内閣 Cabinet

2016(平成28)年8月

トップへ 目次へ 次のページへ

8月03日(水) 臨時国会閉会・ 初入閣

8月12日(金) やまゆり園 ・国民生活センター視察

8月17日(水) 熊本地震視察

8月24日(水) 北朝鮮ミサイル発射 ・台風10号警戒

8月25日(木) 海洋立国推進功労者表彰式/官邸

8月27日(土) 第1回防災推進国民大会/東大安田講堂

8月30日(火) 台風10号上陸

8月31日(水) リオデジャネイロオリンピック帰国申告

 


8月31日(水)晴れ 台風10号厳重警戒

◎台風10号北海道・岩手〜洪水・土砂災害に厳重警戒(07:00)

◎和歌山拳銃使用殺人事件〜膠着状態(07:00)

●0950〜安倍総理面会報告/官邸

台風10号による被害状況について安倍総理に報告をしました。安倍総理からは、@早急に被害状況を把握すること、A地方自治体とも緊密に連携し、人命を第一に、政府一体となって、被災者の救命・救助等の災害応急対策に全力で取り組むとともに、住民の避難支援等の被害の拡大防止の措置を徹底すること、B国民に対し、避難や大雨・河川・浸水の状況等に関する情報提供を適時的確に行うこと、以上三点について指示を受けました。このほか、和歌山市内における拳銃使用殺人等事件について報告をしました。

●1000〜(消費)消費者団体との意見交換会/役所

消費者団体の皆様との意見交換会に出席しました。私から、「消費者の安全・安心の確保」、そのための消費者行政の充実・強化を使命として、全力で取り組んでいくことをお伝えし、消費者団体の皆様から、各団体の業務の状況や消費者行政への忌憚のない御意見を伺いました。消費者行政には課題が山積していることを実感しました。

松本純内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全) 挨拶
2016(平成28)年8月31日

 このたび、消費者及び食品安全の内閣府特命担当大臣を拝命いたしました松本純でございます。本日は、お忙しい中、ご出席いただきありがとうございます。

 「消費者の安全・安心の確保」、そのための消費者行政の充実・強化が、私に課せられた使命と認識しておりますが、私は、国家公安委員長、また防災担当大臣も兼務しており、併せて「国民の安全・安心の確保」を使命として、全力で取り組んでいくことをお約束申し上げます。

 さて、消費者庁が創設されて、明日でちょうど7年が経過いたします。

 私は、消費者庁設置法案を国会に提出し、成立させた麻生内閣で内閣官房副長官を務めておりました。2009年の9月、消費者庁を立ち上げ、官邸で大きな式典を行ったことを、昨日のように覚えているところです。それが、消費者のための法制度の整備や地方消費者行政の強化など多くのの実績をあげ、組織も少しずつ大きく育ってきたことをうれしく思っております。

 消費者団体の皆様は、消費者庁を創設するための運動を中心となって進め、創設後は、様々な消費者問題につき、意見の表明や、新たな法制度の実現に向けての活動などを通じて、消費者庁をご支援いただいてきました。

 こうした消費者団体の皆様と定期的に意見交換を行い、しっかりと連携していくことは、消費者行政を充実・強化していくため極めて有意義であると考えております。

 本日は、消費者問題の現状について皆様がお感じになっていることを忌憚無くお聞かせいただき、これからの政策に活かしてまいりたいと思います。

 どうぞ宜しくお願いいたします。

●1110〜(警察)長官官房説明/役所

選手、監督・コーチとしてリオデジャネイロオリンピックに派遣された警察職員の活躍状況について説明を受けました。

●1115〜(警察)リオデジャネイロオリンピック帰国申告/役所

リオデジャネイロオリンピックに派遣された5名の選手及び5名の監督・コーチの皆さんから帰国申告を受けました。私からは、今回ウエイトリフティング男子62kg級で4位入賞を果たした糸数陽一選手(警視庁)を讃えるとともに、惜しくも入賞には至らなかった選手の皆さんに対して、その健闘を労いました。また、モントリオールオリンピックにクレー射撃選手として出場した麻生副総理が、アジア大会等では優秀な成績を治めていたもののオリンピックでは41位であったことについて、「オリンピックは他の大会とは異なる一種独特な競技の場であったが、その後の人生の大きな糧となった。」と言われていたことを皆さんに紹介し、今回の出場を財産として今後も大いに活躍されることを期待する旨、及び皆さんを誇りに思い感謝している旨を申し上げました。

●1130〜(警察)長官官房説明/役所

国家公安委員会定例会議について説明を受けました。

●1140〜(警察)長官官房説明/役所

個別案件について説明を受けました。

●1300〜(防災)平成28年台風第10号に係る関係省庁災害対策会議/役所

緊急で平成28年台風第10号に係る関係省庁災害対策会議が開催されました。

平成28年台風第10号に係る関係省庁災害対策会議
防災担当大臣 ご挨拶
2016(平成28)年8月31日

 台風第10号により、岩手県において10名の方がお亡くなりになられたほか、岩手県及び北海道を中心に、堤防の決壊、橋梁の崩落、家屋の流出、土砂崩れ等による孤立など、多数の人的、物的被害が発生しています。

 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対して心からお見舞い申し上げます。

 台風第10号の被害に対して、総理からは、
1.早急に被害状況を把握すること
2.地方自治体とも緊密に連携し、人命を第一に、政府一体となって、被災者の救命・救助等の災害応急対策に全力で取り組むとともに、住民の避難支援等の被害の拡大防止の措置を徹底すること
3.国民に対し、避難や大雨・河川・浸水の状況等に関する情報提供を適時的確に行うこと
との指示を受けています。

 本日は、現地の被害状況や対応状況を共有し、今後の関係機関の取り組みを確認し、政府として、これ以上の被害が生じないよう万全の体制をとることとします。

 政府としても、大きな被害を受けた北海道、岩手県に内閣府情報先遣チームを派遣し、情報収集を行うこととしています。また、この会議のあと、岩手県に務台俊介内閣府大臣政務官を団長とする政府調査団を派遣し、被災自治体と意見交換を行い、現地の状況を把握し、要望を伺うこととしております。

 引き続き、政府一体となって、災害応急対策や被災者の支援に全力を尽くしていただきますようお願いします。

●1350〜(消費)消費者庁説明/役所

地方消費者行政の現状について説明を受けました。

●1500〜(消費)自民党消費者問題調査会/自民党本部704

冒頭の永岡桂子事務局長による開会、船田元会長のご挨拶に引き続き、私から、消費者及び食品安全担当大臣として、消費者行政の強化、消費者の安全・安心の確保への決意を述べるとともに、出席の皆様からの御支援をお願いしました。

松本純内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全) 挨拶
2016(平成28)年8月31日

 今般の内閣改造で、消費者及び食品安全の内閣府特命担当大臣を拝命いたしました松本純でございます。船田調査会長をはじめ、消費者問題調査会の皆様には、消費者行政の推進について、御支援、御協力をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 消費者庁の設立から明日でちょうど七周年を迎えます。この間、調査会の御支援の下、消費者のための法制度の整備(閣法で八本成立)、地方における体制整備などに取り組んでまいりましたが、今後は、地域の現場に根ざしたより実効性のある施策の推進に取り組むなど、消費者行政を一層強化し、消費者の安全・安心の確保を更に推進してまいりたいと考えております。

 本日は、七月に行われた徳島県における試行的滞在の報告と、徳島県に消費者行政の新たな未来の創造を担うオフィスを置く内容も盛り込んだ、消費者庁及び内閣府消費者委員会における平成二十九年度予算概算要求について、事務方から説明させていただきますので、よろしくお取り計らい下さい。

 消費者行政の強化に向け、調査会の一層の御支援をお願い申し上げ、挨拶といたします。

●1615〜(警察)生活安全局説明/役所

インターネットバンキングに係る不正送金事犯の状況について説明を受けました。

●1715〜復興推進会議(第17回)・原子力災害対策本部会議(第42回)合同会合/官邸

「東日本大震災 復興加速化のための第6次提言 〜復興・創生への道筋を明示〜」(平成28年8月24日自由民主党・公明党)等を踏まえ、「帰還困難区域の取扱いに関する考え方」が決定されました。


