日付けで国土交通省に対し要望書を提出しましたが、特に特定地域及び準特定地域の指定基準については、今なお改善を求める意見が寄せられているところであり、引き続きこれらの課題等への対応について、国土交通省に対して要望して参りたいと考えています。最後になりますが、会員の皆様の益々の御繁栄と御健勝をお祈り申し上げ、年頭の御挨拶と致します。」と述べました。

■1630〜(地元)横浜市下水道管理協同組合新年賀詞交歓会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜市下水道管理協同組合の令和2年の賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり飯島文男理事長よりご挨拶があり、「今年は元号が変わり、株価も堅調でしたが、秋の台風災害や消費税のアップなどもあり後半は足踏み常態でした。今年はオリンピックの年であり競技場、ホテル、道路などが完成しつつあります。我々は横浜市から下水道管理を任されています。今年はスクリーニングカメラなどの最新の機材、システムを使い台風やゲリラ豪雨などに対して下水道の保全管理に努めてまいります。」とのお話しが述べられました。続いて来賓の挨拶と紹介があり、私も松本純代理として紹介していただきました(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)2020年山下町町内会新年賀詞交換会/ローズホテル横浜

2020年山下町町内会新年賀詞交換会がローズホテル横浜で開催されました。国歌斉唱・横浜市歌斉唱に続き、主催者を代表して栗田繁夫会長より「昨年は山下町に町名がついて100年目、町内会の組織が出来て60年という年でした。今年もこの節目に新規一転スタートしていきたいと思います。今年はオリンピックの年で大勢のお客様がこの中華街に来て、楽しんでいただくためには街を綺麗にしなければならないと考えております。オール山下町でワンチームとなって綺麗にしていきたいと考えております。行政の力をお借りして、街がきれいになり、安全で安心な街であって、商売ができて生活ができるような街の賑わいのお手伝いが出来ればと思っております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1830〜(政務)東京薬科大学OB懇談会/都内

東京薬科大学の先輩方からご意見を聴く恒例の懇談会に出席しました。

■1900〜(地元)杉田十日会商店街新年会/政寿司

杉田十日会商店街の新年会が開催され参加しました。開会にあたり伊藤優会長よりご挨拶があり、昨年は台風で洪水被害がありました。自然災害はやむをえない事もありますが、今年は対策なども考えていきたいと思います。また商店街の販促は朝市、宝くじなども取り入れ皆さまと意見を交換しながら会の事業を進めていきます。と述べられました。つづいて記念撮影の後、乾杯、懇親会となりました(秘書斎藤報告)

■1930〜(地元)青友会三金会/山元町1丁目自治会館

山一青友会三金会の例会が山元町1丁目自治会館で開催されました。石川豊次会長より開会の挨拶がなされ、来月に予定されている青友会新年会の予定と、今年開催予定の旅行の案内がなされました。続いて千野光紀様より昨年12月に行われた令和元年度餅つき大会収支報告がなされました。原聡祐県議より津久井やまゆり園への県としてのバックアップ体制などの県政報告がなされ、松本研市議からは先日開催された松本研新年会開催についてお礼の挨拶がなされました。松本純事務所からは「まちかど政治瓦版」1月号をお配りし、松本純代議士の活動報告と掲載内容についてのご案内をいたしました。その後はインフルエンザの予防や横浜の観光、交通事故防止についてなど、話題は多岐に渡りました。(秘書浅野報告)


1月16日(木)晴れ曇り

■0700〜(地元)第7回早朝駅頭演説会/洋光台駅

本日は洋光台駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は134枚/累計747枚(古正25/累計/157枚、斎藤36枚/累計242枚、森37枚/累計170枚、浅野36枚/累計178枚)でした。(秘書斎藤報告)

●1030〜(政務)厚生労働省挨拶/1-302

厚生労働省医薬・生活衛生局担当の前、森和彦審議官と山本史審議官が、就退任の挨拶のため来館されました。(秘書渡部報告)

●1050〜(政務)中外製薬会長ら来館/1-302

中外製薬株式会社の永山治代表取締役会長、小坂達朗代表取締役社長、河野圭志上席執行役員、藤原尚也渉外調査部長が、年始のご挨拶に来館されました。バイオ医薬品の開発取り組み等の説明を受けました。(秘書渡部報告)

■1100〜(地元)令和2年「神奈川私学新春のつどい」/横浜ロイヤルパークホテル

令和2年「神奈川私学新春のつどい」が横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。神奈川県私学団体連合会を代表して工藤誠一委員長より「新春の訪れと同時に神奈川桐蔭学園が全国高校ラグビー大会で優勝いたしました。おめでとうございます。新年早々神奈川のパワーを全国に示すことができました。今年は神奈川にとって是非良い年になる予感がします。私達は神奈川に学ぶ幼稚園生、小学生、中学生、高校生そして専門学校、各種学校の子供たちと日々触れ合っています。我が国の将来はこの私達の目の前にいる若人がしっかりと前を向いてこの国を支えて行くんだ、リードして行くんだという事で大きく育ってもらわないと困ります。しかし一番そうした子供達に接している私達も元気を出して接しなければいけないと思います。イギリスには揺りかごを揺する手が子供の将来という諺があります。私達は日々子供と向き合っています。その子供達が元気に夢を追って、自信を持って未来に向かって歩いていけるように私達大人も元気を出して多くの若い世代の生徒達と今年一年共に歩んでいこうではありませんか。私達のネットワークが必ずや、この神奈川に、広く日本に、世界に広がっていくことを確信しております」との挨拶がなされました。続いて私学団体連合構成団体、公益社団法人神奈川県私立幼稚園連合会(小澤俊通会長)、神奈川県立小学校協会(齋藤滋知事長)、一般社団法人神奈川県私立中学高等学校協会(工藤誠一理事長)、一般社団法人神奈川県専修学校各種学校協会(清水裕会長)の紹介がなされました。乾杯に続き2019(令和元)年度神奈川県私立学校教育功労者の紹介が行われました。(秘書古正報告)

■1130〜(地元)横浜駅東口合同新年賀詞交歓会/新都市ホール

横浜駅東口合同新年賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会冒頭に君が代斉唱され、引き続き横浜駅東口振興協議会・小谷昌会長よりご挨拶がありました。出席の来賓の皆さんへのお礼が述べられ、「今年は西口のJR タワーも出来、みなとみらい地区の開発も最終段階に入る。また連結バスの運航や市庁舎の移転もあり、人の流れが大きく変わる。東口もさらに賑わいと魅力を高めていかなければならない。また昨年の災害の事もあり、安全・安心の取り組みも必要である。今年も横浜の玄関口としてふさわしい街作りをしていきたい。」とのお話がありました。続いて来賓の祝辞と紹介があり、鏡開きのあとは賑やかな祝賀会となりました(秘書斎藤報告)

●1315〜(国対)議院運営委員会与党理事懇談会/院内第13控室

国会開会へ向け、本会議の議事内容について協議が進められています。

▼高木毅議運委員長

※1400〜(参考)議院運営委員会理事会/院内議運理事会室

※1400〜(参考)政調審議会/党本部603

政調審議会では下記案件が審査され、全て了承となりました。(秘書鈴木報告)

【案件】
@平成三十年度歳入歳出の決算上の剰余金の処理の特例に関する法律案(松下新平財務金融部会長説明)
A地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案(中根一幸総務部会長説明)
B家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案【議員立法】(野村哲郎農林部会長説明)
Cその他

●1400〜(国対)防衛省説明/院内代理室

防衛省・川崎方啓審議官より、通常国会提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

●1415〜(国対)環境省説明/院内代理室

環境省・上田康治審議官より、通常国会提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

●1430〜(国対)内閣府説明/院内代理室

内閣府・渡邉清総括審議官より、通常国会提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

■1430〜(地元)神奈川県板金工業組合令和2年新年賀詞交歓会祝賀会/ホテル横浜ガーデン

神奈川県板金工業組合の令和2年の賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり市川肇理事長より新年のご挨拶があり、「昨年は天皇即位などのお祝いの年と期待しましたが台風や豪雨の自然災害が多くなってしまいました。我々の業界では人手不足や高齢化が進んでいます。雇用と所得の環境改善が必要であり、技術の継承と後継者作りも進め、組織の強化を行っていきますので皆さまのご協力をお願いいたします」と述べられました。続いて来賓の挨拶と紹介が行われ、私も松本純代理として紹介していただきました(秘書斎藤報告)

■1500〜(地元)金沢警察署武道始式/金沢警察署5F道場

金沢警察署武道始式が金沢警察署道場で行われました。国歌斉唱、署長訓示の後、署員による白熱した柔道と剣道、薙刀演舞が行われました。演舞終了後は表彰と國原章弘金沢区長による来賓祝辞がなされ、神奈川県金沢警察・北村正署長による、区民と地域を守るために努めて邁進する旨の謝辞がなされ閉会となりました。(秘書森報告)

●1700〜(政務)電子タバコ説明/1-302

電子タバコの安全性について説明を受けました。

■1700〜(地元)令和元年度杉田地区新年賀詞交歓会/杉田地区センター

杉田地区の新年賀詞交歓会が開催され、松本純代理で真純夫人が出席しました。開会にあたり須田幸雄連合町内会長よりご挨拶があり、先日磯子区の賀詞交換会があった。その時にお話しがあった磯子区の方針である防災対策、高齢者支援対策、子供対策を中心に住みやすい笑顔あふれる杉田地区にしていきたい。第4次スイッチオンもスタートする。皆さまのご支援をお願いいたします。とのお話しがありました。続いて来賓の挨拶と紹介が行われ、真純夫人も松本純代議士代理として紹介されました(秘書斎藤報告)

■1730〜(地元)金沢地区警察官友の会懇親会/金沢警察署5F講堂

金沢地区警察官友の会懇親会が武道始式終了後の金沢警察署講堂で、金沢警察署・北村正署長、幹部署員、歴代金沢警察署長数名が出席され賑やかに開催されました。警察官友の会・相川文五郎会長より「今日の武道始で(署員の)熱気溢れる勇気と体力をもって金沢区の治安に努めていただきたいと思っています。恒例の励ます会ですが、署長や幹部署員、武道始で優秀な成績をあげられた署員の方、歴代署長数名が出席されています。是非、懇親を深めていただきたいと思います」とご挨拶されました。懇親会場には武道始式で薙刀演舞を披露された2019ミスユニバーシティ神奈川代表・2014全日本なぎなた大会優勝の鈴木媛女(すずき ひめ)さんが、ドレスに着替えて参加され華を添えられました。(秘書森報告)

■1800〜(政務)日本弁護士政治連盟新年祝賀会/都市センターホテル

日本弁護士政治連盟新年祝賀会が都市センターホテル3Fコスモスの間で開催されました。村越進日本弁護士政治連盟理事長と菊地裕太郎日本弁護士連合会会長の挨拶の後、山岸憲司・日本弁護士政治連盟顧問の乾杯の発声で懇親にうつりました。到着順で、来賓の山口那津男公明党代表からの祝辞挨拶に引き続いて、森英介衆議院議員ほか多数の国会議員から順次挨拶がなされ、盛会でした。村越理事長、菊地会長からは、法律によって解決できる悩み事は実は多いのです。日弁連は、数多くの重要課題を抱えており、しかも日々新しい課題が生起し、絶えることがありません。課題に一つひとつ全力で取り組む所存です。課題とともに今年度の執行部の情熱と団結も引き継ぎます。この1年間変わらぬご指導・ご支援をお願いし、新年の挨拶といたしますとの挨拶がありました。神奈川県からは、関東弁護士連合会木村良二理事長(横浜市中区)、神奈川県弁護士会伊藤信吾会長(相模原市)が参加されていました。(秘書渡部報告)

●1830〜(閥務)志公会新年懇談会/都内

志公会(麻生派)の新年会が開催されました。皆さん元気に上京されました。麻生太郎会長よりこれからの取り組みについてお話がありました。

■1830〜(地元)吉田町町内会・吉田町名店街会令和2年賀詞交歓会/横浜吉田町梅林

吉田町町内会・吉田町名店街会令和2年賀詞交歓会が横浜吉田町梅林で開かれました 。今井大吉田町会長より「今年は以前より願っていた新市庁舎から繋がるプロムナードが実現となりそうです。照明や道幅など、課題はありますが一つ一つやっていこうと思います。本日は第1中部地区連合町内会長の平山会長はじめ、ご来賓の皆さまはご出席賜りありがとうございます。今年一年間よろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。続いて来賓挨拶として松本研横浜市会議員、平山正晴連合町内会長の挨拶がなされました。衆議院議員松本純代理として私も紹介していただきました。乾杯の後は盛大な新年会が行われました。(秘書浅野報告)

■1830〜(地元)川崎市薬剤師会新年賀詞交歓会/川崎日航ホテル

川崎市薬剤師会新年賀詞交歓会が川崎日航ホテルで開催されました。嶋元会長より「昨年川崎市は台風19号による水害という大きな災害に見舞われました。この水害で私どもの会員薬局のうち2件が床上浸水に合い、その他6件の薬局が雨漏りや床上浸水等の被害を受けました。私ども薬剤師会は災害対策として志行政の依頼により本年から3年間で53品目60セットの災害用医療用医薬品の備蓄を準備を進めているが、その他、災害時に開局している薬局は、横浜市薬剤師会から使用許可をいただいた開局中のイエローフラッグを掲示することにより市民の方々に知らせることが出来ます。 これからの薬剤師会と薬局に求められる役割は、住民・患者から信頼されて選ばれるかかりつけとしての機能と役割を充実・強化し地域包括ケアシステムの一翼を担い、チーム医療の一員として貢献してくことです。私ども薬剤師会は市民に対して何ができるかをと問い続けております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1900〜(地元)(公社)小田原薬剤師会令和2年新年賀詞交歓会/湯本富士屋ホテル

(公社)小田原薬剤師会令和2年新年賀詞交歓会が箱根の湯元富士屋ホテルで開催されました。他の新年会場から駆けつけた時には懇親会が始まっていて会場は賑やかな歓談となっていました。会長挨拶は伺えませんでしたが、荒井俊明会長やお世話になっている会員薬剤師の方々に新年ご挨拶をして松本純代議士の近況をお伝えしました。懇親会はフラメンコのショーや全員参加のクイズゲームがあり大変盛り上がった賀詞交歓会でした。(秘書森報告)

■1900〜(地元)山手会/北欧

山手会の例会がレストラン「北欧」で開かれました。本日は遅参をしてしまいましたが、橋本亨会長を中心に様々な話題が交わさている最中でした。松本研市議からはIR誘致や今年の関内地区の展望などを中心に市政報告がなされました。北欧の料理をいただきながら皆様と様々な話題を交わしながら楽しい時間をご一緒させていただきました。(秘書浅野報告)


1月15日(水)曇り一時雨 国会開会準備:国対正副打合せスタート

■0700〜(地元)第6回早朝駅頭演説会/新杉田駅・根岸駅

本日は根岸駅と新杉田駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は114枚/累計613枚(古正32/累計/132枚、斎藤38枚/累計206枚、森30枚/累計133枚、浅野14枚/累計142枚)でした。(秘書斎藤報告)

■1030〜(地元)神奈川県下塗装団体合同新年賀詞交換会並びに受賞者合同祝賀会/ロイヤルホールヨコハマ

神奈川県下塗装団体合同新年賀詞交換会並びに受賞者合同祝賀会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。塗装団体連絡協議会(日本塗装工業会神奈川県支部、神奈川県塗装協会、横浜市塗装事業協同組合、川崎塗装業協会、神奈川県塗装工業協同組合、相模原塗装協同組合、関東マスチック事業協同組合神奈川県支部)を代表して坂倉徹実行委員長より「昨年の塗装業界では数多くの事柄がございました。建設業界ではオリンピックの需要もあり、建設事情が旺盛でした。しかし、その繁忙さに対し、労働者不足が常態化しております。そうした問題から外国人労働者の受け入れ拡大、若年労働者の拡大などがあります。少子化問題もあり、これは塗装業界のみならず、建設業界各種団体も同じ傾向にあります。また、後継者がいない為、黒字での廃業といった事も報告されています。こうした事も課題として業界、国をあげて対応していかなければなりません。これらを実行していくのは大変な困難が伴っていくものだと思います。こうしたことをどのように改革し、進めていくのが業界の発展に繋がっていくのかを、これから大いに検討しなければならないと思います。どうぞ今年一年大変お世話になると思いますが、ご来賓の先生方におかれましてはよろしくご指導のほど、お願い申し上げましてご挨拶とさせていただきます」との挨拶がなされ、続いて受賞者紹介として旭日双光章を受章された永田好一様はじめ、多くの受賞者が紹介されました。(秘書浅野報告)

