松本純の国会奮戦記

今日の予定・昨日の動き

 トップへ 国会奮戦記目次へ まちかど政治かわら版目次へ

NHK 政治マガジン
「永田町・霞が関のサラめし」に松本純が登場

ぜひご覧ください→ https://www.nhk.or.jp/politics/salameshi/

今日の主な予定(抜粋)

12月19日(水)晴れ(東京)
■0700〜(地元)第120回早朝駅頭演説会/能見台駅、並木北駅
■0900〜(党務)農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議/党本部901
※1130〜(参考)臨時総務会/党本部601
●1300〜(閥務)志公会パーティー打合せ
●1630〜(政務)金融庁説明/1-302
●1700〜(政務)国土交通省説明/1-302
●1830〜(政務)政務懇談会/都内
■1900〜(地元)神奈川県薬剤師連盟平成30年度第5回常任総務会・忘年会/神奈川県総合薬事保健センター・うさぎや関内店
■1930〜(地元)花純会/初黄町内会館

昨日の主な動き(抜粋)

12月18日(火)晴れ時々曇り(東京)

■0700〜(地元)第119回早朝駅頭演説会/磯子駅

今朝は根岸駅と京急屏風浦駅で早朝駅頭広報活動を行いました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は156枚/累計1068枚(古正43枚/累計267枚、斎藤35枚/累計315枚、森28/累計166枚、大村50枚/320枚)でした。(秘書斎藤報告)

■0800〜(党務)科学技術・イノベーション戦略調査会基本問題小委員会/党本部704

科学技術・イノベーション戦略調査会基本問題小委員会が党本部704号室で開催されました。八木哲也幹事の司会で進行され、渡海紀三朗調査会長、船田元委員長の挨拶の後、議題の有識者ヒアリングとして、講師の天野浩・名古屋大学未来エレクトロニクス集積研究センター長・教授から、「トランスフォーマティブエレクトロニクスが築く4S社会」のテーマでヒアリングの後、質疑応答・意見交換にうつりました。

今、GaN (窒化ガリウム)で高効率半導体をつくる技術開発を進めている。サービスに対するエネルギーを減らすことを目指している。青のLEDだけが、白色をつくれる。また、紫外線LED上水システムをつくった。発電における炭酸ガス排出量が減らなくなった。モータの電力を減らすにはインバターが有効で、このインバターの材料をSi(シリコン)からGaN (窒化ガリウム)にかえると電力消費を減らすことができる。無線で電力を供給できるように実験している。GaN (窒化ガリウム)に可能性を見出している。LED照明による省エネは進んだが、新たな技術を開発すれば、さらなる省エネが可能となる。そこで今、次世代パワーエレクトロニクスを活用した究極の高効率システムを作り上げようと構想中。再び省エネ革命を起こすことを目指している。例えば、ディスプレイはたくさんのフィルターを通して白色光をフルカラーにするので極めて効率が悪く、わずか5%でしかないが、そのディスプレイで映画を見た人が感動すれば、感動エネルギーはカウントレス、つまり効率は無限大になる。エネルギーの変換効率を上げるのはもちろん、そこから新たな価値を生み出すことで世界を変える。「トランスフォーマティブ」は研究の目標としてまさにぴったりである。それは、青色LEDでおなじみの窒化ガリウム( GaN)であり、電気をよく通し、失われる電力をシリコンの10分の1と劇的に減らせる可能性があるが、扱いは難しい。欠陥の少ない結晶を作る等、課題は多いが、道筋は見え始めており、見極めをしている段階である。天野浩教授は、2014年秋、「明るく省エネルギーの白色光源を可能にした高効率の青色発光ダイオードの発明」により、赤ア勇・名古屋大学特別教授、中村修二・カリフォルニア州立大学教授と共に、ノーベル物理学賞を受賞されました。(秘書渡部報告)

