松本純の国会奮戦記

今日の予定・昨日の動き

 トップへ 国会奮戦記目次へ まちかど政治かわら版目次へ

今日の主な予定(抜粋)

4月27日(木)曇り
■0900〜(党)厚生労働部会/702
●1000〜(警察)国家公安委員会/役所
●終了後〜(警察)国家公安委員会後記者会見/役所
●1200〜(政務)為公会例会/為公会事務所
●1315〜(政務)面会/議員会館
■1400〜(党)一億総活躍推進本部、若者の雇用安定・活躍加速PT/706
●1540〜(警察)長官官房説明/役所
●1600〜(国土)第14回国土強靭化の推進に関する関係府省庁連絡会議/役所
●1800〜(消費)消費者庁説明/役所
■1830〜(地元)横浜南部市場内郵便局長就任披露/横浜テクノタワーホテル
●1900〜(政務)政務懇談会/都内

昨日の主な動き(抜粋)

4月26日(水)曇り雨

今村雅弘復興大臣辞任、後任は衆院震災復興特別委員長の吉野正芳衆議院議員

■0800〜(政務)普及事業推進議員懇談会/リバティ2・3号室

普及事業推進議員懇談会総会が党本部リバティ2・3号室で開催されました。宮下一郎事務局長の司会で進行され、宮腰光寛会長の挨拶、宮下事務局長からの現地視察の報告の後、議事の@農林水産省からの報告が、協同農業普及事業関連予算については鈴木良典生産振興審議官から、林業普及指導事業関連予算については林野庁織田央森林整備部長からの説明聴取、A団体からの報告が、全国農業改良普及職員協議会の取組については全国農業改良普及職員協議会福谷洋一副会長から、全国林業普及指導職員協議会落合辰巳会長からの説明聴取に引き続き、質疑応答・意見交換が行われました。農業改良普及事業予算としては、交付金は平成29年度24億円で、農業生産行程管理(GAP)の取組により生産管理の向上、効率性の向上、生産者自身や従業員の経営意識の向上に対しての有効性が認められるとの内容でした。国際情勢への対応を考慮する必要との意見が出されていました。(秘書渡部報告)

●0900〜(国会)衆法務委員会/衆分館第14委員室

開催されませんでした。

■0940〜(地元)平成29年全国都市緑化祭・記念式典/大さん橋ホール

平成29年全国都市緑化祭・記念式典が大さん橋ホールで開催されました。フェリス女学院大学音楽学部のコーラスの歓迎アトラクション、秋篠宮同妃両殿下のご入場に続き、林文子横浜市長の開会宣言がなされました。田中良生国土交通副大臣、黒岩祐治神奈川県知事の主催者挨拶に続き、秋篠宮殿下のおことばをいただきました。横浜市立幸ケ谷小学校の生徒さんによる都市 緑化宣言がなされ閉会となりました。(秘書古正報告)

●1000〜(消費)第1回遺伝子組換え表示制度に関する検討会/役所

第1回遺伝子組換え表示制度に関する検討会の冒頭に挨拶し、委員の皆様に活発な議論をお願いしました。

第1回遺伝子組換え表示制度に関する検討会
松本内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)挨拶

 消費者及び食品安全を担当する内閣府特命担当大臣の松本純でございます。

 皆様方におかれましては、常日頃より、消費者行政の推進に御理解と御協力を賜り、心より感謝申し上げます。また、御多忙のところ、本検討会へ御参画、御出席をいただきありがとうございます。重ねて感謝申し上げます。

 遺伝子組換え表示制度につきましては、平成27年3月に閣議決定された消費者基本計画において、食品表示一元化の検討過程で積み残された課題の一つとして位置付けられ、「順次実態を踏まえた検討を行う」こととされています。この遺伝子組換え表示制度の検討につきましては、昨年来の国会での議論においても、表示対象品目の拡大や意図せざる混入率の問題などについて、諸外国の制度と比較しながら多くの議員から問題提起がなされるなど、国民の関心・注目度が非常に高い分野であると考えております。本検討会に先立ち、昨年度、消費者庁においては、@分別生産流通管理等の実態調査、A科学的な表示対象品目の検証、B消費者意向調査などの必要な調査を実施し、準備を進めてまいりました。