8月30日(火)雨曇り 台風10号上陸

●0950〜菅官房長官面会/官邸

リオデジャネイロオリンピックにおける現地の警備状況について、菅官房長官に報告をしてまいりました。

●1015〜(防災)内閣府説明/役所

台風7号、11号及び9号による被害について説明を受けました。

●1030〜(警察)外事情報部説明/役所

外事情勢について説明を受けました。

●1045〜(警察)生活安全局説明/役所

少年非行情勢について説明を受けました。

●1055〜(警察)組織犯罪対策部説明/役所

薬物事犯等の情勢について説明を受けました。

●1110〜(警察)交通局説明/役所

自転車運転者に係る講習制度等の取組について説明を受けました。

●1110〜(警察)生活安全局説明/役所

明日へ延期されました。

●1200〜(国土)国土強靭化推進本部/901

党の国土強靭化総合調査会をもとに発足した国土強靭化推進本部の第1回会合が党本部901号室で開催され、関係省庁から、平成29年度国土強靭化関係予算概算要求や、台風による北海道における被害状況・対応状況についての説明がありました。吉川貴盛本部長代理による開会、二階俊博本部長のご挨拶に引き続き、私からは、国土強靭化担当大臣及び防災担当大臣として、国土強靭化関係予算についてその確保に全力を尽くすこと、台風被害からの被災地の迅速な復旧・復興に資するようスピード感を持って対応することをお話ししました。

ご挨拶

国土強靱化担当大臣・防災担当大臣
松本 純

 この度、国土強靱化担当大臣並びに防災担当大臣を拝命いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 平成23年3月11日、東日本大震災が発生しました。

 3月30日、自民党津波対策議員連盟、二階俊博会長と共に岩手県から被災地に入り、遠野運動公園の第9後方支援連帯指揮所から大槌町災害対策本部など現地を視察しましたが、その悲惨な状況に言葉を失うほどでした。

 10月には政調会に推進本部の前身にあたる国土強靱化総合調査会が立ち上げられ、その後、5年間で110回の会合が開かれ、国土強靱化に向けた対策の検討が精力的に進められてきたところでございます。

 「国土強靱化基本法」の制定や「国土強靱化基本計画」の策定をはじめとする数々のご提言がなされた結果、国土強靱化をしっかり進めていく礎が政府において整備されました。

 これは、ひとえに二階本部長はじめ、お集りの皆様方の並々ならぬご尽力によるものでございまして、心から敬意を表します。

 本日、事務方からご説明させていただく、平成29年度国土強靱化関係予算・概算要求につきましても、関係府省庁と連携し、その確保に全力を尽くしてまいります。

 また、台風第7号、第11号、第9号が立て続けに北海道に上陸し、各地に大きな被害が発生しております。

 これまでに、北海道へ政府調査団を派遣したほか、関係省庁災害対策会議等を開催して対応に当たっております。

 被災地の迅速な復旧・復興に資するよう、スピード感を持って被害状況の把握に取り組み、災害応急対策に全力で当たってまいります。

 さらに現在、台風第10号が本州に接近しており、今後北日本に上陸することが予想されています。

 昨日、関係省庁警戒会議を開催するとともに、防災担当大臣として、国民への呼びかけを行い、積極的に自らの身を守る行動をとっていただくようお願いしたところです。

 引き続き、関係省庁一体となって、緊張感を持って対応に当たってまいります。

 ご指導ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

●1400〜Dr.サルタン・ハッサン・アルサルタン評議員(サウジアラビア)が来訪/役所

サウジアラビアのサルタン・ハッサン・アルサルタン評議員が大臣室へお見えになりました。昨年の5月にサウジアラビアに訪問した際、河野太郎議員とともにご自宅に招いていただき、大変お世話になった方です。同評議員の訪日に当たり大臣室にお越しいただき、サウジアラビアの防災や鉄道、インフラ整備などについて話を伺いました。


8月29日(月)曇り一時雨 台風10号警戒

●1315〜(防災)内閣府説明/役所

台風第10号の状況について説明を受けました。

●1330〜(防災)平成28年台風第10号に係る関係省庁災害警戒会議(第2回)/役所

大型で非常に強い台風第10号が、強い勢力を保ったまま、明日30日に北日本や関東地方に接近・上陸する見込みであることから、本日、第2回の関係省庁災害警戒会議を開催し、関係省庁から今後の気象の見通しや対応状況の報告を受けました。私からは、自治体や関係機関などへの注意喚起・助言を積極的に行うなどを指示するとともに、国民の皆様に対して安全確保のための呼びかけを行いました。

8月29日(月)平成28年台風第10号に係る関係省庁災害警戒会議(第2回)
防災担当大臣 松本純 挨拶

 大型で非常に強い台風第10号が、暴風域を伴ったまま、明日30日には北日本や関東地方に接近・上陸する見込みです。北日本を中心に、非常に激しい雨、猛烈な風、海上は猛烈なしけとなるところがあります。特に東北地方では記録的な大雨となるおそれがあり厳重な警戒が必要です。

 本日は、関係省庁災害警戒会議を開催し、最新の台風第10号の情報を共有するとともに、今後の対応を確認したいと思います。

 関係省庁におきましては、自治体や関係機関などへの注意喚起、特に判断が難しい土砂災害や河川のはん濫などに係る助言を積極的に行うなど、改めて万全の体制で対応していただくようお願い申し上げます。

 地方自治体の首長の皆様には、気象情報を見ながら早めに避難準備情報を出すとともに、土砂災害警戒情報などを基に、空振りを恐れず躊躇なく避難勧告等を出していただくよう、お願い申し上げます。

 国民の皆様には、自らの身を守るため、早めの積極的な避難をお願いします。市町村から勧告等がなくても、気象情報などに注意して、避難した方がいいのではないかと自分で判断すれば、躊躇せずに避難をしてください。避難場所まで行くことが危険だと感じたら、近隣のより安全な場所に、また、外へ出ることがすでに危険だと感じたら、屋内の2階、3階等の安全な場所に避難してください。

 不要不急の外出を控えるとともに、危険ですので水路・海岸等には絶対に近づかないでください。

 また、通勤・通学時間帯への影響も懸念されます。学校・事業所・公共交通機関などにおかれては、気象情報等を参考に、休校措置や運行の情報の迅速な提供など早め早めの対応をお願いします。

 引き続き、政府一体となって緊張感を持って対応していただくようお願い申し上げます。

●1500〜(防災)面会(務台政務官)/役所

務台俊介政務官を団長とする平成28年台風第11号及び第9号等に係る政府調査団が、8月27日及び28日に北海道において現地調査を行い、その結果について政務官から報告を受けました。


8月28日(日)曇り 台風10号警戒


8月27日(土)曇り一時雨 台風10号警戒

●1000〜(防災)第1回防災推進国民大会/東大安田講堂

防災推進国民会議、防災推進協議会、内閣府が主催する「第1回防災推進国民大会」に出席し、開会式において開会宣言をいたしました。また、近衞忠W日本赤十字社社長の主催者挨拶に引き続き、大西隆日本学術会議会長の特別講演、秋本敏文日本消防協会会長ほかパネリストによる特別シンポジウムを聴講しました。減災、「自助」「共助」の重要性を改めて認識しました。国民の皆様におかれても、災害に際して自らの命を守り、お互い助け合うことができるよう、日ごろから家庭・地域において十分な備えをしていただくようお願いいたします。

第1回防災推進国民大会 防災担当大臣挨拶
2016(平成28)年8月27日(土)10:00〜東大安田講堂

 本日はお忙しい中、多数の御来場を賜り、厚く御礼申し上げます。主催者である内閣府を代表いたしまして、一言御挨拶させていただきます。

 まず、今回の熊本地震をはじめ災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 政府はこれまでも、そしてこれからも、「できることは、すべてやる」という方針のもと、被災された方々の暮らしの再建に全力で取り組んでいるところです。また、今回の震災対応に関し、様々な団体・個人より多数の人的・物的の応援をいただいておりますことを、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 さて、4月の熊本地震、昨年9月の関東・東北豪雨など、我が国は場所を問わず、自然災害が起こりやすい特性を有しております。政府としては、自然災害から国民の生命と財産を守るため、過去の災害から得られた貴重な教訓を踏まえ、防災対策を不断に見直し、ハードとソフトの対策を適切に組み合わせた総合的な防災・減災対策に取り組んでおります。