■1130〜(地元)(一社)横浜みなとみらい21賀詞交歓会/横浜ベイホテル東急

横浜みなとみらい21賀詞交歓会が横浜ベイホテル東急で開催されました。坂和伸賢横浜みなとみらい21理事長より「私は昨年6月から理事長を務めさせていただきますが、みなとみらい21は首都圏を代表する横浜の都心部強化事業の中核的なプロジェクトとして1983年、今から37年前に事業着手されました。この間我が国の経済を俯瞰しますとバブル経済の急速な進展、崩壊、失われた20年といった厳しい経済状況でした。さらには100年に一度と言われた、リーマンショック、その追い打ちをかけるように東日本大震災による経済の停滞がありました。こうした中におきましても皆様のお力によりまして、桜木町方面を起点に新港地区や横浜駅方面まで開発エリアが広がり、現在では複数の街区で計画や工事が最盛期を迎え、みなとみらい地区の全体の姿も見えてまいりました。施設の状況を見ますと、開発当初からの商業、ホテル、住宅、文化、コンベンションといった施設の更なる拡充に加え、大学、研究所、エンターテイメント施設など多様な施設の集積も進んでまいりました。一定のエリアでこのような多様な施設機能の集積する場は国内はおろか海外でもあまり例を見ないのではと考えております。しかしながら街開発の完成はあくまでも一つの過程であります。みなとみらい21地区で活動する全体の多様な企業の皆様の姿が見えてきた中で、相乗効果を発揮し、いかに人を惹きつけ、活力を持って活動していただくのか、これからの都市が稼働してく局面こそが大変重要だと考えています。そのため昨年会員の皆様から公募により、検討メンバーに参画してただきながら、具体的な取り組みを盛り込んだ、将来を見据えたエリアマネジメントの方向性の検討に着手しました。こうした中で多様な施設機能、多様な企業、多様な周辺エリア交流・連携というキーワードが出てまいりました。相乗効果による新たな価値の創造と捉えております。このキーワードを基軸としながら、みなとみらいをしっかりと見据え、新たなエリアマネジメントの展開にチャレンジしてまいりたいと考えております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1200〜(国対)国会対策正副委員長打合会/院内第21控室

12時より新年最初の国対正副打合せが行われました。森山委員長は、いよいよ20日から国会が始まるが、様々な問題に誠意を持って対応していかなければならない、そして補正予算の成立、来年度予算の年度内成立が至上命題だ、との主旨の挨拶を述べられました。今後の予定や閉会中の動きも担当から報告され、通常国会に向けて現況を確認しました。(秘書鈴木報告)

■1300〜(地元)公明党神奈川県本部「新春の集い」/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

公明党神奈川県本部「新春の集い」が横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開催されました。上田勇公明党神奈川県本部代表より「昨年は春の統一地方選挙、夏の参議院選挙と皆様方の絶大なるご支援をいただきまして、勝利を収めることができました。また昨年秋には残念ながら自然災害が多発した年となりました。県内でも多くの被害が発生し、被災をされました皆様方には改めましてお見舞いを申し上げると共に、今国も県も関係自治体一致協いたしまして復旧復興に全力で取り組んでいるところであります。私達も全力を尽くしてまいります。この令和2年も数々の課題がある年であります。近年の自然災害の多発を受けた防災減災対策を一段と強化していかなければなりません。また日本の経済も世界経済にの動きによってさまざまな不安材料も懸念されている中にあって、引き続き自民党・公明党連立与党におきまして経済の政策を最優先の課題としてこれからも進めていく決意でございます」との挨拶がなされました。斉藤鉄夫公明党幹事長、小此木八郎自民党神奈川県連会長、黒岩祐治県知事、県内市長村長代表の林文子横浜市長などの挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1300〜(国対)厚生労働省説明/院内代理室

厚生労働省より、通常国会提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

●1320〜(国対文部科学省説明/院内代理室

文部科学省・柳孝官房長より、通常国会提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

●1330〜(国対)国土交通省説明/院内代理室

国土交通省より、通常国会提出予定法案の概要について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

●1345〜(国対)消費者庁説明/院内代理室

消費者庁より、通常国会提出予定法案について説明を聴取しました。(秘書鈴木報告)

■1400〜(地元)神奈川県飲食業生活衛生同業組合令和2年新春賀詞交換会/ローズホテル横浜

神奈川県飲食業生活衛生同業組合令和2年新春賀詞交換会がローズホテル横浜で開催されました。主催者を代表して国島正富理事長より「神奈川県飲食業生活衛生同業組合は昨年5月の総会は元号が令和に変わり、直ぐの総会となりました。我々の業界として改めて日本の長きに亘る伝統文化の中での御代替わりを嬉しく日本人でよかったと実感いたいしました。また昨年の自然災害では、我々の業界でも防災への対応を検討すべきと考えました。我々の組織としての事業は会員増強、組織の見直し、組合員ファーストの事業を進めてまいりましたが、成果としては皆様のご協力により一つひとつ成果が表れております。感謝申し上げます」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1600〜(地元)神奈川県石油4団体共催賀詞交歓会/ロイヤルホールヨコハマ

神奈川県石油4団体共催の賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり4団体の理事長・会長が紹介され、神奈川県石油商業組合・石油業協同組合理事長の木所章さんより代表してご挨拶がありました。まず自身の2期目への感謝と今日出席された来賓の皆さまへのお礼があり、業界は原油価格が上がり、中東の状況が不安要素となっている。昨年4月にはシェルと出光の統合、JXTGもエネオスの名前に統合された。また系列店の競争での廉価販売も多くなった。また働き方改革も今年の4月からは中小企業も対象となる。最低賃金も1011円となり、労働条件の改善も必要だ。廉価販売を止め、安さより質を求める商売にしていかなければならない。ガソリンスタンドは災害において、住民拠点となり安定した燃料補給と公共インフラとならなければならない。競合販売をやめ適性な利益が出せる健全な事業継続をして行きましょう。等のお話しがありました。続いて来賓の祝辞と紹介があり私も松本純代理として紹介していただきました(秘書斎藤報告)

■1600〜(地元)横浜金沢産業連絡協議会令和2年新年賀詞交歓会/横浜テクノタワーホテル

横浜金沢産業連絡協議会令和2年新年賀詞交歓会が横浜テクノタワーホテルで開催されました。沼田昭司会長より「昨年は自然災害の猛威に翻弄された1年でした。(昨年)9月9日未明、金沢地区を襲った台風15号にはびっくりしました。現地を視察しましたら、その光景は数年前に見た東日本大震災の津波の跡のようでした。我々役員一同、すぐ立ち上がり皆さまのご協力を得て早く復興の道を辿る事が出来ました。私の抱負はお配りした『PIAだより』に書いてありますので後ほどご一読ください。我々産連協は役員、事務局一丸となり最近流行りの『ONEチーム』として復興に向かって頑張って参ります」とご挨拶されました。続いて来賓挨拶、来賓紹介が行われ乾杯の発声で企業、団体、行政、議員との懇談がなされました。(秘書森報告)

●1730〜(政務)(公社)日本薬剤師会新年賀詞交歓会/明治記念館

公益法人日本薬剤師会令和2年新年賀詞交歓会が明治記念館本館2階「蓬莱の間」で開催されました。日本薬剤師会高松登理事の司会で進行され、主催者挨拶が日本薬剤師会山本信夫会長から、来賓挨拶が厚生労働省医薬・生活衛生局樽見英樹局長、文部科学省大臣官房森晃憲高等教育局担当審議官、公益社団法人日本薬学会高倉喜信会頭、日本製薬団体連合会宮島俊彦理事長、一般社団法人日本保険薬局協会南野利光会長からあり、日本チェーンドラッグストア協会池野隆光会長の乾杯のご発声で歓談になりました。引き続き、薬剤師議員の松本純衆議院議員らからの来賓挨拶がありました。結びは、日本薬剤師会乾英夫副会長のご挨拶で中締めとなりました。薬機法の成立を踏まえ、患者さんのための薬剤師、薬局の在りかたについて、きちんとした議論を日本薬剤師会を中心にすすめていくことが必要であり共にがんばりますとの挨拶がありました。松本代議士からは日本保険薬局協会並びに日本チェーンドラッグストア協会から会長が出席され、薬剤師という職能のもと、一致協力しての活動の重要性について挨拶を致しました。(秘書渡部報告)

■1800〜(地元)神奈川県損害保険代理業協会新春の集い/ロイヤルホールヨコハマ

神奈川県損害保険代理業協会の新春の集いが開催され代理出席しました。この会は「一般社団法人日本損害保険協会認定・損害保険トータルプランナー記念品授与式」も兼ねて行われました。開会にあたり最初に難関の試験をパスして晴れてトータルプランナーに認定された皆さんに記念品の贈呈が行われました。その後、雨宮豊会長より年頭のご挨拶があり業界を取り巻く様々な環境のお話しと同時に今年の抱負が述べられました。続いて来賓の挨拶と紹介がありました(秘書斎藤報告)

●1900〜(政務)歯科医療懇談会/都内

五十嵐一誠先生から歯科医療、特に自由診療についてご意見を伺いました。

■1930〜(地元)山純会/港陵館

山元町二丁目松本純後援会の山純会が港陵館ににて開催されました。開会の挨拶として田巻宏一会長より新年の挨拶が会員の皆さまへなされました。続いて伊藤新二郎様より「今年も皆さんで純先生を応援していきましょう」と挨拶がなされ、来月の山純会、餅つき大会開催予定の報告がありました。松本研市議からは昨年の市政報告から、今年の市政の取り組みの抱負が述べられました。原聡祐県議からは津久井やまゆり園の現状はじめ、今後の県政への取り組みの説明がなされました。松本純事務所からは「まちかど政治瓦版」1月号をお配りし、松本純代議士の掲載内容についてのご説明と、山純会の皆さまへ新年のご挨拶をいたしました。その後は政治、スポーツ、IRなど、様々な話題を交わしながら楽しい時間をご一緒しました。(秘書浅野報告)


1月14日(火)曇り

■0700〜(地元)第5回早朝駅頭演説会/磯子駅

本日は磯子駅駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は87枚/累計499枚(古正15/累計/100枚、斎藤26枚/累計168枚、森21枚/累計103枚、浅野25枚/累計128枚)でした。(秘書斎藤報告)

※0920〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件1件、政令、人事が決定されました。大臣発言として、安倍内閣総理大臣の臨時代理たる麻生副総理から「海外出張不在中の臨時代理について」、御発言がありました。 (菅義偉内閣官房長官)

■1100〜(地元)(一社)神奈川県タクシー協会令和2年賀詞交歓会/横浜ベイシェラトン&タワーズ

神奈川県タクシー協会令和2年賀詞交歓会が横浜ベイシェラトン&タワーズで開催されました。伊藤宏会長より「このところ急速に訪日外国人の数が増えておりまして、昨年は3000万人を突破したという報告もございました。全国タクシー連盟が平成30年1月に訪日外国人向けのタクシーサービス向上アクションプランを策定して日本を訪れる方が母国と同じようにタクシーを利用できるような環境を作り上げることが一番大事ということで、第一に言葉の問題、海外では主流になっているキャッシュレス決済の対応などがクリヤーされて安心して安全に海外からの方がオリンピック・パラリンピックを楽しんでいただけるように業界といたしましても取り組んできましたが、いよいよその真価を発揮する年となってきました。 業界が待ちにまった運賃改定がなされることで、タクシー業界が新たに取り組むべく、初乗り距離短縮の導入が特別地以外でも導入されることになりました。諸課題である、労働力不足による稼働率低下による売り上げの落ち込み、次世代車両の導入、タクシー配車アプリの推進、インバウンド需要への対応のための多言語タブレットの導入、キャッシュレス決済化への対応、働き方改革への対応等々、コスト増加などの解消に向けて大きな一歩を前進できたと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1600〜(地元)神奈川県自動車整備関係団体令和2年新年賀詞交歓会/ホテル横浜キャメロットジャパン

令和2年度の神奈川県自動車関係団体の新年賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり代表である市川英治会長より年頭のご挨拶があり、景気はゆるやかに回復基調だが米中貿易戦争や中東問題で先が不安視される現状である。業界としては、今年改正運送車両法の実施などがあり大切な年である。また引き続き車両使用者へ点検整備の実施を促したい。環境対応車やサポカーなどの対応にも力を入れて行きたい。整備工のPRを行い人材確保と育成も行いたい。と述べられ、最後に昨年技術コンクールで藤沢支部が全国優勝したとの報告がなされ、このパワーを今年は広げていきたい。とのお話しがありました。続いて来賓の挨拶と紹介があり、私も松本純代理として紹介していただきました(秘書斎藤報告)

●1645〜(国対)財務省説明/1-302

財務省幹部茶谷栄治大臣官房長をはじめ幹部皆様が挨拶に来館され、引き続き、大臣官房坂井基文書課長から次期通常国会提出予定法案の概要について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1700〜(国対)総務省説明/1-302

総務省内藤尚志財政局長、はじめ担当者から次期通常国会提出予定法案の概要について説明を受けました。(秘書渡部報告)

■1740〜(地元)令和2年横浜中間税会新年賀詞交歓会/ホテルメルパルクYOKOHAMA

令和2年横浜中間税会新年賀詞交歓会がホテルメルパルクYOKOHAMAで開催されました。六川勝仁会長より「今年令和2年オリンピック・パラリンピックイヤーでありますが、横浜が大きく変貌して参ります。6月には新しい市役所が共用開始になります。また北仲のエリアには昨年9月にアパホテル&リゾートが2310ルームという規模でオープンしました。その隣には6月にザ・タワー横浜北仲という58階建ての高層ビル・マンションがオープンして参ります。その上層階にホテルがオープンします。そうしますとこのエリアのホテルが去年の4月と比べると部屋の数で7000室で倍増することになります。ますます来外者が増えてきます。間税会もしっかりと情報を共有しまして、対応、対処できるような間税会にしていきたいと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1800〜(政務)2020年賀詞交歓会:日本生協連・コープ共済連・医療福祉生協連/ホテルニューオータニ

日本生活協同組合連合会(本田英一代表理事会長)・日本コープ共済生活協同組合連合会(和田寿昭代表理事理事長)・日本医療福祉生活協同組合連合会(橋淳代表理事会長理事)の3連合会共催2020年賀詞交歓会がホテルニューオータニザ・メイン宴会場階「鶴の間」で開催されました。行政・国会議員・友誼団体・協同組合・学識者・報道関係者・取引先・生協関係者等大勢の参加者が出席し盛大に開催されました。主催者3団体代表の紹介の後、主催者を代表して日本生活協同組合連合会本田英一会長から挨拶、来賓の加藤勝信厚生労働大臣、一般社団法人日本協同組合連携機構(JCA)を代表し、中家徹理事会長(全国農業協同組合中央会(JA全中)会長)、社会福祉法人全国社会福祉協議会清家篤会長から挨拶がありました。引き続き、日本薬剤師会山本信夫会長をはじめ、各政党・協同組合・友誼団体・取引先の代表の皆様による鏡開きの後、日本生協連の取引先の会である「日本生協連虹の会」川村和夫会長(明治ホールデイングス株式会社代表取締役社長)の乾杯のご発声で懇談に入りました。(秘書渡部報告)

