麻生太郎の総裁選

2001(平成13)年4月 第1回目の挑戦

 トップへ 目次へ  麻生太郎第1回目の挑戦 麻生太郎第2回目の挑戦 麻生太郎第3回目の挑戦 麻生太郎第4回目の挑戦 河野太郎第1回目の挑戦

自由民主党総裁選挙

目指せ!総裁の椅子
明るく元気な麻生太郎が
笑顔あふれる21世紀をつくるのだ


2001(平成13)年4月9日(月)

●自民党総裁選挙準備開始

4月24日(火)投票日が新しい時代の自民党に生まれ変わる大変重要なポイントになる。
麻生太郎が立候補を決断か!
悔しいのは、「なぜ私が落選中なのか!」。思いっきり手伝いが出来ない・・・。う〜ん、神奈川県で頑張ろう!


2001(平成13)年4月11日(水)

今日は松本純の誕生日、そして総裁選の告示日

昭和25年4月11日に今も住んでいる、横浜市中区野毛町で生れました。
あっという間に51歳になりました。政治の世界では若手と言われますが、中年を過ぎて本物の仕事ができなければならない年になっていると認識しています。頑張ります。


2001(平成13)年 4月14日(土)

自民党総裁選挙がいよいよ始まりました。

麻生太郎、橋本龍太郎、亀井静香、小泉純一郎の四氏が立候補しました。(届出順)
昨日はいずれの陣営も慌しく選挙準備が進められたようです。若手「明日の自民党を創る会」でも第5の候補者選びに苦悩されたとのこと。
写真は昨夜東京某ホテルで麻生太郎経済財政担当大臣の様子です。20名の推薦人が決まりほっとしているところでした。そして早速、今まで暖めてきた政策の提言取りまとめに、無派閥の応援議員と深夜まで話し込んでいました。
派閥選挙ができない小さなグループから、ミステリアスな魅力を持つ麻生大臣が初挑戦することは大変意義深いと思いました。
しかし、私は立候補されるすべての皆さんには日本の将来について大いに政策論争していただき、解決すべき問題を明確にし、日本の経済と社会を建て直す処方箋を示して欲しいと思います。
そして、それがさらに自民党改革にも一石を投ずることになればと期待しています。


2001(平成13)年4月16日(月)

自民党総裁選挙について (04/09〜)

医療関係の会合に出席していたところ、橋本龍太郎氏と小泉純一郎氏代理の安倍晋三氏が入れ違いで総裁選挙支援要請で挨拶に来られた。橋本先生は懇談会会長、小泉先生は元厚生大臣でいずれも大切な関わり。さて、業界はどのような決断を下すか。


自民党総裁選挙の日程と投票の仕組みについて

日程  2001(平成13)年

4月05日(木)  ○2001年度予算関連法案成立
          ○森総理退陣表明
            総理が党執行部と総裁選挙の繰り上げ実施について協議

4月09日(月)  ○総裁選挙管理委員会開催
            地方票を3票に決定

4月10日(火)  ○全国幹事長会議

4月11日(水)  ○両院議員総会
            党則改正
                             総裁選告示

4月12日(木)  ○立候補届出受付 (11:00〜11:30 党本部8階リバティー2.3にて)
            推薦人20人(通常の選挙でない場合、以前は30名)
          ○共同記者会見 (15:00から党本部9階にて)

4月13日(金)  ○立会い演説会 (14:00から 党本部8階ホールにて)

4月14日(土)〜 ○全国遊説開始

4月22日(日)  ○かながわ自民党予備選挙実施日 (10:00〜20:00 各投票所にて)

4月24日(火)  党本部投票日
            
党大会に代わる両院議員総会 (13:00から 党本部8階ホールにて)
            (議題:総裁選任)

投票の仕組み

自民党国会議員346票+地方票141票(47都道府県×3票)=合計487票
4月24日の党本部投票日に487票が投じられる。

神奈川県3票については
昨年党費を納めた神奈川県内の地域・職域党員が県内76箇所の投票所で投票する。
結果、トップをとったA氏の氏名を3名の代表者が党本部投票で投ずる。

神奈川県内の党員の皆さんには4月14日ごろブルーの投票用紙を郵送しますので、案内にある各投票所で4月22日に投票していただきます。


2001(平成13)年4月22日(日) 地方予備選挙

●かながわ総裁予備選実施

かながわ1区各投票所の様子

金沢区投票所/磯子区関投票所・新井投票所/中区伊波投票所・松本研投票所

自民党総裁予備選
神奈川県投票結果
2001/04/22

投票用紙発送数

78,943

郵便不達数

2,237

確定有権者数

76,706

有効投票数

35,148

投票率

45.82%

無効票

216

 

候補者

得票数

得票率

麻生太郎

3,805

10.83%

橋本龍太郎

3,432

9.76%

亀井静香

618

1.76%

小泉純一郎

27,077

77.04%

神奈川1区投票結果

 

中 区

(伊波)

(松研)

磯子区

(関)

(新井)

金沢区

1区合計

有権者数

1502

1664

2136

5302

投票総数

636

312

324

608

393

215

904

2148

投票率

42.34%

36.53%

42.32%

40.51%

無効票

1

0

1

1

0

1

3

5

有効投票数

635

312

323

607

393

214

901

2143

麻生太郎

176

29

147

61

41

20

26

263

橋本龍太郎

67

44

23

94

51

43

84

245

亀井静香

5

3

2

10

5

5

5

20

小泉純一郎

387

236

151

442

296

146

786

1615

 


2001(平成13)年4月24日(火) 自民党両議員投票

●小泉純一郎新総裁誕生

4月24日(火)自民党両院議員総会が党本部8階ホールで開催され、総裁選挙が実施された。
亀井静香氏は立候補を取り下げ、3人の戦いとなった。
結果は小泉純一郎氏の圧勝だった。
党員選挙により国民の声を受け、新しい総裁選挙のあり方が示された新時代に相応しい船出となった。
今後は党人事、組閣、外交政策など課題は山積。

投票総数 487
有効票数 484

( 過半数票 243)

立候補者

地方票

国会議員票

合計

麻生 太郎

31

31

橋本龍太郎

(15±3)+(140±3)

155

小泉純一郎

(123±3)+(175±3)

298

合計

138〜141
(141)

343〜346
(346)

484
(487)

※白票の行方は不明。3票は広島県の票か?(地方票は141票が、138票に留まったか)
※橋本派101、堀内派43、森派59、山崎派23、加藤派15、江藤亀井派55、河野G12、旧河本派13、無派閥25、合計346


4月25日

●早速小泉流大胆人事を実施

幹事長に山崎拓、政調会長に麻生太郎、総務会長に堀内光雄各氏が決定する見込み。


4月26日

●小泉内閣の顔ぶれ

総   理

小泉 純一郎

(59)

総   務

片山 虎之助

(65)

法   務

森山 真弓

(73)

外   務

田中 真紀子

(57)

財   務

塩川 正十郎

(79)

文部科学

遠山 敦子

(62)

厚生労働

坂口 力

(67)

農   水

武部 勤

(59)

経済産業

平沼 赳夫

(61)

国土交通

扇 千影

(67)

環   境

川口 順子

(60)

官房/男女共同参画

福田 康夫

(64)

国家公安委員長/防災

村井 仁

(64)

防   衛

中谷 元

(43)

沖縄・北方対策/科学技術

尾身 幸次

(68)

金   融

柳沢 伯夫

(65)

経済財政

竹中 平蔵

(50)

行政改革/規制改革

石原 伸晃

(44)

 


目次へ     トップページへ