松本純と野毛大道芸

 

トップヘ 野毛大道芸20年(PDF)

実は、私は元実行委員長、創設者の一人なのです。
だから、ワクワク!

とても楽しい、手作りボランティアのお祭りです。
僕がこの祭りを好きなのは、子供達が目を輝かせて、食い入るように芸人達を見つめ、
芸が成功したときのはじけるような笑顔に出会えるからなのです。

松本純と野毛大道芸2015

平成27年

4月25日(土)晴れ雨

●1100〜第40回野毛大道芸/野毛本通り・野毛坂・柳通り

第40回を迎えた野毛大道芸が「不惑」をテーマに野毛本通り・野毛坂・柳通りで開催されました。快晴のもと各ステージではインド大道マジックのイシャムディン、ジャグリングのデビッド・ラムゼイ、人間美術館の雪竹太郎、パントマイムのヘルシー松田さんなど34組の芸人さんが路上溢れんばかりのお客さんの前で自慢の芸を披露しました。(秘書古正報告)

松本純と野毛大道芸2014

平成26年

11月16日(日)曇り晴れ

●1100〜野毛大道芸フェスタ2014/野毛小路・仲通り・中央通り・野花商店会・野毛柳通り

私の地元事務所の周辺がイベント会場に大変身。野毛フェスタ2014「野毛の祭2〜SaiSai」が野毛小路・仲通り・中央通り・野花商店会・野毛柳通りで開催されました。今年もくじら煮込みや野毛下町の味・ふぐのから揚げが振舞われました。またちんどん・フェイスペインティング・マジック・パントマイムなどの大道芸、三崎の鮮魚・野菜・果物の露天販売、ベーゴマ・縁台将棋・人形すくいなどの昭和の遊びの披露などが行われ、大勢のお客さんで賑わいました。


10月17日(金)晴れ

■1830〜野毛柳通り流し芸/柳通り

野毛柳通り流し芸が開催されました。開会式では山田孝治柳通り会長より「柳通り流し芸は本日第6回となりました。全国各地でいろいろなイベント・行事がありますが、流し芸という行事はなかなか他を探してもございません。演者の皆様にはお客様と直接相対しての芸の勝負で真価を問われる時だと思います。自分の芸を目一杯披露していただきたいと思います」との挨拶がなされました。今晩の演者は、おわら町流し・越中おわら節高尾会、津軽三味線・湯浅大吾、津軽三味線・岩間哲也、ギター・バイオリン・火取ゆき・柴田奈穂、唄・アコーディオン・めぐ留・大野ミチル慎也、紙きり・三遊亭絵馬、尺八・鳴り物・佐藤公基・美鵬直三朗の7組の皆さんでした。流し芸の趣で野毛柳通りが古き良き昭和にタイムスリップしました。(秘書古正報告)


9月13日(土)曇り晴れ

■1500〜2014野毛ジャズde盆踊り/野毛本通り

野毛地区で初めてのイベント「2014野毛ジャズde盆踊り」が野毛本通りを通行止めにして盛大に開催されました。今日は天気も良く、ジャズバンドの演奏と冷たいビール、おつまみで会場は大盛り上がり午後6時からは盆踊りが始まり世界でも初のジャズと盆踊りの異色のコラボレーションのスタートです。(秘書大木報告)

■1600〜町対抗!大綱引き大会”野毛VS吉田町”/都橋

野毛VS吉田町・「町対抗!大綱引き大会」が野毛町と吉田町の境となる都橋に青年会のメンバーが集合して盛大に開催され応援に駆け付けました。西公園前の信号から野毛本通りまでを通行止めにして野毛、吉田町の引き手30人対30人の大勝負です。ギャラリーも沢山集まり熱気溢れる中、一勝一敗で3セット目は吉田町の勝利で今年の綱引き大会は終了しました。来年の野毛の勝利に期待しましょう。(秘書大木報告)

松本純と野毛大道芸2013

平成25年

11月15日(金)曇り雨

■1830〜柳通り流し芸/横浜市中区野毛柳通り

濱の下町、野毛。なかでも趣のある野毛柳通りが懐かしい昭和にタイムスリップ。柳通り流し芸が開催されました。野毛柳通り・山田孝次会長は「野毛はまだまだ景気回復の実感が沸いていませんが、今晩は皆さんの芸で野毛を元気にしてください」と挨拶されました。出演者は新内流しの富士松延治太夫、湯がる三味線&ギターの岩間哲也・ティンゴ、アコーディオン&バイオリンの熊坂路得子・磯部舞子、紙切りの三遊亭絵馬、お笑いの123☆45、尺八の松本宏平、おわら町流しの越中おわら節(高尾会)の七組の皆さんです。新内流し三味線の音色が辻にやさしく流れ、風の盆が野毛のお客さんの心を癒します。(秘書古正報告)