※0930〜(参考)役員会/党本部総裁応接室

●1000〜(党務)役員連絡会/党本部総裁応接室

役員連絡会後、萩生田幹事長代行記者会見(平成30年12月18日(火)10:36〜10:43於:党本部平河クラブ会見場)が開かれ下記の通り発言されました。

【冒頭発言】(萩生田幹事長代行)
本日の役員会と役員連絡会の概要を報告いたします。
安倍総裁より、今年は70年ぶりの働き方改革、TPPやEUとの経済連携協定、外国人材の受け入れ、自然災害への対応など党においても現場の声を丁寧に集めて頂き、地に足の着いた政策で政権与党としての責任を果たすことができた。今週は予算編成が最終局面を迎えているので、最後まで気を抜くことなくしっかりと取り組む。来年は統一地方選と参院選が12年ぶりに重なる年。第1次安倍政権以来、あれから政局が不安定になった。統一地方選挙でしっかりと基盤を固めて参院選挙を戦いたいとの発言がございました。
二階幹事長からは昨日から党務に復帰をしておりまして、本日より本格的に仕事をさせていただく。去る11/16に、中原八一元参議院議員(現 新潟市長)より、離党届が提出され、党紀委員会で慎重に審査した結果、12/13付けで了承するとの報告を受けました。年内の役員会は本日で最後とし、何かあれば召集をしたい。新年仕事始めは1月7日(月)、15時から仕事始めを行い、その後に15時半から役員会、16時から役員連絡会を開催する予定です。最後に、今年一年間の党運営に対するご協力に感謝がありました。
森山国対委員長からは安全保障委員会は12月19日と20日、長崎県に委員派遣を行う。
吉田参院幹事長からは山梨県知事選は統一地方選と参院選に大きな影響を与える。担当者の常駐も含め考えたい旨の発言がございました。
甘利選対委員長からは来年の参院選の候補者の選定を、空白区においてスピード上げて作業をしている旨の報告があったところです。
岸田政調会長からは、明日、来年度予算の審議を行う。本日から3日間連続で外国人労働力受け入れに関する合同会議を開催し、特定技能の在留資格に関わる制度運用の基本方針や省令、受け入れと共生のための総合的対応策について議論するとの報告がございました。
加藤総務会長からは年内の総務会は明日と21日を予定しているとの報告がございました。
以上です。

※1030〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件等74件と条約の公布、政令、人事が決定されました。大臣発言として、私(内閣官房長官)から「平成31年度以降に係る防衛計画の大綱及び中期防衛力整備計画(平成31年度〜平成35年度)等について」申し上げ、防衛大臣から「平成31年度以降に係る防衛計画の大綱について」、茂木大臣から「平成31年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度について」、それぞれ御発言がありました。閣僚懇談会においては、環境大臣から「国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)の報告について」、御発言がありました。(菅義偉内閣官房長官)

●1030〜(政務)医療制度・薬価制度懇談会/1-302

ギリアド・サイエンシズ株式会社 の長瀬敏雄 ガバメント・アフェアーズ シニアディレクターが来訪され、費用対効果評価並びに国際標準について説明を受けました。インフルエンザ治療薬のタミフル、HIV治療薬のツルバダ、C型慢性肝炎治療薬のソバルディ錠 ・ハーボニー配合錠等を上市しています。(秘書渡部報告)

●1200〜(政務)政務懇談会/都内

横浜市議との懇談会に出席しました。

■1300〜(地元)JUN CLUB定例会/天吉

JUN CLUBの定例会が天吉で開かれました。南雲誠司会長より「12月10日に松本純君の友好団体忘年会が行われ麻生副総理来てくださって盛大に開催出来ました。これからの純君の行事は3月の新春総会、5月のゴルフ大会、7月頃の政経セミナーなどがありますのでよろしくお願いします」との挨拶がなされました。松本純事務所からは松本純代議士の活動報告をしました。(秘書古正報告)

■1330〜(党務)外国人労働力受入れに関する合同会議/党本部702

外国人労働力受入れに関する合同会議が党本部702号室で開催されました。橋本岳事務局長の司会で進行され、木村義雄座長の挨拶の後、議題の@特定技能の在留資格に係る制度運用に関する基本方針(案)について(説明者:法務省和田雅樹入国管理局長)、A特定技能の在留資格に係る制度運用に関する分野別の方針(案)について(説明者:法務省和田雅樹入国管理局長)、B新たな外国人受入れに関する省令(案)について(説明者:法務省和田雅樹入国管理局長)、C外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(案)について(説明者:法務省大臣官房金子修政策立案総括審議官)、D「在留外国人に係る医療ワーキンググループ」提言(説明者:自由民主党政務調査会外国人労働者等特別委員会在留外国人に係る医療ワーキンググループ自見はなこ事務局長)からの説明聴取に引き続き、質疑応答・意見交換にうつりました。今週中の閣議決定に向けて議論を深めることとなりました。(秘書渡部報告)

