松本純の国会奮戦記2018-01

2018(平成30)年1月

トップへ 目次へ 前のページへ 次のページへ 「今日の主な予定・昨日の動き」へ まちかど政治かわら版1月号

1月16日(火)晴れ

■0700〜(地元)第5回早朝駅頭演説会/能見台駅、並木北駅

本日は京急能見台駅とシーサイドライン・並木北駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を開催いたしました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は157枚/累計575(古正40枚/累計165枚、斎藤41枚/累計239枚、森26枚/累計107枚、大村50枚/累計222枚)でした。(秘書森報告)

※1000〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件1件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、財務大臣から「小笠原諸島復帰50周年を記念する貨幣の発行について」、御発言がありました。(菅義偉内閣官房長官)

●1000〜(党務)役員連絡会/党本部総裁応接室

高村副総裁は「22日から国会が始まる。補正予算については可及的速やかに、また本予算については慎重に審議するものの年度内にあがるよう、当たり前のことを当たり前に」。また二階幹事長からは「来週から通常国会が始まるが、まずは補正予算、本予算の早期成立が最優先だ。宜しくお願いしたい。なお、わが党の代表質問は私が行う。18日〜21日の日程で、ジャカルタを訪問する。日本とインドネシア国交樹立60周年の記念式典に総理特使として出席する」との主旨のご発言がありました。

役員連絡会後、二階幹事長記者会見(平成30年1月16日(火)10:44〜10:57於:党本部平河クラブ会見場)が開かれ下記の通り発言されました。

【冒頭発言】(柴山筆頭副幹事長)
役員連絡会について報告をさせて頂きます。
冒頭、高村副総裁からは通常国会は補正予算、本予算をしっかり審議し、補正は可及的速やかに通す。本予算は慎重審議の上、年度内に通す。当たり前のことを当たり前にやることが最大の景気対策だというご挨拶がありました。
森山国対委員長からは通常国会は12時の本会議では議席の指定、特別委員会の設置を行う。13時から開会式、14時から政府4演説。24、25両日で代表質問を行う。衆参の代表質問が終われば、直ちに予算委員会を開き、29年度補正予算の審議に入る。補正予算は「防災・減災事業対策」など、地方自治体の3月議会とも密接に関連することから速やか成立するよう努力したい。そして安保委員会で沖縄への委員派遣を19日に行う方向で調整しているというご報告もありました。
関口参議院国対委員長からは19日に民進との国対委員長会談、22日は全党で国対委員長会談を行うというお話がございました。
橋本参議院会長からは本日13時半から参議院の比例議員を集め、名護市長選挙対策会議を行う。一つ一つの選挙を勝ち抜いていくことが来年の参議院選につながるということでしっかり取り組みたいというお話がございました。
吉田参議院幹事長からは名護市長選は参議院としても最大の戦いだという決意表明がございました。
塩谷選対委員長からは1月18日告示、2月4日投票で山口県と長崎県の知事選が行われる。わが党は現職を推薦して戦う。また塩谷委員長からも沖縄の選挙を勝ち抜いていくことが今年最大の課題だというお話がございました。
田村政調会長代理からは25日に政審を開催する。
また山口総務会長代理からは19日に総務会を開催すると、それぞれ日程のご報告がございました。
以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)
来週から通常国会であります。これについて私どもは党を挙げて全力を尽くして頑張って参りたいと思っております。補正予算、本予算の早期成立が最優先であることは申すまでもありませんが、このことを最重要視して考えて参ります。私は18日から21日の間にジャカルタを訪問し、日本とインドネシア国交樹立60周年の記念式典に総理特使としてお伺いすることになっておりますので、その間ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いを申し上げます。
以上です。

■1100〜(政務)日本公認会計士協会新年賀詞交換パーティー/帝国ホテル

日本公認会計士協会新年賀詞交歓パーテイーが一般財団法人会計教育研修機構、日本公認会計士政治連盟の共催により帝国ホテル2F孔雀の間で開催されました。関根愛子会長の挨拶に続き、平松一夫企業会計審議会会長による乾杯のご発声でパーテイーになりました。吉野正芳復興大臣、中川雅治環境大臣、塩崎恭久衆議院議員、甘利明衆議院議員等多くの国会議員から来賓挨拶がありました。関根会長からは、公認会計士監査の信頼回復と向上に向けて、社会で貢献し活躍するための環境作りに向けて、国際性、多様性を担える人材の確保と公認会計士の魅力向上等の課題があるとの内容の挨拶がありました。また、本年7月には、公認会計士制度は70周年という節目の年を迎え、日本公認会計士協会は、日本における唯一の公認会計士の団体であり、1949年(昭和24年)に任意団体として発足し、1966年(昭和41年)に公認会計士法で定める特殊法人となったとのことです。また、2004年(平成16年)4月には、特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)となり、日本公認会計士協会は、会計プロフェッションの自主規制団体として透明性と中立性を持った組織運営を行っており、また、全国に支部として地域会(16地域会)を置き、それぞれの地域会所属会員の資質向上につとめるとともに、地域会に密着した活動を行っているとのことでした。(秘書渡部報告)

●1100〜(国対)役所説明/院内代理室

総務省・林ア理官房長より通常国会提出予定法案について説明を受けました。

●1110〜(国対)役所説明/院内代理室

経済産業省・桜町道雄審議官より通常国会提出予定法案について説明を受けました。

●1120〜(国対)役所説明/院内代理室

消費者庁・川内康裕次長より通常国会提出予定法案などについて説明を受けました。

■1130〜(地元)(一社)横浜みなとみらい21賀詞交歓会/ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

一般社団法人横浜みなとみらい21横浜みなとみらい21賀詞交歓会がヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルで開催されました。友田勝己横浜みなとみらい21理事長より「みなとみらい21地区は一昨年に続きまして昨年もいくつかの開発計画が発表されたところでございます。現在8つの区画で工事が行われております。また今年中に新たに6区画で工事が着工されます。。更に来年には2区画以上の工事も既に予定されているという状況であります。みなとみらい21地区は暫定利用と空地が目立つ地区でありましたが、しばらくの間は工事囲いとクレーンが絶え間ない地区になるのではと考えております。工事が進むことにより目に見えて進捗を皆さんに感じていただけるのではと思います。 みなとみらい21地区事業着手から35年が経つ訳ですがここまで来られたのは会員の皆様の街づくりに対する熱い思いと活動の成果だと感謝申し上げる次第です。みなとみらい地区の会員数も130名まで来ております。みなとみらい地区を評価していただき新たに進出された企業の皆様には当地区のブランド力アップや優れた都市環境向上に向けて取り組んでいますエリアマネイジメント活動にご協力の程をお願いしたいと思っております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1200〜(地元)神奈川県理容生活衛生同業組合創立60周年新春のつどい/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

神奈川県理容生活同業組合創立60 周年記念の新春のつどいに代理出席しました。開会にあたり主催者を代表して船津博司理事長よりご挨拶があり「今日は大勢の来賓の皆様、関係団体、会員の皆様ご出席ありがとうございます。神奈川県理容生活同業組合は昭和32年に『環衛法』が施行された年に県内初の環衛組合として設立されました。昨年の12月20日をもって60周年を迎える事ができました。私達は生衛法の趣旨を守り公衆衛生の向上及び推進、業界の振興に努めてまいりました。しかし、多様化するお客様のニーズや社会環境な変化に応えてまいりましたが、規制緩和や組合員の高齢化、理容志望者の減少など問題は山積みとなっています。今後、この60周年を節目とし、更なる組織強化と団結を持ち、組合のスケールメリットをは最大限に活用し努力して参ります。組合員一同が同じ方向を向き、一つになって邁進して参ります」と述べられました。続いて組合に対しさまざまな功績のあった方々への感謝状と記念品が贈られました。次に来賓の祝辞と紹介賀正あり、私も松本純代理として紹介していただきました。乾杯の後は音楽のアトラクションなどがあり、賑やかな新春のつどいとなりました。(秘書斎藤報告)

■1200〜(地元)大立成人クラブ新年会/大和町立野町内会館

大立成人クラブの新年会が大和町立野町内会館で開催されました。荒井政敏会長より「人生90年と言われる時代となりましたが、皆さんにはより長く健康でこの地元で過ごしてほしいです。こうした行事を通じてこれからもみんなで明るくいきましょう」との挨拶がなされました。大和町立野町内会の成田松夫会長、伊波俊之助市議、松本研市議の幸代夫人、横浜大和郵便局の宮下眞二局長など来賓挨拶がなされ、私も松本純代理として挨拶をいたしました。その後は本郷囃子の皆さんによる「祝賀の舞」が披露され、新年祝賀会が続きました。(秘書大村報告)

■1430〜(地元)神奈川県板金工業組合平成30年新春賀詞交歓会祝賀会/ホテル横浜ガーデン

神奈川県板金工業組合の新年賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり村田隆男理事長よりご挨拶があり昨年度の50周年と記念誌の作成でのお礼が最初に述べられました。また、景況は良くなっているとの話が出ているが、建設業界は人手不足や後継者対策など取り巻く環境は厳しく、50周年後のこれからさらに頑張って行きたい。昨年は組合員の佐久間弘之さんの叙勲や県の技能コンクールで金メダル(知事賞)を受賞した青年部の監物公生さんなど明るい話題もありました。今後も皆様のご支援ご鞭撻をお願いしたいとのお話が述べられました。続いて来賓の挨拶と紹介があり私も松本純代理として紹介していただきました。(秘書斎藤報告)

●1430〜(国対)自民立憲国対委長会談/立憲国対委員長室

国会開会の責任を担う自民党国対として、既に決定している国会日程の流れについて野党の筆頭である立憲民主党の国対と確認が行われました。

■1630〜(政務)(公社)日本バス協会新年賀詞交歓会/経団連会館

公益社団法人日本バス協会新年賀詞交歓会が経団連会館2階国際会議場で開催されました。三澤憲一会長の挨拶、石井啓一国土交通大臣からのメッセージの披露、牧野たかお国土交通副大臣、逢沢一郎自民党バス議員連盟会長、齊藤健農林水産大臣、公明党山口那津男代表等からの来賓挨拶の後、倉富純男副会長(西日本鉄道)の乾杯の発声で懇親になりました。三澤会長からは、税制改正では、特例措置の拡充・延長等、平成29年度補正予算、平成30年度予算でも、ノンステップバスの導入促進、事業者に対する「巡回指導」の実施等、一方で、貸切バスの免許の更新制等安全対策も進められることとなりました。バス業界は、バスを取り巻く環境の変化に適切に対応し、将来のバス産業のあり方を見据えて、地方バス路線維持対策、安全輸送対策、環境対策、交通バリアフリー対策、情報提供の充実、輸送環境の改善など多くの課題に取り組まなければなりません。路線バスの維持の為の生産性向上です。特に、市町村をまたぐ地域間幹線系統については、地域の特性を充分に勘案した上での対策が不可欠と思われます。地方部では 8割以上の事業者が赤字である現状を考えると、協会としても補助金の確保に全力を注ぎますが、関係の皆様には釈迦に説法ですが、種々の対策をお願いしたいと考えております。バス事業者として最優先事項は、安全・安心の為の事故防止対策です。国土交通省で、昨年、「事業用自動車総合安全プラン」を改訂しましたので、日本バス協会も新たに「バス事業における総合安全プラン2020」を策定いたしました。自転車の車道走行の増加、加速度的に進む高齢化社会の中で一部高齢ドライバーによる危険走行と歩行者等、日増しに交通環境は悪化していると考えます。「運輸安全マネジメント」にある経営トップから現場まで常にその先を考え一時も怠る事なく事故防止に注力する必要があります。協会員一同一致団結して事故防止に努め、死亡事故「ゼロ」を目指すことを改めてお願いいたします。との挨拶がありました。(秘書渡部報告)

●1800〜(国対)警察庁人事異動挨拶/1-302

私が国家公安委員長を務めていた時に大変お世話になった坂口正芳警察庁長官がこの度ご勇退されることになりました。共に国家・国民のために仕事をするご縁をいただき感謝しております。ありがとうございました。また、そのあとを受けて、栗生俊一警察庁長官、三浦正充警察庁次長、松本光弘官房長が誕生することとなり、就任ご挨拶を受けました。期待されるエースばかりです。大いにご活躍頂きたいと願っています。

■1800〜(政務)日本生協連・コープ共済連・医療福祉生協連共催2018年賀詞交歓会/ホテルニューオータニ

日本生活協同組合連合会(本田英一代表理事会長)・日本コープ共済生活協同組合連合会(佐藤利昭代表理事理事長)・日本医療福祉生活協同組合連合会(藤原高明代表理事会長理事)の3連合会共催2018年賀詞交歓会がホテルニューオータニザ・メイン宴会場階「鶴の間」で開催されました。行政・国会議員・友誼団体・協同組合・学識者・報道関係者・取引先・生協関係者等大勢の参加者が出席し盛大に開催されました。主催者を代表して日本生活協同組合連合会本田英一会長から挨拶、来賓の加藤勝信厚生労働大臣、日本協同組合連絡協議会を代表し、日本協同組合連絡協議会委員長(全国農業協同組合中央会(JA全中))中家徹会長からはメッセージが寄せられ披露され、全国社会福祉協議会齊藤十郎会長から挨拶がありました。引き続き、日本薬剤師会山本信夫会長をはじめ、各政党・協同組合・友誼団体・取引先の代表の皆様による鏡開き、日本生協連の取引先の会である「日本生協連虹の会」川村和夫会長(株式会社明治代表取締役社長)の乾杯のご発声で懇談に入りました。本田会長からは、「事業規模4兆3000億円、2800万世帯に利用されています。全市町村の約6割にあたる1000を超える自治体と「地域見守り協定」を締結し、宅配事業のインフラを利用した地域の見守り活動を行っています。過疎地や離島への商品配達、孤立しがちな高齢者の居場所づくり、家事援助等の助け合い活動、そして、フードバンク、子ども食堂等、誰もが安心して暮らせる地域社会づくりを目指して事業・活動を精力的に推進しています。また、昨年も、九州北部の豪雨災害等自然災害が多く発生しました。まもなく7年目を迎える東日本大震災をはじめ、熊本・大分地震などいずれの被災地も引き続き大胡の支援を必要としており、復旧・復興は道半ばです。全国の生協はこれらの支援、とりわけ福島を支援する活動を続けて参ります。震災を「忘れない、風化させない」合言葉に被災された方々に寄り添った支援活動を今後も継続してゆきます。国連は「持続可能な開発のためのアジェンダ」で「持続可能な開発目標(SDGs) 」達成を担う団体の一つとして協同組合を挙げ、協同組合に役割発揮を期待しています。全国の生協は、2020年ビジョンで掲げた「人と人がつながり、笑顔があふれ、信頼が広がる新しい釈迦の実現」のため、皆様とのつながりを大切にしながら、更に努力する所存です。」との挨拶でした。(秘書渡部報告)