10月6日(日)雨曇り

●1100〜野毛大道芸2013オータムフェスティバル/野毛本通り他

毎年春と秋に開催される恒例の「野毛大道芸」は、今回秋の「野毛大道芸2013オータムフェスティバル」を迎え、野毛本通りと隣接する会場で盛大に開催されました。今回で40回目の開催となり、10ヵ所のステージで31組がジャグリング、パントマイム、ダンスパフォーマンス、アクロバット、けん玉など多くのパフォーマンスが繰り広げられました。


4月27日(土)晴れ

●1100〜野毛大道芸/野毛本通り外

実は、私は元実行委員長、創設者の一人なのです。
だから、ワクワク!

とても楽しい、手作りボランティアのお祭りです。
僕がこの祭りを好きなのは、子供達が目を輝かせて、食い入るように芸人達を見つめ、
芸が成功したときのはじけるような笑顔に出会えるからなのです。

野毛3・4丁目方面会場

野毛本通り方面会場

野毛柳通り方面会場(我が事務所前)

毎年春と秋恒例の野毛大道芸が野毛本通りと隣接する会場で盛大に開催されました。今回で39回目を迎える野毛大道芸は12ヵ所のステージで36組がジャグリング、パントマイム、ダンスパフォーマンス、アクロバット、猿まわし、そして今回はスタンプラリーも実施します。本通りの飲食店の協力により、今回も飲み物、食べ物など毎年多くの来場者で笑顔の絶えないイベントになりました。


4月20日(土)曇り雨

■1130〜ヨコハマ大道芸inイセザキ/伊勢佐木町1〜3丁目

ヨコハマ大道芸inイセザキがイセザキモールの1丁目から3丁目の6会場で開催されました。20日(土)、21日(日)で中国雑技団など13組の芸人さんがジャグリング、アクロバット、パントマイムなどが迫力ある芸で観客を楽しませてくれます。(秘書古正報告)

■1300〜吉田町アート&ジャズフェスティバル/吉田町商店街

毎年恒例の第14回吉田町アート&ジャズフェスティバルが吉田町本通りで開催されました。本日は天候が不安定で時折小雨が降ったり止んだりの中での開会になりました。この催しは吉田町アート&ジャズフェスティバル実行委員会主催、そして吉田町名店街会、吉田町町内会の後援で開催されます。アートとジャズで約40組以上が参加します。本通り狭しと飲食、アート、ジャズと賑やかに展開されました。(秘書大木重夫)

松本純と野毛大道芸2012

平成24年

11月4日(日)晴れ

■1100〜野毛大道芸フェスタ「野毛の祭2saisai」/野毛小路

野毛地区振興事業協同組合主催の大道芸フェスタが野毛小路、野毛仲通り、野毛中央通りで開催されました。街には大漁旗が街の各所に飾られていて華やかな祭りを演出していました。ふぐの試食特設会場では大勢の人が列をつくり、街角ステージでの大道芸、串カツ、ホルモン、おでん、焼きトンなどのブースが並んでいました。35000人の来場者(主催者発表)で街全体がパーティー会場のようでした。(秘書古正報告)


10月12日(金)晴れ

●1830〜第三回柳通り流し芸/野毛柳通り

我が事務所前が本部となる「第三回柳通り流し芸」が野毛柳通り会(山田孝次会長)の主催で開催されました。野毛地区全体の流し芸の歴史は15年程前にさかのぼりますが、柳通り会が主催する今の形になってからは3年目を迎えます。本日は富士松延治太夫(新内流し)、片山浪(三味線流し)、高尾会(おわら町流し)、さらに民謡など八組の演者が参加しました。出発前の各組お披露目が本部前で行われ、その後「おわら風の盆」がしゃなりしゃなりと柳通りを行進。また柳通り会の飲食店から注文を受けた演者さんらは、それぞれお店に入ってお客様と一緒に民謡や三味線の音を楽しみます。お客様には、いつものお酒とは一味違う野毛柳通りの秋の風を感じていただけたことでしょう。影山和夫(興業部長)をはじめ柳通り会の会員は大先輩から伝えられている「柳通りのヤング風流」の意味をしっかり後進に伝えようと努力しています。伝統芸に対する愛情と下町を愛する心意気に感銘しました。(秘書大木報告)


10月6日(土)晴れ曇り

■1100〜野毛大道芸2012オータムフェスティバル/野毛本通り

野毛大道芸2012オータムフェスティバルが野毛本通り・野毛坂通り・野毛柳通り・横浜にぎわい座横で開催されました。秋とは言え汗ばむ陽気でジャグリング・ベリーダンス・コメディなど多種多様のエンターティメントが催され多くの来場者と野毛スタッフが笑顔で飛び回ってました。(秘書大木報告)