本田会長からは、「昨年も、これまでの想定を超える集中豪雨や猛烈な台風、地震などが次々と発生し甚大な被害をもたらしました。東日本大震災をはじめとした自然災害の被害に対し、全国の生協は被災された方々に寄り添った支援をこれからも継続してまいります。人ロ減少や高齢化が進み、格差や貧困など地域の課題も多様かっ深刻になるなか、全国の生協は「助け合い」の組織として、購買、共済、医療・福祉などの事業や活動を通じ、地域の諸団体と協力し、健康で安心してくらせるゆたかな地域社会づくりにむけて取り組みを進めております。組合員同士の助け合いボランティア活動、健康づくりの取り組みなど、各地で精力的に推進しています。2019年10月にアフリカのルワンダで開催されたICAキガリ総会では、2030年に向けた協同組合運動発展の指針に関わる意見交換が行われました。日本生協連、コープ共済連そして医療福祉生協連でも「2030年ビジョン」策定の検討を開始しています。全国の生協は、協同組合聞連携や地域の諸団体とのっながりを基礎として、地域課題の解決と「誰一人取り残さない」社会の実現に大きな役割を発揮できるよう取り組む所存です。結びにあたり、今後ともさらなるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げるとともに、皆様方のご健勝とご多幸をご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます」との挨拶でした。現在事業規模3兆5000億円、2900万世帯に利用されています。

■1800〜(地元)協同組合横浜南部市場共栄会新年会/クルーズクルーズ横浜

協同組合横浜南部市場共栄会の新年会に顧問としてお招きいただき、代理出席しました。開会にあたり柴岡義幸理事長よりご挨拶があり、昨年ブランチの開店でお客様の流れが変わり顔ぶれが変わりました。スーパー・飲食店と共に新しく専門店として出発し食の専門としてお客様に信頼をされています、昨年で一つの波を越えられたと思っています。今年が踏ん張り時です。皆で助け合いながら今年もがんばって行きましょう。とのお話しが述べられました。来賓祝辞として私から、昨年の支援への感謝と小売業の差別化は明るく元気な接客が一番のポイントであるので、オリンピック・パラリンピックで盛り上がる年、皆さんで明るく元気な南部市場を作って下さい。と、お話ししました。乾杯後は賑やかな新年会となりました(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)神奈川県宅地建物取引業協会横浜中央支部令和2年賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

神奈川県宅地建物取引業協会横浜中央支部令和2年賀詞交歓会がホテル横浜ガーデンで開催され代理出席しました。開会にあたり迫田稔支部長より「昨年は令和の時代が始まり、ラグビーワールドカップや自然災害など、様々な出来事がありました。みなとみらい地区にはホテル建設やハンマーヘッドなど開発が進み、今年は新市庁舎の竣工、資生堂、京急本社などの名だたる企業が移転してきます。その為、横浜は就業人口が多くなり、多くの方が住まいを求めてくることになると思います。今日は横浜中央支部を通じて皆さんが交流を深めていただければ幸いであります」挨拶がなされました。続いて来賓の挨拶があり私も松本純代理として一言ご挨拶をさせていただきました。鏡開き、乾杯の後は和やかな新年会になりました。(秘書浅野報告)

■1830〜(地元)令和2年横浜市医師会賀詞交換会/横浜ロイヤルパークホテル

令和2年横浜市医師会賀詞交換会が横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。式典は国歌並びに会歌斉唱が行われ、横浜市医師会・水野恭一会長より、東京オリンピックパラリンピックイヤーの今年、野球にソフトボール、サッカーが横浜で開催されるにあたり横浜市医師会も支援して行く旨を話された後、地域医療構想を支える地域包括ケアシステムを保つための横浜市財政健全化、社会保障を支えるためにも医療費の拡大等の要望がなされた年頭挨拶が述べられました。続いて来賓祝辞、来賓紹介、褒賞規程表彰、代表者謝辞がなされ式典は閉会となり、続いて鏡開きが行われ乾杯の発声で祝宴となりました。(秘書森報告)

■1830〜(地元)令和2年理容組合中支部新年会/ホテルメルパルクYOKOHAMA

令和2年理容組合中支部新年会がホテルメルパルクYOKOHAMAで開催されました。須藤正博支部長より「今年は皆さんと一緒に幸せな年にして行きたいと思います。ただ言葉で幸せな年にといっても、幸せとは何だろうと考えましたら、楽しい時も、つらい時も分かち合える仲間がいるという事が幸せなんだと感じております。僕にはこの理容業があって、更に支部の役員会、教育部のOB会、二水会などいろいろ皆さんと顔を合わせる時間が沢山あります。更に月に一度県理容組合に行けば役員39名と親しくお話ができます。こういう機会を与えていただき本当に幸せなんだと思っております。これからもよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1830〜(国対)予算委員会与党理事懇談会・初顔合わせ/都内

20日から国会が開会されますが、重要な補正予算、本予算の審議を進める重要な部署が予算委員会です。今後の運営などについて意見交換が行われました。

■1900〜(地元)協同組合伊勢佐木町商店街新年賀詞交換会/横浜伊勢佐木町ワシントンホテル

協同組合伊勢佐木町商店街新年賀詞交換会が横浜伊勢佐木町ワシントンホテルで開催されました。牛山裕子理事長より「伊勢佐木町は関内、みなとみらいとは違い、定住する外国人の方が多くいらっしゃいます。その為、伊勢佐木町は国際化が進んでいる町でもあります。変化をしながら繁栄をし、永らく頑張ってきてくれました商店街の皆さまと引き続き頑張ってまいりたいと思います」との挨拶がなされました。来賓挨拶として原聡祐県議、松本研市議、加藤昇一伊勢佐木町1.2丁目商店街理事長、林琢己横浜市経済局長よりなされました。衆議院議員松本純代理として私も新年のご挨拶をさせていただきました。乾杯は竹前大中区区長よりなされ、賑やかな懇親会へと入りました。閉会の言葉は大野勝敏副理事長より述べられ新年会は閉会となりました。(秘書浅野報告)


1月13日(月)曇り時々晴れ 成人の日

■1030〜(地元)本牧大里町町内会餅つき/八聖殿下公園

本牧大里町町内会餅つき大会が八聖殿下公園で開かれました。神定功会長や役員、婦人部の皆さんが自治会員や子供さんたちに美味しいお餅を振舞っていました。松本純代議士の代理として私もお餅をつかせていただきました。会場では八若お囃子会の子どもさんたちがお囃子を披露していて、会場はとても賑やかな餅つき大会となっていました。(秘書浅野報告)

●1100〜(地元)令和2年屏風浦地区連合町内会新年賀詞交換会/ホテル横浜ガーデン

屏風浦地区連合町内会の新年賀詞交換会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり横浜市歌の斉唱に続き齊藤陸男会長より挨拶があり、今年の磯子区の消防出初め式で地域が消防局長賞を授賞した事が報告されました。また昨年の健民祭の中止の理由や代わって地域グランドゴルフなどを開催したとのお話しがありました。また今年の抱負として第4期磯子区地域保険福祉計画に基づいて安全・安心して自分らしく暮らせる街を作っていきたいと述べられました。続いて来賓の挨拶があり、猪俣区長、岡連合町内会会長会会長、小宮山社会福祉協議会会長に続き松本純代議士からも新年の挨拶が述べられました。乾杯後はカラオケなどもあり賑やかな新年会となりました(秘書斎藤報告)

●1700〜(地元)令和2年岡村地区新年賀詞交換会/横浜市立藤の木中学校格技場

岡村地区の新年賀詞交換会が開催され松本純代議士が出席しました。開会宣言が笹掘菱興団長自治会の北峯伸子会長より行われ、横浜市歌の斉唱の後、主催者代表として三澤繁次連合町内会会長より年頭のご挨拶がありました。昨年は災害が多かった年であった。岡村地区は急勾配が多く土砂災害が心配される地域であるが、ハード面ではなかなか対応に無理があるが、行事などを絡めて住みやすい街にしていきたい。その為、@岡村多目的広場のリニューアルA安居通路に下水管を埋設しその上に憩いの場所などの設置B外語短大跡地に公園をつくる。などの取り組みをしていきたい。また災害要支援者名簿を提供し、区と避難への協定を結んだ。顔の見える町内会作りをこれからも行いたい。とのお話しがありました。続いて来賓の挨拶があり、 松本純代議士からは岡村地区が全員の力で災害に強い地域にして欲しいとのお話しが述べられました(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)通夜:故田中豊美夫氏/セレモホール金沢文庫

金沢区坂本町内会の重鎮で、釜利谷地区の氏神である手子神社氏子総代を永く務められていた田中豊美夫さんが急逝され、お通夜がセレモホール金沢文庫で営まれました。弔問し喪主を務めるご長男の秀明さんにお悔やみを申し上げ豊美夫さんのご冥福をお祈りいたしました。(秘書森報告)


1月12日(日)曇り一時雨

台湾総統選は11日投開票され、蔡英文総統が再選を果たした。

●0900〜(地元)第18回かながわ薬剤師学術大会/パシフィコ横浜・会議センター

第18回かながわ薬剤師学術大会がパシフィコ横浜・会議センターで開催されました。神奈川県薬剤師会・鵜飼典男会長より「近年、医療業界の進歩は目覚ましく、我々薬剤師にも否応なくAI化の波が急速の押し寄せています。我々もこの時流に乗り遅れることはできません。このような状況を踏まえて、今回の大会のテーマを『いざ変革!2020〜その先へ〜』とさせていただきました。薬学界では医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律・薬機法の改正にともなう法施行を含む、我々薬剤師が今、何をしなければならなかという大命題に応えるべく、最善の努力が求められています。、県民の皆様方の理解を得て、地域医療への連携を深めていかなければなりません。この大会を通じて、薬剤師としての向上の精神に富んだ気概を持っていただきたいと思います」との挨拶がなされました。神奈川県病院薬剤師会・金田光正会長より「急速な少子高齢化と人生100年時代に向けた社会保障制度を推進するため我が国の医療は、医療機関の機能文化、地域包括ケアシステム構築へと動き始めました。高度急性期医療から急性期、回復期、療養・在宅へと薬物治療をシームレスにつないでいくために薬剤師には大きな期待が寄せられています。神奈川県においても薬学的専門性を活かした薬物治療の質と安全を高めるための様々な取り組みがなされておりますが、真に社会から信頼される存在となるためにはより一層の研鑽を積み、公益社団法人である両薬剤師会の連携を更に深め、推進していくことが大切であると考えます。最近では、院内フォーミュラリから地域フォーミュラリへその取り組みが注目されており、医療費削減はもとよりポリフォーマシー対策、医療安全等への貢献など薬剤師の関わりが期待されています。またがんゲノムによる個別化医療、核酸医薬、IoT、ビッグデータ、AIをはじめとした新たな技術にも柔軟かつ効率的に対応していく必要があります」との挨拶がなされました。神奈川県市川きくえ健康医療局長と松本純衆議院議員からから祝辞が述べられました。(秘書古正報告)

■1000〜(地元)高舟台どんど焼き/高舟台第2公園

高舟台自治会による「どんど焼き」が高舟台第2公園で開催されました。正月飾りや門松、竹、しめ縄などを焚き上げて無病息災を祈願する行事で風習は各地で様々です。高舟台自治会・吉成和幸会長より新年挨拶がなされ、子供たちによる火入れ式が行われました。続いて乾杯の発声で賀詞交歓会となり、来賓議員紹介では松本純代議士代理として一言新年ご挨拶をいたしました。(秘書森報告)

●1000〜(地元)日ノ出町町内会餅つき大会/日ノ出町町内会館

日ノ出町町内会餅つき大会が日ノ出町町内会館で開かれました。青年会の吉田祐輔会長、婦人部を中心とした皆さまが町内会員へ様々な味つけがされた美味しいお餅を振る舞っていました。松本純代議士も餅つきに参加し、町内の皆さまの元気な掛け声を頂戴しました。日ノ出サンデーズ、野毛オールスターズの選手の皆さまも参加し、町内会館は餅つきの掛け声と共に大賑わいとなっていました。(秘書浅野報告)

●1100〜(地元)野毛2丁目初詣・新年会/伊勢山皇大神宮・かつ半

野毛2丁目新年会が開催され松本純代議士が出席しました。新年会前には役員の皆さまと一緒に伊勢山皇大神宮にて初詣を行い、町内会の安寧を祈願しました。新年会は12時より野毛の「かつ半」で開催され、松本真純町内会長より「昨年中は大変お世話になりました。年番という大役を仰せつかりましたが皆さまのご協力のおかげで何事も無く終えることができました。花咲町一丁目に年番が移りますがやる事は変わらないと思います。色々なイベントも控えていますので、今年も皆さまのお力を貸していただくようお願いいたします」と新年の挨拶が述べられました。松本純代議士からも町内の皆さまへ新年の挨拶がなされ、田井正伸副会長の乾杯の音頭により懇親会に入り、大変賑やかな新年会となりました。遅れて到着した松本研市議からも挨拶がありました。(秘書浅野報告)

■1100〜(地元)丸山第一町内会もちつき大会/町内会館

丸山第一町内会のもちつき大会にお邪魔しました。会場では大勢の皆さんでもちつきが始まっていました。私も少しだけでしたがお手伝いさせていただきました。また、温かい豚汁も用意されており、おいしくご馳走になりました。(秘書斎藤報告)

■1200〜(地元)令和元年度神奈川県薬剤師会会長賞等表彰式及び受賞者祝賀会/パシフィコ横浜会議センター

令和元年度神奈川県薬剤師会会長賞等表彰式及び受賞者祝賀会がパシフィコ横浜会議センターで開かれました。神奈川県薬剤師会鵜飼典男会長より「本日は表彰を受けられた方おめでとうございます。今日は学術大会も行っておりますので参加していただければと思います。私は24代目の会長でございまして今年の2月に神奈川県薬剤師会の130周年を迎えることになりました。これも皆様方先輩のお陰だと思っています。本日表彰を受けられた先生方は神奈川県薬剤師会にとり目に見えないご尽力をされた方々と思います。また各種表彰として、叙勲・旭日双光章(薬事功労)加藤昇一先生、褒章・藍綬表彰(薬事功労)寺師三千彦先生、厚生労働大臣表彰(公衆衛生事業功労)川田哲先生先生、文部科学大臣表彰(学校保健及び学校安全表彰)橋義和先生、日本薬剤師会団体賞・一般社団法人横浜市薬剤師会が表彰されました。(秘書古正報国)

■1800〜(地元)高谷町内会新年会/高谷町内会館

高谷町内会新年会は新年会前の役員会が終わらず、名刺をお渡しして次席に向かいました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)令和2年川町内会組織役員新年会/川町内会館

令和2年川町内会組織役員新年会が川町内会館で開催されました。少し遅れて出席したのですが、相川元治会長や町内会の皆さんから歓待され、新年ご挨拶をいたしました。高橋のりみ市議、大村悠県議も出席され、町内会の皆さんとの和気あいあいとした歓談が続きました。(秘書森報告)

●1800〜(地元)令和2年根岸地区新春初顔合せ会/ホテル横浜ガーデン

令和2年度の根岸地区の新春初顔合わせ会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり横田秀昭連合町内会会長よりご挨拶があり、昨年中の町内会の皆さまへのご支援の感謝が述べられ、台風による風水害について、根岸地区では幸い然したる被害はなかったもののいつ来てもおかしくない「大規模災害」などに備え身近な近隣住民による支えあいや見守りを大切にしていきたい。「住み良い、楽しい、安全・安心の町根岸」を実現させていきたい。と述べられました。続いて来賓のご挨拶があり、松本純代議士からは昨年の台風19号の被害を未然に防ぐ為の国での取り組みや、災害における「できる事は全てやる」必要性などのお話しがありました。乾杯後はアトラクションなどもあり賑やかな懇親会となりました(秘書斎藤報告)