■1800〜(地元)協同組合横浜南部市場共栄会新年会/桂宮

協同組合横浜南部市場共栄会新年会が中華街の「桂宮」で開催されました。開会後、来賓紹介がなされ、松本純代議士代理としてご紹介をいただきました。理事長挨拶では、協同組合横浜南部市場共栄会・中村信男理事長より「皆さん改めまして新年おめでとうございます。『賑わい広場』の工事がこれから始まりますが、組合として難しい問題が多数出て来ると思います。一般の皆様、会員の皆様に大変お世話になりますのでご協力よろしくお願いします皆様あっての市場ですので、皆様の声(ご意見)を聞きながら役員一同頑張って参りますのでよろしくお願いします」とご挨拶されました。続いて行政機関の挨拶が行われ、乾杯の発声で歓談となりました。横浜南部市場は昨年4月に市場統合民営化となり、来夏を予定に民間企業との商業施設として開場の準備が進められています。(秘書森報告)

■1800〜(地元)平成30年福神会"早春のつどい"/ホテル横浜ガーデン

平成30年福神会"早春のつどいがホテル横浜ガーデンで開催されました。齋藤浩会長より「この福神会は平成20年5月に結成をいたしました。この頃は政治よ不安定な状態でした。景気も冷え込んでいました。それで我が国の平安と繁栄、誇りある強い国家を作るためにはもっともっと自民党に強くなってもらわなければということで、自民党を応援するという目的を集まっていただき結成されました。今年で10年になります。ことし7月に10周年の式典を行いますのでよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1830〜(地元)JUN CLUB定例会(新年会)/太田なわのれん

JUN CLUBの新年会が会員青井茂樹さんのお店元祖牛鍋「太田なわのれん」で開かれました。南雲誠司会長より「おめでとうございます昼間松本純代議士から電話あり、今日出席する予定だったが党務が入り申し訳ないということでした。国対委員長代理は激務ということですが今年も皆さんで応援していきましょう」との挨拶がなされました。太田なわのれんの美味しい料理牛鍋をいただきながら和やかな新年会となりました。(秘書古正報告)

●1900〜(国対)国対幹部懇談会/近畿大学水産研究所(銀座コリドー街)

世耕大臣を囲み自民党国対幹部との懇談会が開催されました。世界の経済について意見交換がなされました。

■1930〜(地元)伊勢佐木町6丁目商交会新年賀詞交換会/Sun-mi高松

伊勢佐木町6丁目商交会の新年賀詞交換会が伊勢佐木町「Sun-mi高松」で開催されました。大野勝敏会長より「本日もこれだけ多くの方にお集まりいただき感謝です。2019年はラグビーワールドカップ、2020年は東京オリンピック・パラリンピックと続きますが、伊勢佐木町6丁目も皆さんで盛り上げていきましょう」との挨拶がなされました。続いて来賓として原聡祐県議、松本研市議より挨拶がなされ、私も松本純代理として挨拶いたしました。幅広い年齢層の方々が集まり、懇談やビンゴゲームが行われ大変盛り上がりました。(秘書大村報告)


1月15日(月)晴れ時々曇り

■0700〜(地元)第4回早朝駅頭演説会/富岡駅、並木中央駅

本日は京急能見台駅とシーサイドライン・並木中央駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を開催する予定でしたが、他政党が能見台駅で開催中のため駅を変更して富岡駅と並木中央駅で開催いたしました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は138枚/累計418(古正35枚/累計125枚、斎藤45枚/累計198枚、森24枚/累計81枚、大村34枚/累計172枚)でした。(秘書森報告)

■1030〜(地元)神奈川県下塗装団体合同新年賀詞交換会並びに受賞者合同祝賀会/ロイヤルホールヨコハマ

神奈川県下塗装団体合同新年賀詞交換会並びに受賞者合同祝賀会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。神奈川県塗装団体連絡協議会(日本塗装工業会神奈川県支部、神奈川県塗装協会、横浜市塗装事業協同組合、川崎市塗装業協会、神奈川県塗装工業協同組合、相模原塗装協同組合、関東マスチック事業協同組合神奈川県支部)を代表して坂倉徹実行委員長より「政府は景気回復の動きを好機と捉え、デフレからの脱却に向けた正念場を迎えており、経済再生と財政健全化双方の実現を目指して官民を挙げた取り組みが求められています。私共中小企業も含めた経済好循環の波が一刻も早く届くことを期待するものであります。塗装業界に於いては殆んどが塗り替え工事であります。建築物長寿命化の一端を担うことができるのが塗装でありその重要性を説いて参りました。その一方で改修工事において既存塗装膜に含有するアスベストの飛散による健康被害への影響を懸念すべき規則が段階的にひきあげられています。これらに含まれるアスベスト含有率は高くないものの、アスベストを添加した製品が過去に使用されてきました。この時に使用されたアスベスト含有の外壁等が塗装改修や解体の時期を迎えています。今後関係官庁や得意先より発注されるてあろう塗装改修作業やそれに伴う事前調査等において、周辺環境等へのアスベスト飛散防止が不可欠であり、これらの対応が取れるのも塗装業界です。そして、東京オリンピックやラグビーワールド官庁関連では、神奈川が競技開催地として選定されており、それに伴う社会インフラ整備等についても塗装の役割十分に果たせるよう引き続き取り組んでいく所存であります」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1100〜(地元)(一社)神奈川県タクシー協会平成30年賀詞交歓会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

(一社)神奈川県タクシー協会平成30年賀詞交歓会が横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで開催されました。(一社)神奈川県タクシー協会・伊藤宏会長より昨年の世情とタクシー業界の課題を振り返えられた後、本年の課題と取り組みについて説明がなされました。「タクシー活性化の一環としてユニバーサルデザイン・タクシー導入拡大については平成23年から横浜、川崎等の京浜交通圏を中心に圏央全域に導入推進を計っており駅や病院に専用レーンや専用乗り場を設置し取り組み強化をしています。新たな需要開拓として、アプリ配車の導入については昨年から県内全域への導入検討を進めて来ました。各交通圏のアプリ導入数値目標に向けて今年も精力的に進めて参ります。観光タクシーについても平成25年から京浜交通圏を対象に進めて来ました。今年は対象地域を拡大したいと考えています。最大の課題となる労働力不足については労働環境の改善、業界イメージアップの動画配信、国交省の女性ドライバー認定制度を活用し、タクシー業界に女性労働力を含め労働力が流入して来るよう全力で取り組んで参ります。また社会貢献についても路上寝込み者の救助活動を引き続き行い、タクシー業界も社会貢献していることをアピールする広報活動を積極的に進めて参りたいと思っています。当協会としてタクシー業界を取り巻く情勢に適切に対応した協会運営に努め、業界として健全に発展出来るよう会員一丸となって邁進し、安全・安心・快適で良質なサービスを提供して行く所存です」と新年挨拶を述べられました。(秘書森報告)

■1300〜(地元)森浅間神社どんど焼き/森浅間神社

森浅間神社のどんど焼きにお邪魔しました。境内に設置された焚きあげ場には達磨やしめ飾りなどがうずたかく積まれました。松本宮司により神事が行われた後、火が入れられました。(秘書斎藤報告)

■1630〜(政務)全国製麺協同組合連合会「平成30年新年懇親会」/東海大学校友会館

全国製麺協同組合連合会「平成30年新年懇親会」が東海大学校友会館望星の間で開催されました。冒頭に、昨年(平成29年)秋の叙勲で旭日双光章を受章された香川政明氏へ前場敏男会長から賀状の贈呈がされ、新年懇親会となり、前場敏男会長の挨拶、来賓紹介の後、近藤雅之製粉協会会長の乾杯のご発声で懇親になりました。片山さつき参議院議員、渡嘉敷なおみ衆議院議員、太田房江参議院議員、根本内匠衆議院議員本人から来賓挨拶がありました。鳥居憲夫専務理事の中締めの挨拶、川崎昌明副会長の閉宴の辞でお開きになりました。環境問題、食品表示問題等が課題として述べられました。代理紹介、祝電披露がありました。横浜市麺業協同組合の金子増男理事長も出席されていました。(秘書渡部報告)

■1800〜(地元)日本公認会計士協会神奈川県会賀詞交歓会/横浜ロイヤルパークホテル

日本公認会計士協会神奈川県会賀詞交歓会が横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。日本公認会計士協会神奈川県会・高品彰会長より昨年の事業、課題の取り組みについて報告がなされました。続いて本年の事業取り組みが説明され、「本年は当県会については2大イベントが開催されます。一つは公認会計士制度70周年記念講演会です。制度が出来て70周年の節目ですので、講演会はNHK大河ドラマで西郷隆盛を題材にしてますので、関連したテーマの講演を考えています。もう一つは第46回公認会計士フォーラム神奈川大会。これは12月4日に開催いたします。持ち回りの開催で横浜での開催は約10年ぶりとなります。これは関東甲信越の会員が一同に会する歴史あるイベントで、現在内容を詰めているところです。本年度は執行部一同新たな取り組みにチャレンジしながら経験とノウハウを積み、地域会としての厚みを作って参ります」と新年挨拶を述べられました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)八八会/長者町「かつ半」

八八会の例会が長者町の「かつ半」で開かれました。今晩も最初の話題は大相撲初場所の事で二日目の取り組みや行司の差し違いなどの話や11月に開催された島峰隆初代会長ご夫妻の米寿祝いや島峰隆氏の立志出世の話しなどで大変盛り上がった新年初めての例会となりました。(秘書古正報告)

●1830〜(政務)政務懇談会/都内

自民党団体総局長の井上信治衆議院議員らとともに今後の団体サポートについて意見交換を行いました。


1月14日(日)晴れ

●0930〜(地元)第16回かながわ薬剤師学術大会/パシフィコ横浜・会議センター

第16回かながわ薬剤師学術大会がパシフィコ横浜・会議センターで開催されました。後藤友良神奈川県薬剤師会副会長の開会の辞に続き主催者、来賓から挨拶がなされました。

鵜飼典男薬剤師会会長より「本大会は全国に先駆けて、神奈川県病院薬剤師会と神奈川県薬剤師会との合同開催である学術大会としてスタートしまし、第16回目を迎えることができました。昨今、矢継ぎ早に『患者のための薬局ビジョン』『かかりつけ薬剤師・薬局』及び『健康サポート薬局制度』等薬剤師の職能や、あるべき薬局の姿が国から示されました。それに対し、県民の皆様の期待に応える責任が我々薬剤師にはあり、率先して自己研鑽に励み薬局から地域へと活動範囲を拡げていく必要があります。そのため薬剤師会としては、都道府県薬剤師会としては2例目となる『生涯認定制度』、また先駆的に取り組んだ『くすりと健康相談薬局』の2大事業を通して進めているところです。今年は『薬剤師ルネッサンス〜活躍の舞台を探る〜』というテーマと致しました。是非とも皆様には薬剤師の将来における輝ける舞台を探るべく、研究発表での熱い議論にご参加」いただき。、さらに薬剤師としての職能を発揮した発表をしていただきたいと思います」との挨拶がなされました。

佐藤透病院薬剤師会会長より「今、我が国の医療は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、医療機関の機能分化、地域包括化へと大きく舵を切りました。高度急性期医療から急性期、回復期、療養・在宅へと薬物治療をシームレスにつないでいくために薬剤師には大きな期待が寄せられています。それぞれの局面では、薬学的専門性を活かした薬物治療の質と安全を高めるための様々な取り組みがなされていますが、真に社会から信頼される存在となるためにはより一層の研鑽を積み、明確なビジョンを打ち出す必要があります。それには公益社会法人としての両薬剤師会がその活動目的を振り返り、自ら変革を試みねばなりません」との挨拶がなされました。

松本純代議士より「旧年中は衆議院解散総選挙や大臣を務めさせていただくなど様々な取り組みをさせていただいた一年でした。特に年末におきましては、診療報酬等改定に責任者の一人として懸命に取り組みました。一定の結果を残したとは思いますが、果たしてこれで良いのかという疑念も感じております。例えば門前薬局の景色を変えるといわれたことや敷地内薬局を認めるかという問題などいろいろな課題が生じてきました。それにより敷地内薬局に入りたい者とそれを受け止める病院サイドの薬剤師の立場が相反するものになりはしないかと私は心配しています。つまり薬剤師同士が利権を奪い合うという姿になってしまうのではないか。これらの課題を引きずりながら調剤報酬・薬価について議論をする診療報酬等改定の時期には大変つらい議論が続きました。このような議論の繰り返しは、薬剤師職能が将来良い方向に行くとは思えません。今回の学術大会で皆さんに投げかけられた言葉は『薬剤師ルネッサンス』という言葉です。ルネッサンスというというのは再生、復興という意味だと思いますが、もともとしっかりした文化が出来上がっていたものを、それをもう一度起こしましょうというのがその意味だと思います。明治政府が医薬分業を取り入れて、『医政』ができたの1874年、『薬律』ができた1889年、それから140年あまりが経過していますが、果たして薬剤師の社会的地位や薬剤師職能が確立したか、医師と薬剤師の立場を明確にできた時期はあったのでしょうか。その当時から長いこと医薬分業が訴えられ続けてきましたが、薬剤師の本来やるべき職能とは何なのかということがあまり明確に具合的にできないままここまで来てしまったのではないかという懸念であります。世界各国の取り組みで薬剤師はどういう仕事をしているのか深く検証し、また我が国では薬剤師は何をしなければならないのか、私たちの責任は何なのかということを今もう一度考えていかなければならない時期を迎えたと思うのです。さて薬事法が改正されたのは平成26年のことでありました。その改正薬事法を平成26年から5年で見直しをすることとなっており、その見直しを迎えるのは平成31年です。今年は平成30年ですからこれからの一年間の議論によって改正薬事法の中に書かれている構造的なハード面の問題ばかりではなく、薬剤師は一体何をするのかという職能(ソフト面)も今度の改正で書き込むべきだと考えています。準備する時間は一年しかありません。この議論の中に今日まで議論されてきたことなどをしっかりと書き込むこと、今まで書ききれなかった薬剤師の真の職能とは何かということを書き込むということが、今後、次代を担う薬剤師の活動の一番の基本・原点になるのではないでしょうか。今回の学術大会、ここで学ぶこと、本質の問題、更にいろいろ出てきている時代的問題を見極め、根本的に我々が何をすべきなのかということについて、是非ご議論をいただいて、神奈川県薬剤師の皆様の総意を提案とし、一致結束して県薬・県病薬から中央の日本薬剤師会を経由して今回の法改正に提言できるような活動に本年は是非取り組んでいただきたいと願っています」(概要・要旨)との挨拶がなされました。

本田あきこ日本薬剤師連盟副会長からも祝辞が述べられました(秘書古正報告)