9月8日(土)晴れ雨

●1500〜野毛国際盆踊り大会2012・野毛本通り大ビアガーデン/野毛本通り

開始時間の午後3時に、激しい通り雨が降りましたが、すぐ止んだので、少し遅れましたが、「よこはまアラメヤ音頭野毛国際盆踊り大会2012」にあわせて、野毛地区の通りを通行止めにして、交流イベント「野毛本通り大ビヤガーデン」が開催されました。会場では、サンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」が浅草サンバカーニバルで2連覇を果たした凱旋公演を行って、賑やかに開催されました。その後、アラメヤ音頭会員チーム、横浜市内盆踊り愛好チームなどが野毛本通りで踊りを披露するとのことでした。

なお、桜木町駅前イベント広場でもあわせて、tvk開局40周年記念「よこはまアラメヤ音頭国際盆踊り大会2012」が開催されました。よこはまアラメヤ音頭は、世代を問わず市民に親しまれてきた「横浜市歌」を盆踊りのためにアレンジし、振付をつけた「音頭」で、イベントでは、同音頭の普及と地域活性化を目的とした「盆踊りコンテスト」やゲスト団体によるパフォーマンスが行われるとのことでした。ダンスフェスティバル「Dance Dance Dance@Yokohama2012」への参加プログラムとして、コンテストでは、横浜市内各区の参加希望団体が合同で区代表として参加し、各区のご当地音頭やアラメヤ音頭を披露するとのことです。サンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウー ヂ」、太陽のマテ茶サンバ隊、ハマこい踊り「夢鵜舞(ムーブ)」、茅ヶ崎えぼし麻呂音頭、在日本大韓民国民団神奈川県地方本部(サムルノリ)などがゲスト団体として出演するとのことでした。
よこはまアラメヤ音頭は、平成22年に完成し、横浜らしい大桟橋の汽笛の音で始まり、和太 鼓・三味線・二胡・ブラス・ギター・尺八・鍵盤ハーモニカ・銅鑼(ドラ)などの楽器とともに、ミュージシャンや市民、子どもたちによる演奏とコーラス、かけ声でにぎやかに構成され、振付は、「ヨ・コ・ハ・マ」の手旗信号からスタートし、横浜の開港から震災・戦災、復興と現代の都市発展までの横浜の歴史物語を踊りにした内容とのことです。


4月28日(土)曇り晴れ

●1100〜野毛大道芸/野毛本通り他

第38回野毛大道芸が好天の中開催されました。今日は昨日と違い気持ちの良い気候で大勢の観客お客様で大賑わいました。色々なブースでシャグリング・「がまの油」口上・ダンス・アコーディオンパフォーマンスなどなど、そしてビール・焼きそば・スペアリブなど飲食店も出店しました。妻真純は地元町内会婦人部として大道芸グッズ販売のお手伝い。今年も野毛の街は子どもたちの笑顔であふれました。私も元実行委員長として激励に飛び回りました。

松本純と野毛大道芸2011

平成23年

2011(平成23)年12月4日(日)晴れ

●1100〜野毛大道芸フェスタ「野毛の祭2〜saisai〜」/野毛小路ほか

野毛大道芸の一環で三崎のマグロや野菜の物販やベーゴマ・射的、さらにはパントマイムなどの大道芸も出動。京野の下町はにぎやかです。


2011(平成23)年10月7日(金)晴れ

●1830〜柳通り流し芸/野毛柳通り

私の生まれ育った野毛・柳通りの私の事務所前に「柳通り流し芸」の本部が設置されました。できる時に、できる人が、できる事をやろう、との掛け声のもと今夜も元気に流し芸がスタートしました。通りは「おわら風の盆」がしゃなりしゃなりと町流し、各飲食店ではお客様がビックリです。


2011(平成23)年10月1日(土)晴れ

●1000〜野毛大道芸〜1600/野毛本通りほか

恒例の野毛大道芸が盛大に繰り広げられました。芸人の皆さんが一生懸命取り組んでくれました。町には子どもたちの笑顔があふれました。カメラを持ったお客様がたくさん集まってくれました。町の皆さんもそれぞれ出来ることを一生懸命やりました。私は、いつまでもいつまでも大道芸が開催されることを祈りました。


2011(平成23)年4月24日(日)晴れ 統一地方選投開票日

●1100〜野毛大道芸・東北関東大地震復旧支援/野毛本通ほか

好天の中、東日本大震災に対する復旧支援の義援金募集を目的とした「野毛大道芸」が盛大に開催されました。私もずいぶん前になりますが実行委員長を務めたこともある「野毛大道芸」。昨日は雨で中止になりましが、今日は大勢のお客さんが集まってきています。

本部周辺 メインは義援金募金!