1月11日(土)曇り晴れ

●1000〜(地元)磯子消防出初式/杉田臨海緑地

磯子消防出初式に松本純代議士が出席しました。開会にあたり磯子消防出初式の実行委員会の委員長である磯子火災予防協会の浜田会長より開会のご挨拶がありました。続いて来賓の紹介があり、その後、永年勤続の皆さんと昨年に様々な消防に尽力された皆さんに対し表彰状が送られました。次に横浜市消防局長、磯子区長、磯子区町内会長会会長の祝辞が述べられました。一部の式典の後は二部の消防音楽隊の演奏や消防実技が行われました(秘書斎藤報告)

●1130〜(地元)令和2年横浜吟友会初吟会/横浜テクノタワーホテル

令和2年横浜吟友会初吟会が横浜テクノタワーホテルで開催されました。大川岳要会長より「皆さん明けましておめでとうございます。昨年を振り返ってみますと、順調に横浜吟友会の行事もこなして来ました。また総本部を始め沢山の行事にもご協力いただきました。本年も健康で楽しく、吟を楽しんで過ごして参りたいと思います。また周りの方たちにお話しいただき会員を、仲間を増やして行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします」とご挨拶されました。続いて顧問議員を務める松本純代議士より自己実現について話され、横浜吟友会の発展と自身の近況を報告しました。続いて関係団体各会長の近況と吟が 披露された後は昇段証書授与が行われました。乾杯の前には会員で昨年4月に県議会議員を勇退された国吉一夫元県議より挨拶がなされ、乾杯の発声で和気あいあいとした賀詞交換が催されました。(秘書森報告)

■1130〜(地元)令和2年横浜市身体障害者団体連合会新年の集い/新横浜国際ホテル・マナーハウス

令和2年横浜市身体障害者団体連合会新年の集いが新横浜国際ホテル・マナーハウスで開催されました。井上彰理事長より「昨年はラグビーワールドカップが日本で開催され、この横浜でも決勝戦を含む7試合が行われました。ワンチームを合言葉に決勝トーナメント進出を果たした日本チームの快進撃に大いに盛り上がりました。一つのボールが心を繋ぎ連続プレーが大きな感動を起こしました。また重い障害のある2名の方が国会に参画したことも、障害者の視点からバリアフリーや社会参加に関わる課題を取り上げ強い発力とともに各種の取組みがスピード感をもって進められていると思います。一方で相次いで日本に上陸した台風は各地に大きな被害をもたらしました。 災害時の支援体制の充実はもちろんですが、災害の教訓をいかし、一人ひとりの減災行動につなげていくことが重要と考えております。今年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。ビッグイベントを大いに楽しむとともに、こうした機運の高まりを推進力として、障害者の社会参加の拡充と共生社会づくりにつなげていくことが大切と考えています。こうした気付きを伝えていくことで、合理的配慮や環境の整備が広がり、暮らしやすい社会になってまいります。障害者差別解消法も後押しをしていますが、共生社会の実現に向けては、多くの皆様のご理解を広げていくことが非常に重要です。そのためにも、ここにお集まりの皆様方の一層のお力添えをなにとぞよろしくお願い申し上げます 」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1230〜(地元)関勝則令和2年新春の集い/ホテル横浜ガーデン

関勝則横浜市会議員の令和2年の新春の集いが開催され松本純代議士が出席しました。会場には後援会の大勢の皆さんが集まり満員でした。初めに和田浩佑後援会会長のご挨拶が あり昨年4期目の選挙で連続トップ当選をした事へのお礼と関勝則市会議員へのこれからの支援のお願いが述べられました。続いて来賓の祝辞となり、松本純代議士からは、横浜自民党で政調会長、横浜市議団で市会運営委員会委員長の重責を担っている関勝則市会議員の益々の活躍を期待しているとの激励が述べられました。式典の最後に関勝則市会議員より謝辞と自身のこれからの活動目標などのお話がありました。(秘書斎藤報告)

●1300〜(地元)金沢シーサイドタウン連合自治会新春賀詞交歓会/富岡並木地区センター

金沢シーサイドタウン連合自治会新春賀詞交歓会が富岡並木地区センターで開催されました。金沢シーサイドタウン連合自治会・増田一行会長より「昨年は日本国中で災害があり、ここ金沢で堤防の一部が決壊する事故が起きました。私達の所はその様な事もなく良かったと思っています。また、昨年に皆さまから色々な行事についてご意見をいただき、ご協力をいただき、最後まで恙無く終える事が出来ました。残念な事はサマーフェスタが1日だけしか開催出来なかった事です。今年も行事は同じようにやって行く予定ですが、超高齢化という、人間だけでなく建物も40年以上経つと直さなければならない所もあり、商業施設の方々が苦慮している次第です。建物は管理組合で行いますが、街の景観も色々(補修)ありますので役員一同、勉強しながら全体を見てやって行きたいと思います。行政、議員、団体も含めてご協力お願いいたします」とご挨拶されました。続いて金沢区町内会連合会・横井正巳会長、國原章弘金沢区長、金沢区議員団当番幹事による挨拶がなされ、鏡開きの後、乾杯の発声で歓談となりました。出席した松本純代議士は紹介を受けた後、旧知の方々に新年挨拶をいたしました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)令和2年(一社)横浜市柔道整復師会新年賀詞交歓会/新横浜グレイスホテル

令和2年(一社)横浜市柔道整復師会新年賀詞交歓会が新横浜グレイスホテルで開催されました。森暁夫会長より「昨年は地球温暖化により、台風による甚大な被害が起こりました。神奈川県はもとより信越、東北と被害が大きく、横浜市金沢区の幸浦の工業団地では高潮によりまして大変な被害が被りました。菅官房長官が陣頭指揮を取り、救援に当たっておりました。私が住んでいる六浦でもある地域で竜巻の被害がありました。こういう大きな自然災害がこれからも起こるのかと危惧しております。今年は台風もなく、皆さんがオリンピックイヤーを楽しんでいただければと願っております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1800〜(地元)内川町内会新年会/内川町内会館

内川町内会新年会が内川ハイム集会所で開催されました。開会後、来賓挨拶から始まり、出席した松本純代議士は元号が令和に変わり天皇陛下の即位奉祝がなされた事や災害について話され、防災担当大臣を経験した観点から、想定外の災害に備え常に町内会が一帯である重要性を述べて内川町内会の連携を祈念しました。また現在の職務を説明し、国政報告を交えた新年挨拶をいたしました。続いて出席した大村悠県議、高橋のりみ市議から新年挨拶がなされました。来賓挨拶後は岩ア建一朗会長から町内報告と、六浦東地区コミュニティハウス「もりのお茶の間」について報告がなされた新年挨拶を述べられました。(秘書森報告)

●1800〜(地元)西大道町内会新年会/西大道町内会館

西大道町内会新年会が西大道町内会館で開催されました。他の新年会場から駆けつけた松本純代議士は飯塚久典副会長兼会長代行や町内会の皆さんに歓待され、自身の近況と国会状況について報告し、西大道町内会の発展と町内会の方々が令和2年に輝ける年になる事を祈念した新年挨拶をいたしました。代議士は他の新年会場に向かうため退席しましたが、町内会の皆さんから代議士へ激励をいただき、その後くじ引きゲームで町内会の皆さんと大盛り上がりとなりました。(秘書森報告)

●1800〜(地元)石川町1丁目町内会新年会/洋風レストランSoleil

石川町1丁目町内会新年会がレストランSoleilにて開催され松本純代議士が出席しました。開会挨拶として可児町内副会長より「明けましておめでとうございます。これからも石川町が住み良い町になるよう役員一同頑張ってまいりますのでこれからもよろしくお願いいたします」と挨拶がなされました。続いて来賓挨拶として原聡祐県議、松本研市議、伊波俊之助市議より新年の挨拶がなされました。松本純代議士からは「これからも石川町の皆さんが力を合わせ、安全安心な町を作っていただき、共に歩んでいくことをお約束し、ご挨拶とさせていただきます」との謝辞がなされました。乾杯後は美味しいSoleilの特製ハンバーグなどの洋食をいただきながら賑やかな新年会となりました。(秘書浅野報告)

●1900〜(地元)山元町1丁目自治会新年会/メルパルクYOKOHAMA

山元町1丁目自治会新年会がメルパルクYOKOHAMAにて開催され松本純代議士が出席しました。遅参となってしまいましたが到着時には杉山俊夫町内会長、婦人部の皆さまを中心に大変賑やかな新年会の真っ最中でした。松本純代議士から長年にわたりお世話になっている山元町1丁目の皆さまへ謝辞がなされました。原聡祐県議、松本研市議も出席し、賑やかな新年会をご一緒させていただきました。棚橋誠副会長より閉会の辞がなされ、新年会はお開きとなりました。(秘書浅野報告)

●1900〜(地元)令和2年磯子区医師会新年会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

磯子区医師会の令和2年度の新年会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり昨年から新会長に就任された箕原豊先生よりご挨拶がありました。続いて来賓のご挨拶と紹介がありました。松本純代議士は先約があり、遅参しての出席となりました。到着後にご挨拶の機会をいただき、お世話になっている先生方に感謝が述べられ、昨年の診療報酬改定の内容などが話されました。乾杯後は抽選会やハープ演奏、また箕原会長が率いるばんどのアトラクションもあり賑やかな新年会となりました(秘書斎藤報告)

■1900〜(地元)令和2年藤沢市薬剤師会・藤沢薬業協会合同新年会/湘南クリスタルホテル

令和2年藤沢市薬剤師会・藤沢薬業協会新年会が、湘南クリスタルホテル3F「フォンティーヌ」で開催されました。DJ・HAGGY(萩原浩一)さんの司会で進行され、齊藤祐一藤沢市薬剤師会長からの開会の辞、福島勇二藤沢薬業協会長から主催者挨拶の後、来賓の鵜飼典男神奈川県薬剤師会長から祝辞があり、来賓紹介に引き続き、鏡開きが、来賓の石原宏尚藤沢市医師会副会長、片山正昭藤沢市歯科医師会会長、常田康夫藤沢市民病院院長、片山睦彦藤沢市福祉健康部長、増田隆之藤沢商工会議所会頭、齊藤祐一藤沢市薬剤師会長、今井重信湘南病院協会長、喜古康博藤沢市民病院薬局長、鵜飼典男神奈川県薬剤師会長、平岩多恵子藤沢市教育長、阿南弥生子藤沢市保健所長、福島勇二藤沢薬業協会長により行われ、臼井得雄藤沢市薬剤師会監事の乾杯の発声で懇談にうつりました。来賓の鈴木恒夫藤沢市長、星野剛士衆議院議員、松長泰幸神奈川県議会、市川和広神奈川県議会議員、加藤一藤沢市議会議長から挨拶があり、鈴木重仁藤沢薬業協会副会長の閉会の辞により閉会となりました。代理紹介、祝電披露がありました。齊藤会長からは、「今日は楽しんでいって下さい」と、福島薬業協会長からは「保健医療の向上のため『患者のための薬局ビジョン』を実現化するための薬機法改正の成立を踏まえ、研修をはじめ、今以上に積極的に取り組んでいく」との挨拶がありました。(秘書渡部報告)


1月10日(金)晴れ時々曇り 国会準備スタート

■0700〜(地元)第4回早朝駅頭演説会/富岡駅

本日は京急富岡駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は77枚/累計412枚(古正0/累計/85枚、斎藤33枚/累計142枚、森12枚/累計82枚、浅野32枚/累計/103枚)でした。(秘書森報告)

■0945〜(政務)国会見学ぞくぞくと!横浜市立本町小学校6年生

松本純代議士の母校の横浜市立本町小学校6年生3学級の79名の児童が、バス2台に分乗し、相澤昭宏校長先生らと国会見学に訪れました。まず、憲政記念館に到着して、館内を案内しました。特に、模擬本会議場を案内し、議席に着席して記念撮影をしました。引き続き、衆議院まで移動し、国会見学を開始しました。地下の参加者ホ−ルに集合して、階段で3階までのぼり、廊下を歩き、ご休所、中央塔、本会議場を見学し、国会正門内で記念撮影の後、衆議院議員会館の会議室で持参のお弁当を食べ、次の見学場所の国立科学博物館に向かわれました。(秘書渡部報告)

※1000〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件3件、政令、人事が決定をされました。大臣発言として、安倍内閣総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、安倍内閣総理大臣及び私(官房長官)から「故中曽根康弘氏の葬儀の執行について」、総務大臣の臨時代理たる北村大臣から「家計調査結果について」、それぞれ御発言がありました。(菅義偉内閣官房長官)

●1100〜(地元)自由民主党横浜市支部連合会賀詞交換会/ローズホテル横浜

自由民主党横浜市支部連合会賀詞交換会がローズホテル横浜で開催されました。横浜市歌斉唱に続き、坂井学横浜市連会長より「今年の正月早々すごいと感ずることが二つありました。一つは技術革新のすごさで、箱根駅伝で新しい靴が開発されて多くの選手が、厚底の新しい靴を履いたおかげで区間新記録が多数出て、総合の記録も更新されました。技術革新によりこれだけ記録が伸びるのかと実感しました。もう一つは社会の動きの速さであります。国内外を問わず速さに社会全体の動きの速さに我々政治や行政もしっかり着いていき、対応していかなければならないと改めて実感させていただきました。その為に自民党の強さであります、国県市が連携して前に進めていくことが大変重要です。横浜市連は一体となって皆様方のより一層の幸福に向けて前に進めていきたいと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1100〜(地元)横浜建設業協会、神奈川県建設業協会横浜支部令和2年新年賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜建設業協会、神奈川県建設業協会横浜支部令和2年新年賀詞交換会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。横浜市歌斉唱の後、横浜市建設業協会・山谷朋彦会長より「国は昨年、新担い手三法を制定し、この度改正をして@働き方改革の推進。A生産性向上の取り組み。B災害時の緊急対応充実強化。C持続可能な事業環境の確保。D調査、設計の均一確保。等、課題は沢山有りますが担い手不足の建設業においても、建設業界は将来性があり、やりがいのある産業へと位置付けを変える努力をしなければなりません」と話され、建設業界として取り組む対応を年頭の挨拶を述べられ関係企業、団体に協力のお願いがなされました。来賓祝辞後は神奈川県建設業協会横浜支部・松尾文明支部長の乾杯の発声で懇談となり、他の新年会場から駆けつけた松本純代議士は、山谷会長と松尾支部長、各企業の方々に新年ご挨拶をいたしました。(秘書森報告)

■1230〜(地元)横浜市造園協会令和2年新年賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

横浜市造園協会令和2年新年賀詞交歓会がホテル横浜ガーデンで開催されました。田澤重幸会長より「昨年9月には国際園芸家協会から横浜市の国際園芸博覧会の開催申請が承認されました。協会として2019北京国際園芸博覧会でジャパンデーフェスティバルに赴きましてその喜びをまじかに感じることができました。招致に向けて横浜市を初めとsて農林水産省や国土交通省の関係各局の方々にご尽力いただきました。当協会としましては花博招致特別委員会の強化を図り開催に向けてなお一層の努力を惜しまない所存でございます。横浜市市内全体が花と緑と造園力で人々に愛される街となるように誠心誠意努力してまいります」との挨拶がなされました。 (秘書古正報告)

■1330〜(地元)伊勢佐木町1 ・2丁目商店街、伊勢佐木町1.2丁目商和会横浜中央地下街令和2年新年賀詞交換会/JRAエクセル伊勢佐木

伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合、協同組合伊勢佐木町1・2丁目商和会、横浜中央地下街商店街令和2年新年賀詞交換会がJRAエクセル伊勢佐木で開催されました。三団体を代表して伊勢佐木町1・2丁目商店街の加藤昇一理事長より「明けましておめでとうございます。今年は市庁舎の移転、関内駅北口、文化体育館などの様々な開発が進み、この伊勢佐木町、マリナードのお客様の回遊性を高める為にも新たな出発の年と考えております。横浜の経済の中心となるよう近隣の商店街の皆さまと町づくりに励み、安全安心なおもてなしの町づくりの為に皆さまと行ってまいります」との年頭の挨拶がなされ、続いて松本研横浜市会議員、渡辺巧教横浜副市長、小林仁伊勢佐木警察署長の来賓祝辞がなされました。衆議院議員松本純代理として私も紹介していただきました。竹前大中区区長による乾杯の発声がなされ、和やかな懇談会となりました。(秘書浅野報告)