■1000〜(地元)大道町内会餅つき/大道集会所

大道町内会餅つきが大道集会所で行われました。長谷川俊光会長はじめ町内の方々が掛け声に合わせてお餅をつかれました。そのお餅を婦人部の皆さんがきな粉餅やあんころ餅に仕分けし参加された方へ振舞われました。(秘書大村報告)

■1100〜(地元)富岡太子講例大祭、懇親会/宝珠院→丸徳

聖徳太子を職能神と祀る建築関係の集まり、富岡太子講例大祭が宝珠院で執り行われました。宝珠院・佐伯隆道住職による法要がなされ聖徳太子を弔むらい講中の無病息災が祈願されました。例大祭終了後は丸徳寿司にて懇親会が行われ、野本敏明さんの司会で富岡太子講・永島潔代表より「例大祭も滞りなく終了しました。聖徳太子の命日は2月22日と言われていますが、本日例大祭の運びとなりました。例大祭も滞りなく終わりましたので、ゆっくり懇親会をお楽しみ下さい」とご挨拶されました。続いて来賓議員挨拶では松本純代議士代理としてご紹介いただき昨年の衆議院選の結果について一言申し上げ、新年のご挨拶をいたしました。乾杯の発声後は和気あいあいとした歓談が続き1本締めでお開きとなりました。(秘書森報告)

●1100〜(地元)平成30年滝頭地区新春のつどい/滝頭小学校体育館

滝頭地区の新春の集いが滝頭小学校で開催され松本純代議士が出席しました。開会のオープニングには毎年恒例の和太鼓の演奏が行われました。開会にあたり連合町内会長の林貞三さんより会場を貸していただいた滝頭小学校の校長先生と会場を設営した役員の皆様に感謝が述べられました。また昨年の区制90年をすぎ100年に向け安全・安心・福祉の街作りに活動して行きたい。とのご挨拶がありました。また主催者の滝頭地区社会福祉協議会会長の古知屋多恵子さんからもご挨拶がありました。続いて来賓のご挨拶があり松本純代議士からもお祝いのご挨拶が述べられました(秘書斎藤報告)

●1200〜(地元)平成29年度神奈川県薬剤師会会長賞等表彰式及び受賞者祝賀会/パシフィコ横浜・会議センター

平成29年度神奈川県薬剤師会会長賞等表彰式及び受賞者祝賀会がパシフィコ横浜・会議センターで開かれました。鵜飼典男神奈川県薬剤師会会長より「私は昨年6月から神奈川県薬剤師会会長に就任いただきました。私は新参者で横浜で薬局を始めてまだ20年少ししか経っておりません。ただ諸先輩方からいろいろな過去の話を聞きながら今この場にたっていると思っております。今日皆様方のテーブルに薬と健康相談薬局のチラシを置かせていただきました。諸先輩方には当たり前のことで昔からやっているt思われますが、現在調剤薬局という言葉が出ている時代で、また一から見直さなければならないとうことも含めまして健康サポート薬局に負けない薬と健康相談薬局を神奈川県薬剤師会は勧めております。こふぇからも諸先生方のいろいろなアドバイスを受けながら神奈川県薬剤師会を良くしていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。神奈川県薬剤師会等表彰式が行われ、祝宴に入りました。松本純代議士から祝辞がなされました。(秘書古正報告)

■1730〜(政務)千葉県薬新春の集い/ホテルポートプラザちば

「平成30年千葉県薬新春の集い」がホテルポートプラザちば2階ロイヤルにおいて、一般社団法人千葉県薬剤師会(石野良和会長)、一般社団法人千葉県薬業会(板津邦彦会長)、千葉県医薬品小売商業組合(米澤正明理事長)の共催で開催されました。平山修三理事の司会で進行され、杉浦邦夫副会長の開会の挨拶、主催者を代表して、石野良和会長から、会員の皆様にはそれぞれの立場でかかりつけ薬剤師、かかりつけ薬局としての活動等を通じて県民患者さんのために活動して頂いたことへの感謝が述べられ、一方偽薬、不正請求等問題もあったが引き続き患者さんのために宜しくお願いします。また、再来年のため本田顕子候補の紹介とお願いの挨拶があり、引き続き、日本薬剤師会山本信夫会長、千葉県森田健作知事代理葉岡部循一健康福祉部次長、千葉県議会小高伸太議長代理實川隆千葉県議会健康福祉常任委員会委員長、千葉県医師会田畑陽一郎会長代理森本浩司副会長、自民党千葉県支部連合会会長櫻田義孝衆議院議員から来賓挨拶があり、千葉県歯科医師会砂川稔会長、千葉県看護協会星野惠美子会長等の来賓紹介があり、代理紹介、祝電披露をして頂きました。また昨年、瑞宝双光章を受賞された三島あや子様、文部科学大臣表彰を受賞された麻生忠男様をはじめ7名の方の記念品贈呈が行われました。そして板津邦彦会長の乾杯のご発声で懇談になりました。出席国会議員ご本人の、松野博一衆議院議員、猪口邦子参議院議員、豊田俊郎参議院議員、石井準一参議院議員からの挨拶、代理出席の浜田靖一衆議院議員、秋本真利衆議院議員、門山宏哲衆議院議員、齋藤健衆議院議員、薗浦健太郎衆議院議員、森英介衆議院議員、木村哲也衆議院議員、小林鷹之衆議院議員、白須賀貴樹衆議院議員、浜田靖一衆議院議員、元榮太一郎参議院議員の紹介、本田顕子日本薬剤師連盟副会長の紹介があり、和気藹々の懇談の後、結びに、日向章太郎副会長の閉会のことばで、お開きとなりました。(秘書渡部報告)

■1800〜(地元)川町内会役員新年会/川町内会館

川町内会役員新年会が川町内会館で開かれました。相川元治会長より「今年の初日の出は天気に恵まれて良いスタートを切ることができました。町内の皆さんの高齢化に伴う認知症対策や災害対策など課題はありますが、力を合わせて頑張っていきましょう」との挨拶がなされました。国吉一夫県議、高橋徳美市議からも新年の挨拶がなされ、松本純事務所からも代理で挨拶をいたしました。乾杯後は席を移動したりなどと賑やかな懇談の時間となりました。(秘書大村報告)

●1800〜(地元)通夜:故加藤洋氏/宝蔵院会館

故加藤洋先生の葬儀が蔵院会館で営まれました。加藤先生は元神奈川県薬剤師会副会長をお勤めになられ、薬剤師会の発展にご尽力をいただきました。松本純代議士も議員在職以前から大変お世話になり様々なご指導をいただいていました。謹んでご冥福をお祈りいたします。(秘書古正報告)

●1800〜(地元)通夜:故鈴木照子氏/磯子ほうさい殿

磯子で大変お世話になっていた鈴木照子さんがご逝去され松本純代議士が弔問に伺いました。鈴木さんはお酒とハワイが大好きなかわいいおばあちゃんでした。ご冥福をお祈りいたします。(秘書斎藤報告)

■1900〜(地元)月一会新年会/三艘町内会館

月一会新年会が三艘町内会館で開催されました。斉藤洋子会長を中心に役員の方が集まり、国吉一夫県議、黒川勝市議、高橋徳美市議と共に松本純代理で新年の挨拶と現況報告をいたしました。(秘書大村報告)


1月13日(土)晴れ時々曇り

■1100〜(地元)日本民謡歌謡舞踊協会平成30年度新年会/ホテル・ザ・ノット・ヨコハマ

日本民謡歌謡舞踊協会平成30年度新年会がホテル ザ ノット ヨコハマで開催されました。松本幸寿貴会長より「昨年から会長を仰せつかりました松本寿貴でございます。例年秋の発表会は横浜で開催しておりましたが昨年は初めて川崎で行いましたがお陰さまで会場は満席で盛況でございました。民謡歌謡舞踊協会は会長が代わりましたが大きく変わることはございませんが、会員の皆さまのご意見をお聞きして新しい企画も考えていきたいと思いますのでご協力をお願いいたします」との年頭挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1130〜(地元)告別式:故峯尾エツ氏/上行寺八景斎場

峯尾舜元神奈川県議会議員のご母堂様、エツさんが逝去され上行寺八景斎場にてご葬儀が営まれました。旧知の方々が会葬されエツさんとの別れを忍ばれました。昨晩の通夜式には松本純代議士と真純夫人が弔問し、喪主の峯尾元県議にお悔やみを申し上げエツさんのご冥福をお祈りいたしました。(秘書森報告)

■1130〜(地元)平成30年横浜市身体障害者団体連合会新年の集い/新横浜国際ホテル・マナーハウス

平成30年横浜市身体障害者団体連合会新年の集いが新横浜国際ホテル・マナーハウスで開催されました。平井晃理事長より「今年は行政社会づくりの年としたいと思います。日常の中で障害者の目線から気付いたことを相手の方に率直に伝えていくことと、一人ひとりの取組みを通じて、共に生きる社会がより身近で豊かな姿になっていきます。こうした地道な積み重ねが障害者だけでなく誰にとっても住みやすい街につながっていくと思います。そのためにもここにお集まりの皆様の一層のお力添えを賜りますようお願いいたします」との年頭の挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1200〜(地元)平成30年磯子地区新年賀詞交換会/汐見台 大宅門

磯子地区の平成30年の賀詞交換会が汐見台の大宅門で開催され、松本純代議士が出席しました。開会にあたり連合町内会長の高田誠さんより「昨年の磯子区90周年ではみなさんのご協力をいただき無事に終える事ができました。今年も一年みなさんのご理解、ご協力をお願いします」とのご挨拶がありました。続いて来賓の祝辞があり、松本純代議士からは昨年まで担当した大臣職でのお話や現在の職務の内容が話され、昨年の中曽根康弘先生の白寿のお祝いでの挨拶を引き合いに「縁」を大事にこれからも磯子の為に力を尽くして行きたいとのご挨拶がありました。(秘書斎藤報告)

●1300〜(地元)朝比奈どんど焼き/金井かず江邸脇

朝比奈どんど焼きが金井かずえ邸脇で行われ、松本純代議士が出席しました。山崎稔会長はじめ町内会の皆さんへ代議士より新年の挨拶と近況などをお伝えしました。婦人部の皆さんより豚汁が振舞われ、お越しになったみなさんをおもてなししておりました。また毎年恒例、朝比奈小学校の3年生の生徒さんたちが紅白餅を焼き、無病息災の祈願がなされました。(秘書大村報告)

●1800〜(地元)(一社)横浜市柔道整復師会新年賀詞交歓会/新横浜グレイスホテル

横浜市柔道整復師会新年賀詞交歓会が新横浜グレイスホテルで開催されました。森暁夫会長より「昨年は衆議院の解散総選挙におきまして我々が大変お世話になっております、松本先生、菅先生、小此木先生皆さんが各地区に於いて万全な獲得票で見事当選されました。改めてお祝い申し上げます。今年も我々の業界も厳しい状況になると思いますが一致団結して素晴らしい年となりますようご協力をお願いたします」との挨拶がなされました。松本純代議士から祝辞が述べられました。(秘書古正報告)

●1830〜(地元)空手道拳流館武道始め会/山元小学校コミハウス研修室

空手道拳流館武道始め会が山元小学校コミハウス研修室で行われ、松本純代議士が出席しました。榎本光雄館長より「年末年始で衰えてしまっている人もいる。2018年が始まりました。気合いを入れて稽古に取り組んでいきましょう」との挨拶がなされました。松本純代議士も激励の挨拶をいたしました。年末に行われたクリスマスパーティの時とは打って変わって鋭い目つきで形演武、組手、試割りなどの稽古に励まれました。(秘書大村報告)

●1900〜(地元)磯子区医師会新年会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

磯子区医師会の新年会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり山高民樹会長よりご挨拶があり、昨年の6月に会長に就任し、会長のモットーであるワンフォーオールオールフォーワンの言葉の如く団結心が芽生えることが、一人一人の医師会への感心へとつながり、発展へとつながると信じている。奉仕の精神を持ち医師としての信念に恥じない行動をとらなくてはならない。我々一人一人が医師会の事業に参加して方向性を見いだしていかなければならない。医師会の皆様が意見を出しあい目標に向かい達成できる環境にして行きたい等のお話がありました。乾杯後の松本純代議士からは昨年末の診療報酬の改定のこれから増大して行く社会保障費についてなどが話されました。(秘書斎藤報告)


1月12日(金)晴れ

■0700〜(地元)第3回早朝駅頭演説会/金沢文庫駅

本日は京急金沢文庫駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を開催しました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は135枚/累計280(古正35枚/累計90枚、斎藤58枚/累計153枚、森21枚/累計57枚、大村44枚/累計138枚)でした。(秘書森報告)

※0920〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件1件と政令、人事が決定されました。大臣発言として、外務大臣臨時代理たる私(官房長官)から「ミャンマーに帰還する避難民に対する緊急無償資金協力について」申し上げ、経済産業大臣から「特殊会社の長の人事について」、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、それぞれ御発言がありました。閣僚懇談会においては、財務大臣及び外務大臣臨時代理たる私(官房長官)から「世界税関機構(WCO)次期事務総局長選への立候補について」、それぞれ申し上げました。(菅義偉内閣官房長官)

●1000〜(国対)事務処理/国対委員長代理室

通常国会開会に向けて慌ただしくなっています。準備を怠りなく進めなければなりません。

●1030〜(国対)与野党国対委員長会談/院内常任委員長室

与野党の国会対策委員長会談が開かれ、22日からの通常国会開会の段取りが確認され、各政党からご意見が述べられました。

■1100〜(地元)自由民主党横浜市支部連合会賀詞交換会/ローズホテル横浜

自由民主党横浜市支部連合会賀詞交換会がローズホテル横浜で開催されました。国歌斉唱に続き、佐藤茂会長代行より「昨年はお集まりの党員党友の皆様方のお力で横浜市連が二つの大きな選挙に勝利を収めました。一つは横浜の将来を担う重要な市長選挙であります。横浜市連は現職の林文子市長を再度候補者に推薦する事が適任と認め、早くから政策協定を結び、三度目の選挙の勝利に向けての中核となり、圧倒的な勝利を収めることができました。そして秋には風雲急を告げる衆議院の解散総選挙がありました。残念ながら友党・公明党の上田勇さんは私共の力不足もあり、議席をを失いましたが、自民党は7人全員当選し議席を獲得しました。ここにご支援をいただきました皆様方に心から御礼申し上げます」との謝辞がなされました。(秘書古正報告)

■1100〜(地元)平成30年「神奈川私学新春の集い」/横浜ロイヤルパークホテル

神奈川私学新春のつどいが開催され代理出席しました。開会にあたり工藤誠一理事長より、大勢の出席の来賓のみなさんへのお礼と神奈川私学は各校とも建校の精神に基づき日本の中だけでなく、世界の中で、正しい方向性を持ち、子供達が未来に向かっていけるように育てていきたい。そして今年一年が夢多きとしになるよう力を尽くして行きたいとのご挨拶がありました。続けて来賓の祝辞と紹介があり、私も松本純代理として紹介していただきました。(秘書斎藤報告)