●1430〜(政務)財務省説明:宇波弘貴・主計局次長/1-302

財務省宇波弘貴・主計局次長から平成30年度第2次補正予算、平成31年度予算について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1445〜(政務)国土交通省説明:加藤雅啓・港湾局海岸・防災課長/1-302

国土交通省港湾局加藤雅啓海岸・防災課長から、横浜港を含む、港湾局関連の平成30年度第2次補正予算、平成31年度予算について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1500〜(政務)厚生労働省説明:老健局総務課・田中規倫認知症施策推進室長/1-302

厚生労働省老健局総務課・田中規倫認知症施策推進室長から認知症に対する取り組みについて説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1530〜(政務)厚生労働省説明/1-302

厚生労働省大臣官房横幕章人会計課長から、大臣折衝を踏まえて、平成30年度第2次補正予算、平成31年度予算について説明を受けました。(秘書渡部報告)

●1550〜(政務)面談:日本生活協同組合連合会役員より一年間のご報告/1-302

日本生活協同組合連会の和田寿昭専務理事、渉外広報本部伊藤治郎本部長、松本圭司渉外部長から、地元、神奈川県生活協同組合連合会が中心となって運営している「フードバンクかながわ」が公益社団法人として活動していること等、生協が行う地域福祉の先駆的な取組事例」の最近の事業の概況について説明を受けました。組合数は、938組合(2017年度末)、供給高3,785億円(2017年度)、全国の組合員数6,636万人(のべ、2017年度末)、会員生協の総事業高約3.5兆円(2017年度)。(秘書渡部報告)

■1800〜(地元)八八会/アルテリーベ

八八会開かれました。12月の例会は恒例の日本大通りにあるイタリアンレストラン「アルテリーベ」での忘年会です。ルーマニアの弦楽三重奏グループの生演奏を聞き、美味しいフレンチ料理をいただきながら今年一年のことを振り返りながらの忘年会となりました。(秘書古正報告)

●1830〜(地元)横浜市会議員いなみ俊之助君を育てる会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜市会議員の伊波俊之助先生を育てる会が開催され松本純代議士が 出席しました。会場のロイヤルホールには大勢の後援者が集まりました。開会にあたり後援会長川本守彦氏より出席の皆さんへのお礼と、伊波議員が皆さんの支援で無事終了一期目を終了するが、二期目の選挙は1番難しい事でもあり、芽吹き始めた伊波先生を大木になるように育てて頂きたい、との挨拶がありました。続いて来賓として松本純代議士より激励の言葉が述べられ、マザーテレサの言葉を例にあげ、愛の反対語は無関心である。伊波俊之助議員には是非関心を持って応援して頂き、大きな愛を与えて欲しい、との言葉がありました。続いて来賓祝辞の後、乾杯が行われ、乾杯後は和やか懇親会が行われました。(秘書斎藤報告)

●1930〜(国対)幹事長・国対懇談会/都内

幹事長室の計らいで国対役員メンバーとの懇談会が開催されました。この一年頑張ったメンバーとの忘年会になりました。

■1930〜(地元)第21回川友会忘年会/同發別館

黒川勝市議を囲む企業の会、第21回川友会忘年会が横浜中華街の同發別館で開会されました。忘年会の前には総会が行われ、全ての議案が滞りなく承認され、黒川市議より市政報告と挨拶がなされたとの事でした。乾杯の発声で始まった忘年会では、波間浩一会長や会員の皆さんにご挨拶後、松本純代議士代理として代議士近況と会員皆さんの更なる活躍を祈念申し上げました。歓談では来年行われる統一地方選挙の話題となり、黒川市議や皆さんと地方選の昔話しで大いに盛り上がった宴となりました。(秘書森報告)

■1930〜(地元)松実会/日ノ出町町内会館

恒例の松実会が開催され真純夫人と参加しました。今日は今年最後の例会となります。松本研市会議員より市政報告が行われ、私からは「まちかど政治瓦版」の12月号を配布させていただき、松本純代議士の近況を報告させていただきました。(秘書斎藤報告)

●2230〜(政務)政務懇談会/都内

地元横浜の若手経済人との懇談会にお招きいただきました。

12月の続き

 

これまでの国会奮戦記をご覧ください→国会奮戦記目次

毎月一本発行しています→「まちかど政治かわら版」目次

自民党神奈川1区支部・松本純後援会→お知らせ


目次へ     トップページへ