●1400〜(国対)全党国対委員長会談/院内常任委員長室

全党国会対策委員長会談が行われました。森山裕国対委員長からは、本会議召集については20日を予定しており対応できるよう準備を、補正予算・本予算については現場で筆頭間協議に、またアフリカトンコレラ法案についての早期処理の依頼、そして5国会経過した国民投票法案についての審議促進、をお願いしました。野党からは中東問題(海自派遣中止)、カジノ桜をみる会、憲法審の進め方、予算委の在り方などについて提案がありました。

●1445〜(国対)議院運営委員会与党理事懇談会/院内第13控室

本日議運理事会が開催され、菅官房長官より国会召集日を1月20日とする申し入れがなされる予定で、それを受けて国会開会に向けた準備が始まります。理事会開会の前に与党による協議内容の確認がなされました。

※1500〜(参考)議院運営委員会理事会/院内議運理事会室

■1500〜(地元)神奈川県薬業団体新年賀詞交換会/ヨコハマグランドインタ−コンチネンタルホテル

神奈川県薬業団体新年賀詞交換会がヨコハマグランドインタ−コンチネンタルホテル で開催されました。薬業団体(神奈川県薬剤師会・神奈川県薬品登録販売者協会・神奈川県医薬品配置協会・神奈川県医薬品卸業協会・神奈川県麻薬卸売協会・神奈川県製薬協会・神奈川県化粧品工業協会・神奈川県歯科用品商協同組合・神奈川県医療機器工業会・神奈川県病院薬剤師会)を代表して鵜飼典男神奈川県薬剤師会会長より「令和の英語表記はビューティフルハーモニー・美しい調和であります令和2年のスタートに際し昨年のラグビーワールドカップでの日本代表のワンチームと同様に本会にとっての調和とは何かと模索する一年としたいと思います。オリンピックイヤーの今年日本中が美しい調和で満たされる一年になればと願います。その実現には県民皆さまが健康で家庭が幸せな状況があってのことであり、その為に薬業関係団体が県民目線に立ち協力し多くの県民の健康の調和を図る努力が一助となると考えます」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1545〜(国対)農林水産省説明/1-302

農林水産省大臣官房松本平文書課長から次期通常国会提出予定法案の概要について説明聴取しました。(秘書渡部報告)

●1600〜(国対)内閣総務官室説明/1-302

国会開会に向けた準備について説明がありました。

■1600〜(地元)東京地方税理士会・政治連盟関連5団体新年賀詞交歓会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

東京地方税理士会・政治連盟、関係5団体の新年賀詞交歓会が開催され代理出席しました。来賓は懇親会からの出席の為、 開会と同時に北島則行会長の乾杯からスタートしました。続いて来賓の挨拶と紹介あり私も松本純代理として紹介していただきました。(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)令和2年上笹下地区新年賀詞交換会/上中里地区センター体育室

上笹下地区の令和2年の賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会に君が代、横浜市歌の斉唱がおこなわれました。次に田邊実会長よりご挨拶があり、昨年は台風などの災害が多い年であった事や地域で行っている移動販売などの事に触れられ、今年は皆さんと一緒にいい年にしていきたいとのお話しがありました。続いて猪俣区長を始め、来賓の挨拶と紹介があり、私も松本純代理として紹介していただきました(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)神奈川県自動車整備横浜中央支部新年会/ホテル横浜キャメロットジャパン

神奈川県自動車整備横浜中央支部新年会がホテル横浜キャメロットジャパンで開催されました。平山幸生支部長より「電気メーカーのソニーさんが電気自動車で自動車業界に参入というニュースがありました。ハイテク装備車の整備には振興会での講習が必要で努力して行きたいと思っています。また代行業者との区別をするため車検ステッカーに認証記載されるとの事で、我々の政治連盟のお陰と思います。我々の要望が、今後も政治連盟を通して実って行ければ有難いと思います」と新年挨拶がなされました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)横浜市中区浴場組合新年会/じゃのめや

横浜市中区浴場組合新年会が伊勢佐木町の牛鍋の老舗「じゃのめや」で開かれました。福井正隆組合長より「昨年は台風15.19号により各地で大きな被害が出ました。こうした事から今年は組合としても十分な災害対策が必要だと思います。昨年はラグビーワールドカップ、今年はオリンピックもありますので組合でもインバウンドを狙い、地域のコミュニティ場としてワンチームとして頑張ってまいります」と挨拶がなされました。続いて来賓挨拶として伊波俊之助市議、太田孝中消防署長から念頭挨拶がなされ、衆議院議員松本純の代理として私からも組合の皆さまへ新年のご挨拶をいたしました。(秘書浅野報告)

■1900〜(政務)東京国税労働組合2020新春団結旗開き/ホテルグランドパレス

東京国税労働組合連合会「2020新春団結旗開き」がホテルグランドパレス4F「ゴールデンルーム」で開催されました。推薦議員としてご案内を頂き代理出席致しました。開会に引き続き、豊間根純執行委員長の新年の挨拶の後、推薦議員の石原伸晃衆議院議員、藤井裕久先生等から来賓挨拶があり、鏡開き、石川博久顧問からの乾杯のご発声で懇親に移りました。その後、だるま目入れ、お楽しみ抽選会、副委員長の挨拶、ガンバロー三唱で閉会となりました。なお、代理紹介、祝電披露がありました。神奈川地区本部大沼伸彦執行委員長はじめ神奈川地区本部からも参加されていました。今回、令和2年度予算編成において、定員純増50名が査定により認めれられたとのことでした。(秘書渡部報告)

■1900〜(地元)打越町内会新年会/打越町内会館

打越町内会新年会が打越町内会館で開かれました。織茂圭賛会長より「今年は台風15号、17号で大きな被害がありましたが、打越町内会でも屋根の一部が飛ばされたり、飛散物での被害があったりしたと聞いております。しかし千葉や奈良のような被害なく良かったと思います。元号も平成から令和に変わりまして、今年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますように祈念申しあげます」との挨拶がなされました。役員会に続き和やかな新年会となりました。(秘書古正報告)

■1900〜(地元)令和2年(一社)神奈川県臨床検査技師会賀詞交歓会/ホテル横浜キャメロットジャパン

令和2年(一社)神奈川県臨床検査技師会賀詞交歓会がホテル横浜キャメロットジャパンで開催されました。片川一之会長より「昨年5月に令和となりましたが、当会事業も粛々と進めて来られたのも皆様方のお陰です。現在我が国では高齢化社会を迎え、在宅医療や地域包括ケアシステムと医療現場は大きく変化しています。業務体系の変化、医療現場でのAIといった新たな技術の導入により我々臨床検査の分野でも大きな波が訪れるでしょう。我々検査技師も知識技術の向上が不可欠です。今年はチーム医療、在宅医療を視野に認知症に関する口座、ベッドサイド実践講習会、人材育成研修会などを展開し検査技師がチーム医療の一員としてお手伝い出来たらと考えています。また災害対策支援マニュアルなども進めて行きたいと思います。また当会でもっとも大きな事業、第68回神奈川県医学検査学会も国際医療福祉大学において盛会裏に開催いたしました。これからも会員の皆様にとって魅力ある技師会を目指して理事一丸となって励んで参ります」とご挨拶されました。(秘書森報告)

■1900〜(地元)簑沢台自治会新年会/簑沢台自治会館

簑沢台自治会新年会が簑沢台自治会館で開かれました。遅参をしてしまいましたが、早川修会長、婦人部の皆さまを中心として賑やかな新年会の最中でした。原聡祐県議、松本研市議から新年の挨拶がなされました。衆議院議員松本純代理として私も簑沢台自治会の皆さまへ新年のご挨拶をいたしました。その後はお開きの時間まで皆さまと楽しい新年会をご一緒させていただきました。(秘書浅野報告)

■1930〜(地元)山手駅前商和会新年会/北欧

山手駅前商和会新年会がレストラン北欧で開かれました。橋本亨会長より「昨年一年間はとんでもなく災害に見舞われた、横浜だけでなくこの日本中が災害の渦中を通り越してきましたが、やっと収まって新年を迎えました。今年はオリンピックがあるので世界中から大勢の方々が日本に見える。それぞれの国で働いた方がお金を日本にやってきてくれる。これは大変ありがたいことです。この住みやすい街の中で皆さんが集まって一生懸命商売を考える、努力をされていることに感謝いたします。皆さんの力を結集して街づくりに励んでいきましょう」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)


1月9日(木)曇り晴れ 緊迫の米イラン自制

■0700〜(地元)第3回早朝駅頭演説会/能見台駅、並木北駅

本日は京急能見台駅とシーサイドライン・並木北駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は114枚/累計335枚(古正10/累計/85枚、斎藤48枚/累計109枚、森26枚/累計70枚、浅野30枚/累計/71枚)でした。(秘書森報告)

■1600〜(地元)防衛諸団体合同賀詞交歓会/かながわ労働プラザ

防衛諸団体合同賀詞交歓会がかながわ労働プラザで開催されました。主催団体(神奈川県大勇会、横浜出張所募集相談員会)を代表して神奈川県隊勇会松岡貞義会長より「昨年日本列島は厳しい自然災害に見まわれましだが、防衛省自衛隊は陸海空自衛隊からなる部隊を編成して人命救助、復興支援に回りました。隊員諸君の労苦に心から敬意を表します。大変厳しい状況ではありますが、一番大切な事は自分の国は自分で守る、日本の国益を守るという事だと思います。防衛諸団体は自衛隊を側面から支援することです。今後もよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。募集相談員会石井一也会長の乾杯の音頭で和やかな新年会となりました。(秘書古正報告)

■1700〜(地元)横浜市綜合パン・米飯協同組合新年賀詞交歓会/崎陽軒本店

横浜市綜合パン・米飯協同組合新年賀詞交歓会が崎陽軒本店で開催されました。横浜市綜合パン株式会社取締役社長 横浜市綜合パン・米飯協同組合・長嶌達夫理事長より「旧組合が株式会社になり、協同組合を設立して3年となりました。新株式会社が運営する工場も順調で株主の皆さまに配当金をお配り出来ました。協同組合の方も横浜ブランドの『横浜開港記念カレーパン』を開発販売となり各組合員が頑張っているところです。昨年を振り返ると温暖化によりパンが売れない時期があり、台風15、19号では工場が危うく被害を被るとこでした。小麦粉の価格上昇や消費税増税による軽減税率に苦慮し、人手不足や従業員賃金、運送費など、我々中小零細業者はこれらの諸費用を製品価格に転化出来ないところが色々あります。色々厳しい状況を話して参りましたが、我々はこれからも美味しいパンやご飯を、子どもたちや消費者の皆さまに届けて行く事をお誓いし、皆さまの協力を得ながら着実に歩んで参りたいと思います」と年頭挨拶を述べられました。(秘書森報告)

●1800〜(地元)中区第三地区連合自治会令和2年賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

中区第三地区連合自治会令和2年賀詞交歓会がホテル横浜ガーデンにて開催され松本純代議士が出席しました。厚浦千尋副会長による司会、石井清副会長の開会挨拶がなされ、会長挨拶として中区第三地区連合自治会鈴木敏夫会長より「明けましておめでとうございます。今年は2020年東京オリンピックの年になりました。私自身は2回目の東京オリンピックを経験でき、期待しています。世界各国から色々な方々が来日し、賑やかな中区になると思います。第三地区では6名の町内会長が交代となり、26名の民生委員も半数の方が交代となり、活性化を進めています。歴史ある運動会も去年で58回目となりました。今日は室内演奏もあり、これも第三地区の特徴だと思います。これからも第三地区をよろしくお願いたします」と挨拶がなされました。続いて来賓挨拶として松本純代議士より新年の挨拶がなされ、伊波俊之助市議からも挨拶がなされた後、西之谷町内会齋藤憲明会長の乾杯の音頭により懇談へ進みました。(秘書浅野報告)

●1800〜(地元)協同組合元町SS会令和2年新年賀詞交歓会/ホテルニューグランド

協同組合元町SS 会の令和2年度の賀詞交歓会が開催され松本純代議士が出席しました。松本代議士は長く元町SS 会の顧問を務めています。開会にあたり原幸雄理事長より年頭のご挨拶があり、自身は昨年5月から理事長を務めている。昨年は台風などの災害がありまた、ワールドカップ、アジアアフリカ会議など横浜を取り巻く環境は様々な変化があった。10月には消費税増税もあったが今年のお正月は長い連休で売上は比較的良い結果であった。しかし他と同じような物を売るだけでは元町はダメだ。ハマトラの流れからすすんでいない。原点に帰りオリジナルを商売の原点に進めたい。また国からの補助金で第4期街作りを行っている。副理事長も若手の皆さんで固めた。3月中旬までには街開きを行いたい。とのお話しが述べられました。松本純代議士からも、新しい役員の皆さんで是非元気な元町を作って欲しいとの激励の挨拶が述べられました。乾杯後は賑やかな賀詞交歓会が行われました(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)横浜市歯科医師会・横浜市歯科医師連盟新年会/ローズホテル横浜

横浜市歯科医師会・横浜市歯科医師連盟新年会がローズホテル横浜で開催されました。神奈川県歯科医師会杉山紀子会長より「昨年は自然災害が多く、横浜でも15号、19号台風で甚大な被害がありました。私達の身近に起こる自然災害があると、それにどう備えていかなければならないかということを改めて反省いたしました。もう一つ児童の虐待、学校生活の中での辛いいじめなどがあるという事を私たちは現実にあると目の当たりにするようになり、教育の現場で歯科医師として子供たちの健康を守ることに努めている中で、どうお子さんたちを支えていくことができるかを常に考えていかなければならないと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1830〜(政務)日邦薬品工業(株)2020年新春懇親会/ハイアットリージェンシー東京

日邦薬品工業株式会社、一般社団法人日本薬局協励会「2020年新春懇親会」がハイアットリージェンシー東京地階クリスタルルームで開催されました。日邦薬品鰍フ北川泰弘常務取締役の司会で進行され、日邦薬品工業椛纒\取締役会長小田美良日本薬局協励会会長の挨拶、来賓の日邦メーカ会会長北尾哲郎日東薬品椛纒\取締役社長、国務大臣衛藤晟一参議院議員からの挨拶があり、来賓紹介の後、日邦薬品工業樺田雅之代表取締役社長の乾杯の発声で懇談にうつりました。引き続き、藤井基之参議院議員、日本薬剤師会山本信夫会長、とかしきなおみ衆議院議員、本田顕子参議院議員からの来賓挨拶があり、懇談になり、日邦薬品工業褐テ賀文敏取締役副社長の中締めでお開きになりました。代理紹介、祝電披露をして頂きました。なお、日邦薬品工業鰍ヘ、本年、創立70周年を迎えるとのことです(秘書渡部報告)

■1830〜(地元)空手道拳流館武道始め会/山元小学校コミハウス研修室

空手道拳流館武道始め会が山元小学校コミハウス研修室にて行われました。はじめに榎本光雄館長から年頭挨拶がなされました。続いて来賓挨拶として原聡祐県議より生徒の皆さんと父兄の皆さんへ挨拶がなされました。松本純代議士の代理として私からも皆さまへ新年のご挨拶をいたしました。続いて中区空手道大会入賞者の形演武、組手の開始となり、様々な形や、迫力ある組手が披露されました。全演武が終了し、金森弘支部長の挨拶にて武道始会は閉会となりました。(秘書浅野報告)