●1200〜(国対)国会対策正副委員長打合会/院内第21控室

12時から今年最初の国対正副打合会が開かれ、森山委員長より年頭の挨拶が述べられました。

■1200〜(政務)全国石油商業組合連合会他共催新年賀詞交歓会/ザ・キャピトルホテル東急

全国石油商業組合連合会、全国石油業共済協同組合連合会、一般社団法人全国石油協会の共催により新年賀詞交歓会が、ザ・キャピタル東急ホテル1階「鳳凰の間」で開催されました。全国石油商業組合連合会・全国石油業共済協同組合連合会森洋会長からの挨拶、平木大作経済産業大臣政務官、逢沢一郎自民党石油流通問題議員連盟会長代行、甘利明元経済産業大臣、石油連盟木村康(JXTGホ- ルディングス株式会社代表取締役会長)会長から来賓挨拶の後、一般社団法人全国石油協会持田勲会長の乾杯のご発声で懇親となりました。

森会長からは、「全石連会長に就任してから1年半、販売業者の7割を占める小規模事業者視点に立った組織活動を推進して参りました。皆様からもご賛同いただき、目標に向かって着実に進んでおりますこと、改めて御礼申し上げます。昨年は4月にJXTGエネルギーが誕生し、元売再編が本格的にスタート、私たち組合員は、自らのビジネスに誇りを持ち毅然と対応して、再投資可能な適正マージン確保に努めていくべきであると考えております。現在、HV増加や人口減少によりガソリン需要が減少する中、英仏政府は2040年までにガソリン・ディーゼル車の新車販売禁止を打ち出すなど、EVシフトが加速してわおり、石油への逆風が強くなっています。この状況にあって、価格競争に没頭するといった、これまでの不毛な争いは止めて、販売量なりのマージンを確保していくことが何より重要であります。仮に月販100キロが50キロに減れば、粗利10円のところを20円に増やすといった方向へマインドリセットすることが必要であり、それが再投資可能で健全な業界に向かっていくための要件であると考えております。先の石油増税反対総決起大会では、これ以上の増税反対を訴え、出席した多くの国会議員から賛同を得ました。EVなどはガソリン車と同じ道路を走行しながら燃料課税されないといった不公平が現存します。この件については、諸外国のEV課税方法等も研究しながら、公平性を強く訴えていく考えでおります。一方、ここ数年の大災害の経験から、SSに対する燃料供給拠点としての期待感がますます高まっています。どこで災害が発生しても不思議ではない状況にあって、私たちはエネルギー供給の最後の砦となって地域住民の燃料供給を担う役割を果たさなければなりません。就任時、国に働きかけて自家発電機の導入補助制度を設けていただきました。この発電機を設置した住民拠点SSは既に1,300ヶ所整備済みですが、2019年度までに全国8000ヶ所整備される予定となっています。中核SSを含めこれら拠点が非常時、確実に機能するように年2回の発電機稼働訓練の励行をお願いしているところであります。また、発災直後の店頭混雑によって燃料が購入しづらくなる状況を回避するため、昨年9月、「満タン&灯油プラス1缶運動」を全国展開しました。日頃からの燃料の備えをSSから消費者へ呼びかけていくことは非常に意義があり、息の長い運動として続けていきたいと考えております。このように、災害時、平時を問わず、安定供給の面から国・地域の負託に応えるためにも、SSネットワークの維持・強化は喫緊の課題であり、それを担う多くの小規模事業者が生き残るためには、公正な競争環境のもと堅実な経営が成り立つ業界にしていかなければなりません。その対策の一つとして、新たな3部会を中心に直面する課題を議論しているところであります。「SS経営革新部会」は、小規模事業者の経営力強化につながる新たなビジネスモデルの検討、「次世代部会」は、今後のSSのあり方に影響するEV・FCV等の普及に伴うエネルギー変化の情報収集・発信、更に「官公需部会」は、中小事業者の受注機会拡大に向けた基本方針を踏まえ、神奈川の先行事例を参考に官公需カードシステムの構築・利用促進を行うなど、今年の早い時期に各部会から一定の方向性を皆様に示せるものと考えております。私自身、現場主義をモットーとし、実践する中から答えが出るとの信念でおります。これからも全石連活動を一層評価してもらえるよう組合員の皆様に分かりやすく、明快なメッセージを届けていきたいと考えております。国民の生活を守る販売業界の発展のため諸問題にスピーディに取り組んで参りますので、組合員の皆さまの一層のご理解を切にお願い申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。」との挨拶がありました。

なお、石油商業組合連合会と全国石油業共済協同組合連合会とは、通例、全石連と称し、全国47都道府県の石油組合で構成され、約17,000社におよぶ石油販売業者の経済的、社会的地位の向上、ならびに石油製品の安定供給などによる消費者の皆様の利益保護を目的として設立された団体とのことです。(秘書渡部報告)

■1200〜(地元)新山下4団体合同賀詞交換会/タイクーン2F

新山下4団体合同賀詞交換会がタイクーン2Fで開かれました。小野正治新山下地区開発振興会会長より「最近第4次産業革命という波に我々が大きく関わります、港湾、海事、物流という事業にこれから大きく変革していくのではないのか考えます。この中で場合によっては先取りして事業を改革して、港横浜の中枢の新山下地区が大きく変わっていくという事を期待したいと思います」との新年の挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1230〜(地元)横浜市造園協会平成30年新年賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

(一社)横浜市造園協会平成30年新年賀詞交歓会がホテル横浜ガーデンで開催されました。(一社)横浜市造園協会・田澤重幸会長より「昨年は第33回全国都市緑化横浜フェアが開催され、600万人以上の方々がフェアを楽しんでいただきました。造園業界は街の景色を創る造形の出来る職種であります。里山ガーデンをはじめとする緑の街づくりに関しても総力を挙げて協力し、横浜のために役に立てる事を喜びとしています。今年も今まで培って来た造園力をブラッシュアップしながら精進して参ります」と新年挨拶が述べられました。続いて林文子横浜市長、松本研横浜市会議長、自民党横浜市連・梶村充幹事長から祝辞が述べられた後、自民党横浜市会所属議員、国会議員、国会議員代理、行政、関係団体の紹介がなされました。(秘書森報告)

■1300〜(地元)伊勢佐木町1・2丁目商店街、伊勢佐木町1・2丁目商和会横浜中央地下街平成30年新年賀詞交換会/JRAエクセル伊勢佐木

伊勢佐木町1・2丁目商店街と伊勢佐木町1・2丁目商和会横浜中央地下街の新年賀詞交換会がJRAエクセル伊勢佐木で開催されました。伊勢佐木町1・2丁目商店街・加藤昇一理事長より「昨年は中区制90周年と節目の年となり、街の活性化のためたくさんのイベントが行われました。今年2018年は新たなスタートの年になります。関内駅のバリアフリー化、横浜文化体育館の工事などのハード面の開発が行われます。文化とスポーツの街・横浜として伊勢佐木エリアの皆さんも共に頑張っていきましょう」と年頭の挨拶がなされました。来賓を代表して渡辺巧教副市長、原聡祐県議、松本研市会議長、伊勢佐木警察署・和智勉署長より挨拶がなされました。私も松本純代理として紹介いただきました。竹前大中区長の乾杯の後、祝宴が始まりました。(秘書大村報告)

●1315〜(国対)議院運営委員会与党理事懇談会/院内第13控室

本日の議院運営委員会理事会の前に、協議すべき内容の確認がなされました。

※1330〜(参考)議院運営委員会理事会/院内議運理事会室

■1400〜(政務)国会見学ぞくぞくと!(一財)世界野球連盟御一行様

中山篤子理事長をはじめ、一般財団法人世界野球連盟御一行様12名の皆様が、衆議院の参観にお見えになりました。国会に到着され、早速に、衆議院3階の、第1委員室(予算委員会、党首討論等が開催される会議室)、自由民主党総裁応接室、ご休所、中央塔、本会議場、代議士会開催の第14控室等をご案内し、都道府県の木が両側に植栽してある歩廊をとおり、敷地内で記念写真撮影の後、解散になりました。なお、今回、迎賓館の見学もされたとのことでした。(秘書渡部報告)

■1500〜(地元)神奈川県薬業団体新年賀詞交換会/ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

神奈川県薬業団体新年賀詞交換会がヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルで開催されました。薬剤師会、医薬品登録販売者協会、医薬品配置協会、医薬品卸業協会、麻薬卸売協会、化粧品工業協会、歯科用品商協同組合、医療機器工業会、病院薬剤師会の10団体を代表して鵜飼典男神奈川県薬剤師会会長より「本年は薬業団体にとりまして影響が極めて著しい診療報酬の同時改定があり、厳しい議論の結果になると承知しおります。薬業団体が一致団結して行動していかなければならないと考えます。薬業団体間の更なるコミュニケーションが重要だと感じていますので今後ともよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1600〜(地元)東京地方税理士会新年賀詞交歓会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

東京地方税理士会新年賀詞交歓会が横浜ベイシェラトンホテルで開催されました。会場入場後、直ちに乾杯となり祝宴が始まりました。祝宴の中、東京地方税理士会・小島忠男会長に新年のご挨拶と賀詞交歓会ご盛会のお喜びを申し上げました。来賓議員紹介挨拶では出席された国会議員、横浜市会議長の祝辞が行われた後、神奈川県ユニセフ協会に対する募金贈呈がなされました。その後国会議員代理紹介が行われました。(秘書森報告)

■1730〜(政務)四病院団体協議会賀詞交歓会−新年の集い−/パレスホテル東京

四病院団体協議会平成29年賀詞交歓会-新年の集い-が、パレスホテル2階葵の間で開催されました。日本精神病院協会山崎學会長の開会宣言の後、一般社団法人日本病院会相澤孝夫会長の挨拶の後、加藤勝信厚生労働大臣、今村聡日本医師会副会長等から来賓挨拶があり、一般社団法人日本医療法人協会加納繁照会長の乾杯のご発声で懇談会になり、公益社団法人全日本病院協会猪口雄二会長の中締めの挨拶で閉会となりました。ました。四病院団体協議会は、一般社団法人日本病院会(相澤孝夫会長)、公益社団法人全日本病院協会(猪口雄二会長)、一般社団法人日本医療法人協会(加納繁照会長)、公益社団法人日本精神科病院協会(山崎學会長)で構成される、民間病院を中心とした病院団体の協議会です。日本薬剤師会森昌平副会長、日本病院薬剤師会木平健治会長も出席されていました。現状認識、課題は次の通りです。「高齢社会がピークに達する平成37年に向けて社会保障と税一体改革を進めており、既存の医療・介護提供体制の見直しに関する様々な施策を実行しています。この医療制度改革には、地域医療構想を含む医療計画、平成30年度医療・介護報酬同時改定、療養病床の受け皿となる介護医療院など、協会会員の直面する諸問題が山積しています。また、医師の働き方改革、専門医制度も病院の存続に係る大きなテーマです。そして、全国各地で行われている地域包括ケアシステムの構築は、地域に密着した中小病院にとって、極めて重要な問題である。これらの見直しには、当協会をはじめ多くの病院団体が主体的に関わり、その意見を適切に反映させていく必要があります。地域医療を守るためには、地域の医療機関が継続して安定的に経営が出来る環境を整備することが必要不可欠で、協会では、医療に係る様々な問題について理事会等において情報を共有し、必要な対応を検討・実行するとともに、全会員へ情報を迅速に伝達する仕組みを強化します。また、地域によって医療提供体制や介護施設等の在り方が大きく異なるため、各支部から情報を収集し、必要な支援体制を構築します。」とのことです。(秘書渡部報告)

■1800〜(地元)協同組合元町SS会平成30年新年賀詞交歓会/ホテルニューグランド

平成30年の協同組合元町SS会の新年賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり理事長の永井淳二さんより、「本日は黒岩知事、林市長始め大勢の来賓の皆様、そしてご協力企業、会員の皆様、ご出席ありがとうございます。本年の経済会の賀詞交換会に出席しますと景況の改善といい話が聞こえてきますが、われわれ小売り業界はまだまだ厳しい状況です。また人手不足やコストアップなど取り巻く厳しい環境もあります。さて、SS会は昨年末のクリスマス商戦でも新しい取り組みとしてアメリカンエクスプレスのご協力でショップローカルという世界的なプログラムを日本で初めておこないました。またスポンサー企業の皆様にはさまざまな御協力ありがとうございました。2020年に向けて横浜は大きく変わって行きますが、元町もオリンピックイヤーに向けて歴史と魅力をつないでゆく為に今年が重要な年とかんがえています。理事会でも全会一致で新しいまちづくりに取り組むと決議いたしました。行政の皆様、協力団体数の皆様におかれましては是非御協力頂きたいと思います。昨年の5月より新体制で運営をスタートしております。今年一年もよろしくお願いいたします」とのご挨拶がありました。続いて来賓のご挨拶と紹介があり私も松本純代理として紹介していただきました。(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)昭栄グループ関連会社新年会/新横浜国際ホテル

昭栄グループ関連会社新年会が新横浜国際ホテルで開催されました。中村藤雄昭栄旅客自動車協同組合理事長より「平成30年のおめでとうございますを皆さんと行いたいと思います。昭和62年に平成と変わり30年となります。私も今年で93歳になりますがこの会も今年で終わりにしたいと思います。皆さんこれからの日本をみんな仲良く、立派に過ごせるようよろしくお願いします」との挨拶がなされました。剣道の演武の披露が行われ、懇談会となりました。(秘書古正報告)

■1800〜(地元)神奈川県自動車整備横浜中央支部新年会/ホテル横浜キャメロットジャパン

神奈川県自動車整備横浜中央支部新年会がホテル横浜キャメロットジャパンで開催されましたり。神奈川県自動車整備中央支部振興会・平山幸生支部長より「新年おめでとうございます。支部行事に昨年もご協力いただきましたが今年もよろしくお願いします。我々業界をネットや新聞を見ると新車販売の40%が軽自動車となっています。もう少し普通自動車の販売が伸びてくれると我々整備業社には有難いと思っています。世界的な傾向ですが自動運転、EV化のノウハウを我々も勉強して行かなければなりません。またニュースにもありましたエアバックの安全対策も考慮しなければなりません。あとは皆さんが健康で今年が良いである事を願っています」と新年挨拶を述べられました。続いて関連機関、本部振興会から報告と新年挨拶がなされ、乾杯の発声で歓談が始まりました。歓談の中で来賓議員挨拶が行われ、私から一言新年のご挨拶を申し上げました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)中区第三地区連合自治会平成30年賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

