幹事長室2006

2006(平成18)年10月

トップへ 目次へ 前のページへ 次のページへ

10月31日(火)曇り

●0930〜役員連絡会/院内総裁室

●1000〜副幹事長会議/院内幹事長室

自民党役員連絡会、副幹事長会議が開催されました。役員連絡会では中川秀直幹事長から役員会で安倍総裁が述べられた教育特、防衛省昇格、知事選挙に対する協力依頼があったこと、また来年の第74回党大会は1月17日(水)午前10時から新高輪プリンスホテルで開催したいと提案され了承されました。引き続き人事案件、国対・議運、参議院国対・議運、党改革、知事選挙などについて報告がなされました。副幹事長会議では知事選などについてさらに具体的対応などについて議論されました。


10月27日(金)曇り

●0910〜国対正副委員長会議/第22控室

厚生労働委員会を抜け出して国対正副委員長会議で幹事長室からの報告をしました。内容は知事選2件についてです。福島知事選挙の森雅子候補(自・公推薦)および沖縄知事選挙の仲井真弘多候補(自・公推薦)に対しての選挙体制作りについて要請しました。

●0930〜役員連絡会/院内総裁室

自民党役員連絡会は、まず中川秀直幹事長から知事選挙に対しての協力依頼、教育問題に関して政府、党の動きと同時に関連する事件についての対応が報告されました。引き続き女性局、青年局の次長人事についての報告、参議院及び衆議院の国会対策についての報告、さらに河野衆議院議長から本会議の出席者数が少ない(離席するものが多い)と厳重注意があったことなどの報告がなされました。河村政調会長代理から北海道滝川、福岡の「いじめ問題」の対応について報告がありました。

●1000〜副幹事長会議/院内幹事長室

役員連絡会終了後、めがねを掛けた石原伸晃幹事長代理により副幹事長会議が始まりました。まず始めに役員連絡会の審議内容が報告されました。副幹事長全員が役員連絡会の担当ではありませんので、ここでも報告する必要があります。その後、検査官、地方財政審議会委員などの人事案件について審議され了承されました。意見としては幅広い登用についての提案がありました。また、マスコミが盛んに問い合わせてくる「復党問題」については、現在役員が慎重に検討しているところですので、私たちの立場で誤解を生むような発言をしないように注意していかなければなりません。


10月24日(火)曇りのち雨

●0930〜自民党役員連絡会/院内総裁室

本来副幹事長として役員連絡会に出席するところでしたが、今日は亀井善太郎さんの当選報告ということで、田野瀬総括副幹事長とともに役員連絡会で党幹部の協力にお礼を述べました。その時点では既に善太郎さんの胸にはバッジが輝いていました。

●0940〜国対委員会/第24控室

引き続き、午前9時40分に直接神奈川16区に入り協力してくれた国対委員の皆さんにもお礼を伝えました。

●1000〜副幹事長会議/院内幹事長室

 

そして、その後副幹事長会議に出席し、ここでも当選の報告とお礼を述べました。


10月23日(月)曇り

●1700〜自民党役員会選挙報告/衆議院総裁室

安倍総理が出席する自民党役員会で神奈川16区の選挙報告がなされました。亀井善太郎さんから元気一杯の感謝の挨拶がなされました。

●1830〜幹事長室懇親会/ホテルニューオータニ

組閣時に新たに幹事長室のメンバーが組まれましたが、衆議院補欠選挙の対応に追われ、正副幹事長が全員顔を合わせる機会がありませんでした。選挙結果にはかかわらず、初顔合わせの懇親会日程が組まれていましたが、昨日の衆院補欠選挙2勝の勢いで、大変賑やかな会合になりました。中川秀直幹事長のもとで次の沖縄選挙などについても取り組んでいかなければなりません。なかなかの猛者の集まりです。


10月22日(日)晴れ後曇り雨 神奈川16区衆院補選勝利!

●2050〜NHK当選確実が出る/厚木本部

午後8時30分ころ厚木本部に到着しました。すでに支援者とマスコミの皆さんで会場は一杯でした。午後8時50分過ぎにNHKが「当選確実」を打ちましたので、亀井善太郎候補者本人が登場。万歳万歳の嵐に包まれました。

田野瀬良太郎総括副幹事長が党本部を代表し挨拶され、本人からも感謝の挨拶がなされました。印象的なのは河野太郎県連会長の祝辞で「当選するまでは亀井善之の後継亀井善太郎だったが、これからは衆議院議員亀井善太郎として育てて欲しい」と支援者に呼びかけたことです。今回の選挙は自民党・公明党が全精力を傾注して戦った選挙ですが、次回からは自力で頑張らなければなりません。自らの心構えは勿論ですが、支援者の皆さんも今までの流れを切り替えて、新たな亀井善太郎を応援していっていただきたいと私も思います。それにしても、皆さんよくここまで頑張ってきました。皆さんのご尽力に敬意を表し感謝申し上げます。これからも頑張ってください。おめでとう!