●1900〜(地元)横浜市薬剤師会令和2年新年会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜市薬剤師会令和2年新年会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。始めに北井康一先生の指揮で横浜市歌の斉唱が行われました。横浜市薬剤師会・寺師三千彦会長より「令和元年の活動報告のDVDを見ていただきましたが、今年は二つの柱、一つは災害、災害については必ずまた昨年のような自然災害が起きてくると思います。その為にも災害対策委員会で早急に様々な物を準備してゆく、そして何よりも三師会で連携してゆく事を構築していきたいと思います。続いて薬剤師も診療報酬改定がありますが、薬剤師は物から人へという事で出ていかなければなりません。そして横浜市薬剤師会で研修をやっていかなければならないと思います。これからも薬剤師会は市民の為、会の為、日本の医療を守る為に頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。松本純代議士から祝辞が述べられました。(秘書古正報告)


1月8日(水)曇り時々雨

★イラン米施設へ報復ロケット攻撃
★ゴーン被告記者会見

■0700〜(地元)第3回早朝駅頭演説会/金沢文庫駅

本日は天候不良のため中止しました。(秘書森報告)

●1030〜(地元)令和2年中区賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

令和2年中区賀詞交換会がロイヤルホールヨコハマで開催され松本純代議士が出席しました。横浜市歌斉唱に続き、年頭挨拶として中区賀詞交換会実行委員会・平山正晴実行委員長より「皆さん明けましておめでとうございます。私は中区連合町内会長もやっていますが中区の新年会に500、600もの人が集まるのは素晴らしいです。それだけ中区の皆さんが真剣なのだと思います。中区の皆さんはお友達です。これからも皆さんの力で中区を住み良い町になるよう、歩み寄って楽しい町にしましょう」と挨拶がなされました。続いて竹前大中区区長からも年頭挨拶がなされました。来賓祝辞は中区議員団代表として原聡祐県議より祝辞がなされ、出席国会議員を代表して松本純代議士から「ご盛会は、平山実行委員長、竹前区長をはじめ今日お集りの指導者の皆さんが沢山の行事を懸命に行ってきた賜物だと思います。昨年は台風被害もありましたがそれらを乗り越えてきた皆さんの指導力に敬意を表したい。今年は新市庁舎も6月に供用開始となりますが、中区生まれ中区育ちの一人として誇りに思う。国会議員としてこの中区、横浜、日本から世界へ、更なる発展ができるよう尽力いたします」と祝辞が述べられました。乾杯は金子豊中区連合町内会会長連絡協議会副会長よりなされ、歓談となりました。(秘書浅野報告)

■1230〜(政務)(一社)日本歯科商工協会新年賀詞交歓会/ホテルグランドパレス

一般社団法人日本歯科商工協会新年賀詞交歓会がホテルグランドパレス3F白樺の間で開催され、代理出席しました。代理紹介、祝電披露をして頂きました。日本歯科用品輸入協会佐野雄亮氏の司会で進行され、中尾潔貴副会長からの開会の辞、森田晴夫会長の挨拶の後、来賓として、公益社団法人日本歯科医師会堀憲郎会長、武見敬三参議院議員、日本歯科医学会住友雅人会長、山田美樹衆議院議員、厚生労働省医薬・生活衛生局河野典厚医療機器審査管理課長、経済産業省商務情報政策局商務・サービスグループ富原早夏医療・福祉機器産業室長、島村大参議院議員、日本歯科医師連盟高橋英登会長、公益社団法日本歯科技工士会杉岡範明会長、公益社団法人日本歯科衛生士会武井典子会長からそれぞれご挨拶があり、東京都歯科医師会阪柳敏春副会長の乾杯のご発声の後、懇親会にうつりました。懇親会では宮内啓友副会長(日本歯科用品商協同組合連合会会長)にもご挨拶を致しました。(秘書渡部報告)

厚生労働省医薬・生活衛生局中井清人医薬安全対策課長、はじめ、多くの方方が来賓として出席されていました。日本歯科商工協会は、公益社団法人日本歯科医師会と日本歯科医学会の臨・学・産の3者で協同して取組み、歯科医療機器に特化した独自の産業ビジョンを策定し「平成19年版歯科医療機器産業ビジョン」、「平成24年版新歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」に加え、「平成29年版新歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」を上梓し、また、産業ビジョンの成果としては、経済産業省の医工連携事業化推進事業として製品化を行い、第13回産学官連携功労者表彰並びに平成27年度グッドデザインも受賞する等の活動をしており、最適な歯科医療機器や歯科関連製品を開発し提供することに取り組んでゆくとの挨拶がありました。日本歯科商工協会は、歯科医療の診断・治療に用いられる機器、材料、薬品等の開発、 製造(輸入)及び流通を担う歯科業界の8事業者団体を加盟会員として、昭和28年9月に結成された日本歯科商工会(任意団体)を改組し、昭和62年3月に設立され、加盟団体の歯科医療機器・薬剤に関する品質保証体制のあり方や、法規制への対応等の共通課題についての調査、検討を行い、歯科業界の健全な発展に努めるとともに、国民に対する口腔衛生思想の普及、啓発に寄与することを目的としており、平成23年4月1日より、一般社団法人に移行。日本歯科器械工業協同組合、日本歯科材料工業協同組合、日本歯科薬品協議会、日本歯科用品輸入協会、日本歯科用品卸商業組合、日本歯科用品商協同組合連合会、日本歯材同友会、日本歯科コンピュータ協会の8事業団体から構成されています。

■1600〜(地元)横浜商工会議所令和2年会員年頭祝賀会/横浜ロイヤルパークホテル

横浜商工会議所令和2年会員年頭祝賀会が横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。国歌斉唱に続き、主催者を代表し上野孝会頭より「今日は1500名もの多くの会員の皆さんにお集まりをいただきました。昨年は横浜商工会議所といたしまして、横浜ルネッサンズの礎を築くという基本目標の達成に向けて三つの活動方針の下、諸事業を着実に進めることが出来ました一年であったと感じております。その中でも特に大きな動きがございましたのは、統合型リゾートに関わる事業活動です。 我が国において少子高齢化が著しく進展する中、ここ横浜に於いても2019年をピークに人口減少が進むと予想されております。地域経済の活力を維持し持続可能な地域社会を構築するために、新たな産業の創出が不可欠であり、中でも成長が期待される観光産業の進行が需要であります。その実現のためには政府が成長戦略の柱として推進している統合型リゾートの導入が有効な方策であると考えております。横浜商工会議所がこれまで横浜IR実現の必要性と重要性について要望してまいりましたが、昨年の8月林市長が統合型リゾートの横浜誘致を正式に表明され、12月に市民説明会を開催され自らご説明をいただいておりまして、林市長のご決断とご尽力に敬意を表したいと存じます。更に黒岩神奈川県知事にも横浜誘致にご支持をいただけると表明され、私共にとって心強く感じております。商工会議所も機運醸成や理解促進、調査研究等の活動し、横浜誘致に向けて努力してまいります」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1800〜(地元)令和2年横浜市病院協会新年祝賀会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

令和2年横浜市病院協会新年祝賀会が横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開催されました。新納憲司会長より「昨年ラグビーワールドカップが開催され、日本中が大いに盛り上がりましたが、当病院協会もワールドカップの医療救急態勢に積極的に協力しましたし、また今夏の東京2020オリンピック・パラリンピックにも引き続き協力してまいりたいと考えています。テロ対策にも病院協会として考えていきたいと思います。地域医療を守り市民に良質で安全な医療を提供していくために病院協会だけでなく、医療界全体がワンチームとなって頑張ってまいりますので皆様のご協力をよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1800〜(地元)令和2年洋光台地区新年賀詞交換会/洋光台地域ケアプラザ多目的ホール

令和2年の洋光台地区の賀詞交換会に松本純代議士が出席しました。開会にあたり君が代斉唱の後、主催者代表で三上勇夫連合町内会会長より年頭のご挨拶があり、今年は洋光台誕生50周年の記念すべき年であり@11/15に記念式典の開催A16自治会・町内会合同の盆踊りB記念誌の発行を行いたいとのお話しがあり、様々な新たな街作り、そして、不足している多機能の交流拠点を作っていきたい。また、洋光台地区の小中学校の子供達に愛される街にしていきたいとのお話しと共に、100周年に向けたスタートの年にしていきたい。と述べられました次に来賓の挨拶があり松本代議士より、地域の安心安全は経済の発展と安定した社会保障が必要であり、地方議員の先生方と力をあわせて、頑張っていきたいとのお話しがありました(秘書斎藤報告)

●1800〜(地元)大和町立野町内会令和2年賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

大和町立野町内会令和2年賀詞交歓会がホテル横浜ガーデンで開かれ松本純代議士が出席しました。大谷秀男さんの司会、開会挨拶に続き、熊王新太郎会長より「本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。私は昨年5月に会長選挙により会長となり半年経ちました。佐藤副会長はじめ、皆さまのご協力により、少し会長らしくなれたと思います。少しずつですが頑張っていこうと思います。これからも安心して暮らせる町内会にする為、頑張っていこうと思います」との会長挨拶がなされました。来賓挨拶として原聡祐県議、松本研市議、伊波俊之助市議から祝辞がなされました。遅れての到着となりましたが松本純代議士からも祝辞が述べられました。佐藤綾夫副会長の乾杯の音頭で歓談に入りました。ピアノ演奏や謡、コカリナ演奏など、楽しいお時間を皆さまとご一緒させていただきました。(秘書浅野報告)

●1830〜(地元)神奈川県釣船業協同組合新年会/崎陽軒本店

神奈川県釣船業協同組合新年会が崎陽軒本店で開催され松本純代議士が出席しました。黒川忠雄理事長より「組合員の皆さん、来賓の皆さん、明けましておめでとうございます。新しい元号、令和としての新年を迎えられたと思います。令和は新天皇即位により昨年5月1日に元号・令和が始まりました。その年の9月の台風15号、19号により全国各地が災害に見舞われ多くの人命が失われました。災害に見舞われた方々にお悔やみとご冥福をお祈りいたします。組合員の皆さまには安全操業、安全航行をお願いし、令和2年を乗り越えてご活躍されることを祈念いたします」とご挨拶されました。来賓挨拶では代議士より自身の近況と役職説明がなされ、「私の上司である麻生太郎さんは公益財団法人日本釣振興会名誉会長です。業界の発展を応援しています。皆さんの活躍を祈念申し上げます」とご挨拶されました。(秘書森報告)

●2030〜(地元)ちょっと立ち寄り新年挨拶/野毛まりちゃんち

松本純後援会のイベントスタッフ・小暮麻里さんが、昨年我が家の隣でカラオケバー「まりちゃんち」を開いたとのこと。新年挨拶も兼ね初めて伊店にお邪魔しました。小さな可愛らしいお店ですが、清潔感あふれる店内でした。頑張ってください!


1月7日(火)曇り雨 自民党本部仕事始め

■0700〜(地元)第2回早朝駅頭演説会/金沢八景駅・並木中央駅

本日は京急金沢八景駅とシーサイドライン・並木中央駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は110枚/累計221枚(古正50/累計/75枚、斎藤24枚/累計61枚、森21枚/累計44枚、浅野15枚/累計/41枚)でした。(秘書森報告)

■0910〜(地元)金沢区消防出初式/横浜市金沢公会堂泥亀公園

令和2年金沢区消防出初式が金沢公会堂で開催されました。木遣り・纏振り込みの後開式となり、神奈川県知事表彰、横浜市長表彰、消防局長表彰、消防署長表彰、消防団長表彰の各部門での表彰が行われました。続いて横浜市消防局長の挨拶が代読され、國原章弘金沢区長、横井正巳町内会連合会長、金沢区議員団当番幹事による祝辞がなされました。選挙区国会議員紹介では松本純代議士代理としてご紹介をいただきました。祝辞後は金沢消防署・伊藤賢司署長より「金沢区民の安心安全を守るために努めて参ります」との謝辞が述べられ閉式となりました。式典後は隣接する泥亀公園にて消防総合訓練と一斉放水が披露され大勢の皆さんから歓声を浴びていました。(秘書森報告)

●1000〜(党務)党本部新年仕事始め/党本部901

自由民主党党本部新年仕事始めが党本部901号室で開催されました。高鳥修一筆頭副幹事長の司会で進行され、国歌君が代の斉唱の後、安倍晋三総裁、二階俊博幹事長からの挨拶、関口昌一参議院議員会長から挨拶並びに乾杯の発声で懇談になりました。安倍総裁からの挨拶では、「私たちに課せられた大きな責任でもある憲法改正に向けて、大きな歩みを進めていこうではないか。それが自民党の歴史的使命だ。1960年は、まさに日米新時代が始まり、外交安保の礎が築かれた年だ。あれから60年たった。ぜひ今年は戦後外交の総決算に挑戦し、新たな外交の地平を切り開いていきたい。第2次安倍政権発足から約3年が経過した後の平成16年の仕事始めのときに、桃栗3年、柿8年。桃と栗は収穫することができた。柿はありませんと申し上げたが、これまで、6回選挙に勝ち抜いた。国民のために、りっぱな柿の収穫を行いたい。実は、この先があり、ゆずは9年の花盛り、という。ゆずまでは、私も責任を持って大きな花を日本に咲かせたい。さらに、その先もあり、梅は、すいすい13年、梨は、ゆるゆる15年、りんごは、にこにこ25年、だ。こういうものの収穫は、ここにいる皆さんが中心になって得てもらいたい。私たちに課せられた大きな責任でもある憲法改正に向けて、大きな歩みを進めていこうではありませんか」とも述べました。二階俊博幹事長からは「力をあわせて、ワンチームで、政治を前に進めていかなければならない。党の総力を結集し、戦い抜く決意です。」と述べました。続いて乾杯の音頭を取った関口昌一参院議員会長は、昨年の参議院議員選挙のお礼と一致団結の決意の表明をしました。(秘書渡部報告)

安倍晋三総裁挨拶
「皆さま、明けましておめでとうございます。
今年の元日は日本中、広範囲で晴れとなりました。私もおかげさまで美しい富士山の姿を見ることができました。皆さまは年末年始地元で英気を養われたというよりも大変お忙しい毎日だったのではないかと思います。
いよいよ私たちはオリンピック・パラリンピックの年を迎えました。
思い起こせば7年前、まさにワンチーム、国民一丸となった招致活動が身を結び、東京への誘致が決定しました。あの決戦の地、ブエノスアイレスで ロゲ会長の「TOKYO!」という発表を聞いて胸が踊ったことを今でも覚えております。その後、私はこのように申し上げました。
「みんなで力を合わせれば夢は叶う」
今年も私たちの目の前には、国内においては少子高齢化、あるいは厳しさを増す国際情勢、様々な難関が待ち構えていますが、私たち自民党しっかりと、力を合わせていけば必ず、夢は叶う。乗り越えていくことができる。そう確信をしています。
今年一年、新たな時代を切り拓く一年に皆さまと共にしていきたいと決意をしています。
そして今年は庚子の干支の年です。子は十二支のトップバッターですが、新しい芽が出、そして伸び始める年、ということでもあるそうです。また庚は、大切なものを継承し、改革を進めていくという意味が込められているそうです。皆さん、自由民主党にぴったりではありませんか。
また60年前の庚子の年には日米安保条約が改定されました。まさに日米新時代が始まり、同時に外交、安保の礎が築かれた年であります。あれから60年たちました。ぜひ今年は戦後外交の総決算に挑戦し、そして新たな外交の礎を切り拓いていきたいと思っています。
同時に私たちに課せられた、大きな責任でもある憲法改正に向けて、大きな歩みを進めていこうではありませんか。それが自由民主党の歴史的使命でもあろうと思います。
第二次安倍政権ができて今年で8年目を迎えることとなりました。
実は2016年のお正月、この仕事始めで、ちょうど、第二次安倍政権ができて3年が終わった時にこう申し上げました。
「桃栗三年」おかげさまで桃や栗は収穫する事ができました。
「柿はありません」と申し上げたのですが、おかげさまで国政選挙6回、皆さまと共に勝ち抜き、国民のためにこの8年間、力を合わせて立派な柿の収穫を行いたいと考えております。
実はこの先もありまして「ゆずは九年の花盛り」。このゆずまでは私も責任を持ってしっかりと大きな花を日本に咲かせていきたいと思っています。
更にその先もあるんですね。「梅は酸い酸い十三年」。まあ梅と言えば二階幹事長の地元、また、世耕参議院自民党幹事長の地元であります。
そして更に「梨はゆるゆる十五年」というのもあるんですね。「りんごニコニコ二十五年」。こういうものは、まさにここにいる皆さんが中心となって収穫を得てもらいたいと思うのですが、こうした長期的な目標に向かってしっかりと結果を出していく事が出来るのは、私たち自由民主党ではありませんか。
この1年間、皆さまと共に、国民のために、日本のために大いに働き、収穫を上げていきたいと思います。
今年のオリンピック・パラリンピック、歴史に残るオリンピック・パラリンピックとし、そして日本が世界の真ん中で輝く年にしていきたいと思います。
自民党のますますの隆盛を祈念いたしまして、年頭における自由民主党総裁の挨拶とさせていただきます。皆さんおめでとうございます。」