 近年、気候変動により災害が激甚化することが予想されるなかで、このような政府による取組に加え、国民一人一人が自ら取り組む「自助」、そして、地域、学校、企業、ボランティアなど、互いに助け合う「共助」の重要性が益々高まっております。

 昨年3月に国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組」においても、この点は国際的に共通の認識とされております。ここでは、行政だけでなく、市民社会など全ての関係者に、防災を主流化し、災害リスク削減に関する役割があると掲げられています。

 この提言を踏まえ、安倍総理の主導により、昨年9月に「防災推進国民会議」が発足いたしました。この会議では、経済界、教育界、医療・福祉界、地方行政等の代表者が集まり、防災についての情報交換、意見交換を行い、互いの連携を図っております。

 本日、明日の「第1回防災推進国民大会」は、来週火曜日から始まる防災週間を前に、同会議、防災推進協議会、内閣府が、関係各者の方々のご協力を得て開催するものです。本日お集まりの皆様は、「自助・共助」の主役です。日頃から防災に取り組む皆様が、ここ、東京大学本郷キャンパスに一堂に会し、それぞれの取組みをお互いに学び、経験を共有し合うことを通じて、より連携を深化させていただきたいと存じます。これにより、我が国の防災力を皆様と一緒に総合的に向上させることができれば幸いです。

 このような取り組みは継続させることが重要です。本日、明日の成果を踏まえ、来年11月に仙台で開催する第2回の国民大会にて、また皆様にお会いしたいと考えております。今後とも、「自助・共助」に取り組む関係者の輪を広めつつ、息の長い活動としていくことができれば幸いです。

 お集まりの皆様には、どうか、本日、明日の国民大会で、楽しく学んでいただき、お互いの連携を深め、加えて様々な人にお伝えいただきますようお願いいたします。

 以上、簡単ではありますが、私からの挨拶とさせていただきます。

防災担当大臣 松本 純

 


8月26日(金)曇り晴れ 台風10号警戒

●1545〜(防災)内閣府説明/役所

台風第11号及び第9号による被害、台風第10号の今後の見通しについて説明を受けました。

●1600〜(防災)平成28年台風第11号及び第9号等に係る関係省庁災害対策会議及び平成28年台風第10号に係る関係省庁災害警戒会議/防災対策本部会議室

台風第11号及び第9号により、北海道を中心に死者2名、重傷者9名、家屋の全半壊・浸水などの多数の被害が生じています。また、非常に強い台風第10号が暴風域を伴いながら日本の南の海上にあり、週明けには本州に上陸するおそれがあります。このため、本会議を開催し、現在の被害状況、対応状況や今後の取組について、関係省庁から報告を受けました。私からは、政府一体となって緊張感を持って対応するよう指示しました。

●1645〜(警察)組織犯罪対策部説明/役所

組織犯罪対策について説明を受けました。


8月25日(木)曇り時々晴れ 台風10号警戒

■0900〜東日本大震災復興加速化本部総会/701

東日本大震災復興加速化本部総会が、党本部701号室で開催され、谷公一事務局長の司会で進行されました。額賀福志郎本部長、橘復興副大臣の挨拶の後、議題の「平成29年度予算概算要求、税制改正要望等について」は、復興庁大鹿行宏審議官、内海英一統括官からの説明聴取に引き続き、質疑応答、意見交換を通じて論議致しました。昨日、額賀本部長から、党で取りまとめた第6次提言を安倍総理に手交されたとの報告がありました。来年度は復興・創生期間の2年目で、被災者支援、産業・生業(なりわい)の再生、住宅再建・復興まちづくり、原子力災害からの復興再生の4項目で予算要望の予定とのことでした。内容については了承され、今後の取り扱いは、本部長に一任されました。(秘書渡部報告)

●0920〜(警察)長官官房説明/役所

国家公安委員会定例会議について説明を受けました。

●0925〜(警察)生活安全局説明/役所

警察におけるストーカー対策について説明を受けました。

●0940〜(警察)長官官房説明/役所

個別案件について説明を受けました。

●0955〜(警察)幹部挨拶/役所

人事異動により着任した幹部の皆さんからの挨拶を受けました。

●1000〜(警察)国家公安委員会/役所

国家公安委員会定例会議を開催しました。人事案件について説明を受け、原案のとおり決定いたしました。このほか、警察庁から、平成29年度警察庁予算概算要求(案)の概要等の報告事項について報告を受けました。

●終了後〜(警察)記者会見/役所

国家公安委員会定例会議後の記者会見を行いました。

●1300〜(海洋)海洋立国推進功労者表彰式/官邸

海洋立国推進功労者の表彰式を総理官邸で行いました。海洋に関する幅広い分野における普及啓発、学術・研究産業振興等において顕著な功績を挙げた方々を表彰し、その功績をたたえ広く紹介することにより、国民の海洋に関する理解・関心を醸成する契機とするものです。鹿児島県立鹿児島水産高等学校、小宮山宏、植松光夫、見延庄士郎、東安房漁業協同組合営漁計画実行委員会連絡協議会、三原廣茂、日生町漁業協同組合の方々に表彰しました。

■1400〜内閣第一部会・内閣第二部会合同会議/901

内閣第一部会・内閣第二部会合同会議が、党本部901号室で開催され、江島潔内閣第一部会長の司会で進行されました。松本文明内閣第二部会長の挨拶の後、議題の「平成29年度内閣第一部会・内閣第二部会関連予算概算要求(機構定員含む)・税制改正要望について」は、内閣官房・河内隆内閣府大臣官房長、三上明輝会計課長等からの説明聴取に引き続き、質疑応答、意見交換を通じて、月末の締切に向けての議論が交わされました。(秘書渡部報告)

●1415〜(国土)内閣官房説明/役所

下関北九州道路について説明を受けました。

●1430〜(国土)面会(下関北九州道路整備促進期成同盟会)/役所

下関北九州道路整備促進期成同盟会の会長を務めておられる村岡嗣政山口県知事をはじめ、小川洋福岡県知事、北橋健治北九州市長、中尾友昭下関市長から、下関北九州道路に関する要望書をいただきました。私からは、必要性をよく理解している旨お話ししました。

●1440〜面会・ちびっこ取材/役所

可愛いお客様、大井さんと泉谷くんが大臣室へお見えになりました。その目的は「大臣は何してるの?」の取材です。たくさんの仕事をしていますが、「国家国民の安全・安心を守る」ことが任務であることを、なるべく解りやすくご説明しました。

●1510〜面会(バイオシミラー協議会黒川達夫理事長他)

バイオ医薬品の国内開発は「国民を病気から守る、命の安全保障」と私は受け止めています。バイオシミラー協議会黒川達夫理事長、齋藤圭司理事、加藤勝之理事が、中央合同庁舎8号館大臣室にいらっしゃいました。バイオ医薬品の今後のあり方、わが国としての取り組みについて説明を聴き、意見交換をしました。(秘書渡部報告)

●1540〜(防災)内閣府説明/役所

熊本地震に関する支援について説明を受けました。

●1600〜(防災)面会(熊本県副知事)/役所

田嶋徹熊本県副知事、吉永光世熊本県議会議長から熊本地震からの復旧・復興に係る要望書をいただきました。私からは、補正予算をフルに活用するなど「できることは、すべてやる」という方針をお話ししました。