中区第三地区連合自治会の平成30年賀詞交歓会がホテル横浜ガーデンで開催されました。厚浦千尋副会長の司会で始まり、鈴木敏夫会長より「昨年は元気づくりコンサートを開催し大盛況となりました。今年第2回を開催したいです。また運動会、音楽コンサートと合わせて新規事業があればそれもやっていきたいと思っています。皆さんとお力合わせて第三地区を盛り上げていきましょう」との挨拶がなされました。来賓の伊波俊之助市議、原聡祐県議、松本研市議、竹前大中区長より新年の挨拶がなされました。乾杯の後はロイストン室内楽団の皆さんの生演奏がなされ、鈴木敏夫会長が指揮をとり会場を巻き込む素晴らしいパフォーマンスで大盛り上がりでした。(秘書大村報告)

■1800〜(地元)平成30年上笹下地区新年賀詞交換会/上中里地区センター体育室

平成30年上笹下地区の新年賀詞交換会が開催され代理出席しました。会が重なっていた為、大幅に遅刻してしまいましたが、中野達夫連合町内会長、大勢の役員の皆様にご挨拶をしてきました。地区センターの中には大勢の町内会の皆さんが集まりピアノやサックス演奏など賑やかな新年賀詞交換会でした。(秘書斎藤報告)

●1130〜(地元)通夜式:故峯尾エツ氏/上行寺八景斎場

元神奈川県議会議員峯尾ゆずる先生のお母様がご逝去され弔問しました。お悔やみを申し上げ、またご冥福をお祈り申し上げました。

■1900〜(政務)東京国税労働組合「2018新春団結旗開き」/ホテルグランドパレス

東京国税労働組合連合会「2018新春団結旗開き」がホテルグランドパレス4F「ゴールデンルーム」で開催されました。推薦議員としてご案内を頂き代理出席致しました。開会の挨拶、石川博久執行委員長の新年の挨拶の後、推薦議員の石原伸晃衆議院議員、藤井裕久先生、国税労働組合総連合飯島達也中央執行委員長等から来賓挨拶があり、鏡開き、小高邦夫顧問からのガンバロー乾杯のご発声で懇親に移りました。その後、だるま目入れ、お楽しみ抽選会(高橋徹)副委員長の挨拶、ガンバロー三唱で閉会となりました。なお、代理紹介、祝電披露がありました。神奈川地区本部廣田孝則執行委員長はじめ神奈川地区本部からも参加されていました。今回は、昨年に続き、平成30年度予算編成において、定員純増7名が査定により認めれられたとのことでした。(秘書渡部報告)

■1900〜(地元)平成30年(一社)神奈川県臨床検査技師会賀詞交歓会/ホテル横浜キャメロットジャパン

平成30年(一社)神奈川県臨床検査技師会賀詞交歓会がホテル横浜キャメロットジャパンで開催されました。(一社)神奈川県臨床検査技師会・横山一紀会長より干支の戌年について話された後、「昨年来より、サポートネット始め新たな取り組みを準備して参りました。それが戌年に実現出来る事を期待しています。技師会については高齢化対策、在宅医療における臨床検査技師の関わり、人工知能AIの導入問題など、臨床検査技師としての我々の立場を明確にして行かなければならないと思っています。我々神奈川県の検査技師だけでは成し得ないと思っていますので引き続き皆様方のご協力をお願いいたします」と新年挨拶を述べられました。続いて関係団体、国会議員、国会議員代理の紹介挨拶が行われ乾杯の発声で新年懇親会が始まりました。(秘書森報告)

■1900〜(地元)簑沢台自治会新年会/簑沢台自治会館

簑沢台自治会新年会が簑沢台自治会館で開かれました。御園高宏会長や役員、婦人部の皆さんが集まり和やかな新年会となりました。松本純事務所からは昨年国家公安委員会委員長、防災担当大臣など6つの大臣職を無事に勤めあげ、10月の衆議院選挙で7期目の当選を果たし、現在国会対策委員長代理として国会運営の仕事に携わっていることなどの報告をしました。(秘書古正報告)


1月11日(木)晴れ

■0700〜(地元)第2回早朝駅頭演説会/金沢八景駅

本日は京急金沢八景駅でスタッフによる早朝駅頭広報活動を開催しました。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は135枚/累計280(古正25枚/累計55枚、斎藤50枚/累計95枚、森12枚/累計36枚、大村48枚/累計94枚)でした。(秘書森報告)

■0930〜(政務)国会見学ぞくぞくと!横浜市立並木中央小学校6年生

地元、金沢区の横浜市立並木中央小学校6年生2学級60名の児童が、堀部尚久校長先生をはじめ6名の先生に引率され、2台のバスに分乗し、国会見学に来訪しました。到着され、国会前庭の水準原点を見学の後、憲政記念館の議場体験の部屋での記念写真撮影の自由行動の班別見学をして、衆議院に向かい、衆議院参観者入り口を通り、ホールで待機の後、衆議院内の廊下を通り、3階の御休所、中央塔、本会議場を見学し、衆議院第一議員会館地下1階大会議室で昼食の後、次の目的地、国立科学博物館に向かいました。(秘書渡部報告)

■1000〜(地元)第17回佳絵留(かえる)グループ作品展/らびすた新杉田4Fギャラリー

毎年開催される佳絵留グループの作品展にお邪魔しました。今年もすばらい作品が数多く出展されていました。新しい方も参加され、会員も増えているそうで、今年で17回目となりました。事務局の和田道弘さんより長く続ける秘訣は会長を置かず、全員がフラットで運営する事だそうです。(秘書斎藤報告)

■1100〜(地元)横浜建設業協会・神奈川県建設業協会横浜支部平成30年新年賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜建設業協会、神奈川県建設業協会横浜支部平成30年新年賀詞交換会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。横浜支店市歌斉唱に続き、土志田領司横浜建設業協会会長より「国内に於いては安定した政権下の下、力強い取り戻しつつあるなかで私達の建設業界も今業界一丸となって建設産業と脱皮し、新たなる3K『給料高い、休日多い、希望が持てる』を定着させていかなければなりません。昨年の6月末には国土交通省の建設産業政策会議には建設産業政策2017プラス10、若い人達に明日の建設産業を語ろうという政策提言をまとめました。この提言には10年後を担う若い人達に夢や希望を与える事ができる産業になるため100以上の具体的な政策が打ち出され、制度インフラの再構築を進める道筋を付ける事が必要と思われます。ここで示されました施策を着実に実施していくことだと思います。働き方改革では週休二日制実現、長時間労働の是正などが大きな問題化でありますので皆さんのご協力をお願いいたします」との年頭挨拶がなされました。林文子横浜市長、松本研横浜市会議長の来賓祝辞に続き、松尾文明神奈川県建設業協会横浜支部長の乾杯の音頭で懇親会に入りました。(秘書古正報告)

■1100〜(地元)森南町内会新年会/森南町内会館

森南町内会の新年会が開催され代理出席しました。町内会館の中には大勢の皆さんが集まりました。開会にあたり星野琴子会長より、昨年の4月に会長に就任以来、様々なイベントを通じ頑張ってきたが、町内の支え合い事業も整った。また、少子化傾向とは言いながら、森南町内会では子供達が増えているので見守りにも力を入れていきたい。とのご挨拶がありました。次に私も来賓としてご挨拶の機会をいただき、昨年お世話になった感謝と今年一年が皆様にとって素晴らしい歳になるようにご祈念申し上げました。(秘書斎藤報告)

■1700〜(地元)横浜市綜合パン・米飯協同組合新年賀詞交歓会/崎陽軒本店

横浜市綜合パン株式会社・横浜市綜合パン・米飯協同組合の合同新年詞交歓会開催され代理出席しました。開会にあたり長嶌達夫理事長より新年のご挨拶があり「今日は来賓の皆様はじめ大勢の皆さんのご出席ありがとうございます。組合の会員減少と組合の存続の事もあり、今年の4月に横浜市綜合パン株式会社、そして横浜市綜合パン・米飯協同組合を立ち上げたました。学校関連はいままで通り安心・安全な食材を届けていきます。また、これからめ社会的的使命を果たす為、皆様のご支援をお願いいたします」とのご挨拶がありました。次に来賓として代理挨拶の機会をいただき、組合の益々の発展とみなさんの益々のご健勝をお祈り致しました。乾杯の後は和やかな新年会となりました。(秘書斎藤報告)

■1800〜(地元)横浜市歯科医師会・横浜市歯科医師連盟新年会/ローズホテル横浜

横浜市歯科医師会・横浜市歯科医師連盟新年会がローズホテル横浜で開催されました。式典では横浜市歯科医師会・杉山紀子会長より「医療、介護、福祉などの様々なジャンルの方々よりご協力により横浜市歯科医師会が成り立っています。多くの関係している方々と共に市民の健康に向けて、私たちは目で見てわかる形で努力をしてまいりたいと思います」との挨拶がなされました。横浜市歯科医師連盟・小澤操理事長からは「皆さんにご協力をいただき、この度2018年度より歯科医療報酬改定率は+0.69%となりました。口腔ケアなどを通じて市民の健康のため頑張ってまいりたいと思います」との挨拶がなされました。続いて来賓を代表して林文子横浜市長、松本研市会議長、横浜市医師会・武安宣明副会長より挨拶がなされました。来賓の挨拶と紹介があり、松本純代理として一言挨拶を述べました。横浜市歯科医師会幹事・冨田雅彦さんの乾杯で祝宴が始まりました。(秘書大村報告)

■1800〜(地元)横浜市中区浴場組合新年会/じゃのめや

横浜市中区浴場組合新年会が伊勢佐木町の「じゃのめや」で開かれました。福井正隆組合長より「昨年中も皆様方には大変ご協力をいただき感謝しております。昨年浴場組合は老人の方の入浴サービス、割引サービスを利用券にして月一回いつでも利用できるようにいたしました。それが一年間で徐々に浸透してきております。組合が介護予防や、老人の引きこもり防止などの一翼を担っていると思います。今年からは子供の入浴での教育とかスポーツイベントで銭湯を絡めて活用していただければと思います」との挨拶がなされました。春木開佐久顧問の乾杯の音頭で懇親会となりました。(秘書古正報告)

■1830〜(政務)(一社)群馬県薬剤師会新年祝賀会/群馬ロイヤルホテル

平成30年一般社団法人群馬県薬剤師会新年祝賀会が群馬ロイヤルホテル2F鳳凰の間で開催されました。山賀章一副会長の司会で進行され、武智洋一郎会長の挨拶の後、来賓として、大澤正明群馬県知事代理・反町敦副知事、群馬県議会・織田沢俊幸議長、日本薬剤師会会長代理・島田公明常務理事、群馬県医師会・須藤英仁会長、群馬県歯科医師会・村山利之会長、中曽根康隆衆議院議員、上野宏史衆議院議員、福田達夫衆議院議員、中曽根弘文参議院議員ご令室様、井野俊郎衆議院議員ご令室様、山本一太参議院議員のご挨拶に続き、小渕優子衆議院議員代理、尾身朝子衆議院議員代理、笹川博義衆議院議員代理、長谷川嘉一衆議院議員代理、羽生田俊参議院議員代理紹介があり、群馬県川原武男健康福祉部長の乾杯のご発声で祝宴に入りました。和やかな懇親の後、原文子群馬県薬剤師会副会長の中締めのご挨拶で閉会となりました。代理紹介、祝電披露もありました。(秘書渡部報告)

■1900〜(地元)(公社)小田原薬剤師会平成30年賀詞交歓会/湯本富士屋ホテル

(公社)小田原薬剤師会平成30年賀詞交歓会が箱根・湯本富士屋ホテルで開催されました。(公社)小田原薬剤師会・常盤孝司会長より昨年を振り返り、薬剤師界の在り方について考えを述べられた後、かかりつけ薬局かかりつけ薬剤師の推進、セルフメディケーション税制の周知徹底、夜間休日対応、防災対策、学校薬剤師、公衆衛生等、薬剤師として出来る限りの充実と取り組みを計って行く旨が新年挨拶として述べられました。(秘書森報告)

■1900〜(地元)横浜市薬剤師会平成30年新年会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜市薬剤師会平成30年新年会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。寺師三千彦会長より「西郷隆盛が好んで使った言葉に『敬天愛人』がありますが、これは神様に従って人を愛する、人を愛するように自分を愛するという言葉です。この言葉が私は大好きでこれが組織のありようだと思います。横浜市薬剤師会の取り組みは2つあります。2025年問題を含めた地域包括ケアシステムが問題となっておりますが、横浜市医療協議会において医師会の水野会長が人は育成しなければならないと仰いました。 確保するとその他の地域が疲弊すると言われます。我々在宅に携わる薬剤師は中々育たないというのが現状です。今後は確保するのではなく、自分の薬局で人を育てるが必要だと思います。今後横浜市薬剤師会はこのような方向を目指して参ります」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1900〜(地元)山手会/北欧

山手会の例会がレストラン北欧で開かれました。今年初の開催も「北欧」の美味しい料理とともに、松本研横浜市会議長の市政報告よりみなとみらい21地区の開発や市会議長としての仕事内容などの話題で盛り上がりました。(秘書大村報告)


1月10日(水)晴れ

■0700〜(地元)第1回早朝駅頭演説会/六浦駅

本日は京急六浦駅でスタッフによる新年最初の早朝駅頭広報活動を開催しました。まちかど政治瓦版1月号は2020年に向けて未開発地区が残る、みなとみらい21地区の開発計画の内容を報告しています。本日の「まちかど政治瓦版」配布枚数は145枚/累計145枚(古正30枚/累計30枚、斎藤45枚/累計45枚、森24枚/累計24枚、大村46枚/累計46枚)でした。(秘書森報告)

●1030〜(国対)野党国対へ申し入れ/院内2F立憲民主党国対委員長室

通常国会の開会に向けて準備が進められています。今日は森山国対委員長と共に野党国対に対して与野党国対委員長会談の開催をお願いしてきました。その様子を報道各社記者に説明しました。

■1200〜(政務)(一社)日本旅客船協会賀詞交歓会/海運クラブ

一般社団法人日本旅客船協会賀詞交歓会が海運クラブ2階ホールで開催されました。福武章夫(伊勢湾フェリー株式会社社長)会長の挨拶の後、来賓の秋元司国土交通副大臣からの来賓挨拶に続き、小嶋光信(両備フェリー株式会社代表取締役)副会長の「ご安全に、乾杯」の発声で懇親になりました。一般社団法人日本旅客船協会は国内で旅客船を運航する事業者(会社、個人、自治体、その他)のほとんど全てを会員とする全国規模の団体として昭和26年2月に設立され、現在全国11のブロックに分かれ、会員数は、553事業者で構成されているとのことです。福武会長からは、昨年暮れの税制改正により、軽油引取税の特別措置の継続が認められ、予算ては、離島航路の措置も認められた。一方で、Sox対策の2年後の実施。船員確保の問題等課題があるが、公共交通の一翼の担い手として引き続き頑張るとの挨拶がありました。(秘書渡部報告)