●1021〜(政務)大臣らと/幹事長室

党本部での新年仕事始めの終了後、萩生田光一文部科学大臣(写真左)、加藤勝信厚生労働大臣(写真右)と懇談しました。(秘書渡部報告)

■1030〜(地元)2020年神奈川県生協連賀詞交歓会/ワークピア横浜

2020年神奈川県生協連賀詞交歓会がワークピア横浜で開催されました。神奈川県生活協同組合連合会・當具伸一代表理事会長より「当生協組合連合会は消費生活協同組合法が制定されたのを機に1950年に16生協をもって、連合会として誕生し、今年で70周年を迎えます私達神奈川の生協は、時代の変化とその時代がはらむ社会の矛盾にも向き合い、消費者・組合員の暮らしの願いの実現のために活動をしてきました。本年も生協の基本である日常的な事業活動を更に発展させることと合わせて、だれもが幸せに暮らせる地域社会づくりへの参加を進め、地域社会からの信頼にお応えできるように、より一層の努力をしてまいります」との挨拶がなされました。 (秘書古正報告)

※1030〜(参考)役員会/党本部総裁応接室

●1100〜(党務)役員連絡会/党本部総裁応接室

役員会・役員連絡会後、二階幹事長記者会見(令和2年1月7日(火)12:37〜13:01 於:党本部平河クラブ会見場)が開かれ下記の通り発言されました。

【冒頭発言】(鳥筆頭副幹事長)
本日の役員会の概要を報告いたします。
安倍総裁からは、昨年は、党が結束して参議院選を戦い抜いた結果、与党で過半数を上回ることができました。重ねて役員の皆様に御礼を申し上げます。臨時国会においても多くの重要法案が成立し、本年1月1日から日米貿易協定のもとに新たな貿易がスタートしました。農業を含め、攻めるべきは攻め、守るべきは守るという考え方のもと、農林水産業の所得を上げるべく力を入れて行きたい。
昨年、日中首脳会談を行ったが、それに先立ちまして、牛肉の中国への輸入解禁が出ました。実際の取引は今少し時間がかかるが、なるべく早期に日本からの輸出を再開したい。また日EU・EPAのもと牛肉の輸出が3割増え、成果が出ています。現状の中東情勢の緊迫化に、深く憂慮している。日本としても緊張緩和に向けた外交努力を通じて、地域の平和と安定に尽くしたい。事情が許せば、12から15日にサウジアラビア、UAE、オマーンを訪問する予定だという報告がございました。
森山国対委員長からは、明日10時から内閣委員会理事懇を開き、IRの問題について内閣府や法務省などから説明を聴取する予定。また、13時30分から総務委員会の理事懇を開き、かんぽ生命保険の不適切販売について日本郵政グループや総務省から説明を聴取する予定。海上自衛隊の中東派遣について、17日に安保委員会の閉会中審査を開く予定。詳細は16日の理事懇で協議します。政府から次期通常国会を今月20日に召集するとの方針を伺っているが、召集に向けての議運理事会を10日午後に開く方向で調整している。なお、議運理事会に先立ち、与野党国対委員長会談を開いて、野党に対し予算や法案審議への協力を要請することにしているとの発言がございました。
末松参院国対委員長からは、明日15時から内閣委員会理事懇を開き、IRについて政府から説明を聴取します。総務委員会理事懇は、10日9時半から日本郵政グループやかんぽ生命からヒアリング。また、外交防衛委員会の閉会中審査は、17日13時〜15時に開催するとの発言がございました。
関口参議院会長からは、昨年は参議院選挙での絶大なるご支援頂き感謝申し上げる。本年も参院は一丸となって安倍政権を支えて行くとの発言がございました。
世耕参議院幹事長からは、通常国会に向け衆院と連携し準備を進めたいとの発言がございました。
下村選対委員長からは、本年も常在戦場の意識と緊張感をもって各級選挙を戦い抜きたい。今月は京都市長選挙が1月19日告示、2月2日投票であります。府連で現職の門川大作市長を推薦している。静岡4区補選は4月14日告示、4月26日投票であります。県連が準備を進めているが、連携を密にし、必勝態勢を構築したいとの発言がありました。
岸田政調会長からは、今年は東京五輪の成功に向けて全力を挙げたい。また令和元年度補正予算と令和2年予算の速やかな成立に向け努力したい。本日13時から法務・外交合同部会で日産の元会長ゴーン被告の国外逃亡事案について議論する。政審は1月16日に開催するとの発言がございました。
鈴木総務会長からは、1月17日に総務会を開催し、補正関連法案を審議する。本年も侃侃諤諤の議論を行い、しっかりとした結論を出していきたい。そのもとに党一致して政策を推進していきたいとの発言がございました。
平沢広報本部長からは、憲法の新ポスターの発表があった。2種類各4万枚を作成し、全国に配布する。国会議員には100枚配布し、追加注文にも応じるとの発言がございました。
以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)
新年おめでとうございます。大変お世話になっておりますが、今年もまたマスコミの関係者の皆様のご理解ご協力を切にお願いを申し上げる次第であります。
安倍政権もおかげさまで8年目を迎えております。ご承知のとおりですが、国民の皆さんの大変なご理解やご声援を背に受けて、党としても一生懸命取り組んできたわけでありますが、改めて年頭にあたり初心を忘れることなく、われわれ自身がみんなで検挙に政権運営、党運営に協力していかなくてはならないとの決意を新たにしているところであります。党一丸で国民のご期待に応えていきたい。われわれはそうして国民の皆さんが、あるいは特に全国各地に居ていただく党員の皆さんのそれぞれの声を国政に反映させるように努力をしていく。そのためにはやっぱり、先ほども申し上げましたが、党が常に謙虚な姿勢で国民の皆さんの声に耳を傾ける、教えを乞うぐらいの気持ちをもって、積極的にわれわれの側から前に進んでいかなくてはなりません。そういう意味で決意を新たにして、新しい年を皆でしっかり取り組んでいきたいと思っております。
おかげさまで党勢拡張についても、今現在で党員は110万を超えておるところでありますが、それぞれ関係者で協議をして新しい目標を立てて、それは極端に言えば県連支部ごとに努力目標を立てる。あるいは支援団体にもそれぞれの党員が活躍をしていただいておるわけでありますが、それはそれでもう一段とわれわれは国民の皆さんに応えていけるような力強い政治を断行していくためには、もっと党内基盤を拡充しようではないか。そのためには、党員の皆さんを増やしていく、党勢に協力していただく国民を、多くの仲間を、同士を築いていく努力をわれわれは謙虚に進めていくということが大事ではないかということを年頭に呼び掛けてまいりたいと思っております。
色々と課題はありますが、それぞれのことについては党の組織を挙げてしっかりして、皆が常に初心に返るつもりで対応していきたいということを、年頭に改めて決意をしていることを申し上げて、今年もまた皆さんのご指導やご協力を特にお願いを申し上げて、新年のご挨拶にしたいと思います。宜しくお願い申し上げます。
以上です。

※1100〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。人事が決定されました。大臣発言として、衛藤晟一大臣及び武田大臣から「交通事故防止対策の推進について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、それぞれ御発言がありました。 (菅義偉内閣官房長官)

■1100〜(地元)令和2年金沢区賀詞交歓会/金沢地区センター

令和2年金沢区賀詞交歓会が金沢地区センターで開催され松本純代議士代理として真純夫人が出席しました。国歌斉唱、横浜市歌斉唱の後金沢区町内会連合会会長で金沢区賀詞交歓会実行委員会・横井正巳委員長より、昨年2月2日に金沢公会堂が建て替えられ、これからの子供たちに使って貰う目的でスタンウェイのピアノを購入した事。昨年秋の台風災害、後継者問題など、昨年を振り返った金沢区の出来事や課題を話され、令和の時代が区民にとって良い時代になるよう祈念する旨の年頭の辞が述べられました。続いて國原章弘金沢区長、金沢区議員団当番幹事より年頭の辞があり、選挙区国会議員紹介で代議士代理として真純夫人が紹介されました。続いて区民栄誉賞授与、鏡開きが行われ乾杯の発声で小宴となりました。(秘書森報告)

●1140〜(政務)清水康弘駐ギリシャ大使ご挨拶/1-302

清水康弘駐ギリシャ大使が一時帰国のご挨拶に来館され、昨年からの「日本ギリシャ修好120周年」記念行事並びに、最近のギリシャの情勢について説明をうけました。(秘書渡部報告)

■1200〜(地元)令和2年磯子区新年賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

令和2年度の磯子区賀詞交換会が開催され松本真純夫人が代議士の代理で出席しました。開会にあたり君が代、横浜市歌の斉唱がおこなわれ、続いて実行委員会の皆さんが登壇されました。実行委員会の皆さんは各連合町内会の会長さんが努めています。代表して岡道子会長よりご挨拶があり日頃の自治会、団体、行政の皆さんにお礼が述べられ、昨年は令和元年を迎え、皇室のお祝い、日本中を沸かせたラグビーワールドカップ、そして台風災害など様々な事があったが今年はオリンピック、パラリンピックなどか開催されます。磯子区のスローガンである笑顔溢れる磯子を目指し全員ワンチームで頑張りますので皆さんの協力をお願いいたします。と述べられました。続いて猪俣磯子区長、議員団の挨拶と紹介がありました。鏡開き乾杯後は賑やかな賀詞交換会となりました(秘書斎藤報告)

■1200〜(地元)神奈川県美容業生活衛生同業組合令和2年賀詞交歓会(表彰式)/ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

神奈川県美容業生活衛生同業組合令和2年賀詞交歓会がローズホテル横浜で開催されました。澤飯廣英理事長より「今日は大変お忙しい中、大勢の来賓の皆様、そして会員の皆様にご参加賜りありがとうございます。昨年は会の創立50周年で記念式典も開催しました。改めて感謝申し上げます。2021年には29年ぶりに日本で世界大会をこの横浜で開会する予定です。今年から2021年に向けて数多くのイベントが行われますが、さまざまな大会に向け全員一丸となって取り組んで参ります」との挨拶がなされました。続いて永年勤続表彰や全国大会入賞者の紹介がなされました。 (秘書古正報告)

■1800〜(地元)通夜:故黒川實氏/京急メモリアル金沢文庫斎場

金沢区でお世話になっている(株)三嘉の社長、黒川賢司さんのご尊父、實さんが逝去されお通夜が京急メモリアル金沢文庫斎場で営まれました。松本純代議士が弔問し、喪主を務める賢司さんにお悔やみを申し上げ實さんのご冥福をお祈りいたしました。(秘書森報告

■1800〜(政務)(一社)全国住宅産業協会新年賀会/ホテルニューオータニ

一般社団法人全国住宅産業協会令和2年新年賀会がホテルニューオータニ本館1階「芙蓉の間」で開催されました。協会の馬場研治会長から挨拶の後、青木一彦国土交通副大臣からの来賓祝辞に引き続き、出席国会議員の紹介があり、代表して野田毅衆議院議員からの挨拶があり、関連6団体を代表して不動産団体連合会会岩沙弘道会長からの乾杯の発声で懇談にうつりました。懇談の最中に、高市早苗総務大臣、菅義偉内閣官房長官からも来賓「としてご挨拶がありました。与党国会議員、官公庁、友好団体関係者など大勢の参加者で盛大な会となりました。一般社団法人全国住宅産業協会は、平成25年4月、一般社団法人日本住宅建設産業協会と一般社団法人全国住宅建設産業協会連合会が新設合併して設立され、中堅企業を中心に上場企業も含む全国1700社を擁する団体で、会員は首都圏ならびに北海道から沖縄まで、各地域においてマンションおよび戸建住宅の供給や住宅をはじめとする不動産流通事業等を行っているとのことです。協会の会員は、正会員(企業会員)416社、賛助会員157社です。青木副大臣からは、消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応を講ずるとともに、2020年までに土地基本法等の見直しとともに、新たな土地基本法に基づく土地政策の再構築を図るための「新たな総合的土地政策」の策定に向けて取り組むとの挨拶がありました。 (秘書渡部報告)

●1830〜(地元)第23回松本研新年会/ローズホテル横浜

第23回松本研横浜市会議員新年会がローズホテル横浜で開催されました。横浜市歌の斉唱に続き、神田信男後援会長より新年の挨拶がなされました。続いて来賓を代表し、松本純代議士から「松本研さんは私の後の市会を担い、23年前から永らく皆さまにお支えをいただき、昨年は7期目の当選を果たすことができました。皆さまのご支援のおかげです。引き続き、ご支援ご指導をお願い申し上げます」と謝辞がなされました。島村大参議、中西健治参議、原聡祐県議、大村悠県議からも続いて来賓祝辞がなされました。松本研横浜市会議員から「本日はあいにくの雨となりましたが多くの皆さまにお越しいただきありがとうございます。純先生の後継として清水の舞台から飛び降りる覚悟で家内と一緒に選挙を戦い、初当選をいたしました。以来、23年が経過しましたが多くの方に支えていただきました。第49代横浜市会議長の大役を成し遂げることができたのも皆さまのおかげ様です。本当にありがとうございます。いよいよ今年の6月は新市庁舎の完成、そしてオリンピックもあり、この中区は大きな変革があると思います。これから生まれてくる若い世代の為に、日本に元気を与えることができるような都市づくりに全力で頑張ってまいりますので、変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします」との謝辞がなされました。(秘書浅野報告)


1月6日(月)晴れ時々曇り

■0700〜(地元)第1回早朝駅頭演説会/六浦駅

本日は京急六浦駅でスタッフによる新年最初の早朝駅頭広報活動を行いました。「まちかど政治瓦版」1月号は、2020年に関内・関外・みなとみらい地区の開発で横浜の新たな「街」の内容について報告しています。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は111枚/累計111枚(古正25/累計/25枚、斎藤37枚/累計37枚、森23枚/累計23枚、浅野26枚/累計/26枚)でした。(秘書森報告)

●1000〜(地元)横浜市会新年賀詞交歓会/市庁舎市会棟4F大会議室

横浜市会新年賀詞交歓会が市庁舎市会棟4F大会議室で開催されました。林文子市長より「2020年いよいよオリンピックが開幕いたします。野球・ソフトボール・サッカーがこの横浜で開催されます。昨年のクリスマスイブにいすゞ自動車がみなとみらいに2022年5月に移転してくる事が決まりました。北西線が3月に開通します。また観光船が今年270隻着岸いたします。武道館も夏には立ち上がります。1万席のピアも出来あがるなど、今年様々なことが花開きます。これからしっかりと横浜の将来を見据え、オールヨコハマで今日お集りの皆さんのお力をお借りしながら市民のために努力をしていきたいと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1100〜(地元)自民党横浜市連役員初顔合わせ/市連会館

自民党横浜市連役員初顔合わせが市連会館で開かれました。始めに坂井学市連会長より神棚に燈明が灯され、続いて坂井会長より「昨年は統一地方選挙、参議院選挙という大きな選挙がございました。それぞれ多くのご協力をいただいて、乗り切って参りました。今年は新市庁舎への引っ越しという大きな節目の年になろうかと思います。今年も力をひとつにして様々な課題を乗り切っていきたいと思いますので、皆様方のご協力をお願いをしたいと存じます」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1100〜(政務)(一社)全国銀行協会新年賀詞交歓会/パレスホテル東京

