松本純の国会奮戦記

今日の予定・昨日の動き

 トップへ 国会奮戦記目次へ まちかど政治かわら版目次へ

今日の主な予定(抜粋)

2月21日(水)曇り 衆予算委員会・中央公聴会
※0800〜(参考)二幹二国/都内
●0815〜(国対)予算委員会与党理事懇談会/院内第23控室
※0845〜(参考)衆予算委員会・中央公聴会/院内第1委員室
■0900〜(党務)厚生労働部会/702
●0910〜(国対)国会対策正副委員長打合会/院内第21控室
●0930〜(国対)役所説明(総務省・渡辺克也総合通信基盤局長:電気通信事業法改正案について)/院内代理室
●0940〜(国対)役所説明(文化庁・中岡司次長:文化財保護法改正案について)/院内代理室
●1045〜(国対)議院運営委員会与党理事懇談会/院内第13控室
※1100〜(参考)議院運営委員会理事会/院内議運理事会室
●1200〜(閥務)打合せ/都内
■1200〜(政務)TPP交渉における国益を守り抜く会/701
■1400〜(地元)柳通り会/センターグリル
●1400〜(閥務)「志公会と語る夕べ」実行委員会第1回打合せ/第1会館議員会議室
●1530〜(政務)役所説明(防衛省・土本英樹審議官:機雷戦について)/1-302
■1630〜(政務)スポーツ歯科推進議員連盟設立総会/参会館B109会議室
■1830〜(地元)金沢料理飲食業組合役員新年会/河鹿荘
●1900〜(政務)政務懇談会/都内
■1930〜(地元)花純会/初黄町内会館

昨日の主な動き(抜粋)

2月20日(火)晴れ時々曇り 衆予算委員会・集中審議

■0800〜(党務)国土交通部会/701

国土交通部会が党本部701号室で開催されました。盛山正仁国土交通部会長の司会で進行され、議題の@【条文審査】海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律案について(説明:国土交通省篠原康弘国際統括官)、A【条文審査】建築基準法の一部を改正する法律案について(説明:国土交通省伊藤明子住宅局長)、B所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案(仮称)【概要報告】(説明:国土交通省田村計土地建設産業局長)、C【概要報告】船舶の再資源化解体の適正な実施に関する法律案(仮称)(説明:国土交通省蒲生篤実海事局長)、D【概要報告】国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案(説明:国土交通省奥田哲也自動車局長、蝦名邦晴航空局長)、E【概要報告】エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律案(説明:国土交通省由木文彦総合政策局長)からの説明聴取に引き続き、質疑応答・意見交換になりました。

海外社会資本事業参入促進法案は、海外社会資本事業(インフラ)(仮称)への我が国事業者の参入の促進を図るため、国土交通大臣による基本方針の策定について定めるとともに、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構その他の9法人に海外社会資本事業への我が国事業者の円滑な参入に資する調査その他の業務を行わせるための措置等を講ずる内容。我が国のインフラシステム受注額2010年10兆円を2020年30兆円の目標達成のために必要とのことです。

また、建築基準法改正案は、糸魚川市大規模火災や埼玉県三芳町倉庫火災等最近における建築物をめぐる状況に鑑み、より合理的かっ実効的な建築規制制度を構築するため、木造建築物の耐火性能に係る制限の合理化、建築物の用途の制限に係る特例許可手続の簡素化、維持保全に関する計画等を作成すべき建築物の範囲の拡大等の措置を講ずる内容です。例えば、密集市街地で燃えにくく逃げやすくするためにも改正が必要とのことです。所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案は、社会経済情勢の変化に伴い所有者不明土地が増加していることに鑑み、所有者不明土地の円滑な利用及び土地の所有者の効果的な探索を図るため、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する基本的な方針の策定について定めるとともに、地域福利増進事業(仮称)の実施のための手続の創設、所有者不明土地の収用又は使用に関する土地収用法の特例の創設、土地の所有者等に関する情報の利用及び提供等の措置を講ずる内容。船舶の再資源化解体の適正な実施に関する法律案は、2009年の船舶の安全かつ環境上適正な再資源化のための香港国際条約(シップ・リサイクル条約)(仮称)の締結に伴い、船舶の再資源化解体(仮称)の適正な実施を図るため、船舶所有者に有害物質一覧表の作成等を義務付けるとともに、再資源化解体に係る許可の制度並びに当該許可を受けた解体業者による再資源化解体計画(仮称)の策定を義務付ける内容。国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案は、自動車の自動運転、無人航空機(ド-ロン)等の実証実験が迅速・円滑にできるようにする措置を講ずる内容。エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律案は、エネルギ-消費の大きい事業者に対して毎年度所管大臣へ実績等を定期報告させる等の規制を課すことで省エネの取組を推進する制度を講ずる内容。

なお、条文審査の2法律案については部会了承がされ、来週2月27日の政調審議会、総務会で審議されることとなりました。(秘書渡部報告)