■1400〜(地元)神奈川県調理師連合会平成30年賀詞交歓会/メルパルクYOKOHAMA

神奈川県調理師連合会平成30年賀詞交歓会がメルパルクYOKOHAMAで開催されました。神奈川県調理師連合会・小山正武会長より近況が述べられた後、「世の中景気が上がっている様にみえますが、それを実感している方は10%に満たないとニュースで言ってました。まだまだ業績の良し悪しの差がありますよね。(我々業界のためには)もう少し皆さんが無駄遣いしていただきたいと思います。もう少し無駄遣いが出来き、我々の業種や世の中に還元となる、景気浮揚となる政策をお願いしたいと思っています」と新年挨拶がなされました。(秘書森報告)

■1800〜(政務)日邦薬品工業(株)2018年新春懇親会/ハイアットリージェンシー東京

小田美良会長旭日双光章受章祝賀会並びに日邦薬品工業株式会社「2018年新春懇親会」がハイアットリージェンシー東京地階クリスタルルームで開催されました。第一部として、小田美良会長の昨年秋の旭日双光章受章祝賀会が執り行われ、発起人代表古賀文敏代表取締役社長、日本薬局協励会佐野智副会長からの挨拶の後、来賓として、日本薬剤師会山本信夫会長、渡嘉敷なおみ衆議院議員、衛藤晟一参議院議員、藤井基之参議院議員からの祝辞、記念品の贈呈が行われ、引き続き、第二部として、賀詞交歓会が行われ、小田美良会長、古賀文敏代表取締役社長の挨拶の後、来賓の日東薬品工業株式会社北尾哲太郎代表取締役社長からのご挨拶があり、乾杯のご発声で懇親にうつりました。佐野智常務理事の中締めの挨拶で閉会となりました。代理紹介、祝電披露がありました。(秘書渡部報告)

●1800〜(地元)横浜市会議員いなみ俊之助新年会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜市会議員いなみ俊之助新年会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。川本守彦後援会長の主催者代表挨拶に続き、来賓挨拶として藤木幸夫横浜港運協会会長、松本純衆議、原聡祐県議、三原じゅん子参議、中西けんじ参議の祝辞がなされました。伊波俊之助市議より「市会では市の新人職員全員に介護職員初任者研修の資格を取る必要があると主張しました。しっかりと答えを出せるよう頑張って行きたいと思います」との謝辞がなされました。(秘書古正報告)

■1800〜(地元)平成30年横浜市病院協会新年祝賀会/横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

平成30年横浜市病院協会の新年祝賀会が開催され代理出席しました。開会にあたり新納憲司会長より新年のご挨拶があり  今年も 市民へのより良い病院医療を提供し、地域包括ケア システムの推進、救急医療や地域医療構想、医療人材の育成などに力を入れていきたい等  と述べられました。続いて来賓のごあいさつと紹介があり、私も松本純代理として紹介していただきました。(秘書斎藤報告)

■1900〜(地元)山手駅前商和会新年会/北欧

山手駅前商和会新年会が橋本亨会長のお店「レストラン北欧」で開かれました。橋本会長より「山手駅前商和会も厳しい経営環境の中、皆さんと手を取り合って頑張って行きたいと思います」との新年挨拶がなされました。「北欧」の美味しい料理をいただきながら楽しい新年会となりました。(秘書古正報告)

■1930〜(地元)打越町内会新年会/打越町内会館

打越町内会新年会が打越町内会館で開催されました。新年会に先立ち、来月2月に行われる役員改選について織茂圭賛会長から説明が行われました。新年会では織茂会長よりご紹介があり、松本純代議士代理として私から代議士近況と町内会の更なる発展と結束を祈念申し上げました。来賓議員挨拶後は乾杯の発声で和気あいあいと新年会が続きました。(秘書森報告)


1月9日(火)雨晴れ

■0700〜(地元)第1回早朝駅頭演説会/六浦駅

雨のため中止となりました。(秘書森報告)

※0950〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。一般案件2件と人事が決定されました。大臣発言として、私(官房長官)から、「天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典準備委員会の設置について」、申し上げ、安倍総理大臣から、「海外出張不在中の臨時代理について」、御発言がありました。本日の閣議において、天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典準備委員会の設置の決定をいたしました。また、閣議終了後、第1回会合を開催いたしました。本委員会において、即位の礼を始めとする関連式典の準備を総合的、計画的に進めるための基本方針を速やかに取りまとめ、閣議に諮った上で、政府を挙げて万全の準備を進めることといたしております。(菅義偉内閣官房長官)

■1030〜(地元)神奈川県生活協同組合連合会新年賀詞交歓会/ワークピア横浜

神奈川県生活協同組合連合会新年賀詞交歓会がワークピア横浜で開催されました。 當具伸一代表理事会長より「2015年に国連総会で持続可能な開発元の為の2030アジェンダが採択されました。貧困や不平等の解決、持続可能な経済、社会の実現、地球環境の保全、平和と公正な社会の確率等17の目標が定められ、協同クリーニングは重要な担い手として明記されています。協同組合に寄せられた期待に応えられるよう地域で協同しつながり、新たな住み良い神奈川づくり進めて参りたいと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1200〜(地元)神奈川県美容業生活衛生同業組合平成30年賀詞交歓会(表彰式)/横浜ベイホテル東急B2F「クイーンズグランドボールルーム」

神奈川県美容業生活衛生同業組合の賀詞交歓会が開催され代理出席しました。開会にあたり永年勤続従業員表彰をはじめ全国大会入賞者など様々な功労者のみなさんが表彰を受けられました。また山本政幸 理事長より新年のご挨拶があり、今年一年Remakingを合言葉にサブタイトルとして「再考し、再行して再興する、一人でなく、ともに」を掲げて進んで行きたいと述べられ、これまで進めていた養成学校、顧問の先生がたとの連係をさらに図っていきたいと述べられました。(秘書斎藤報告)

■1230〜(政務)(一社)日本歯科商工協会新年賀詞交歓会/ホテルグランドパレス

一般社団法人日本歯科商工協会新年賀詞交歓会がホテルグランドパレス3F白樺の間で開催されました。代理出席しました。森田晴夫会長の挨拶の後、来賓として、公益社団法人日本歯科医師会堀憲郎会長、白須賀貴樹衆議院議員、島村大参議院議員、山田宏参議院議員、山田美樹衆議院議員、日本歯科医学会住友雅人会長、日本歯科医師連盟高橋英登会長、公益社団法日本歯科技工士会杉岡範明会長、公益社団法人日本歯科衛生士会武井典子会長からそれぞれご挨拶があり、東京都歯科医師会山崎一男会長の乾杯のご発声の後、懇親になりました。厚生労働省医薬・生活衛生局中井清人医療機器審査監理課長、経済産業省商務情報政策局商務・サービスグループ西川和見ヘルスケア産業課長他が来賓として出席されていました。祝電披露がありました。日本歯科商工協会は、公益社団法人日本歯科医師会と日本歯科医学会の臨・学・産の3者で協同して取組み、歯科医療機器に特化した独自の産業ビジョンを策定し、「平成19年度版歯科医療機器産業ビジョン」、「平成24年度版新歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」を上梓したところであり、昨年6月に「平成29年度版新歯科医療機器・歯科医療技術産業ビジョン」を策定したとのことです。(秘書渡部報告)

●1500〜(政務)財務大臣面談/財務省大臣室

日本商工会議所の三村明夫会頭、田中常雅税制委員長、石田徹専務理事が、事業承継税制について、財務大臣と面談されるとのことで、「中小・小規模事業者の円滑な世代交代を後押しする議員連盟」会長として同席致しました。(秘書渡部報告)

■1500〜(地元)神奈川県自動車整備関係団体平成30年新年賀詞交歓会/ホテル横浜キャメロットジャパン

神奈川県自動車整備関係団体平成30年新年賀詞交歓会がホテル横浜キャメロットジャパンで開催されました。(一社)神奈川県自動車整備振興会、神奈川県自動車整備商工組合、神奈川県自動車整備政治連盟、神奈川県自動車整備健康保険組合からなる4団体で構成されています。主催者挨拶では宮原郁夫代表より「点検整備の実施率向上のためのPR事業、環境対応車の復旧、自動運転や電動化による車両技術の高度化を含め対応出来る事業を展開してまいります。我々の社会的使命である安全の確保、公害の防止、地球環境の保全は不変です。ユーザーに安全で快適なカー・ライフを提供するため事業を実践に務めて参ります」と述べられ、続いて関係各団体の現状と取り組みについて報告がなされました。(秘書森報告)

■1530〜(地元)商連かながわ平成30年新年賀詞交歓会/県民共済プラザビル6F「ヴァランセ」

商連かながわ平成30年新年賀詞交歓会・第6回かながわ商店街大賞授賞式が開催され代理出席しました。懇親会からの出席だった為、岡野誠一会長の年頭のご挨拶は聞く事ができませんでしたが、今年の商店街大賞は伊勢原駅前中央商店街が受賞しました。乾杯の後、出席議員の挨拶、紹介があり私も松本純代理として一言お祝いを述べさせていただきました。(秘書斎藤報告)

■1600〜(地元)防衛諸団体合同賀詞交歓会/かながわ労働プラザ

防衛諸団体合同賀詞交歓会なかながわ労働プラザで開催されました。寺地重吉神奈川県隊友会会長より「昨年は米国第一主義を掲げるトランプ政権により地球温暖化対策を定めたパリ協定や還太平洋諸国が締結を目指していたTPP協定からの脱退の中でアメリカが内向き志向を取る中、その隙間を突くような形でロシア、中国が政治力、軍事力を背景にし国際政治をリードするという姿。更には北朝鮮が核開発、弾頭ミサイル発射を繰り返すという事が目立った一年でした。国内では安倍政権の確固たる政権運営により日本経済界を確実に回復中しつつあり、衆議院選挙で勝利し、衆参共にして3分の2以上の議席を得て、憲法改正の発議することも可能になりました。我が国の平和と独立を守る自衛隊が憲法いはんであるという現状は極めて不具合であり、自衛官が誇りをもって職務に専念できる態勢を一刻も早く実現するため、憲法開成に向けて全力を傾ける所存であります」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1800〜(政務)(一社)全国住宅産業協会新年賀会/ホテルニューオータニ

一般社団法人全国住宅産業協会新年賀会がホテルニューオータニ本館1階「芙蓉の間」で開催されました。冒頭の神山和郎会長からの「平成30年度予算では、既存住宅流通・リフォーム市場の活性化、空き家対策の強力な推進、 住宅団地における持続可能な居住環境の形成が盛り込まれ、平成30年度税制改正では、新築住宅に係る税額の減額措置の延長、認定長期優良住宅に係る特例措置の延長、買取再販で扱われる住宅の取得等に係る特例措置の延長・拡充、既存住宅の耐震・バリアフリー・省エネ・長期優良住宅化リフォームに係る特例措置の延長、居住用財産の買換え等に係る特例措置の延長が盛り込まれました。これからは空地空家のことが問題になると思います。土地は財産なのか、資産なのか、負債なのか、どちらにしても税制の問題であり、今後の課題であります」との挨拶に続き、石井啓一国土交通大臣など多数の来賓挨拶の後、不動産団体連合会会岩沙弘道会長の乾杯の発声で懇親になりました。自民党からは山口泰明組織運動本部長、公明党からは山口那津男代表をはじめ与党国会議員、官公庁、友好団体関係者など大勢の参加がありました。(秘書渡部報告)

●1830〜(政務)政務懇談会/都内

社会保障制度堅持について意見交換を行いました。

■1830〜(地元)理容組合中支部新年会/メルパルク横浜

理容組合中支部の新年会が開催され代理出席しました。開会にあたり須藤正博支部長より「県の理容組合も60年となりました。日頃組合活動にご協力ありがとうございます。幸せと言うのは私が思うに話を聞いてくれる相手が多ければ多いほど幸せも多いのではないかと思います。支部の皆さんが私の話を聞いてくれる相手であります。今年も支部総会、厚生部・OBの皆さんの企画の成田山初詣のバス旅行に是非参加ください」との挨拶がありました。続いて私も来賓として代理挨拶の機会をいただき、一言、新年のお祝いと昨年の感謝を申し上げました。乾杯の後はカラオケや抽選会なども企画された賑やかな新年会となりました。(秘書斎藤報告)

■1900〜(地元)協同組合伊勢佐木町商店街新年賀詞交換会/ブリーズベイホテル

協同組合伊勢佐木町商店街の新年賀詞交換会がブリーズベイホテルで開催されました。牛山裕子理事長より「新市庁舎を中心にベイサイドは発展していきます。その中で伊勢佐木町へ来てもらうために、今年はイベントや簡便車両のテストも予定しています。伊勢佐木町の発展に向け皆様にもご協力いただきたいと思います」との挨拶がなされました。来賓挨拶として松本研市議、原聡祐県議、林琢己横浜市経済局長、竹前大横浜市中区長、伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合・加藤昇一理事長より新年の挨拶が述べられ、松本純事務所からも代理で挨拶をいたしました。横浜市都市整備局・薬師寺えり子局長による乾杯後は「伊勢佐木町ブルース発売50周年」のお知らせや福引大会などもあり盛大に行われました。(秘書大村報告)

■2000〜(地元)中区薬剤師会理事会新年会/山田屋

中区薬剤師会理事会新年会が山田屋で開かれました。永持健会長より「昨年は皆さんのご協力で中区薬剤師会は無事所事業を行う事ができました。今年もよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。理事会では報告事項として、@学生実習A南武線エリア協議会B地域れんけいC防災D健康サポート薬局関連などが報告されました。審議事項では@地域医薬品集作成に、C倫理研修会についてが審議されました。新年会は山形光正前会長の乾杯の音頭で新年会に入りました。山田屋の美味しい料理をいただきながら、和やかな会となりました。(秘書古正報告)


1月8日(月)曇り一時雨

●0500〜(地元)実践倫理宏正会朝起き会「鏡開き」/鈴鹿ビル

(一社)実践倫理宏正会京浜金沢支部の「鏡開き」が鈴鹿ビルで開催されました。会員の方々による演談と塚本洋子支部長から挨拶がなされ、出席した松本純代議士は現役職の近況をお伝えし皆さんと共に「お汁粉」のおもてなしをいただきました。(秘書森報告)

●1100〜(地元)平成30年屏風ヶ浦地区賀詞交歓会/ホテル横浜ガーデン

平成30年度屏風浦地区連合町内会賀詞交換会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり連合町内会長の齊藤睦男さんよりご挨拶があり、地域の安心安全な活動はもとよりこれからは地域包括ケアシステムに力を尽くして行きたいとのお話がありました。松本純代議士からの挨拶では昨年は大臣職として防災や警察行政に力をそそいだ事や齊藤会長の話題に触れ、自身が厚生関係のスペシャリストとしてこれから拡大して行く社会保障費に対し、健康を維持する重要性や行政や施設に任せるのではなく、地域全体として皆が地域包括ケアシステムを作り上げていく必要性などが述べられました。乾杯の後はカラオケなども入った賑やかな賀詞交換会となりました。(秘書斎藤報告)