●1620〜(消費)消費者庁説明/役所

消費者安全調査委員会の調査状況について説明を受けました。

●1630〜(消費)消費者庁説明/役所

(独)国民生活センターの平成27年度業務実績に対する評価について説明を受けました。

●1645〜(警察)長官官房説明/役所

サイバーセキュリティ対策について説明を受けました。

●1700〜(国土)内閣官房説明/役所

国土強靭化関係の予算について説明を受けました。


8月24日(水)曇り時々雨 北朝鮮ミサイル発射 ・台風10号警戒

午前〜イタリア中部で地震発生

●0920〜(消費)消費者庁説明/役所

昨日の消費者委員会での審議を受け、今後の対応について説明を受けました。

●1000〜閣議/官邸

午前10時より繰り下げ閣議が行われ、いずれも案件表のとおり決定等となりました。
【閣議案件】
○一般案件(10件)
・国民の保護に関する基本指針の一部変更について(決定)(内閣官房)
・都道府県の国民の保護に関する計画の変更について(決定)(内閣官房)
・都市再生基本方針の一部変更について(決定)(内閣府本府)
・投資の促進及び保護に関する日本国政府とケニア共和国政府との間の協定の署名について(決定)(外務省)
・平成28年度一般会計予備費使用について(決定)(財務省)
・消費税率引上げ時期の変更に伴う税制上の措置について(決定)(財務・総務省)
・土地改良長期計画について(決定)(農林水産省)
・眞子内親王殿下のパラグアイ国御訪問について(了解)(宮内庁・外務省)
・サウジアラビア王国副皇太子ムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード殿下の公式実務訪問賓客待遇について(了解)(外務省)
・恩赦について(決定)(内閣官房)
○政令(5件)
・国家戦略特別区域法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(決定)(内閣府本府)
・国家戦略特別区域法施行令の一部を改正する政令(決定)(内閣府本府)
・通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令の一部を改正する政令(決定)(財務省)
・都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(決定)(国土交通省・内閣府本府)
・都市再生特別措置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令(決定)(国土交通省)
○人事(6件)
・内閣総理大臣安倍晋三外5名の海外出張について(了解)
・特命全権大使志野光子を願に依り免ずることについて(決定)
・島尻安伊子を内閣府大臣補佐官に任命することについて(決定)
・各府省幹部職員の任免につき,内閣の承認を得ることについて(決定)
・判事廣瀬 孝外2名を簡易裁判所判事に兼ねて任命し,判事林 秀文外1名を願に依り免ずることについて(決定)
・元大蔵事務官伊関 孝外889名の叙位,叙勲等又は紺綬褒章等授与について(決定)

●1045〜閣議後記者会見/役所

台風への対応、9月1日に実施する政府総合防災訓練、今週末(8月27日、28日)に開催する第1回防災推進国民大会についてお伝えしました。

●1100〜(防災)内閣府説明/役所

防災関係の予算について説明を受けました。

●1115〜(防災)内閣府説明/役所

南海トラフ地震対策、世界津波の日、災害時の医療体制等について説明を受けました。

●1310〜(防災)面会(尾崎高知県知事他)/役所

「南海トラフ地震による超広域災害への備えを強力に進める9県知事会議」を代表して、尾ア正直高知県知事、鈴木英敬三重県知事から、南海トラフ地震対策に関する政策提言書をいただきました。私からは、現行の支援や今後の対応方針等について、一つ一つお答えしました。

●1330〜(消費)消費者庁説明/役所

消費者行政の推進でいつもお世話になっている消費者団体の皆様の状況について説明を受けました。

●1350〜(警察)長官官房説明/役所

国家公安委員会定例会議について説明を受けました。

●1430〜政務三役打合せ/役所

松本洋平副大臣、務台俊介政務官と、今後の方針等について意見交換をしました。

●1500〜面会(日本医師会)/役所

公益社団法人日本医師会今村聡副会長が大臣室を表敬訪問されました。死因究明問題等課題についてのお話しを伺いました。(秘書渡部報告)

●1515〜面会(厚生労働省)/役所

厚生労働省の森和彦大臣官房審議官と医薬・生活衛生局総務課紀平哲也医薬情報室長が、大臣にいらっしゃいました。平成29年度予算概算要求等最近の課題について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1540〜内閣官房大島一博次長説明/役所

内閣官房健康・医療戦略室大島一博次長と池田陽平参事官補佐が大臣室にいらっしゃいました。予定されている第15回健康・医療戦略推進本部について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1600〜面会(日本歯科医師会)/役所

公益社団法人日本歯科医師会堀憲郎会長、柳川忠廣副会長、村岡宜明専務理事、日本歯科医師連盟高橋英登会長、 家田隆弘理事長役員の皆様が、斉藤洋明衆議院議員の同道で、大臣室にいらっしゃいました。カトレア会はもとより、幅広く意見交換をさせて頂きました。(秘書渡部報告)

●1700〜臨時閣議/官邸

17時より臨時閣議が行われ、案件表のとおり決定となりました。
【閣議案件】
○一般案件 
・平成28年度一般会計補正予算(第2号)等について(決定)(財務省)

●1715〜月例経済報告等に関する関係閣僚会議/官邸

我が国経済の基調判断は前月と変わらず、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。」となっています。


8月23日(火)曇り時々雨 台風10号警戒

●1100〜(警察・防災)取材(NHKニュースウオッチ9)/役所

NHK「ニュースウォッチ9」の新閣僚に対するインタビュー取材を受けました。鈴木奈穂子キャスターから危機管理についてたくさんのご質問をいただき一生懸命お答えしました。大変緊張しましたが、何とか終了してホッとしました。

●1320〜(消費)消費者委員会委員への挨拶/役所

消費者委員会の河上委員長はじめ委員の皆さんにご挨拶しました。

●1330〜(消費)消費者委員会/役所

消費者委員会に出席し、消費者目線に立った行政の強化のため、消費者委員会での積極的な調査審議をお願いしてきました。

■1430〜厚生労働部会/701

厚生労働部会が党本部701号室で開催されました。古川俊治厚生労働部会長の司会で進行され、橋本岳厚生労働副大臣、堀内詔子厚生労働大臣政務官、馬場成志厚生労働大臣政務官の挨拶の後、議題である平成28年度厚生労働関係第二次補正予算案について、厚生労働省樽見英樹官房長から説明聴取し、質疑応答・意見交換が行われました。建設的な議論が交わされ、第二次補正予算(案)は、明日、8月24日(水)閣議決定する運びとなりました。(秘書渡部報告)

厚生労働省分として、5698億円規模で、@一億総活躍社会の実現の加速、A21世紀型のインフラ整備、B英国のEU離脱に伴うリスクへの対応や中小企業、地方等の支援、C熊本地震や東日本大震災からの復興や防災対応の強化の4項目の内容で構成されています。保育所等の整備の推進として427億円、簡素な給付措置(臨時福祉給付金)として平成31年9月までの2年半分の一括措置分の3673億円、熊本地震からの復旧・復興として医療施設、社会福祉施設等の災害復旧等で174億円、水道施設の耐震化・水質安全対策として400億円等が計上されています。内容は部会了承されました。

●1430〜(警察)生活安全局説明/役所

児童の性的搾取等に対する対策等について説明を受けました。

●1445〜(警察)長官官房説明/役所

サイバー対策に係る人材育成等について説明を受けました。

●1500〜(警察)刑事局説明/役所

第24回参議院議員通常選挙の違反取締り状況について説明を受けました。

●1520〜(警察)組織犯罪対策部説明/役所

暴力団情勢について説明を受けました。

●1535〜(警察)長官官房説明/役所

被害者支援について説明を受けました。

●1555〜(警察)刑事局説明/役所

新たな刑事司法制度等について説明を受けました。

■1600〜平成28年台風による災害対策本部/党本部901号室

平成28年台風による災害対策本部が党本部901号室で開催されました。佐藤信秋事務局長代理の司会で進行され、今朝の自民党役員連絡会で今回の台風被害に鑑み、茂木政調会長を本部長とする「平成28年台風による災害対策本部」を設置することとなりました。二階俊博幹事長、茂木敏充政務調査会長からの挨拶の後、議事の「今夏の台風による被害状況・政府の対応状況について」は、内閣府加藤久喜政策統括官、気象庁佐々木洋予報部予報課課長、農林水産省大臣官房塩川白良危機管理・政策評価審議官、国土交通省水管理・国土保全局黒川純一郎防災課課長等からの説明聴取に引き続き、質疑応答・意見交換がなされました。まずは、被害状況の把握と早急な対応の必要性について議論されました。(秘書渡部報告)