野毛本通り

野毛柳通り

我が事務所の前も大賑わい・・・

毎回のことですが、我が事務所の周りは「野毛大道芸」に占領されてしまいます。そして人人人・・・、笑顔笑顔笑顔・・・。これがいいんですよね。


2011(平成23)年2月6日(日)晴れ

●1250(1100)〜大道芸フェスタ/野毛仲通り・中央通り

昨年度から年6回開催し、今年度3回目の野毛大道芸フェスタが、野毛地区振興事業協同組合の主催で開催されました。野毛仲通り、野毛中央通りを会場にして、三崎朝市協同組合の出店、くじら料理の試食、大道芸人のパフォーマンス、地元野毛の味を屋台にして多くの方々で野毛のまちが賑わいました。これも平出理事長、福田理事をはじめ、三崎並びに野毛の出店者、大道芸人、ボランティアの皆さんの力の結晶です。

松本純と野毛大道芸2010

平成22年

2010(平成22)年10月31日(日)曇り

●1100〜大道芸フェスタ・まぐろ祭り/野毛柳通り

今日開催された大道芸フェスタはマグロ祭りです。大きな掛け声に誘われるようにお客様が集まります。模擬店や踊りのパフォーマンスと賑やかな一日になりました。


2010(平成22)年10月8日(金)晴れ 参院代表質問

●2000(1800)〜柳通り流し芸/野毛柳通り

▼私の生まれ育ち、今も暮らす「野毛柳通り」におわら風の盆がしゃなりしゃなりと・・・

▼我が家の隣りのお料理屋さんでも三味線の音が響きます。

▼我が家の前が本部テント。通り会の会長ら役員としばし歓談。

▼今夜は多くのお客様が町を訪れました。賑やかです。


2010(平成22)年10月3日(日)晴れ曇り

●1100〜野毛大道芸〜1600/野毛周辺

恒例の野毛大道芸が開催されました。野毛の町の婦人部の皆さんやお店の皆さん、そしてボランティアの皆さんが芸人さんらを盛り立てます。子どもたちの驚きや喜びの笑顔が溢れる楽しい一日です。


2010(平成22)年4月25日(日)晴れ

●1100〜野毛大道芸/野毛周辺

我が家の目の前の様子が上左の写真です。良いお天気に誘われて大勢の皆さんがわが町を訪れ、各ブースで展開される大道芸を楽しんでいただけました。子どもたちに笑顔をプレゼントしたいという思いで取り組んでいるのですが、そこに集まった皆さんに向け某政党が街頭演説を行ったとの報告を後に聞き、悲しくなりました。政治は謙虚であるべきだ、との先輩の言葉を思い出しました。


2010(平成22)年4月24日(土)曇り晴れ

●1100〜野毛大道芸/野毛各地

私の事務所の前の通り「柳通り」でも大道芸が溢れています。子どもたちの笑顔に触れることの出来る幸せな空間が楽しいんです。二十年も前になりますが、私もこの大道芸実行委員長を務めたことがあり、長きにわたりお客様に支持され、大きく育ってきたものだと嬉しく思います。


2010(平成22)年4月17日(土)雨曇り晴れ

●1130〜ヨコハマ大道芸inイセザキ/伊勢佐木町1〜3丁目

ヨコハマ大道芸が伊勢佐木町と象の鼻で開催されました。お天気が悪く、朝のうちは雨が降っており、吉田町のジャズフェスティバルは中止になるほどでした。ヨコハマ大道芸の本部は桜木町駅に設置されていましたのでお祝いにお邪魔しました。その後、伊勢佐木町の様子を拝見しました。


2010(平成22)年3月7日(日)

●1400(1200)〜大道芸フェスタ/野毛柳通り

雨どしゃ降りの中、私が生まれ育ち、現在も事務所を置く野毛の柳通りで恒例の大道芸フェスタが開催されました。三浦三崎から海の幸が並び大道芸人のパフォーマンスが続きます。スタッフの皆さんには、寒い中ほんとうにご苦労様でした。

松本純と 野毛大道芸2009

平成21年10月3日(土)・4日(日)

2009(平成21)年10月4日(日)曇り晴れ 中川昭一元財務相亡くなる

●1500(1100)〜野毛大道芸/野毛事務所前


2009(平成21)年10月3日(土)雨曇り 自民党横浜市連会長続投!