●1100〜(地元)平成30年横浜吟友会初吟会/横浜テクノタワーホテル

平成30年横浜吟友会初吟会がテクノタワーホテルで開催されました。式典では会詩合吟の後、安川彰岳会長より「昨年は10周年の節目の年、全国・地区・友誼団体をはじめ多くの行事に参加ご協力いただき感謝に堪えません。今年も新事業として京浜ブロック合同吟詠鑑賞会が4月2日にカナックホールの開催が決まりました。今年も笑顔でさらに充実した一年でありますよう頑張りたいと思っております」と新年挨拶が述べられました。続いて関係4団体の会長による吟が詠われた後、当会顧問の松本純代議士より自民党国会対策委員会委員長代理としての近況と横浜吟友会の発展と会員方々の活躍を祈念いたしました。式典後の祝宴では各テーブルごとに合吟が詠まれました。(秘書森報告)

●1700〜(地元)平成30年岡村地区新年賀詞交換会/横浜市立藤の木中学校格技場

平成30年岡村地区新年賀詞交換会が開催され松本純代議士が出席しました。あいにくの雨模様になりましたが、会場には170名を越える皆さんが集まりました。開会にあたり連合町内会の三澤繁次会長より、岡村地区の数多いイベントへの協力のお礼と共に子供や青少年の居場所を作り上げ地域の和、つながりをさらに高めていきたい。また地域の福祉についても行政の協力を得ながら進めていきたいとのご挨拶がありました。松本純代議士の挨拶では、災害時などの地域の連携とつながりの重要性などが中心に話されました。(秘書斎藤報告)

●1800〜(地元)高谷町内会新年会/高谷町内会館

高谷町内会の新年会が高谷町内会館で開催され、松本純代議士が出席しました。西城戸剛副会長より「今年は大人から子供まで楽しんでもらうため様々な行事を企画しています。手を取り合って一つになって町を盛り上げていきましょう」との挨拶がなされました。続いて国吉一夫県議、高橋徳美市議より新年の挨拶と昨年中の県政報告、市政報告がなされました。松本純代議士からも新年の挨拶と昨年に国家公安委員長、防災大臣を務め上げた旨の報告がなされました。その後は、高谷町内会名物のおしるこなどをいただきながら新年会が行われました。(秘書大村報告)

●1800〜(地元)大和町立野町内会平成30年新年会/ホテル横浜ガーデン

大和町立野町内会平成30年新年会がホテル横浜ガーデンで開催されました。式典では成田松夫会長より「昨年は町内活動を皆さんの協力により無事に1年を終える事が出来ました。皆さんの活動にあたっては健康に留意されますようお願いいたします。今日は楽しい新年会にしたいと思っていますのでよろしくお願いします」と新年挨拶を述べられました。来賓挨拶では中区選出議員による祝辞がなされ全員による合唱の後、乾杯の発声で賑やかな祝宴が始まりました。祝宴は鍵盤ハーモニカとピアノ演奏、カラオケに手品、クイズと盛り沢山のアトラクションに皆さん大盛り上がりの宴が続きました。他の会合から急ぎ駆けつけた松本純代議士は皆さんから歓待され、安倍総理とのユニークな会話を披露し、自民党国会対策委員会委員長代理を務める近況を報告し町内会の発展と皆さんの更なる活躍を祈念した挨拶をいたしました。(秘書森報告)

●1800〜(地元)野毛町3・4丁目町内会平成30年新年賀詞交換会/一ノ蔵

野毛町3・4丁目町内会平成30年新年賀詞交換会が一ノ蔵で開かれました。神田信男会長より「昨年は町内会の方はさしたる大きい事故はなく、野毛34丁目は安心安全な一年だったと思います。平素から皆様方が協力しあって町内会行事を行い、安全・安心な町となりました。今年は改まった行事は考えておりませんが強化したいと思うのは災害対策で、どう対処するかであります。お互いに注意をしあってやって行きたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。松本純代議士も閉会前に会場入りし、昨年の報告とお礼を述べました。(秘書古正報告)


1月7日(日)晴れ時々曇り

●0900〜(地元)内川町内会餅つき/内川町内会館前

内川町内会の餅つきが内川町内会館前で開催され松本純代議士がお邪魔しました。岩崎健一朗会長と町内会の皆さんに歓待され、ご挨拶後、皆さんに促され「そーれ!ヨイショ、ヨイショ」の掛け声で代議士は元気にお餅を突きました。町内会館の中ではご婦人方が突き上がったお餅を手際よく仕分けて町内会の皆さんに配布します。今年も例年通り40sの餅米が突かれるとの事です。(秘書森報告)

●1000〜(地元)高舟台どんど焼き/高舟台第2公園

高舟台自治会主催による「どんど焼き」が高舟台第2公園で開催され松本純代議士がお邪魔しました。吉成和幸会長と自治会役員の皆さんに歓待され、代議士は近況等をお伝えしました。火入れ式前には吉成会長より新年挨拶が述べられ、「高舟台自治会の昨年の年間行事も滞りなく終了しました。今年は自治会創立50周年を迎えます。先人たちの功績のお陰です。これからも先輩方にご指導いただき自治会をより良くして参ります」とご挨拶されました。続いて来賓議員紹介が行われた後、吉成会長と今年成人を迎えた方、子供たちによる火入れ式が行われ、乾杯の発声と共に舞い上がった炎に無病息災の祈願がなされました。(秘書森報告)

■1000〜(地元)日ノ出町町内会餅つき大会/日ノ出町町内会館

日ノ出町町内会餅つき大会が日ノ出町町内会館で開かれました。日ノ出町青年会の皆さんが町内会員や少年野球部の子供さんたちに美味しいお餅を振舞うための準備をしていました。(秘書古正報告)

●1000〜(地元)丸山第一町内会もちつき大会/丸山第一町内会館

丸山第一町内会のもちつき大会が開催され、松本純代議士が参加しました。天気にも恵まれ大勢の町内会の皆さんや子供達が集まっています。つきあがったお餅はアンコや大根おろしの絡み餅になって皆さん美味しそうに食べていました。松本純代議士ももちつきに参加し、町内会の方々から喝采があがっていました。(秘書斎藤報告)

■1030〜(地元)野毛2丁目成人式/伊勢山皇大神宮

野毛2丁目成人式が伊勢山皇大神宮境内の子之神様で斉行されました。伊勢山皇大神宮神官により野毛2丁目町内会の安全祈願と成人式の祝詞奏上がなされました。今年の野毛2丁目の新成人は砂川直也さんです。役員の皆さんと新成人をお祝いしました。(秘書古正報告)

●1100〜(地元)三艘町内会新年会/三艘町内会館

三艘町内会新年会が三艘町内会館で開催され、松本純代議士が出席しました。斉藤洋子会長より「今年の元旦は穏やかな天気で迎えられ初日の出を見ることができ、良いスタートが切れました。健康には気をつけて、皆さんで手を取り合って良い一年にしていきましょう」との挨拶がなされました。松本純代議士より新年の挨拶と今年の国会対策委員長代理としての決意が述べられました。特別顧問の国吉一夫県議、黒川勝市議、高橋徳美市議からも新年の挨拶がなされた後、お食事をいただきながら新年会が続きました。(秘書大村報告)

●1200〜瀬ヶ崎西部町内会新年会/瀬ヶ崎西部町内会館

瀬ヶ崎西部町内会の役員新年会が瀬ヶ崎西部町内会館で開催されました。出席した松本純代議士は星野公一会長や町内会役員の皆さんから歓待され近況と町内会の発展を祈念致しました。(秘書森報告)

■1200〜(地元)野毛2丁目新年会/かつ半

野毛2丁目新年会が野毛の「かつ半」で開かれました。田井昌伸町内会副会長より「今年1月1日から野毛2丁目が野毛地区の年番となります。野栄会、青年部、婦人部の皆様にお世話になり無事、子之大神例大祭が行う事が出来ますようご協力を宜しくお願いいたします」との挨拶がなされました。懇親会に入り、和やかな新年会となりました。(秘書古正報告)

●1230〜(地元)新條流平成30年度盃交換会・新年会/町屋町内会館

新條流の平成30年度杯交換会・新年会が開催され松本純代議士が出席しました。開会と同時に家元より師範の先生方一人一人にお祝いの杯にお屠蘇が注がれました。松本純代議士も家元からの杯をいただき、一年の邪気を払い長寿が願われました。(秘書斎藤報告)

●1430〜(地元)平成30年横浜市医師会賀詞交換会/横浜ロイヤルパークホテル

平成30年横浜市医師会賀詞交換会が横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。国歌、市医師会歌の斉唱に続き、水野恭一会長より年頭挨拶がなされました。林文子横浜市長、横倉義武日本医師会長、松本研横浜市会議長、菊岡正和神奈川県医師会長より来賓祝辞がなされました。褒賞規程表彰、看護専門学校退任講師への感謝状贈呈がおこなわれ祝宴に入りました。(秘書古正報告)

●1700〜(地元)末吉町3・4町内会新年会/ホテルマイステイズ横浜

末吉町3・4町内会新年会がホテルマイステイズ横浜で開かれました。小山哲夫会長より「皆様方には日頃町内会にご支援ご協力いたしまして、改めて御礼申し上げます。今年は祭礼のような大きな行事はありませんが、秋にはリクレーションを予定しております。直近では桜まつりがございます。町内の行事を一つ一つこなして行こうと思いますが、皆様方のご支援無しでは出来ませんのでよろしくお願いいたします」との挨拶がなされました。松本純代議士、原聡祐県議、伊波俊之助市議の挨拶、松本研市議のメッセージがなされ、槇泰敏前会長の乾杯の音頭で祝宴に入りました。(秘書古正報告)

■1800〜(地元)西大道町内会新年会/西大道共立会館

西大道町内会の新年会が西大道共立会館で開かれました。佐波弘之会長より新年の挨拶と西大道が抱える4つの課題「高齢化に伴う担い手不足」「空き家対策」「認知症対策」「災害時の大道中学校の施設利用方法」のお話がなされました。続いて国吉一夫県議、黒川勝市議、高橋徳美市議より激励と新年と挨拶がなされ、松本純事務所からも代理で挨拶をいたしました。くじ引きゲームなどの催しも行われ楽しい新年会となりました。(秘書大村報告)

■1800〜(地元)大道町内会新年会/大道集会所

大道町内会役員新年会が大道集会所で開催されました。開会後、長谷川俊光会長より年頭の辞が述べられ町内会の更なる結束協力が依頼されました。来賓挨拶では松本純代議士代理として新年のご挨拶を申し上げ、代議士近況と町内会のご発展を祈念致しました。乾杯の発声後は和気あいあいとした歓談とビンゴゲームが行われと大賑わいの後、閉会となりました。(秘書森報告)

●1830〜(地元)石川町1丁目町内会新年会/ピッツェリア・クオヴァティス

石川町一丁目の新年会にお招きいただき、松本純代議士が参加しました。次の会と重なっていた為、開会前に諸岡繁春会長、役員さん達にご挨拶し、次の会場に向かいました。新年会は諸岡会長より地域の防災、安全と高齢者の楽しみの為に昨年新しくなった町内会館を中心に進めていきたい。とのご挨拶がありました。その後、来賓議員の挨拶があり、乾杯の後は和やかな新年会となりました。(秘書斎藤報告)

●1830〜(地元)第21回松本研新年会/ローズホテル横浜

第21回松本研新年会がローズホテル横浜で開催されました。一月一日、横浜市歌の斉唱に続き、神田信男氏より主催者代表の開会挨拶がなされました。松本純代議士、島村大参議、原聡祐県議から祝辞がなされました。松本研市議から「横浜市会議長として、国、県とのパイプをしっかり作りながら横浜市民の生活を守っていく事が大切だと思います。これからもまだまだ少子高齢化が進み、生産労働人口が減っていく中で、横浜の魅力、市民力をどうやって向上させて行くかという大きな課題がありますが、皆様と共に素晴らしい活力ある横浜を実現するために全力で頑張って参ります」との謝辞がなされました。(秘書古正報告)


1月6日(土)晴れ時々曇り

●1000〜(地元)磯子区消防出初式/杉田臨海緑地

磯子区消防出初め式が開催され、式典に松本純代議士が出席しました。天候にも恵まれ青空の下大勢の皆さんが見守る中式典が開催され、最初に永年勤続の消防団員の方々への表彰、そして消防行政に尽力された町内会や施設に感謝状が贈られました。続いて消防局長の訓示が読まれ、磯子区消防署長のご挨拶、来賓の祝辞がありました。松本純代議士は来賓として紹介されました。(秘書斎藤報告)

■1000〜(地元)富岡西部町内会餅つき/富岡西部町内会館

富岡西部町内会の餅つきが富岡西部町内会館で開催されお邪魔しました。齋木教之会長や桑折勝利前会長、町内会の皆さんから歓待され、餡ころ餅ときな粉餅、温かい豚汁のおもてなしをいただきました。食中毒対策としてお餅の持ち帰りや、辛味餅は無しとの事でしたが突きあがったお餅を婦人部の皆さんが手際よく仕分けして来場者に配布されていました。齋木会長には自民党国会対策委員会委員長代理としての代議士近況をお伝えし、餅つき会ご盛会のお喜びを申し上げました。(秘書森報告)

■1000〜(地元)平成30年中区消防出初式/横浜情報文化センター

平成30年中区消防出初式が横浜情報文化センターで開催されました。木遣、纏振込、国歌斉唱に続き、永年勤続消防団員表彰、一般功労者表彰が行われました。横浜市消防局長代理の加藤雅之横浜ヘリポート空港長より「昨年は7月の梅雨前線や台風3号の影響により福岡県を中心に大きな被害となった九州北部豪雨など風水害による被害が多く発生しました。本市におきまして10月に季節外れの台風が連続して上陸、接近した際には家屋の浸水や崖崩れなどの被害が発生しました。今後台風や大地震など大規模災害の発生が危惧されている状況を踏まえますと本市消防力の強化に取り組むことはもちろんのこと、地域の防災組織、地元企業の皆様と更なる連携強化と防災訓練などを通じた自助、共助の推進が最も重要です。また消防団の充足率の向上、車両、資機材の整備などの充実強化を図り、日頃から地域に根差した活動を展開している消防団の皆様と共に地域防災力の向上に向け取り組んで参ります」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1100〜(地元)東町七草粥の会/東町町内会館

東町七草粥の会が開催されお邪魔しました。毎年恒例の大きなお釜で七草粥が作られていました。町内会のみなさんが会館に集まり今年一年間の無病息災を祈り美味しいできたての七草粥を召し上がります。(秘書斎藤報告)