 委員の皆様には、これらの調査結果や諸外国の制度を参考に、消費者の理解や事業者の実行可能性などあらゆる角度から、遺伝子組換え表示制度が、ますます消費者の自主的かつ合理的な選択に資するものとなるよう、遺伝子組換え表示制度の在り方について、御議論いただきたいと考えております。そして、その御議論の結果について、本年度末を目途に、取りまとめをお願いしたいと考えております。最後になりましたが委員の皆様方には、活発な御議論をお願いして、私の挨拶とさせていただきます。

■1000〜(政務)日本医師会・AdvaMed共催シンポジウム/ザ・キャピトルホテル東急

日本医師会・先進医療技術工業会共催シンポジュウムが、「活気ある国家:生きがいの創出〜革新医療による、経済成長、生産性向上、および医療費削減〜」のテーマのもとキャピトル東急ホテル1F鳳凰の間で開催されました。開会にあたり、日本医師会横倉義武会長、健康保険組合連合会副会長白川修二専務理事、優れた医療機器を国民に迅速かつ安全に届けるための議員連盟鴨下一郎会長、山本幸三内閣府特命(地方創生、規制改革)担当大臣からの挨拶がありました。引き続き、AdvaMed理事会役員デビッド・ペレス氏から背景説明の後、米国のミルケン研究所ロス・ディヴォール統括研究官からの基調講演がありました。医療経済研究機構所長西村周三社会保障審議会会長が座長となり、東京慈恵会医科大学脳神経外科学講座村山雄一主任教授、横浜市立大学医学部内分泌・糖尿病内科寺内康夫教授、厚生労働省保険局鈴木康裕局長、NPO患者スピーカーバンク香川由美理事長が参加するパネルディスカッションが行われました。取りまとめとして、「QOLを超えた生きがい」との内容で、西村周三会長からスピーチがあり閉会となりました。AdvaMedからは、脳血管疾患、糖尿病、肺癌、筋骨格疾患の4疾患の其々に対する治療(ステントレトリバー、インスリンポンプ、リニアアクセラレター、人工股関節インプラント)による経済的なインセンティブについて調査結果の報告がなされました。(秘書渡部報告)

●1126〜今日の国会

■1130〜(地元)狩野久宣お別れの会/横浜ロイヤルパークホテル

狩野久宣氏のお別れの会が横浜ロイヤルパークホテルで執り行われ弔問に伺いました。狩野久宣氏はJFEエンジニアリング株式会社代表取締役社長として長年、社業の発展と社会への貢献にご尽力されました。心よりご冥福をお祈りします。(秘書古正報告)

■1200〜(政務)芳井順一お別れの会/ホテルニューオータニ

3月14日に69歳にてご逝去された株式会社ツムラ前社長芳井順一様のお別れの会が開催され、代理献花致しました。芳井様は、大学での卒前教育から卒後にいたる漢方医学教育の充実に力を入れ、生薬トレ-サビリティ体制の構築や漢方のエヒデンス構築など漢方医学の確立に注力され、日本漢方生薬製剤協会の会長として漢方の普及・発展に尽力されてこられたとのことです。ご冥福をお祈り申し上げました(秘書渡部報告)

●1220〜(国会)参消費者問題に関する特別委員会/参分館第32委員会室

開催されませんでした。

●1300〜(国会)日本国憲法施行七十周年記念式/憲政記念館

憲政記念館において日本国憲法施行七十周年記念式が開催され、出席しました。式典では、衆参両院国会議員等の出席の下、大島理森衆議院議長及び伊達忠一参議院議長からの挨拶の後、安倍晋三内閣総理大臣及び寺田逸郎最高裁判所長官からの祝辞がありました。

●1400〜(警察)長官官房説明/役所

政策評価に関して説明を受けました。

●1415〜(警察)長官官房説明/役所

質問主意書への対応等について打合せを行いました。

●1425〜(警察)組織犯罪対策部説明/役所

暴力団対策について説明を受けました。

●1430〜(警察)長官官房説明/役所

質問主意書への対応等について打合せを行いました。

●1445〜(警察)長官官房説明/役所

明日の国家公安委員会定例会議に向けて打合せを行いました。

●1830〜(政務)面談/都内

地元横浜の取り組み課題についての意見交換が行われました。

■1900〜(地元)島村大国政報告会/崎陽軒本店

島村大参議の国政報告会が崎陽軒本店で開かれました。小此木八郎神奈川県連会長、菅義偉官房長官より祝辞が述べられました。島村大参議より社会保障制度について国政報告がなされました。(秘書古正報告)

4月の続き

これまでの国会奮戦記をご覧ください → 国会奮戦記目次

毎月一本発行しています → 「まちかど政治かわら版」目次


目次へ     トップページへ