●1400(1100)〜野毛大道芸/野毛本通り他

強い雨が降っていたためお客様も少々好くなめでしたが、野毛大道芸は元気に開催されました。

松本純と 野毛大道芸2009

平成21年4月25日(土)雨天中止・26日(日)

野毛大道芸20年(PDF)

2009(平成21)年4月26日(日)晴れ

●1400(1100)〜第35回野毛大道芸/野毛大通りほか

▼柳通り(私の事務所の通り)

昨日は残念ながら雨のため中止となってしまいましたが、予定では、4月25日(土)、26日(日)の二日間、午前11時から午後5時まで野毛本通り周辺で第35回野毛大道芸が開催されました。今日はたくさんの芸人さんが参加され、またお客さんも大勢集まり大変賑やかでした。私の事務所の前も今日ばかりはオープンカフェのような風情になりました。

松本純と ヨコハマ大道芸2009

平成21年4月18日(土)・19日(日)

2009(平成21)年4月18日(土)晴れ

●1100〜ヨコハマ吉田町通りアート&ジャズ・フェスティバル/吉田町

●1130〜ヨコハマ大道芸/馬車道・伊勢佐木1〜3丁目

松本純と 野毛大道芸2008

平成20年10月4日(土)・5日(日)

2008(平成20)年10月4日(土)晴れ 地元

●1130〜野毛大道芸/野毛地区周辺


地元のお祭りはうちの肝っ玉母さんの役割。今日も頑張っていました。一緒に記念写真。

20年ほど前にスタートとした「野毛大道芸」は大きく成長し、地元の皆さんの協力で現在も継続されています。スタートした頃、私も実行委員長を務めるなど夢中で取り組みましたので、若手の皆さんに受け継がれていることを嬉しく思います。

松本純と 野毛大道芸2008

平成20年4月26日(土)・27日(日)

2008(平成20)年4月26日(土)曇り雨

●1100〜野毛大道芸/野毛大通り周辺

この写真は私の自宅二階から撮影したものですが、このように毎年、私の目の前で野毛大道芸が繰り広げられます。贅沢なことですね・・・。

野毛柳通り会場

野毛本通り会場

少し曇りでお日様を拝むことは出来ませんでしたが、たくさんの皆さんが野毛の町に大集合です。各ステージごとに様々な大道芸、出し物が続きます。子供たちのキラキラした瞳に今年も会うことが出来ました。

松本純とヨコハマ大道芸2008

平成20年4月19日(土)

2008(平成20)年4月19日(土)晴れ

●1100〜ヨコハマ大道芸/馬車道・吉田町・伊勢佐木町

元野毛大道芸実行委員長としては血が騒ぎます。今回は野毛地区の大道芸と別の日に実施されることになったヨコハマ大道芸は本日と明日実施です。今日もたくさん見つけました。大成功した大道芸にやんやの拍手と子供たちの笑顔とキラキラ輝く瞳を・・・。

馬車道

吉田町

伊勢佐木町

松本純と 野毛大道芸2007

平成19年9月29日(土)

2007(平成19)年9月29日(土)

●1130〜野毛大道芸/野毛柳通り他

年3回開催しようと秋の大道芸が開催されました。私の事務所前の柳通りが会場になっていました。あいにくの天気でお客様はチラリホラリという状況でしたが、横浜になじみのある人力車や足長おじさんらが通りを闊歩していました。

松本純と第30回 野毛大道芸2007

平成19年7月13日(金)

2007(平成19)年7月13日(金)曇り

●1800〜野毛流し芸/野毛柳通り周辺

とおみね とおこ さん

地元横浜へ戻って来ると「野毛流し芸」がスタートしていました。「越中おわら流し」が私の事務所の目の前を通り過ぎていきます。事務所に入ろうかと思った目の前に、民謡、端唄、大正ロマン、歌謡曲など盛りだくさんのアコーデオンと歌の「とおみね・とおこ」さんがエントリー手続き中でした。

松本純と第30回 野毛大道芸2007

平成19年4月21日(土)

2007(平成19)年4月21日(土)晴れ 各地で大道芸

●1100〜経理担当者会議/地元事務所

うちの事務所の前も横も全部大道芸一色です。事務所もスタッフの皆さんに開放し、事務も進めることができないような状況。一番奥の部屋で今年度の経理処理について手続きミスがないように私の関わる政治団体の経理処置状況について担当者より説明を受け、改善すべき点について議論しました。

●1100〜野毛大道芸

●1200〜吉田町ジャズ・アートフェスティバル/吉田町

●1100〜ヨコハマ大道芸inイセザキ/伊勢佐木町1〜3丁目

●1130〜ヨコハマ大道芸/馬車道

松本純と第30回 野毛大道芸2006

平成18年4月22日(土)、23日(日)