一般社団法人全国銀行協会新年賀詞交歓会がパレスホテル東京2階葵の間で開催されました。開会に先立ち、麻生太郎副総理・財務大臣、黒田東彦日本銀行総裁と全国銀行協会正副役員並びに出席国会議員との記念撮影の後、島誠(三井住友銀行頭取)会長から、今年の十干十二支は、ねずみとし、庚子(かのえ・ね)の年で、植物で見た時、庚子は変化が生まれる状態、新たな生命がきざし始める状態という意味合いなので、全く新しいことにチャレンジするのに適した年とも言え、昨年から、今年当初の世界情勢、金融環境の中で緊張感をもってとりくむとの挨拶があり、麻生太郎副総理・財務大臣、黒田東彦日本銀行総裁からも挨拶がありました。4月からの次期会長は、三菱UFJフィナンシャル・グループ社長兼三菱UFJ銀行頭取の三毛兼承氏が内定とのことです。(秘書渡部報告)

●1200〜(地元)馬車道商店街協同組合新年賀詞交換会/アパホテル&リゾート横浜ベイタワー

馬車道商店街協同組合の賀詞交換会がアパホテル&リゾート横浜ベイタワーにて開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり六川勝仁理事長より「本日は仕事始めのお忙しい中、松本純先生、林文子市長はじめ、多くの皆様方にご出席いただきましてありがとうございます。今年はオリンピック、パラリンピックがございますが、今日の会場となっているアパホテル横浜ベイタワーは2300もの客室があります。年末年始は満室だったようです。それだけの方が横浜に来ているということになります。いよいよ6月には新しい市役所が開始ということで、この北仲エリアは一気に発展してくると思います。元町、中華街、伊勢佐木町、野毛、関内と共に更に推進して参りたいと思っております。馬車道のメイン通りには新しいビルが二月にオープンし、今年は活気のある馬車道になると思います。街づくりに終わりはありません。今年もしっかりと取り組んで参ります」と新年の挨拶が述べられました。続いて来賓代表挨拶として林文子横浜市長より祝辞が述べられました。乾杯の後は和やかな賀詞交換会が行われました(秘書浅野報告)

●1330〜(地元)横浜船主会・横浜港運協会共催令和2年新年賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜船主会・横浜港運協会共催令和2年新年賀詞交換会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。鈴江孝裕横濱港運協会副会長の開会の辞に続き、横浜市歌斉唱が行われました。主催者を代表して藤木幸夫横浜港運協会会長より「横浜市歌は明治42年の横浜開港50年記念に森鴎外が作詞した歌です。その時に出来た建物が開港記念会館です。臨海部にあって、港が先に出来て、荷物が先に来て、行ってみようか、住んでみようか、働いてみようかと言って出来て来たのが日本の港街の特徴です。その最先端を行ったのが、我々の先輩達が作っみなと横浜です。港湾都市は沢山あり、日本にも600も700もありますが、横浜港はいろいろな意味で最先端の港であります。これから立派な港湾建設に取り組んでいきます」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1600〜(政務)化粧品歯磨業界連合新年会/東京プリンスホテル

東京化粧品工業会、日本歯磨工業会団体の共催で令和2年化粧品歯磨業界連合新年会が、東京プリンスホテル2F「鳳凰の間」で開催されました。主催2団体の澤田晴子(活ノ勢半代表取締役社長)会長、濱田和生(サンスター株式会社取締役会長)会長がの紹介の後、2団体を代表して澤田晴子(活ノ勢半代表取締役社長)会長からの挨拶があり、続いて、経済産業省商務情報政策局商務・サービスグループ江崎禎英商務・サービス政策統括調整官、厚生労働省大臣官房山本史審議官からの来賓挨拶、出席国会議員本人の来賓紹介の後、日本化粧品工業連合会の(粧工連)魚谷雅彦(資生堂社長)会長からの挨拶並びに乾盃の発声の後、懇親になりました。化粧品並びに歯磨は、国内販売額、海外輸出額ともに昨年は過去最高の見通しとのことでした。これは、品質の安全性等への信頼が大きなウエイトを占めているからです。具体的には、経済産業省の生産動態統計によれば、化粧品の国内工場出荷金額は2018年は5.2%の増加を示し1兆6942億円の見込みとのことです。(秘書渡部報告)

●1600〜(地元)(株)サカクラ令和2年新年賀詞交換会/(株)サカクラ2F会議室

(株)サカクラ令和2年新年賀詞交換会がサカクラ2F会議室で開かれました。坂倉徹社長より「今年横浜市は新市庁舎移転を始め様々な事業が行われますが、その一つに数年前、上瀬谷通信施設が米軍から返還され、再整備が大事な仕事ですが、私が商工会議所の都市政策委員会委員長としてこれに携わっています。その再整備の前に花博を開催することがほぼ決まりました。これに今日お集りの先生方のご協力をいただき努力していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1830〜(閥務)麻生太郎会長初顔合わせ/都内

志公会(麻生派)・麻生太郎会長との新年初顔合わせが行われました。今年取り組むべき課題について麻生会長より様々なお話がありました。


1月5日(日)晴れ時々曇り 地元各地新年会がスタート

●1000〜(地元)令和2年中区消防出初式/横浜情報文化センター

令和2年中区消防出初式が横浜情報文化センターで開催され松本純代議士が出席しました。今年は「過去から現在そして未来へ地域防災の襷を繋ぎます」をテーマに開催されました。式典は古式消防演技(木遣り・まとい振り込み)から始まり、来賓紹介、表彰として神奈川県知事表彰や横浜市長表彰など、永年勤続・優良消防団員の皆さまが表彰されました。来賓祝辞は原聡祐県議、平山正晴中区連合町内会長から述べられました。式典終了後は屋外駐車場にて消防総合訓練が行われ、消防署・消防団の皆さまによる一斉放水は迫力があり、集まった方々から歓声が上がっていました。その他も防災体験や車両展示なども行われていて来場された皆さまが楽しまれていました。(秘書浅野報告)

●1130〜(地元)永島家にご挨拶/ご自宅

瀬ヶ崎西部への途中で永島さんの家へ寄りました。新年のご挨拶にお邪魔しましたが、皆さん元気いっぱいでした。

●1200〜(地元)瀬ヶ崎西部町内会新年会/瀬ヶ崎西部町内会館

瀬ヶ崎西部町内会の役員新年会が瀬ヶ崎西部町内会館で開催されました。星野公一会長より「昨年の町内行事も無事に終わりました。今年も皆さんご協力よろしくお願いします。おめでとうございます」と新年挨拶が述べられました。来賓挨拶では出席した松本純代議士より昨年、新天皇陛下が即位され令和の時代を振り返った内容を話され、新たな年に様々な課題を抱える国政と、皆さんが「笑顔あふれる21世紀」に向けて努めていく旨を述べて瀬ヶ崎西部町内会の益々の発展を祈念申し上げました。続いて大村悠県議から新年挨拶がなされ、中村淑子副会長の乾杯の発声で歓談となりました。(秘書森報告)

●1230〜(地元)新條流令和元年度盃交換会・新年会/町屋町内会館

新日本舞踊・新條流の盃交換会・新年会が町屋町内会館で開催されました。盃交換・新年会には新條流の師範、準師範の皆さんが出席されています。顧問議員を務める松本純代議士は、新條三津五郎家元との盃交換の後、皆さんに「笑顔あふれる21世紀」になるため国政の場で努めていく旨の新年挨拶をいたしました。同じく顧問を務める高橋のりみ市議、関勝則市議、あらい絹世県議からも新年挨拶が述べられました。(秘書森報告)

●1300〜(地元)横浜市加賀町消防団新春出初式/山下町公園

横浜市加賀町消防団新春出初式が山下町公園で開催され松本純代議士が出席しました。国旗掲揚に続き各分団長、家庭防災員代表より状況報告がなされました。続いて県知事表彰、市長表彰などが行われ、永年勤続団員、優良団員の方々の表彰がなされました。来賓祝辞は竹前大中区区長、来賓の議員を代表し松本純代議士、原聡祐県議から激励の挨拶がなされました。式典の最後には三浦順治加賀町消防団長より謝辞がなされ、一斉放水が行われました。(秘書浅野報告)

●1700〜(地元)末吉町3・4町内会新年会/ホテルマイステイズ横浜

末吉町3・4町内会新年会がホテルマイステイズで開かれました。北村公一昭和会会長の司会で始まり、小山哲夫町内会長より「明けましておめでとうございます。日頃から町内会にご支援をいただきありがとうございます。末吉町は今後も桜祭りはじめ、様々な取り組みを進めてまいります。引き続きのご支援をよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。原聡祐県議、松本研市議、伊波俊之助市議から町内の皆さまへ新年の挨拶が述べられました。松本純代議士から国対委員長代理としての活動報告、引き続き経済の安定から医療、社会保障の安定を目指していく、等の国政報告がなされました。槇泰敏前町内会長の乾杯の音頭で懇親会に入りました。(秘書浅野報告)

●1800〜(地元)大道町内会新年会/大道集会所

大道町内会新年会が大道集会所で開催されました。長谷川俊光会長より新年挨拶がなされ、来賓挨拶では松本純代議士より昨年を振り返った時事と近況が報告され、新たな時代「令和」が国家国民において輝ける時代になるよう国政に努めていく新年挨拶が述べられ、大道町内会の発展を祈念いたしました。出演された大村悠県議からも新年挨拶が述べられました。乾杯の発声で歓談となり、代議士は長谷川会長や松井満支男副会長、町内会の方々との和気あいあいとした意見交換を行いました。(秘書森報告)

●1900〜(地元)根岸橋通商和会新年会/永興楼

毎年恒例の根岸橋通商店街の新年会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり堤幸雄会長より、「今年はオリンピックもあります。根岸橋通商店街も元気にがんばりましょう」との挨拶がありました。松本代議士からは自身の国会での仕事と共に商店街に対する激励が述べられました(秘書斎藤報告)


1月4日(土)晴れ時々曇り

米国・イラン緊張

IR関連で衆議院議員5人に任意聴取

ゴーン被告レバノンへ逃亡

●終日〜国会開会準備/地元事務所

1月20日召集予定と聞いている通常国会開会に向けて、少なくとも10日には議院運営委員会を開催し、日程を確定しなければなりません。7日には自民党本部の仕事始め、打ち合わせなどが始まりますので、その準備に余念がありません。


1月3日(金)晴れ時々曇り 箱根駅伝青学大 総合優勝

●0814〜(後援会)松本純後援会・國容会新年ゴルフ大会/久能カントリー倶楽部

聖光学院の同級生らによる國容会新年ゴルフが開催されましたが、皆さんお忙しい様子で今年は一組でのプレーになりました。リーダーは大村剛一氏、参加メンバーは湯沢誠氏、宮下弘子氏と私です。朝の内は寒かったのですが、無風好天で次第に気温も上がり最高のコンディションでした。しかし、私のスコアは別物、アウト56、イン52でトータルは108回で、初ゴルフで100切りを達成できませんでした。ちなみに、大村氏90、湯沢氏96、宮下氏99で100切りスタートの新年ゴルフでした。


1月2日(木)晴れ時々曇り 箱根駅伝青学大往路優勝

●1030〜(地元)お墓参り/円福寺

毎年恒例のお墓参りに行ってきました。保土ヶ谷の円福寺さんです。ご住職はじめ皆さんお元気な様子でした。お墓の周辺のお掃除を終え、お参りを済ませました。終了後大師堂でおみくじをいただき、鐘をつきました。

●1100〜(地元)TEAM HRK 新春顔合わせ/錦寿司

平木茂さんとその仲間たちの新春初顔合わせにお邪魔しました。皆さん元気いっぱい。全員で集合写真を撮りました。

●1800〜(地元)お正月最後のファミリー夕食会/自宅

我がファミリーの最終お正月イベントの夕食会です。これからはそれぞれの家庭で、それぞれの「夢」に向けて今年も目いっぱい頑張ってくれることでしょう。私も息子たちに負けないように全力を尽くしていきたい。


2020(令和2)年1月1日(水)晴れ時々曇り

新年あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

■0000〜(地元)瀬戸神社歳旦祭・鶏鳴神事/瀬戸神社

大晦日の深夜から新年を祝う瀬戸神社の「歳旦祭・鶏鳴神事」が神社社殿で斎行されました。佐野和史宮司による歳旦祭祝詞奏上がなされ、氏子町内会から年男年女4名の方が鶏の鳴き声をあげて平和と安泰、幸を祈願する鶏鳴神事が執り行われ新年を慶祝されました。(秘書森報告)

●0500〜(地元)実践倫理宏正会京浜金沢支部元朝式/鈴鹿ビル

(一社)実践倫理宏正会・京浜金沢支部令和2年元朝式が鈴鹿ビルで開催されました。開式宣言に続いて国歌斉唱が行われ、上廣哲治会長の「年頭の辞」が伝達されました。来賓祝辞では松本純代議士より景気経済を更に進める国勢と、京浜金沢支部の発展を祈念する旨の新年挨拶がなされました。閉式後は支部会員の皆さんと「新年のことほぐ会」が催されました。(秘書森報告)

●0700〜(地元)末吉3・4丁目国旗掲揚式/末吉町国旗掲揚塔

末吉町3・4丁目の元旦恒例の国旗掲揚式が末吉町国旗掲揚塔にて行われ松本純代議士が参加しました。末吉昭和会、万年青会の方々、原聡祐県議、松本研市議、伊波俊之助市議、村上健司元県議が参集し国旗掲揚式が行われました。小山哲夫町内会長から新年の挨拶がなされた後、今年一年の無病息災をお祈りして乾杯をいたしました。(秘書浅野報告)

●0930〜(地元)初詣/伊勢山皇大神宮

松本純と松本研のファミリーが恒例の成田山新勝寺分院及び伊勢山皇大神宮へ初詣に参りました。皆元気に新年を迎えることが出来ました。妻の真純は町内会長として第一北部連合町内会の新年初顔合わせに出席。今年も感謝の思いを胸に新たな年を迎えました。

■1000〜(地元)中原熊野神社元旦祭/中原熊野神社

令和2年の中原熊野神社の元旦祭に参加しました。天気にも恵まれ日差しが暖かい元旦祭になりました。杉原博昭宮司により元旦祭の式典が行われ、今年一年の安寧が祈られました(秘書斎藤報告)

■1045〜(地元)森浅間神社元旦祭式典/森浅間神社

森浅間神社の元旦祭に参加しました。境内には大勢の初詣の皆さんが列を作っており、お囃子の躍りなども披露されていました。松本松本小寿恵宮司により式典が行われ今年一年の安寧が祈られました(秘書斎藤報告)

●1200〜(地元)お雑煮会/自宅

初詣を終え自宅に戻り、お雑煮会です。孫たちはお年玉に大喜びでした。

●1330〜(地元)松本澄子母(松本純の母)へ新年ご挨拶/市内

今年96歳になる私の母、松本澄子大バアバに新年の挨拶です。今年はニコニコ笑顔の元気いっぱいでした。曽孫たちとよく話し、差し歯がとれてしまったようですが、お土産の洋館を美味しそうに食べていただきました。

●1500〜(地元)志村寿美恵母(真純の母)へ新年ご挨拶/市内

今年98歳を迎える妻・真純の母、志村寿美恵大バアバにも新年の挨拶をしました。とても穏やかな表情で曽孫たちと楽しそうにおしゃべりしました。両家ゴッドマザーは、やっぱりゴッドマザーでした。

●1800〜(地元)夕食懇談会/自宅

恒例の新年の行事を終了し、自宅で夕食会。にぎやかです。

●2000〜(地元)恒例ファミリー麻雀大会/自宅

食事が終わった後、恒例のファミリー麻雀大会の開幕です。メンバーは、長男・大、次男・真、三男・哲と私です。半チャン6回戦の厳しい闘いを制したのは長男の大でした。

続き→12月へ

目次へ     トップページへ
奮戦記目次へ    トップへ