参議院選挙と磯子区市議補選

2001(平成13)年7月29日実施

トップ 選挙目次

2001(平成13)年/第19回参議院議員通常選挙

公示日 7月12日(木)
投票日 7月29日(日)

 

候補者/項目

神奈川県

中 区

磯子区

金沢区

神奈川1区

有権者数 6836706 98812 134719 165219 398744
投票者数 3790827 50890 78752 100031 229673
有効投票数 3662667 49103 76095 97056 222254
投票率 55.45 51.5 58.46 60.54 57.60
前回投票率 55.70 50.58 55.08 58.74  

投票結果

候補者/項目

神奈川県

中 区

磯子区

金沢区

神奈川1区

小林 温 自民 1294860
(35.35)
18866
(38.42)
22977
(30.19)
36410
(37.51)
78253
(35.21)
松 あきら 公明 660839
(18.04)
8766
(17.85)
12160
(15.98)
14154
(14.58)
35080
(15.78)
斉藤 勁 民主 595812
(16.27)
7596
(15.47)
13153
(17.28)
17231
(17.75)
37980
(17.09)
上田 恵子 社民 308554
(8.42)
3683
(7.50)
6145
(8.08)
8628
(8.89)
18456
(8.30)
太田 正孝 自由 307005
(8.38)
4613
(9.39)
12626
(16.59)
8639
(8.90)
25878
(11.64)
宗田 裕之 共産 299301
(8.17)
3357
(6.84)
5502
(7.23)
7308
(7.53)
16167
(7.27)
蔵田 恵利子 女性 81810
(2.23)
1001
(2.04)
1608
(2.11)
2275
(2.34)
4884
(2.20)
三輪 博久 自連 56202
(1.53)
527
(1.07)
873
(1.15)
1086
(1.12)
2486
(1.12)
川村 嵐子 27844
(0.76)
289
(0.59)
561
(0.74)
581
(0.60)
1431
(0.64)
坂内 義子 新社 15725
(0.43)
236
(0.48)
292
(0.38)
444
(0.46)
972
(0.44)
三輪 武司 維新 14715
(0.40)
169
(0.35)
198
(0.26)
300
(0.31)
667
(0.30)

 

参議院選挙

比例代表選出議員

投票結果(自由民主党)

平成13年7月29日実施

得票数

候補者名 年齢 派閥 経歴・主な支援団体・備考

1,588,262

ますぞえ よういち
舛添 要一

 
478,985 こうそ  けんじ
高祖 憲治
54 元郵政省近畿郵政局長/大樹
460,421 おおにた あつし
大仁田 厚
   
295,613 おの       きよこ
小野 清子
65 2期/軍恩
278,521 いわい  くにおみ
岩井 國臣
63 1期/建設関係
265,545 はしもと  せいこ
橋本 聖子
36 1期
264,888 おつじ  ひでひさ
尾辻 秀久
60 2期/遺族会
227,042 たけみ  けいぞう
武見 敬三
49 1期/医師会
218,597 さくらい しん
桜井 新
68 前衆議院議員
207,867 だんもと  ゆきお
段本 幸男
56 元農水省中国四国農政局長/土地改良
197,521 うおずみ ひろひで
魚住 汎英
61 1期
174,517 しみず    かよこ
清水 嘉与子
65 2期/看護連盟
166,070 ふくしま  けいしろう
福島 啓史郎
55 前農水省食品流通局長/農政
160,425 こんどう たけし
近藤 剛
59 元伊藤忠商事鰹務/経団連
156,656 もりもと  つねお
森元 恒雄
53 元自治省大臣官房総務審議官/自治振興
156,380 ふじい   もとゆき
藤井 基之
54 元厚生省医薬安全局麻薬課長/薬剤師会
147,568 さんとう あきこ
山東 昭子
59 4期
142,747 こいずみ あきお
小泉 顕雄
49 浄土宗教伝寺住職
114,260 ありむら はるこ
有村 治子
30 桜美林大学兼任講師
104,581 なかはら そう
中原 爽
65 1期/歯科医師会
95,109 なかしま ひろお
中島 啓雄
63 1期/ときわ会
94,332 ふじの きみたか
藤野 公孝
53 前運輸省総務審議官/運輸関係
78,584 よだ     ともはる
依田 智治
69 1期/防衛
58,955 かまもと  くにしげ
釜本 邦茂
57 1期/日本サッカー協会他
19,246 すえひろ  まきこ
末広 まきこ
56 1期