2006(平成18)年4月22日(土)晴れ

●1100〜各地区で大道芸スタート22・23日/野毛周辺

野毛大道芸

野口会長も好天にホッと、河本実行委員長が大活躍でした。久しぶりに伊藤多喜男さんにも会いました。

私の同僚、新人83会の長島忠美衆議院議員が野毛に激励に来ました。震災交流で新潟物産展が開催され、その激励です。

吉田町ジャズ・アートフェスティバル

車椅子アートに初めてチャレンジ。今井会長も力が入っていました。

伊勢佐木大道芸

伊勢佐木町も人人人・・・。

ヨコハマ大道芸2006in関内馬車道

今回は関内馬車道地区も参加。

松本純と第30回 野毛大道芸2005

平成17年4月23日(土)、24日(日)

2005(平成17)年4月24日(日)晴れ

今日最終日

2005野毛大道芸!

4月23日(土)、24日(日)

詳細はこちらをご覧ください

http://www.nogedaidougei.com
野毛大道芸20年(PDF)

  実は、私は元実行委員長。芸が成功したときの、子供たちのはじけるような笑顔はとても素敵ですよ。ぜひ遊びに来て、見てください。

●1130〜1700、野毛大道芸最終日/野毛商店街周辺

最終日は街に人が溢れんばかり集まりました。実行委員会の調べでは、昨日と本日二日間全会場合計146万人の観客が訪れたそうです。


2005(平成17)年4月23日(土)晴れ

●1130〜野毛大道芸/野毛商店街周辺

いよいよ野毛大道芸が始まりました。

笑顔が一杯ですよ!

▼野毛柳通り会場

ここは私の事務所のある通りです。事務所の出入り口の目の前で「ガマの油売り」。

▼叶家前大道芝居会場

米軍第7艦隊バンドが街を練り歩き、昨夜「大道芝居」が行われたステージでは、今日の昼間「ビッグバンドJAZZ」。

▼野毛本通り会場

随所で芸人さんらがパフォーマンスを繰り広げます。藤代邦男実行委員長もよいお天気と無事スタートしたことにホット胸をなでおろしていました。

▼吉田町会場

吉田町会場は芸術パフォーマンス。絵画と音楽です。

▼福富公園会場

▼伊勢佐木町会場

●1800〜野毛大道芝居/野毛叶家前

今晩も「大道芝居」。最終公演が無事終了しました。

●1800〜香港特別区政府が大道芝居視察/野毛叶家前

香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部の方志偉(フォン・チーウェイ)首席代表と梁婉心(リョン・ユンサン)広報室長、陳佳美(チン・ヨシミ)調査・広報担当が野毛大道芸の視察にいらっしゃいました。野毛街づくり会の小林光正会長と中谷浩事務局長が接待役です。横浜と交流を深め、経済と同時に大道芸のような文化交流にも興味を持っているようでした。


2005(平成17)年4月22日(金)

●1800〜野毛大道芝居/叶家前

4月22日(金)午後6時薄暮の中、「大道芝居」の第1回目の公演を待つお客さんが次第に集まってきました。「国定忠治」の野毛バージョンパロディですが、ナポレオンに扮する中田宏横浜市長が緊張した面持ちで、出番を待っていました。今回で大道芝居は11回目になりますが、これが最終回となります。

荻野アンナさんが豊かな?胸を出したままフィナーレを迎え、観客と共に大乗りで第1回目のステージを無事終わりました。


2005(平成17)年4月15日(金)

●1830〜野毛流し芸/野毛商店街周辺

いよいよ恒例のイベントがスタートです。「野毛大道芸」の口火を切って、「野毛流し芸」が4月15日(金)、16日(土)の二日間(いずれも午後6時から9時)、野毛商店街周辺の路上と飲食店会場で開催されます。越中おわら流し、ご当地野毛山節、新内流し富士松延治太夫、幇間芸悠玄亭玉八、三味線流し片山浪、バイオリン演歌小沢昭二など、たくさんの芸人さんらが出演します。なかなかおつなものですよ。

野毛の町を「越中おわら風の盆」がしゃなりしゃなり・・・。

2005野毛大道芸、間もなく!