●1620〜(警察)長官官房説明/役所

オリンピック・パラリンピックに係る治安対策等について説明を受けました。

●1630〜(国土)内閣官房説明/役所

国土強靭化関係の予算について説明を受けました。

●1700〜(警察)長官官房説明/役所

警察通信等について説明を受けました。


8月22日(月)雨 台風9号警戒

●0920〜台風9号警戒/役所

我が国周辺に三つの台風が発生しました。その動きを注視してきたところですが、いよいよ台風9号が関東に上陸し北海道に向かっています。東京周辺も強風、大雨で今後の動きが大変心配です。

●0930〜(警察)辞令交付/役所

県警の警察本部長に着任する皆さんに国家公安委員会として辞令を交付しました。

●1000〜(警察)警備局説明/役所

平成28年度総合防災訓練の実施要領について説明を受けました。

●1030〜(防災)内閣府説明/役所

第1回防災推進国民大会について説明を受けました。

●1100〜(警察)長官官房説明/役所

平成29年度予算概算要求案について説明を受けました。

●1130〜(公取)公正取引委員会説明/役所

来年度予算概算要求、機構定員要求の内容について説明を受けました。

●1300〜日本薬剤師連盟表敬訪問/役所

日本薬剤師会山本信夫会長、薬剤師連盟岩本研幹事長が表敬訪問されました。

■1500〜東日本大震災復興加速化本部総会/901

東日本大震災復興加速化本部総会が党本部901号室で開催されました。谷公一事務局長の司会で進行され、額賀福志郎本部長からの挨拶の後、@「復興加速化のための第6次提言」(谷事務局長)、A平成28年度第二次補正予算案(復興庁大鹿行宏審議官)、以上二件について説明聴取し、質疑応答・意見交換をしました。「復興加速化のための第6次提言」を、本部としては取りまとめの上、明後日、8月24日に公明党と共同で政府に提出することにしています。今後の取り扱いは幹部に一任されました。(秘書渡部報告)

政府は今年から5年間を「復興・創生期間」と定め、復興の加速化を進める方針ですが、今後のあり方について「一人ひとりが自らの人生設計を描くことのできる『自立』をめざし、官民一体となった『協働』、地域住民と市町村、県、国、国民の『オール・ジャパン体制』をより一層強化する必要がある」と強調して、その上で「原子力事故災害被災地域の再生」と「地震・津波被災地域の早期復興完了および共通課題」の二本柱でその具体策を盛り込むとのことです。このうち「原子力事故災害被災地域の再生」は(1)廃炉・汚染水処理の着実な推進、(2)避難指示解除と帰還促進に向けた環境整備、(3)原子力事故災害からの自立に向けて、(4)風評被害対策、放射線不安を含む生活相談対応、(5)中間貯蔵施設の整備、(6)指定廃棄物等の処理、(7)国と東京電力の果たすべき役割の分担の7項目で構成され、原子力災害によって避難指示が続いている地域については、政府が遅くとも平成29年 3月末までに避難指示解除準備区域と居住制限区域を解除する方針を表明したことを受け、今年度末までの除染完了や自立的な生活再建のための支援などに全力で取り組むとしました。また、帰還困難区域については地元自治体からの要望なども踏まえ、地元自治体は市町村が策定する復興拠点等整備計画の最大限尊重し、地域の実態に応じた復興・再生に取り組むことなどを内容としています。このほか福島相双復興官民合同チームへの支援体制強化や、イノベーション・コースト構想の推進、各種国際会議などを活用した風評被害対策などを盛り込みました。平成28年度東日本大震災復興特別会計補正額としては、4023億円規模の事業費を盛り込む予定とのことです。


8月21日(日)曇り時々雨 危機管理対応(情報収集・ 警戒・待機)

●終日〜危機管理対応(待機)/都内

役所から台風9号,10号,11号の情報を得ながらを動きを注視。警報の出ている地域もあり、厳重な注意を払っていただきたくようお願い申し上げます。


8月20日(土)曇り時々雨 危機管理対応(情報収集・ 警戒・待機)

●終日〜事務処理と台風被害状況の把握/都内


8月19日(金)曇り

●0930〜(消費)消費者庁説明/役所

本日午後の記者からのグループインタビューでの対応について説明を受けました。

●1100〜(消費)グループインタビュー/役所

消費者問題を取材している記者グループからインタビューを受けました。

●1130〜(消費)消費者庁説明/役所

補正予算、来年度予算概算要求の内容について説明を受けました。

●1215〜林幹事長代理と面会/党本部幹事長室

林幹雄幹事長代理と面談し案件の処理について打ち合わせが行われました。

●1400〜(防災、国土、海洋、領土)グループインタビュー/役所

防災、国土強靭化、海洋政策、領土問題を取材している記者グループからインタビューを受けました。

●1500〜(防災)内閣府説明/役所

防災訓練について説明を受けました。

●1530〜(警察・防災・消費)説明/役所

●1540〜(警察)警備局説明/役所

●1550〜(警察)長官官房説明/役所

●1600〜(防災)内閣府説明/役所

来週の取材への対応について各担当から説明を受けました。

●1630〜(消費者委)内閣府説明/役所

23日(火)の消費者委員会の審議内容について説明を受けました。

●1645〜(国土)内閣官房説明/役所

ブロック塀の地震対策、電線地中化について説明を受けました。

●1800〜大臣事務方の皆さんとの懇親会/都内

私を支えてくれる大臣事務方の皆さんと初めての懇親会が開かれました。


8月18日(木)曇り時々雨 就任挨拶回り

●0900〜就任挨拶回り/議員会館

閣僚就任のご挨拶として、関連委員会役員、各政党役員を中心に、議員会館で挨拶回りをしました。290室を超えるご挨拶回りでした。最後は我が事務所の隣りの麻生太郎事務所です。一気にご挨拶回りを終えてホッとしました。

●1400〜(消費)消費者庁説明/役所

消費者庁等の徳島移転について検討しました。

●1430〜(国土)内閣官房説明/役所

明日のグループインタビューでの対応について説明を受けました。

●1500〜(海洋、領土)内閣官房説明/役所

明日のグループインタビューでの対応について説明を受けました。

●1600〜(警察)面会(公明党内閣部会・佐藤茂樹衆議他)/役所

公明党内閣部会の佐藤茂樹衆議院議員(内閣部会長)、山本香苗参議院議員(部会長代理)、佐々木さやか参議院議員から、「平成29年度予算概算要求に向けた重点施策要望」及び「性犯罪・性暴力の根絶等に向けての平成29年度予算要望」を受けました。

●1615〜(防災)内閣府説明/役所

明日のグループインタビューでの対応について説明を受けました。

●1715〜(防災)内閣府説明/役所

東日本大震災の復興について説明を受けました。

●1830〜内閣官房副長官時代の秘書官らとの懇談会/都内

もう八年前になるでしょうか。私は麻生太郎総理大臣のもと内閣官房副長官を務めさせていただきました。その当時、私を支えてくれた秘書官らが、私の初入閣をお祝いする懇談会を開催してくださいました。懐かしい話で盛り上がりました。


8月17日(水)雨時々曇り 熊本地震視察

●1015〜羽田空港発→●1155〜熊本空港着

台風の影響により、15分〜20分遅れで、羽田空港を出発、熊本空港に到着しました。その後、南阿蘇村の土砂災害現場(阿蘇大橋地区)へ移動しました。

●1230〜(防災)視察/南阿蘇村土砂災害現場(阿蘇大橋地区)

南阿蘇村の土砂災害現場(阿蘇大橋地区)を視察しました。国土交通省職員から無人化施工など土砂災害対策工事について説明を受けました。また、先日御遺体が収容された場所に向かって黙祷しました。

●1320〜(防災)視察/益城町テクノ仮設団地

益城町の仮設住宅(益城町テクノ仮設団地)において、町役場の職員の方から概要説明を受けるとともに、住民の方のお話を伺いました。また、移動販売車を視察しました。

●1400〜(防災)視察/益城町総合体育館(避難所)

避難所となっている益城町総合体育館において、施設管理者(YMCA)の方から概要説明を受けました。間仕切りや段ボールベッドなど生活環境の改善の工夫や、一時期テントが設置された運動場などを視察しました。