19,232

さとう ただし
佐藤 忠志
50 拓殖大学客員教授

17,339

みずしま ゆたか
水島 裕
67 1期

※当選 合計20名 (前8名、元2名、新10名)

▼初めての経験/比例代表選挙の難しさ

比例代表 藤井もとゆきベース 得票率がポイント
(神奈川選挙区 小林温 対比)

 行政区

有権者数

藤井基之

得票率

武見敬三

こうそ憲治

小林温

神奈川県

6836706

7820

0.57

7110

9030

1294860

横浜市

2765828

3644

0.66

2863

3825

515738

鶴見区

206568

182

0.49

198

286

34932

神奈川区

173204

186

0.56

187

292

31936

西区

66116 152 1.11 66 95 12761
中区 98812 309 1.62 130 127 18866
南区 162136 208 0.65 146 320 29440
港南区 177774 232 0.63 154 257 35785
保土ヶ谷区 163797 125 0.40 172 160 29527
旭区 205042 240 0.60 184 268 36881
磯子区 134719 174 0.64 132 143 22977
金沢区 165219 265 0.71 158 191 36410
港北区 240219 317 0.68 344 333 43694
緑区 126063 127 0.52 111 208 23376
青葉区 212371 313 0.73 404 326 41184
都筑区 117995 130 0.55 113 209 22801
戸塚区 201494 289 0.75 136 206 35480
栄区 98108 151 0.72 99 181 20042
泉区 118139 137 0.57 70 131 21897
瀬谷区 98052 107 0.57 59 92 17749

川崎市

1011699 987 0.52 980 1251 179367
川崎区 159201 134 0.45 143 140 27399
幸区 111797 91 0.42 85 166 20473
中原区 162435 163 0.54 158 228 28407
高津区 149444 144 0.54 150 156 24981
宮前区 158449 125 0.41 190 243 29474
多摩区 155421 137 0.50 114 158 26166
麻生区 114952 193 0.83 140 160 22467

横須賀市

355128 331 0.38 328 574 85432
横須賀市1 177824 171 0.38 164 330 43334
横須賀市2 177304 160 0.37 164 244 42098

平塚市

202370 207 0.53 265 226 37098

鎌倉市

143859 229 0.77 236 211 28057

藤沢市

306357 379 0.68 400 254 53727

小田原市

159416 222 0.67 274 213 32042

茅ヶ崎市

180335 261 0.78 205 141 31494
逗子市 49380 47 0.38 95 59 12220
相模原市 478226 493 0.60 418 577 76259
三浦市 42854 42 0.42 22 76 9760
秦野市 127828 132 0.50 93 119 26292
厚木市 168577 121 0.35 108 153 33055
大和市 171322 165 0.52 161 188 30898
伊勢原市 76907 85 0.50 99 60 16421
海老名市 94433 81 0.42 68 157 19075
座間市 99466 76 0.41 60 110 17767
南足柄市 35241 28 0.33 37 35 7816
綾瀬市 63665 32 0.23 40 78 13572
 

三浦郡葉山町

26362 20 0.30 35 66 6650

高座郡寒川町

36623 36 0.55 25 36 5916
中郡 52840 65 0.52 75 69 12523

大磯町

27195 33 0.53 35 39 6300

二宮町

25645 32 0.52 40 30 6223
足柄上郡 53520 53 0.38 53 119 13251

中井町

8151 3 0.14 2 16 2053
大井町 13264 14 0.44 9 28 3202
松田町 10546 7 0.26 10 17 2651
山北町 11114 15 0.47 9 31 2938

開成町

10445 14 0.54 23 27 2407
足柄下郡 44049 51 0.48 79 118 9987
箱根町 12645 11 0.35 14 52 2996
真鶴町 7786 16 0.82 15 43 1813
湯河原町 23618 24 0.44 50 93 5178

愛甲郡

35543 5 0.06 23 107 7688
愛川町 32907 4 0.06 21 71 6937
清川村 2636 1 0.13 2 36 751
津久井郡 59476 28 0.21 68 138 12755
城山町 18733 11 0.28 15 32 3808
津久井町 23982 5 0.10 9 53 4678
相模湖町 8056 10 0.46 6 27 2157

藤野町

8705

2

0.09

38

26

2112

 

横浜市会議員選挙

磯子区補欠選挙(欠員1)

 

2001(平成13)年/磯子区横浜市議補欠選挙

公示日 7月20日(金)
投票日 7月29日(日)

 