投票率47・16%、過去最低
当日有権者数42万6645人(男21万8370人、女20万8275人)
21日まで行われた期日前・不在者投票者数2万4187人
開票結果=選管最終発表
当 109,464 亀井善太郎 35 自新
   80,450 後藤祐一  37 民新
    9,862 笠木隆   60 共新
無効票1411


10月21日(土)晴れ

●1100〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

(10月23日追記)
▼事務所雄スタッフの皆さん、菅義偉総務大臣激励

▼最終の街頭演説会 午後8時にて終了

▼選挙事務所にてマイク納め式

闘い続ける善太郎を見つめる奥さん。「勝たせたい!」と思った。

私からは冷酷にも、「ここで気を抜くな!明日の投票箱が閉まるまで勝負は続く!」と檄をとばす。


10月20日(金)曇り

●0830〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

本日も朝8時前から厚木本部に出勤し、選挙対策に取り組みました。学ぶことの多い副幹事長の役職です。

(10月23日追記)
▼相模湖町で応援弁士務める

▼麻生太郎応援に駆けつける/津久井ゴルフ倶楽部

 

今日は韓国から帰国し、その足で神奈川16区入り。個人演説会場6箇所を駆け回りました。


10月19日(木)晴れ

●0830〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

本日も終日神奈川16区詰めでした。今朝の出発も昨日と同様午前6時半でした。無事に8時前に到着しました。


10月18日(水)曇り

●0830〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

本日も終日神奈川16区詰めでした。昨日は厚木まで3時間もかかってしまいましたので、今日は6時30分に出発しました。すると道路はガラガラで、7時半前に到着してしまいました。時間を合わせて厚木に到着するのは難しいですね。


10月17日(火)晴れ

●0830〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

また昨日と同じことしか書けません。朝ホームページの書き換えなどでバタバタしていたら出発が午前8時になってしまいました。うちを出発して厚木に行こうとすると、まず阪東橋から首都高速に乗って横横道路を東名の横浜インターに向かって走ります。そして東名の厚木で降りるのですが、今東名の集中工事期間にぶつかっており、横浜インターに入るまでが車の渋滞は長蛇の列で、ちっとも進みません。結局厚木本部に到着するまでに3時間を要してしまいました。う〜ん、文句を言わずに電車を利用しましょうかね・・・。到着してからは一生懸命働きました。


10月16日(月)晴れ

●0830〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

今日も一日衆院補選神奈川16区の対応のために厚木本部に入りました。選挙の内容に関しては現時点で書き込むことはできませんので割愛します。ご了承ください。


10月14日(土)晴れ

●1400〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

午後から夕刻にかけて厚木本部に入りました。

(10月22日追記)
▼安倍晋三来る!/伊勢原


10月13日(金)晴れ

●終日〜衆院補選神奈川16区対応/厚木本部

今日は総務部会、国対正副、役員連絡会、副幹事長会議、代議士会、本会議など一連の会議が続きましたが、全部欠席。補欠選挙担当副幹事長として、私は一人、神奈川16区厚木の地に出向です。政治の世界は何よりも最も重要な仕事は選挙です。選挙を通りバッジをつけて初めて仕事ができるのですから、選挙はすべての仕事に優先します。その取り組み内容などについてはここではお伝えできませんので、22日の投開票日を過ぎるまで、お伝えできることがあまり無く恐縮しています。
しかし、午後8時に厚木の仕事が終わり麻生太郎懇談会に向かうと、そこでは北朝鮮対応の話しの次にネットの世界の話しで盛り上がっていました。総裁選挙期間中に街頭演説で出会った驚きは、街頭演説が終わると直ちにその発言録がネットを駆け巡る、また総裁選挙投票日の9月20日は麻生太郎の誕生日でしたがその日の午前0時0分1秒に誕生祝と当選を願うメッセージが流れる、といったような様々な現象に麻生太郎本人が驚いていました。


10月12日(木)晴れ

●1230〜神奈川16区へ

大勇会が終了するやいなや神奈川16区へ向かいました。厚木本部までの所要時間は交通渋滞がしばしば起こるため、なかなか読みにくいところです。午後2時過ぎに到着しましたが、午後9時までの間事務所全体の動きに注意しながら、諸課題について処理していきます。夕刻東京の事務所からアジ研の懇親会が開催されると連絡がありましたが選挙を放り出して参加するわけにはいきません。明日も同様に田野瀬総括副幹事長不在のため一日中占拠事務所を守ることになります。