  4月23日(土)、24日(日)

詳細はこちらをご覧ください
http://www.nogedaidougei.com

  実は、私は元実行委員長。芸が成功したときの、子供たちのはじけるような笑顔はとても素敵ですよ。ぜひ遊びに来て、見てください。

 

野毛大道芸が受賞

第10回NHK関東甲信越地域放送文化賞

2005(平成17)年1月26日(水) 授賞式は2月7日

●1900〜野毛大道芸がNHK放送文化賞を受賞/藤代邦男実行委員長

地域文化の発展に功績のあった個人や団体を称える「第10回NHK関東甲信越地域放送文化賞」に野毛大道芸実行委員会が選ばれました。その通知書を見て、藤代邦男実行委員長も「やった!」と大喜び。笑顔で語ってくれました。「大道芸スタッフに地元のみんながボランティア参加する。苦しいこともあるがそれを乗り越えることによって、郷土愛、地元愛を育み、仲間の和が固くなる。バブル時代の薄っぺらな付き合いから、相手の痛みを思いやる本物の付き合いが始まる。それが町の原点だ。」

松本純と第29回野毛大道芸2004

平成16年10月30日(土)、31日(日)

公式ご案内はこちら→ http://www.nogedaidougei.com

2004(平成16)年10月31日(日)

●1200〜第29回野毛大道芸

今年は久しぶりに「秋の大道芸」第29回の野毛大道芸が開催されました。昨日は雨で十分パフォーマンスを見ることができませんでしたが、今日はなんとか曇。いつものように大勢のお客様が野毛の町に訪れ、子供たちの笑顔もはじけていました。

次代を担う若者達の成長を祈る!

松本純と第28回野毛大道芸2004

平成16年4月17日(土)、18日(日)

2004(平成16)年4月23日(金)、24日(土)

●野毛流し芸がスタート!

23日(金)午後6時〜9時、24日(土)午後6時〜9時、場所は野毛地区の各通り、協力飲食店でいろいろな芸に会うことができますよ。うわさを聞くより、一度見にきてください。しゃなりしゃなりと「越中おわら流し」が各辻々をまわって行きます。本場ではゆっくり見られないけど、野毛なら一緒にくっついて回れます。この風情を堪能してください。

下は、上海ミュージカル(上海夜鶯)、歌舞音曲お座敷遊び(遊芸・橘彌)、津軽三味線(岩間哲也)の皆さんです。時間割にのって各店を回ります。知らずに来ていたお客さんはビックリ。野毛の夜は延々と続いていました。

2004(平成16)年4月18日(日)

●野毛大道芸

今日も良い天気でした。野毛大道芸も二日間無事に開催することができ、新聞報道によると、昨日の動員客数は約61万人だそうです。

2004(平成16)年4月17日(土)

●野毛大道芸

さあ、始まりました。夏のような暑さですが好天に恵まれ午前11時30分から野毛本通りを中心に恒例の「野毛大道芸」の開幕です。
私自身が元大道芸実行委員長でしたから、このイベントには思い入れが深いのです。芸人を大きな人の輪で囲み、時おり「オー!」という歓声や子供たちのはじけるような笑顔に触れるとき、しんどい準備の苦労も吹き飛んでしまうのです。
今晩の「大道芝居」、そして明日も11時30分から二日目が実施されます。皆さん、ぜひ遊びに来てください。みんなでお待ちしています。

▼私の事務所のまわりも大道芸で占領されてしまいます。飲食店が多いのですが、皆さん今日は模擬店です。

2004(平成16)年4月16日(金)

●いよいよ野毛大道芸スタート!今夜は大道芝居だ!
    元大道芸実行委員長の血が騒ぐ・・・

「野毛版 一気に忠臣蔵」4月16日(金)、17日(土)の二日間
第1部は午後6時、第2部は午後8時から。場所は野毛仲通り特設ステージ。小雨決行です。

「いよいよ来ました春の季節、待ちに待った大道芝居の始まりだ。とはいっても待っていたのは役者衆で、ここ横浜ではこれを見なきゃ春じゃないというほどの人気を得た、看板行事のひとつには未だなってはいない。だが役者衆の熱心さには頭が下がる。桜の便りより出来上がった台本のほうが欲しいという気の入れようで、そのエネルギーを仕事に使えばなどと惜しむ声もあがる。ならばさぞや上手くなったろうといわれても一年一回、それも二十日間くらいの練習だから毎年毎年が皆、初心の気持ち。
近年は女優さん志望が多く、男性の奮起が望まれるところだが、十回という区切りの意味で日本人の一番好きな芝居「忠臣蔵」に決定。後から考えたらほとんどが男役であったと後悔先に立たず。それでも野毛らしさを出そうと苦心惨憺、台本が出来上がればもう舞台は成立したも同然、と考えるのは作者のみだろうな。」座付作者柴田浩一(野毛大道芸公式ガイドブックより)

上の写真、いったい誰だか分かりますか? 有名な人や、少し有名な人などが参加しています。

松本純と第27回野毛大道芸2003

平成15年4月17日(金)〜20日(日)

2003(平成15)年4月20日(日)