区分 合計

選挙当日の磯子区有権者数

134719
投票者数 76926
有効票数 72707
無効票数 4211
投票率 57.10%

投票結果

候補者名 政党名 得票数 得票率
(当選) 渕 龍一 自民 27091 37.2
白柳 一明 民主 18719 25.7
井上 明子 ネット 12485 17.1
大島 好忠 自ク 7296 10.0
齋藤 敬吾 共産 7116 9.7

 

参議院選挙と磯子区市議補欠選

≪選挙アルバム≫

7月29日(日)

●投開票日

▼1,294,860票!小林温候補が信じられない票を出しました。

あっという間に結果が出ました。それもそのはずで、小泉旋風に乗って1,294,860票という35.35%の得票率で早々と当選確実が出ました。

▼渕龍一候補が驚異的な27,091票を得て初当選

29日午後11時50分、渕龍一候補が当選確実となりました。先に当選を決めた小林温も合流し、お互いに健闘を称えあいました。

▼藤井基之候補もヒヤヒヤながら16位当選!

小林温、渕龍一両候補の結果を確認したあと、直ちに東京渋谷の藤井事務所へ向かいました。初めての経験の「比例代表選挙」で、なかなか結果が出てきません。イライラするも、どうにも始まらない。
徹夜になってしまいましたが、30日午前5時10分、藤井基之候補に当選確実が出ました。みんな大喜び。丹羽雄哉選対本部長もバンザイバンザイでご満足の様子。

三者三様の選挙形態でしたが、最も難しいのは比例代表選挙でした。全国の支持者に訴えかける方法はなかなか見つかりません。全国が対象の余りにも大きな選挙区ですから、支援組織がしっかりしていないと自分の力だけでは動きになりません。もっとも舛添要一氏のようにテレビで知名度が高ければ、確実な当選につながります。次回も難しいですね。よく研究しなければ・・・。
しかしながら、お陰さまで私の関わった小林温、藤井基之参議院選挙・渕龍一市議補欠選挙はいずれも圧勝!小泉バカ人気に全国でも圧勝でした。皆さん、お疲れ様でした。

※去年の私の衆院選は一体何だったのだろう? と一人悩みました。


7月28日(土)

●選挙運動マイク納め

選挙運動の最終日を迎えました。夜8時がマイク収めです。あっという間の選挙でしたが、やるべきことはすべてやった、という満足感はありました。しかし、「あと一日、投票箱が閉められる明日の午後8時までは気を抜くな!」と菅市連会長から檄が飛びました。選挙は手を抜いたとたん、劣勢に流れます。明日の確認電話の準備が進められました。


7月27日(金)

●河野洋平前外務大臣も応援に

京急杉田駅駅頭に河野洋平先生が応援のために駆け付けてくださいました。何としてもいまの小泉人気を生かして、小林、渕両候補の当選を勝ち取らなければなりません。マイクを握る河野先生の表情は緩まず、必死に支援のお願いがなされました。選挙は前半と後半で雰囲気ががらっと変わることがあります。それは、日本人の動物的バランス感覚とでも言うのでしょうか、一方をメチャ勝ちにはしてくれません。絶対的勝利方法がないのですから、私たちは最後まで気を抜かずに訴え続けることしかありません。河野先生からはついでに、松本純を遊ばせないで!とおまけ演説も・・・。


7月25日(水)

●菅義偉市連会長も陣頭指揮(洋光台駅頭)

いよいよ終盤戦です。自民党横浜市連会長の菅義偉衆議院議員も戦況の確認。
全体的に雰囲気は悪くないようだ。きちんとやるべきことをやれば、必ず当選できると渕候補を激励。残された時間を有効に使いたい。


7月24日(火)

●ほえる大仁田!

大仁田厚候補の人気は半端でありませんでした。ものすごい人気で、京急杉田駅前周辺は中学・高校生も含め若い支援者で一杯になりました。全国を飛び回り、プロレスのファンを中心に、知名度を生かした選挙戦を闘っています。

●衛藤征士郎元防衛庁長官と渕個人演説会へ


7月21日(土)

●橋本聖子必死のお願い(洋光台駅)

全国を飛び回っている橋本聖子参議院議員候補の遊説隊が横浜に入りました。洋光台の駅頭で街頭演説を実施。必死で訴える聖子さんに回りからも温かい声が飛んでいました。いつもの夏とは比較にならぬほど暑い中での戦いになっています。
合わせて小林温、渕龍一両候補も揃い踏みで演説に加わり、それぞれの立場で主張されました。
有権者の皆さんは、市議補選、参議院神奈川県選挙区、参議院比例代表の3つを区別しなければなりません。大丈夫ですよね!