10月11日(水)晴れ

●終日〜神奈川16区入り/厚木本部

終日厚木本部で課題処理の一日。核実験を行った北朝鮮への厳しい制裁を追加を決断した政府の考えは当然。


10月10日(火)晴れ 衆院補選告示

●午後〜神奈川16区衆院補選/厚木本部

神奈川16区、大阪9区の衆議院補欠選挙が今日告示されました。副幹事長に就任し神奈川16区選挙の責任者の一人として現地に派遣されました。今回の闘いは、安倍新政権になって始めての闘いであると同時に来年の統一地方選挙や参議院選挙を占うとても重要な選挙です。田野瀬総括副幹事長とともに選対本部に乗り込み、選挙準備の進捗状況などを確認してきました。その状況は大変厳しく、勝って当たり前という雰囲気の中で、大変大きなプレッシャーを感じています。10月22日には投開票日を迎えますが、それまでの間、この本部につめてさまざまな課題を処理していくことになります。また、選挙そのもののインターネットを利用したPRはできませんので、選挙終了までホームページの書き換えも選挙関連以外になると思われます。しばらくの間ご容赦いただきたいと思います。それでは頑張ります!


10月9日(月)晴れ

●0800〜終日神奈川16区入り/厚木本部

神奈川16区の衆院補欠選挙がいよいよ明日から実施されます。自民党本部から現地に派遣された私は、母方の田舎でもある愛甲群清川村煤ヶ谷に足を伸ばして、久しぶりに親戚の皆さんに挨拶に行きました。小さいころ(10歳前後まで)は夏休みになるとこの川で魚釣りをしたり、泳いだり、牛のミルクを絞ったり、それはそれは思い出の多い、私にとって大切なところです。40年ぶりになるのでしょうか、当時の思い出通りの川が残っていました。そしてそこの長男の岩澤澄夫さんのうちへお邪魔して、当時の思い出話しに、しばし選挙を忘れてしまいました。


10月6日(金)

●0910〜国対正副委員長会議/第22控室

●0930〜役員連絡会/院内総裁室

●1000〜副幹事長会議/院内幹事長室

●1330〜神奈川16区入り

 大雨の中、杉村太蔵君も大活躍!

衆院補欠選挙対応のために神奈川16区、厚木本部事務所へ入り、状況の把握に努めました。土砂降りの中、衆議院議員1期生らが懸命に支援確認のために町中を飛び回っています。私自身の帰りは深夜になってしまいました。


10月4日(水)曇り

●1300〜神奈川16区相模原方面視察

間もなく始まる神奈川16区衆院補欠選挙の対応で、午後は相模原方面に出かけ地元の県市会議員の活動状況について確認してきました。議員の皆さんは「立候補予定者に亀井善太郎さんが決定している」ことをそれぞれの後援会の皆さんに伝えることに努力されていました。


10月3日(火)曇り

●0930〜自民党役員連絡会/院内総裁室

定例の役員連絡会が開催されました。昨日から始まった代表質問を通して国民に、我が国の抱えるさまざまな課題と対応についてしっかり伝えていきたいとの挨拶が幹事長からなされ、青年局長、女性局長などの人事、そして中央政治大学院学長人事・日本夢づくり道場(武部塾長)の設置などが報告されました。中川昭一政調会長からは部会長等の人事が本日終了することが報告されました。また、大阪9区、神奈川16区の衆院補欠選挙が重要案件となっており、その対応について議題となりました。

●1000〜副幹事長会議/院内幹事長室→●1030〜東日本副幹事長神奈川16区選対/院内幹事長室

役員連絡会の終了後、引き続き副幹事長会議が開催され、議題となった大阪9区、神奈川16区の衆院補欠選挙の対応についてさらに詳細な打合せが行われました。石原伸晃幹事長代理からは、その選挙戦術についてはオープンにしないよう注意がありました。


10月2日(月)

●0830〜神奈川16区選対入り/厚木市選対本部

衆議院議員補欠選挙が神奈川16区で実施されます。理由は亀井善之衆議院議員の逝去によるもので、神奈川16区では後継候補としてご子息の善太郎さんが自民党公認候補に決定しています。全国ではもう一箇所大阪9区で実施されますが、いずれも告示は10月10日、投開票は10月22日です。選挙を所管する自民党本部の副幹事長に就任したことから、今日は田野瀬総括副幹事長と共に現地の厚木本部へ出かけ、取り組みの現状を確認してきました。安倍新政権が誕生して初めての国政選挙になりますから負けるわけには行きません。詳細にわたり説明を受け、今後の対策について打合せを行いました。感想は「大変厳しい闘い」になるだろうとの印象を受けました。私は評論家ではありませんから、党本部、県連などとの連絡調整と具体的な戦術の実施に取り組みたいと思います。


前のページへ