●1440〜(防災)視察/益城復興市場・屋台村

益城復興市場・屋台村を訪問しました。それぞれのお店の皆さんのお話を伺い、揚げたての唐揚げをいただきました。また、益城町商工会議所の住永会頭と意見交換を行いました。

■1500〜東日本大震災復興加速化本部総会/901

東日本大震災復興加速化本部総会が、党本部901号室で開催され、谷公一事務局長の司会で進行されました。額賀福志郎本部長、今村雅弘復興大臣、山本公一環境大臣からの挨拶の後、議題の「第6次提言(骨子)について」は、谷事務局長から、「帰宅困難区域の取り扱いについて(案)」は、額賀本部長からの説明聴取に引き続き、質疑応答を通じて、与党として政府への申し入れる予定の今月末までの提言に向けて建設的で真摯な意見交換がなされました。政府与党一体となって被災地の復興を加速させることを目指す提言であるとの位置付けです。原子力事故災害被災地域の再生、地震・津波被災地域の早期復興完了及び共通課題について、51項目に及ぶ骨子案です。今後の提言作成については幹部に一任されました。また、帰還困難区域については5年を目途に復興拠点を設定・整備することを求めた内容としています。橘慶一郎復興副大臣、務台俊介復興大臣政務官、伊藤忠彦環境副大臣、井林辰憲環境大臣政務官が出席されていました。(秘書渡部報告)

●1540〜(防災)視察/熊本城

熊本城において、大西一史熊本市長から、被害の状況や復旧に向けた取組について説明を受け、現場を視察しました。

●1615〜激励/政府現地対策本部

熊本県庁に設置した政府の現地対策本部を訪れ、職員を激励しました。

●1630〜(防災)面会(熊本県知事)/熊本県庁

意見交換

1650〜ぶら下がり会見

熊本県庁において、蒲島郁夫知事、熊本県選出の坂本哲志衆議院議員と意見交換を行いました。その後、報道陣からの取材を受けました。

●1740〜(防災)視察/西原村小森仮設団地

西原村の仮設住宅(小森仮設団地)において、日置和彦西原村長から概要説明を受け、集会所を視察するとともに、住民の方のお話を伺いました。

●1835〜熊本空港発→●2015〜羽田空港着

無事、羽田空港に到着し、視察の全行程を終えました。今回の視察により、改めて熊本地震による被害や住民生活への影響の大きさを実感しましたが、自治体、避難所、仮設住宅、商店の皆さんがそれぞれ復興に向けて頑張る姿に敬服しました。政府としては、今後も、安倍総理の指示の下、「できることは、すべてやる」という方針で取り組んでまいります。


8月16日(火)曇り雨

●1300〜(防災)内閣府説明/役所

南海トラフ地震対策、火山灰の除去についての説明を受けました。

●1330〜(防災)面会(宮崎市長会・武井俊輔衆議)/役所

戸敷正宮崎市長より、宮崎県市長会を代表して、南海トラフ地震対策をはじめとする防災政策に対する要望書をいただきました。私からは、巨大津波から人命を守るための対策について、地方の財政負担の軽減を図ることは非常に重要であり、様々な支援制度について不明な点があればぜひ相談してほしい、とお答えしました。

●1440〜(警察)長官官房説明/役所

警察における犯罪被害者支援の取組について説明を受けました。

●1500〜(防災)内閣府説明/役所

8月17日予定の熊本地震に係る現地調査について説明を受けました。

●1515〜厚生労働省説明/役所

補正予算、来年度予算概算要求の内容について説明を受けました。

●1545〜(死因)事務概況説明/役所

死因究明等施策に関する業務ついて説明を受けました。

●1630〜(消費)消費者委員会事務概況説明/役所

消費者委員会の役割や今後の取組について説明を受けました。


8月15日(月)曇り時々晴れ 全国戦没者追悼式

●1000〜閣議(菅官房長官閣議後記者会見)/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件等25件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、山本幸三大臣から「一般職の職員の給与についての人事院勧告等について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、それぞれ御発言がありました。
閣僚懇談会においては、農林水産大臣から「北朝鮮による弾道ミサイル発射について」、御発言がありました。

去る8月8日に人事院から給与勧告を受け取り、本日、給与関係閣僚会議を開催をし、関係閣僚からの御意見を頂戴をし、本年度の給与改定の取扱いの検討に着手をしたところであります。国家公務員の給与の取扱いについては、人事院勧告制度を尊重するとの基本姿勢に立ち、適正な結論を得るよう、国の財政状況、経済社会情勢など国政全般の観点から検討してまいりたいと考えております。

本日の閣議において、フィリップ・ベルギー王国国王王妃両陛下を10月11日から14日までの間、国賓として接遇することを決定しました。両陛下滞在中には、歓迎行事、天皇皇后両陛下御会見、宮中晩さん会等を実施する予定であります。本年、我が国とベルギーは、外交関係樹立150周年を迎え、我が国の皇室とベルギーの王室との間でも、親密な御交流が積み重ねられてきております。また、ベルギーは基本的価値を共有する重要なパートナーであります。ベルギーには200社以上の日系企業が進出しており、政治、経済関係を含めた幅広い分野での関係強化は非常に重要であります。今回のフィリップ国王王妃両陛下の御訪日により、これまでに築かれてきた両国間の様々な分野の友好親善・協力関係が、一層進展することを期待をします。

●1030〜閣議後記者会見/役所

17日に熊本地震の被災地を視察する予定をお伝えしました。現地の受け入れの調整をお願いしていましたが、仮設住宅や避難所を訪問、阿蘇大橋の崩落現場、熊本城などを視察し、熊本県蒲島郁夫知事と意見交換する予定です。

●1151〜全国戦没者追悼式/日本武道館

天皇皇后の両陛下の行幸啓を仰ぎ、全国戦没者追悼式が日本武道館で執り行われました。私は国務大臣として出席し、献花を致しました。先の大戦の全戦没者約310万人に対し、国を挙げて追悼の誠をささげるため、政府主催のもと昭和38年8月15日の初開催から今回で54回目の実施となります。全国各地の遺族らおよそ6000人が参列されました。

天皇陛下からは、「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。 終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。 ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」とのお言葉を賜りました。

また、安倍晋三内閣総理大臣からは、「本日ここに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式を挙行するにあたり、政府を代表し、慎んで式辞を申し述べます。あの、苛烈を極めた先の大戦において、祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に斃れられた御霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遥かな異郷に亡くなられた御霊、皆様の尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを、片時たりとも忘れません。衷心より、哀悼の誠を捧げるとともに、改めて、敬意と感謝の念を申し上げます。未だ、帰還を果たされていない多くの御遺骨のことも、脳裡から離れることはありません。おひとりでも多くの方々が、ふるさとに戻っていただけるよう、全力を尽くします。我が国は、戦後一貫して、戦争を憎み、平和を重んじる国として、孜々として歩んでまいりました。世界をよりよい場とするため、惜しみない支援、平和への取り組みを、積み重ねてまいりました。戦争の惨禍を決して繰り返さない。これからも、この決然たる誓いを貫き、歴史と謙虚に向き合い、世界の平和と繁栄に貢献し、万人が心豊かに暮らせる世の中の実現に、全力を尽くしてまいります。明日を生きる世代のために、希望に満ちた国の未来を切り拓いてまいります。そのことが、御霊に報いる途であると信じて疑いません。終わりに、いま一度、戦没者の御霊に永久の安らぎと、御遺族の皆様には、御多幸を、心よりお祈りし、式辞といたします。」との式辞が述べられました。

全国戦没者追悼式は開式、天皇皇后両陛下が御臨席され、国歌斉唱、安倍晋三内閣総理大臣式辞、黙とう、天皇陛下のおことば、追悼の辞が大島理森衆議院議長、伊達忠一参議院議長、寺田逸郎最高裁判所長官、遺族代表(東広島市の小西照枝さん(74歳))からそれぞれありました。天皇皇后両陛下が御退席された後、献花がなされました。献花は内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長、 最高裁判所長官、日本遺族会会長、47都道府県遺族代表、一般戦災死没者遺族代表、原爆死没者遺族代表、青少年代表、衆議院副議長、参議院副議長、各国務大臣、各政党代表、前・元内閣総理大臣、元衆議院議長、元参議院議長、地方公共団体代表(全国町村長会会長)、日本商工会議所会頭、日本労働組合総連合会会長、日本学術会議会長、日本新聞協会会長、日本宗教連盟理事長、厚生労働大臣の順に行われ閉式となりました。