●0815〜(国対)予算委員会与党理事懇談会/院内第23控室

予算委員会理事会に臨むに当たり、与党理事懇談会で協議内容の確認がなされました。

●0817〜今日の国会

※0825〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件等25件と法律案、人事が決定されました。本日の閣議において、東日本大震災七周年追悼式に際し、哀悼の意を表するため、国の行政機関における対応について定めるとともに、広く国民の皆様に御協力をお願いすることを内容とする、「東日本大震災七周年追悼式の当日における弔意表明について」了解されました。この閣議了解を受け、私(官房長官)から各省庁の長に対し、各省庁部内及び地方公共団体等において然るべく御配慮願いたい旨、通知することといたしております。あわせて、お配りしておりますとおり、総理から「国民の皆様へ」と題する談話が出されております。(菅義偉内閣官房長官)

●0845〜(国対)国会対策正副委員長打合会/院内第21控室

国対正副委員長の打合せが行われ、各委員会の状況や対応について確認がなされました。

※0855〜(参考)衆予算委員会・集中審議/衆院第1委員室

衆予算委員会は総理出席のもと、社会保障・人づくり革命等をテーマとし集中審議を行いました。自民党のあべ俊子委員は、裁量労働制の本来の目的を質し、デメリットに当たる部分はしっかり是正をする配慮が必要と述べました。厚生労働省のデータをめぐって議論が紛糾する場面もありましたが、教員や医師の働き方改革、大雪被害への対応、アベノミクスの成果など、7時間じっくりと審議が行われました。(秘書鈴木報告)

◎平成30年度総予算
○集中審議(社会保障・人づくり革命等)(7時間)(出席大臣:総理、財務、厚生労働、人づくり+要求大臣)
・あべ俊子(自民)→財務、厚生労働、文部科学、奥野総務副
・佐藤ゆかり(自民)→総理、財務、国土交通、経済産業、人づくり、日銀総裁(参考人)
・浮島智子(公明)→総理、経済産業、文部科学
・長妻昭(立憲)→総理、厚生労働
・逢坂誠二(立憲)→総理、経済産業、厚生労働
・山井和則(希望)→総理、厚生労働
・大西健介(希望)→総理、厚生労働、公安
・稲富修二(希望)→総理、財務、厚生労働
・黒岩宇洋(無会)→総理、厚生労働
・金子恵美(無会)→総理、財務、厚生労働
・高橋千鶴子(共産)→総理、厚生労働、文部科学
・丸山穂高(維新)→総理、厚生労働、国土交通

●0930〜(党務)役員連絡会

役員連絡会後、二階幹事長記者会見(平成30年2月20日(火)10:36〜10:40於:院内平河クラブ会見場)が開かれ下記の通り発言されました。

【冒頭発言】(小泉筆頭副幹事長)
役員連絡会の概要報告をさせていただきます。
高村副総裁からは予算委員会は厚労省の資料の件で問題はあるが、政府にはしっかりと説明してもらいたい。提出前の法案だが、いずれにせよ、予算審議に影響を及ぼさないようお願いしたいという発言がございました。
萩生田幹事長代行からは大雪に関して、特別交付税の繰り上げ措置を行うことが決定したが、今後、農業被害や空き家倒壊など様々な被害が明らかになるので、党としても、迅速に対応していく。
森山国対委員長からは予算委員会は、明日は中央公聴会の予定。今朝の理事会で、23日の分科会を提案した。早期に参議院に送付できるよう努力したい。他の委員会は国対間や筆頭間で野党に対し店開きを行うよう働きかけているが、厚労省の問題を理由に応じない状況であるという報告がございました。
以上です。

●0940〜(国対)国会対策委員会/院内第24控室

法案説明を受けました。

●1000〜(政務)来客(バイオシミラー協会・黒川理事長他:活動報告など)/院内代理室

バイオシミラー協議会の黒川達夫・理事長、南部静洋・会長、林宏行・総務委員長、西川政孝・総務副委員長、市橋賢二・事務長が来訪されました。現状と課題についての説明・要請を受けました。バイオ医薬品は、遺伝子組み換え技術を応用し、動物または微生物が持つタンパク質(ホルモン、酵素、抗体等)を作る力を利用して製造される医薬品です。1980年代より開発が進められており、癌や血液疾患、自己免疫疾患等多くの難治性疾患に卓抜した治療効果を得られることが確認されています。一方、バイオシミラー(日本ではバイオ後続品)は、バイオ医薬品の本質であるアミノ酸配列は先行品と同一ですが、細胞株や培養工程は製造業者により異なることから、糖鎖や不純物の割合など先行品と完全には一致しないものの、厳格な品質試験、薬理試験、毒性試験及び臨床試験によって医薬品としての同等性/同質性(comparabilityの和訳:「品質の類似性が高く、品質に何らかの差異があっても安全性・有効性に影響を及ぼさないこと」)が検証されています。バイオシミラー協議会は業界団体としてではなく、アカデミア、行政関係の方々にもご参加頂き、公正な立場から患者および医療の第一線の方々に対する適正な情報の提供や理解浸透の促進に貢献するため、また、バイオシミラーの効率的な開発、最新の評価法に関する情報発信を進めるため設立されたとのことです。こうした技術や情報の蓄積は、日本発のバイオ医薬品を世界に届ける礎にもなり、協議会としては患者さんと社会がバイオシミラーによる治療と利益を容易に享受できるよう、バイオシミラーの開発あるいは規制等をめぐる課題の共有及び解決案の策定、さらには国際協調について、産官学の関係者の皆様による情報交換及び討論の場を設けるとのことです。2016年4月に、本協議会は、バイオシミラーの諸問題についての調査・研究に務め、製薬企業、行政機関、医療機関など産官学の関係者による情報交換及び討論の場を設け必要な提言を行い、バイオシミラーの振興と発展に寄与する事で医療の発展に貢献することを目的として設立され、現在正会員は16社、賛助会員は7社で構成されているとのご説明を頂きました。(秘書渡部報告)