●野毛大道芸、雨のため縮小

昨日の後半から風ばかりではなく、雲が厚くなっていましたが、今朝は天気予報通り朝から小雨が降り続き、開催されるか否か微妙なところでした。結果は、雨に強い、できるところだけやると決定され実行されました。

2003(平成15)年4月19日(土)

●メイン会場(野毛商店街)はあふれる人、人、人

下の写真は野毛商店街。元祖大道芸ステージではものすごい人の波でした。私が売っているのは「野毛大道芸潜望鏡」。芸人を取り巻く人垣の上から覗き込むには必携。飛ぶように売れましたよ。

下は吉田町ステージ、フェイスペインテグに子供たちも神妙。また、NHK紅白にも出演した伊藤タキオバンドの集客力は絶大なもので通りの半分ぐらいを占領してしまいました。

今年から伊勢佐木町ステージにも拡大。街並みとマッチした素晴らしいセットアップでした。なんと言っても主役は子供たち。チビッコの笑顔がいっぱいでしたよ。

2003(平成15)年4月18日(金)

●第27回野毛大道芸始まる

いよいよ第27回野毛大道芸が始まります。
今晩は野毛の町で、大道芝居(地元の名士も参加)、流し芸がスタートします。そしてメインは土曜、日曜日で多くの大道芸に子供たちの笑顔がはじけます。
写真はお客を待つ大道芝居ステージ。夜になると芸人の熱気に誘われてすごい人だかりになりますよ。
是非遊びに来てください。

昼間の準備は静々と、しかし午後6時を過ぎたら大騒ぎ、「銭形平次捕り物控・横浜異聞帖」(4月18日・19日野毛中通り「叶家」前)、さあさあ見てのお楽しみ!いらっしゃいいらっしゃい、大道芝居だよ!常連の荻野アンナさんも大熱演・・・

松本純と第26回野毛大道芸2002

平成14年4月20日(土)〜21日(日)

2002(平成14)年4月20日(土)

●野毛大道芸、雨のため土曜日一日だけ実施

20日の土曜日は良いお天気で、主催者発表では野毛・吉田町・伊勢佐木町地区、赤レンガ地区、みなと未来地区を合わせ37万人のお客様が集まったそうです。

松本純と野毛流し芸

2001(平成13)年10月26日

風流、野毛流し芸

“越中おわら流し”が野毛をしゃなりしゃなり・・・

開催:平成13年10月26日(金)、27日(土)

開催時間:午後6時から9時まで

会場:横浜市中区野毛町 柳通り、中央通り、野毛小路周辺

 我が家が野毛流し芸実行委員会の本部となって恒例の「野毛流し芸」が実施されました。

 演目は和風ピエロ、バイオリン演歌、ギター流し、尺八演歌、三味線、フォークソング、ウクレレ漫談、越中おわら流し、江戸芸かっぽれ、新宿アコーデオン、紙切りなどです。

 町の中を流しているうちに、飲食店から声が掛かり、お店の中へ、そしてそこで真剣勝負の芸を披露。やんやの喝采でご祝儀が飛び交います。

 なんだか古い町の懐かしいほっとする時間と空間が魅力です。

 機会があったらぜひ見にきてください。お待ちしています。

次回の予定

開催:平成14年4月5日(金)、6日(土)

開催時間:午後6時から9時まで

会場:横浜市中区野毛町 柳通り、中央通り、野毛小路周辺


2001(平成13)年10月1日

●ミモザとばったり会いました。

平成13年10月1日夜、友人の居酒屋開店祝いに行ったら、なんとフランスの国際的マジシャンのミモザがいるではないですか。お手並み拝見で大騒ぎでした。

松本純と第25回野毛大道芸2001

4月21日(土)、22日(日)

大道芝居 20日(金)、21日(土)

2001(平成13)年4月20日(金)、21日(土)、22日(日)

●野毛大道芸と大道芝居

 2001野毛大道芸がスタート

今年もにぎやかにスタートしました。
20日21日は大道芝居。21日22日は野毛商店街、吉田町で野毛大道芸が開催されます。

大道芝居

毎年大道芝居に出演する高秀市長は、無法松の一生で最期のクライマックスで町の侠客、玉井金五郎に扮し大活躍でした。

大道芸

21日は小雨で寒く人の集まりもあまり良くありませんでした。しかし、芸人さんもスタッフも元気一杯。有名芸人はこのあと出演予定。雨が心配です。
22日はとてもよい天気になりました。

野毛大道芸

私の自宅事務所の前もご覧の通り、人人人。
ビールと焼き鳥が飛ぶように売れていました。
右側が私の住まい兼事務所です。


トップページへ