●1330〜大臣秘書官とランチミーティング/役所

仕事の打ち合わせをしながらの昼食です。

●1400〜(消費)消費者庁事務概況説明/役所

消費者庁が所管する特定商取引法や景品表示法について説明を受けました。

●1440〜(食品)食品安全委員会事務概況説明/役所

食品安全委員会のリスク評価機関としての役割、最近の取組状況について説明を受けました。

●1515〜(公取)公正取引委員会事務概況説明/役所

公正取引委員会の概要について説明を受けました。

●1550〜(領土)内閣官房事務概況説明/役所

領土・主権をめぐる情勢についての内外発信の状況について説明を受けました。

●1700〜政務懇談会/都内

党幹部との懇談会にお招きいただきました。


8月14日(日)曇り時々晴れ 危機管理対応(情報収集・待機)

●終日〜事務処理/宿舎


8月13日(土)曇り晴れ 危機管理対応(情報収集・待機)

●終日〜事務処理/宿舎

終日資料整理と共にホームページの更新作業などに追われました。当然今日も災害対応で待機となりました。


8月12日(金)曇り時々晴れ やまゆり園 ・国民生活センター視察

●1000〜(警察)視察・面会/県立津久井やまゆり園

7月26日未明に神奈川県相模原市で発生した障害者支援施設における殺傷事件につき、県立津久井やまゆり園を視察し、被害者の方々に献花を捧げて参りました。19名の犠牲者の方々や御遺族のことを思い、改めて悲しみを覚えました。犠牲者の方々の御冥福をお祈り申し上げるとともに、負傷された方々の一日も早い回復を願っております。神奈川県警では、事件の全容解明に向けた捜査はもちろん、御遺族や負傷された方々のサポートに全力で当たっており、その状況について説明を受けました。現在、政府では、厚生労働省を中心に障害者施設における防犯対策等について検討を進めております。十分な検討がなされるよう、必要な協力してまいります。

●1025〜ぶら下がり取材/県立津久井やまゆり園正門付近

津久井やまゆり園前において報道各社の取材を受けました。

●1050〜(警察)激励等/津久井警察署

津久井警察署を訪問し、本事件の捜査本部の捜査員と御遺族や被害者、施設職員のサポートに当たられている県警の皆さんを激励して参りました。

●1300〜(消費)視察等/国民生活センター相模原事務所

業務概況説明

(独)国民生活センター松本理事長から、国民生活センターの業務の概況について説明を受けました。

研修宿泊棟視察

国民生活センター内の研修宿泊棟を視察しました。

商品テスト棟視察

国民生活センター内の商品テスト棟を視察しました。

懇談・お礼

大変お世話になりました。今後お取り組みについてご意見を伺い、お礼を申し上げ視察を終了しました。

●1415〜ぶら下がり取材/国民生活センター相模原事務所商品テスト棟玄関内

視察について感想などをお伝えしました。


8月11日(木)曇り時々晴れ 危機管理対応(情報収集・待機)

●終日〜事務処理/赤坂宿舎

国家公安委員会委員長、防災担当大臣の大きな役目は、危機発生・災害発生時には30分位以内に役所に到着し、適切な指示を出さなければなりません。そのためには生活拠点を役所の最もそばにある議員宿舎に移すことが必要になります。勉強しながらの終日待機の一日でした。


8月10日(水)晴れ 辞令交付・所掌事務説明

●0930〜(警察)辞令交付/役所

新旧警察庁長官及び府県の警察本部長に着任する幹部の皆さんに国家公安委員会として辞令を交付しました。

●1000〜(警察)交通局説明/役所

交通局長から、事務概況説明として、交通警察の当面の課題と取組について説明を受けました。

●1020〜(警察)情報通信局説明/役所

情報通信局長から、情報通信部門の当面の課題と取組について説明を受けました。

●1040〜(警察)長官官房説明/役所

長官官房審議官から、警察の国際協力やサイバー対策の当面の課題と取組について説明を受けました。

●1100〜(警察)刑事局説明/役所

刑事局の担当課長から、事件関係について報告・説明を受けました。

●1415〜(消費)消費者庁事務概況説明/役所

消費者庁所管の法律、地方消費者行政について説明を受けました。

●1550〜(防災)内閣府説明/役所

熊本地震の初動対応、復旧状況、仮設住宅・避難者の状況等について説明を受けました。

●1700〜佐藤財務省次官挨拶/役所

佐藤財務省次官はじめ財務省幹部の皆さんがご挨拶に来訪されました。


8月9日(火)晴れ時々曇り グループインタビュー

●0940〜(消費)面会(国民生活センター松本理事長ほか)/役所

独立行政法人国民生活センターの松本恒雄理事長はじめ理事の皆さんがご挨拶に来訪されました。「国民生活センターは、国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を実施しています。(センターHP紹介)」。

●0945〜(消費)消費者庁説明/役所

●1020〜(消費)面会(飯泉嘉門徳島県知事)/役所

飯泉嘉門徳島県知事より消費者庁・消費者委員会・国民生活センターの徳島移転についての要請文をいただきました。私からは、@7月一か月にわたる試行にご協力をいただいたことに感謝、A消費者行政新未来オフィス(仮称)構想の実現に、8月末の政府決定に向けてまち・ひと・しごと創生本部との調整を進める、B本日、消費者庁に徳島県オフィスの開設の準備を行うチームを発足させた、ことについて状況を説明しました。

●1030〜(防災)内閣府説明/役所

●1100〜(防災)面会(泉田裕彦新潟県知事)/役所

泉田裕彦新潟県知事は全国知事会危機管理・防災特別委員長を務められており、知事会を代表して防災政策についてご提案をいただきました。私からは、熱心な取り組みに敬意を表するとともに多くの提案に対して、現況を鑑みながら一つ一つにお答えをしました。

●1120〜(消費)消費者庁事務概況説明/役所

●1300〜(警察)生活安全局事務概況説明(種谷生活安全局長)/役所

●1330〜(警察)刑事局事務概況説明(三浦刑事局長)/役所

●1400〜(警察)組織犯罪対策部事務概況説明(樹下組織犯罪対策部長)/役所

●1500〜(警察)グループインタビュー/役所

ペンの皆さんと

テレビの皆さんと

2グループに分かれてそれぞれの記者さんからのインタビューを受けました。初めてのグループインタビュー経験で、一生懸命お答えしましたが、思うことをお伝えすることの難しさを改めて感じています。

●1620〜(消費)消費者庁事務概況説明/役所


8月8日(月)曇り

●1000〜閣議/官邸

「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」第2条に基づく施設及び区域の全部返還,共同使用の条件変更及び追加提供について(決定)(防衛省)
アンドラ国駐箚特命全権大使木寺昌人に交付すべき信任状及び前任特命全権大使鈴木庸一の解任状につき認証を仰ぐことについて(決定)(外務省)

▼官房長官記者会見
閣議の概要について申し上げます。一般案件等54件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、私(官房長官)から「障害者施設における殺傷事件への対応に関する関係閣僚会議の開催について」申し上げ、厚生労働大臣から「障害者施設における殺傷事件の検証及び再発防止策の検討等について」、国家公安委員会委員長から「障害者施設における殺傷事件への対応に関する関係閣僚会議の開催について」、総務大臣から「郵政民営化を担当する大臣を補佐する副大臣及び大臣政務官について」、文部科学大臣臨時代理たる鶴保大臣から「教育再生を担当する大臣を補佐する副大臣及び大臣政務官について」、経済産業大臣から「産業競争力を担当する大臣を補佐する副大臣及び大臣政務官について」、国土交通大臣臨時代理たる山本有二大臣から「水循環政策を担当する大臣を補佐する副大臣及び大臣政務官について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理について」、それぞれ御発言がありました。