<正会員は16社>
日医工株式会社、日本化薬株式会社、Meiji Seika ファルマ株式会社、持田製薬株式会社、株式会社ジーンテクノサイエンス、伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社、ニプロ株式会社、サンド株式会社、協和キリン富士フイルムバイオロジクス株式会社、YLバイオロジクス株式会社、癸巳化成株式会社、ファイザー株式会社、マイランEPD合同会社、株式会社三和化学研究所、三菱ガス化学株式会社、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社。

<賛助会員は7社>
株式会社クロック、東和薬品株式会社、株式会社ファーマプランニング、株式会社リブラメディシーナ、株式会社住化分析センター、沢井製薬株式会社、ライフテクノロジーズジャパン株式会社。

※1000〜(参考)政調審議会/院内第20控室

※1100〜(参考)総務会/院内第15控室

●1200〜(政務)生協問題研究会/リバティ4号室

自由民主党生協問題研究会が党本部リバティ4号室で開催されました。松本純代議士は幹事長として出席しました。盛山正仁事務局長の開会挨拶で進行され、生協問題研究会・丹羽雄哉会長挨拶の後、役員人事についてはかられ、丹羽会長に一任され、新会長に鈴木俊一会長代理が就任され、新会長としての挨拶がありました。また、丹羽雄哉前会長には、斉藤十郎先生と共に、名誉会長に推戴しご承認頂きました。その後、日本生活協同組合連合会・本田英一代表理事会長挨拶、全国の生協の取り組みについての日本生活協同組合連合会和田寿昭専務理事からの報告聴取に引き続き、質疑・応答がありました。事業概要については、2016年度で、組合員数2061万人(対前年比101.5%増)、総事業高3兆4794億円(対前年比101%増)、地域生協組合員数2178万人(世帯加入率37.9%。全国の世帯の約3分の1が地域生協に加入しているとのことです。(秘書渡部報告)

●1200〜(政務)河野太郎火曜会/リバティ2号室

河野太郎代議士主催の火曜会が開会されました。生産性革命推進戦略、経済構造改革戦略について、地域の取組などの具体例を交えた説明を受けた後、意見交換が行われました。(秘書鈴木報告)

■1300〜(地元)JUN CLUB定例会/天吉

JUN CLUB定例会が関内の割烹・天ぷら「天吉」で開かれました。南雲誠司会長より「この間松本純ちゃんから電話があり、大臣の時より忙しい位で地元に帰れず皆さんによろしくとの事でした。3月5日(月)に松本純後援会総会がロイヤルホールヨコハマで開かれるので参加して下さい、また前回お話した鶴岡博先輩を偲ぶ会を3月17日(土)横浜スタジアムでやることになりました。案内状が来ると思いますので参加して下さい」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1400〜(国対)国会同意人事PT/院内3F

国会同意人事第二段の説明を受けました。

●1430〜(国対)役所説明/院内代理室

経済産業省製造産業局・及川洋審議官よりオゾン層保護法について説明を受けました。

●1445〜(国対)役所説明/院内代理室

厚生労働省・度山徹参事官より第8次地方分権一括法案について説明を受けました。

●1500〜(国対)役所説明/院内代理室

厚生労働省・関野秀人食品規準審査課長より食品衛生法改正案について説明を受けました。

●1700〜(国対)衆参与党国対/院内第22控室

国会の情勢について衆参与党国対のメンバーが情報共有に努めました。

●1900〜(政務)国対副委員長懇談会/都内

国対副委員長有志との懇談会に参加しました。

■1900〜(地元)東町例会/東町町内会館

東町例会が東町町内会館で開催されました。新井勝男会長より来月の花見会など町内行事報告がなされました。続いて新井絹世県議より県政報告と振り込め詐欺について注意事項が述べられました。松本純事務所からは「まちかど政治瓦版」2月号を配布して、内容のご説明と代議士近況をお伝えしました。(秘書森報告)

2月の続き

 

これまでの国会奮戦記をご覧ください→ 国会奮戦記目次

毎月一本発行しています→ 「まちかど政治かわら版」目次

自民党神奈川1区支部・松本純後援会→ お知らせ


目次へ     トップページへ