7月20日(金)

●渕龍一出陣式

参議院選挙が先行し、ようやく磯子区市議補欠選挙がスタートしました。ものすごく暑い日が続いていますので、体調管理も重要な戦術になります。


7月18日(水)

●藤井もとゆき宣車(関内駅)

参議院比例代表選挙に挑戦している藤井基之候補者の宣伝カーが横浜に入り、関内駅頭で遊説を行った。
たった2台の宣伝カーが全国一週しなければなりません。過酷な遊説活動です。しかも、いつもマスコミに登場し知名度が高ければ別ですが、通常知る人はほとんどいない中での宣車遊説ですから、スタッフは相当の根性が無ければ、この作戦を成し遂げることはできません。


7月17日(火)

●舛添要一街頭遊説(比例代表:全国区)

▼JR洋光台駅頭で街頭演説会開催

▼京急文庫駅頭で街頭演説会


7月12日(木)

●参議院選挙告示

小林ゆたか出陣、第一声はみなとみらい21で!

 河野太郎も応援に


7月11日(水)


7月7日(土)

●金沢区小林ゆたか総決起大会


7月2日(月)

●自民党公認候補予定者ふち龍一氏と新井敏二郎県議

横浜市会議員磯子区補欠選挙が参議院選挙と同時に実施されることになった。
政党の責任として立候補者を立てることに決定した。神奈川県選挙区候補者は小林温氏、磯子区市議補欠選挙候補者は渕龍一氏。


6月2日

●磯子区市議補欠選に渕龍一氏を自民公認

6月2日(土)午後0時30分より開かれた自民党横浜市連総務会にて、太田正孝市議(磯子区選出)の参議院選挙転出に伴い行われる磯子区市議補欠選挙の自民党公認候補者を、磯子区支部より公認申請の出されていた渕 龍一(ふち・りゅういち/55歳)氏に決定した。直ちに市連は公認申請を自民党神奈川県連に送付した。

渕龍一氏は昭和20年12月27日宮崎県生れ、昭和45年日本大学法学部政治経済学科卒、昭和51年より国会議員秘書を経て平成7年、11年と横浜市議選挙に挑戦するも惜敗。捲土重来を期し3度目の挑戦になる。


4月14日

●神奈川1区広報車街頭遊説実施

中区伊勢佐木町・マイカル本牧、金沢区富岡駅・能見台駅で街頭遊説を実施しました。


4月12日

●神奈川1区支部参議院選対会議が開催

4月12日午後2時より小林温事務所会議室で1区選対会議が開催されました。
7月の参議院議員選挙とともに、比例区選挙、磯子区市議補欠選挙が同時に行われますが、さらにその前に総裁選挙の対応もしなければならず、極めて多忙となります。


3月16日

●小林温と松本純の時局後援会ポスターが完成


3月13日

●第67回自民党大会が開催

今日午後1時より日本武道館で自民党大会が開かれた。古賀幹事長からは党情報告がなされ、危機感を持ち党再生に取り組むことが述べられ、森総裁からは前倒し総裁選挙を実施することが述べられた。
会場周辺は都議団が党改革を訴え鉢巻姿でビラを配り、党首脳の危機意識の欠如を非難した。一方会場内は一万人を超える参加者で熱気に溢れていたが、後半参議院議員選挙候補予定者の紹介が始まる頃には空席も目立ち始めた。一歩踏み込んだ改革案の具体論が無かったことがその原因ではないかと思う。


1月25日

●参議院総合選対本部を自民党神奈川県連に設置

県連は午前10時より参議院総合選対本部の開所式を行った。神事に続き梅沢健治神奈川県連選対本部長より挨拶があり、「21世紀をつくるのは今生きている者の責任。さわやかな21世紀にするために36歳の候補者を選んだ。今日を出発点として勝たねばならない。国会が開会されると山積する課題が波のようにおとずれ、本論より不祥事が注目されて始まるだろう。しかし、これらから逃げずに、本当の意味の自民党の良さを知らしめるべきで、愚痴は解決にならない。候補者を信じて、信じられる政治家に育てよう」と語った。


2000年12月28日

●小林温氏に参院選を託す

昨年12月28日県連役員総会にて小林温(ゆたか)氏(写真左、右は松本純)の挨拶を聞いた。36才という若さに溢れたすがすがしい挨拶で、若さに期待してみたいと思わせるような、はきはきした力強い言葉だった。

広い広い神奈川県全域を選挙区とする参議院選挙は、中途半端な覚悟ではできない。よくぞ決断をした小林温氏の健闘を祈ると共に全力で支援していきたい。


前のページへ     トップページへ