●1015〜第16回復興推進会議/官邸

●1030〜第13回宇宙開発戦略本部会合/官邸

●1050〜消費者庁説明/役所

●1110〜内閣府(防災)説明/役所

●1120〜刑事局説明/役所

●1130〜記者会見/役所

●1145〜内閣府(防災)説明/役所

●1300〜外事情報部事務概況説明/役所

●1330〜グループインタビュー(警察)説明/役所

●1440〜全国市議会議長会面会(防災)/役所

全国市議会議長会から被災地でまだまだ苦しんでいる人々に対する支援の要請がありました。

●1500〜官房事務概況(警察)説明@/役所

●1520〜官房事務概況(警察)説明A/役所

●1600〜内閣官房(領土)説明/役所

●1630〜内閣府・内閣官房職員への説明/役所

講堂で内閣府の職員の皆様へ新任のご挨拶をしました。私からは、「防災をはじめ国民、国家の安全安心という重要な役目を拝命し緊張してる。一人でできることは限られる。皆さんと一致協力してこの安心安全を守っていきたい」と決意を述べました。

●1700〜内閣官房(海洋)説明/役所


8月5日(木)曇り 緊急事態危機管理対応確認

●0900〜閣議/官邸

閣議が行われました。

●0915〜緊急事態における初動対処等についての閣僚意見交換会→官邸危機管理センター視察/官邸

危機管理対応について基本的な流れが説明されました。危機管理センターでは総理の隣の席に着くことになり、責任の重大性を改めて認識しました。

●1010〜閣議後記者会見/役所

閣議が行われると、終了後に記者会見が行われます。

●1030〜各部局説明/役所

役所の皆さんの取り組み課題について説明を受けました。

●1420〜新任ご挨拶の記帳/皇居・各宮邸

皇居・各宮邸を訪問し新任のご挨拶をしました。

●1530〜各部局説明/役所

引き続き役所の各部局からの説明を聴取しました。


8月4日(木)晴れ時々曇り 事務引き継ぎ

●0900〜新旧国家公安員会委員長事務引継/役所

河野太郎前大臣から引き継ぎ事項について詳細な説明を受けました。

●0930〜新旧死因究明担当大臣事務引継/役所

事務引継ぎを受けました。

●0945〜新旧国家公安員会委員長への警察庁幹部挨拶/役所

役所の幹部の皆さんとご挨拶しました。

●0950〜新旧国家公安委員会委員長への国家公安委員会委員挨拶/役所

河野太郎前大臣と共に国家公安委員の皆さんにご挨拶しました。

●1000〜国家公安委員会/役所

私にとって初めての国家公安委員会が開催されました。

●終了後〜記者会見/役所

新任のご挨拶と共に取り組み課題について説明しました。

●1315〜8号館初登庁/役所

●1320〜内閣府・内閣官房・公正取引委員会幹部挨拶/役所

幹部の皆さんとご挨拶しました。

※いざという時の防災服のサイズ合わせ

●1405〜海洋政策・領土問題担当新旧大臣事務引継/役所

前大臣から引き継ぎを行いました。

●1430〜国土強靭化担当新旧大臣事務引継/役所

前大臣から引き継ぎを行いました。

●1520〜横浜市ご挨拶/役所

横浜市からもお祝いのご挨拶がありました。

●1530〜内閣府特命担当(消費者及び食品安全・防災)新旧大臣事務引継/役所

前大臣から引き継ぎを行いました。

●1610〜消費者庁幹部挨拶/役所

幹部の皆さんとのご挨拶です。

●1620〜内閣府特命担当(消費者及び食品安全)新旧大臣による職員への挨拶式/役所

新旧交代の儀式が行われました。

●1700〜警察庁職員への新旧国家公安委員会委員長挨拶/役所

新旧交代のご挨拶が行われました。

●終了後〜河野太郎前国家公安委員長お見送り/役所

一生懸命取り組んできた河野太郎前大臣に敬意を表し、お見送りをしました。

●1740〜お祝いのお花が/1‐302

議員会館の事務所から喜びの悲鳴が聞こえてきました。たくさんの皆さんからお祝いのお花が贈られ、部屋に入りきらず廊下にまではみ出してしまう程の祝意を受けました。本当に嬉しく有り難いことです。これ程のご期待をいただいているのですから、緊張感をもって頑張っていきたいと改めて感じました。


8月3日(水)曇り時々晴れ 臨時国会閉会・ 初入閣

※0900〜各社記者さん待機/1-302

この時点でまだ担当が明確になっていませんでした。マスコミ各社の記者さんらが、担当が明確になること、また呼び込みがいつになるかということから、朝から密着取材となりました。電話が鳴るたびに、皆さんがカメラを向けます。

※記者さんらベタ付き状態

担当のついてはまだ連絡がありません。本会議が始まるため、代議士会、本会議場に移動しましたが、記者の皆さんも一緒です。

●1310〜警察、内閣府(防災担当)、消費者庁挨拶、説明/1-301

どうも内々では役割が明確になっているようで、呼び込み後の動きについて役所の説明がありました。しかし、全容はまだわかりません。

●1445〜呼び込みの電話/1-302

結局、確定した担当の事前連絡はなく、官邸からの呼び込み電話が鳴りました。私はちょうどトイレにおり、慌てて電話口に移動、「すぐ官邸に入ってください」と連絡がありました。

●1500〜閣僚呼び込み/官邸

官邸に入り、総理から正式に担当大臣を拝命しました。

●1520〜モーニングに着替え/1-302

皇居で行われる国務大臣認証式に出るため、モーニングに着替えて再び官邸へ。

●1530〜内閣官房国土強靭化推進室、内閣官房(海洋政策・領土問題)挨拶、説明/1-302

着替えながらでしたが、担当の役所からの説明が行われました。

●1610〜官邸へ出発/議員会館→官邸

●1615〜内奏、国務大臣認証式/皇居

■1700〜東京地方税理士政治連盟・神奈川県税理士政治連盟第50回定期大会懇親パーティ/ホテルキャメロットジャパン

東京地方税理士政治連盟・神奈川県税理士政治連盟合同の第50回定期大会後の懇親パーティーにお招きいただき代理出席しました。開会にあたり東京地方税理士政治連盟の瀧浪貫治会長より「今日は大勢の来賓の皆様にご出席賜りありがとうございます。無事に50回大会も終了いたしました。先日の参議院選挙ではお疲れ様でございました。衆議院選挙の時期はまだわかりませんが我々税理士政治連盟は顧問の先生方を全力で応援いたしますのでこれからもよろしくお願いいたします」との挨拶がありました。続いて来賓の挨拶と紹介があり私も松本純代理として紹介していただきました。(秘書斎藤報告)

●1920〜初閣議/官邸

初閣議の前の頭撮り。

●1950〜写真撮影/官邸

恒例の記念写真に収まりました。

●2100〜新大臣記者会見/官邸

新任のご挨拶と所管する担当のついて記者会見で述べました。

●2130〜国家公安委員会委員長初登庁/役所

役所へ初登庁。職員の皆さんに迎えられて、いよいよ仕事が始まります。

●2135〜警察庁幹部挨拶、説明/役所

幹部の皆さんとご挨拶、そして課題についての説明を受けました。

●2200〜警察庁記者クラブ初会見/役所

初めての記者会見に応じました。

●2245〜警察庁幹部との懇談/役所

深夜まで打ち合わせが続きました。


8月2日(火)曇り時々雨 松本純初入閣情報


8月1日(月)曇り時々雨 臨時国会召集

●0900〜第191回臨時国会応召手続き/国会議事堂中央玄関

応召手続きのため衆議院正面玄関からの入場となります。

参議院議員初登庁

参院選後、初めての国会となるため当選者は議事堂正門からの入場となります。

初入閣しました
2016(平成28)年8月3日

首相官邸

任務は国家・国民の「安全・安心」

▼国務大臣
○国家公安委員会委員長(国家公安委員会)
○海洋政策・領土問題担当大臣(海洋政策本部)
○国土強靭化担当大臣(国土強靭化推進室)
○内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)
○内閣府特命担当大臣(防災)


目次へ     トップページへ
目次へ       トップへ