●1200〜(地元)関勝則平成30年新春の集い/ホテル横浜ガーデン

関勝則市会議員の平成30年新春の集いが開催され、松本純代議士が出席しました。会場には大勢の後援会の皆さんが集まり、満員の状況でした。開会にあたり和田浩佑後援会長よりご挨拶があり、大勢の皆さんに出席のお礼と、来年に迫った統一地方選挙において、関勝則議員の4期目の当選に向けて更なる支援のお願いが述べられました。続いて松本純代議士より挨拶が述べられ、昨年の中曽根康弘先生の白寿のお祝いの挨拶て話された「縁を結び、縁を尊び、縁に従う」との一文から、今日、参加された皆さんとの縁を大事に更に大きく関勝則先生が成長される事と来年の統一地方選挙では松本代議士も共に力を尽くしていくとのお話がありました。(秘書斎藤報告)

■1300〜(地元)横浜市加賀町消防団新春出初式/山下町公園

横浜市加賀町消防団新春出初式が山下町公園で開かれました。国旗掲揚に続き、加賀町消防団第1・2・3・4分団長、家庭防災員代表より状況報告がなされました。県知事表彰、市長表彰、局長表彰、団長表彰の後、中区長、中消防署長などの来賓挨拶がおこなわれました。との挨拶がなされました。高畠一義加賀町消防団長より「昨夜も地震がありましたが、今世界各地で大地震が起こっております。また昨年は大型台風が発生しゲリラ豪雨などの自然災害が多いとしでした。また世界各地で多くのテロも発生し、我々も来年のラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックに向けてのテロ災害への訓練に励んでおります。中消防署は本年設立100年を迎えますが、わが加賀町消防団は120数年の歴史があります。数多くの先輩方が昼夜を問わず、火事被害減少に励んでいただきました。この歴史を我々は後世に伝えていかなければなりません。今年一年間肝に銘じて頑張って参ります」との謝辞がなされました。(秘書古正報告)

●1300〜(地元)金沢シーサイドタウン連合自治会新春賀詞交歓会/富岡並木地区センター

金沢シーサイドタウン連合自治会の新春賀詞交歓会が富岡並木地区センターで開催され松本純代議士が出席いたしました。はじめに増田一行会長より「子供たちにふるさとをつくろうという思いから金沢シーサイドタウンサマーフェスタなどを盛り上げています。高齢化が進む中でコミュニティバスなどのアクセス充実などの課題はありますが、力を合わせて活気ある街にしましょう」との挨拶がなされました。来賓を代表して金沢区町内会連合会・横井正巳会長、國原彰弘金沢区長、金沢区議員団当番幹事による挨拶がなされました。松本純代議士も司会を務められた鎌田義隆事務局長よりご紹介をいただきました。(秘書大村報告)

■1300〜(地元)中区肢体障害者福祉協会新春交流会/桂宮

中区肢体障害者福祉協会新春交流会が中華街の「桂宮」で開かれ、出席しました。到着時は既に綱川健一会長や森下市朗さんなど会員の皆さんが和やかに歓談されていましたが、松本純事務所から一年間務めた国家公安委員会委員長、防災担当大臣などを無事務め上げたことや、衆議院総選挙などのお礼を申し上げました。(秘書古正報告)

■1800〜(地元)通夜:故小泉久雄氏/追浜・大野屋

金沢区の地域でお世話になっている小泉久雄さんが逝去されお通夜がセレモホール大野屋で営まれました。松本純代議士代理として弔問し、喪主で奥様のソノエ夫人やご遺族の方々にお悔やみを申し上げ久雄さんのご冥福をお祈りいたしました。(秘書森報告)

■1800〜(地元)内川町内会新年会/内川町内会館

内川町内会新年会が内川町内会館で開催されました。開会後、来賓挨拶が行われ、内川町内会特別顧問を務める高橋徳美市議から近況と町内会の発展が祈念されました。続いて松本純代議士代理として私から新年のご挨拶を申し上げ代議士近況をお伝えしました。町内会長挨拶では岩崎健一朗会長より新年挨拶と町内会報告、新たな事業取り組みについて説明報告がなされました。挨拶後は大高トク子さんの乾杯の発声で歓談となり、賑やかで和気あいあいとした新年会が続きました。(秘書森報告)

●1800〜(地元)平成30年根岸地区新春初顔合せ会/ホテル横浜ガーデン

平成30年根岸地区新春初顔合わせ会が開催され松本純代議士が出席しました。根岸地区連合町内会の川村清治副会長の開会の辞の後、根岸地区連合町内会長の横田秀昭さんよりご挨拶があり、地域の防災・減災や福祉の取り組みなどのお話があり、支え合うやさしい町根岸を合言葉に、供助を中心に地域活動をはかり、住みよい根岸づくりを行っていくと述べられました。続いて松本純代議士より、昨年の防災大臣時の様々なお話があり、防災については、県・市・国が一体となって地域の安心、安全の為に力を尽くして行きたいとの挨拶が述べられました。(秘書斎藤報告)


1月5日(金)曇り

■0920〜(地元)金沢区消防出初式/横浜市大金沢八景キャンパスシーガルセンター

金沢区消防出初式が横浜市立大学金沢八景キャンパスシーガルセンターで挙行されました。六浦睦町内会保存会の木遣・纏振りで式典が始まりました。各部門表彰がなされ、横浜市消防局長のメッセージが代読されました。國原彰弘金沢区長、横井正巳会長、金沢区選出議員団当番幹事より祝辞が述べられました。金沢区消防署・小出健署長と金沢消防団・平野龍雄団長による謝辞が述べられ閉会となりました。(秘書大村報告)

●1000〜(党務)党本部新年仕事始め/党本部901号室

自由民主党党本部新年仕事始めが党本部901号室で開催されました。松村祥史幹事長代理の司会で進行され、国歌君が代の斉唱の後、安倍晋三総裁、二階俊博幹事長からの挨拶、橋本聖子参議院議員会長から挨拶並びに乾杯の発声で懇談になりました。安倍総裁からの挨拶は、「昨年は酉(とり)年、申酉(さるとり)騒ぐ。確かに騒がしい年だったが、その次がある。戌(いぬ)笑う。今年は笑顔あふれる1年間にしていきたい」と述べ、昨年の衆院総選挙については、「去年、無事に衆議院選挙を終えて、新年を迎えることができたが、決して勝利におごることなく、緊張感を持って、選挙を通じて約束したことを一つ一つ実行していくことに全力を傾注していかないといけない」と、自民党が多く票を得た事に触れ「大きな責任を背負った」と述べ、今後も緊張感を持って国民の声に応える姿勢を示しました。さらに、今年の干支の戊戌(つちのえ・いぬ)と同じ昭和33年が東京タワーの完成に象徴された高度経済成長の幕開けとなり、人々に希望を与えた年となった事に触れ、「時代に対応した国の姿、理想の形をしっかりと考え議論することがわれわれに課せられた歴史的使命であり、衆院選における国民との約束を一つひとつ実行していく事で、人々に希望を与える年にしたい」との決意を示しました。さらに、「イヌは人間より嗅覚は一億倍、聴力もはるかに力強い。目の前の出来事に右往左往することなく、未来への道筋を嗅覚でかぎわけ、声なき声にしっかりと耳をかたむけながら進んでいきたい」との決意を示した内容であり、前日の4日に沖縄県を訪問した二階俊博幹事長は「次なる戦いは始まっている」とし、2月4日投開票の名護市長選挙や秋の沖縄県知事選挙などを念頭に、一致団結して勝利を目指す姿勢を強調しました。 続いて乾杯の音頭を取った橋本聖子参院議員会長は、戌年にちなみしっかりと嗅覚を研ぎ澄まし、1年半後に迫った参院選挙の勝利に向けて臨む決意を表明しました。(秘書渡部報告)

■1030〜(地元)平成30年中区賀詞交換会/ローズホテル横浜

平成30年中区賀詞交換会がローズホテル横浜で開催されました。横浜市歌斉唱に続き、中区賀詞交換会実行委員会・平山正晴実行委員長より「29年は中区90周年、開港記念会館100周年を迎えました。その記念式典やハローヨコハマなど大事なお祝いが行われ、この上ない歓びでありました。今年30年はどうしたら中区が良くなるかは三つあります。一つは横浜市、中区の役員の方々、警察、消防と連絡を密にすること。 二つ目は連合町内会の皆様と手を取り合って、横の連絡を密にして楽しい中区を作り上げること。三つ目は大事な子供さんやお年寄りが中区に住んで良かったと思える、楽しい楽しい中区を作り上げることです。今日から皆さんと手を繋ぎあって楽しい中区、住みよい中区を作り上げましょう」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

※1030〜(参考)役員会/党本部総裁応接室

●1100〜(党務)役員連絡会/党本部総裁応接室

役員会・役員連絡会後、二階幹事長記者会見(平成30年1月5日(金)12:59〜13:12 於:党本部平河クラブ会見場)が開かれ下記の通り発言されました。

【冒頭発言】(小泉筆頭副幹事長)
明けましておめでとうございます。本年初めての記者会見となりますので、今年も一年間宜しくお願いしたいと思います。今日の役員会の概要報告をさせて頂きます。
安倍総裁からは今年が素晴らしい年になるよう、党一丸となって力を合わせていきたい。年末に二階幹事長を団長とする与党交流協議会が訪中し、大きな成果を上げて頂いたことに感謝をしたい。平和友好条約40周年の節目に日中関係が大きく改善される基盤を固め、良い流れを作っていただいた。また今国会は働き方改革の実現を進めるとともに、国民に約束した一つ一つのことを実行していくことこそが私たちの使命だという発言がありました。
高村副総裁からは証券市場は快調であるが、この流れを全国津々浦々に拡げ、多くの国民が笑える戌年になるよう、皆で努力していきたいというお話がありました。
森山国対委員長からは第196回通常国会は政府から1月22日に召集する方針であることを伺っているが、それを受け、来週12日(金)13時30分から議運理事会を行う方向で調整している。理事会に先立ち、同日午前に与野党国対委員長会談を開き、平成29年度補正予算や30年度予算審議をはじめ今後の国会運営について野党に協力を呼びかける予定であるということです。
関口参議院国対委員長からは衆参で野党第一党が異なる難しい状況だが、衆院の国対とも連携し対応したいというご発言がありました。
橋本参議院会長からはとうとう来年は参議院選挙だ。今年の各級選挙で勝ち抜くことが私たちの蓄積となるといったご発言です。
吉田参議院幹事長からはデフレ脱却、北朝鮮情勢、憲法改正などの重要課題に真剣に取り組んでいかなければならない重要な年であるというお話でした。
塩谷選対委員長からは「勝って兜の緒を締めよ」の気持ちで、驕ることなく進めて行きたい。特に沖縄の選挙は一つ一つ勝ち切りたいというお話でした。
岸田政調会長からは今国会提出予定法案の案件やスケジュールなど関係省庁と詰めていきたい。また先の選挙の公約を実現する年だ。一つ一つ前に進め、目に見える結果を出したいというお話でした。
最後に竹下総務会長からは19日に総務会を開催予定であるというお話がありました。
以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)
改めまして、明けましておめでとうございます。これからまた一年、皆さんにお世話をかけますが、よろしくご協力をお願い申し上げます。役員会の私の発言を紹介します。
本日から仕事始めであるが、初心を忘れず、謙虚に政権運営・党運営を進めて行くことは言うまでも無い。ご協力をお願い致します。年末の日中与党交流協議会は自公で22名の国会議員の参加を頂き、無事に終えることができた。引き続き両国関係改善に導くために、一層力を尽くして行きたい。政府におかれてもよろしく協力をお願いする。
昨日、塩谷選対委員長、萩生田幹事長代行、林幹事長代理と共に沖縄に出張した。沖縄は今年、選挙イヤーで南城(なんじょう)市長選、八重瀬(やえせ)町長選、2/4の名護市長選、3月の石垣市長選、9月の各級議会選挙、秋には県知事選挙、那覇市長選など重要な選挙が予定されている。党としても国会議員を派遣するなど、総力を挙げて戦い抜きたいと思っております。
本年、日本とインドネシアは国交樹立60周年を迎えた。その開始を祝う行事として、1月20日にジャカルタにおいて開会式典が開催される。この開会式典に出席すべく、総理特使として、また、日本・インドネシア国会議員連盟会長、そして、60周年記念事業実行委員会名誉顧問という立場で、今回インドネシアを訪問することになりました。是非とも両国国民の友情が更に発展するよう祝福をしたい。また今回の訪問には、自民党の若手議員にもご参加いただく予定。インドネシアの国会議員と交流し、議員同士の友好の絆も深めていきたい。我が国にとってインドネシアは、心と心で結ばれた友人。国交樹立60周年を盛り上げ、二国間関係を更に発展させるために、今後も一層努力していきたいと考えております。
以上です。

※1100〜(参考)閣議/官邸

閣議の概要について申し上げます。人事が決定されました。大臣発言として、松山大臣及び国家公安委員会委員長から「交通事故防止対策の推進について」、それぞれ御発言があり、私(官房長官)から「羽生善治氏及び井山裕太氏に対する国民栄誉賞の授与について」、申し上げ、安倍総理大臣から「海外出張不在中の臨時代理等について」、御発言がありました。閣僚懇談会においては、松山大臣から「『少子化克服戦略会議』の開催について」、御発言がありました。(菅義偉内閣官房長官)

■1100〜(地元)平成30年金沢区賀詞交歓会/金沢地区センター

平成30年金沢区賀詞交歓会が金沢地区センターで開催されました。横井正巳実行委員長より「金沢区は今年で区制70周年を迎えます。それを記念して今年の金沢まつり花火大会では4000発の花火をあげたいと思っています。また金沢公会堂のオープニング記念に、みなさんに協賛金をお願いをしてスタインウェイのピアノを置きたいと思っています。子供たちに夢と希望を与えられる街にしましょう」との挨拶がなされました。続いて國原彰弘金沢区長、金沢区選出議員団当番幹事より挨拶がなされ、国会議員紹介では衆議院議員・松本純代理としてご紹介いただきました。今年の区民栄誉賞(牡丹賞)は競技エアロビック、自転車競技、ラグビー、英語プレゼンテーション、バスケットボール、競技ヨーヨーの種目から6名の方が受賞されました。(秘書大村報告)

●1130〜(国対)役所説明/議員会館1-302

通常国会への対応について説明を受けました。

■1200〜(地元)平成30年磯子区賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

磯子区の平成30年の賀詞交換会が開催され、松本真純夫人と参加しました。今年は磯子スポーツセンターが改装中で使用できない為、中区のロイヤルホールで開催されました。開会にあたり新年賀詞交換会の実行委員の連町会長さんの紹介があり、つづいて実行委員長である高田誠連町会会長よりみなさんへ今日の参加のお礼と、今年も地域のつながりを大事に行政、地区の協力を得て磯子区が益々発展できる様に努力して行くとのご挨拶がありました。次に来賓の挨拶と紹介、鏡開きがありました。小高藤安磯子警察署長の乾杯でにぎやかな賀詞交換会がスタートしました。(秘書斎藤報告)

■1200〜(政務)(一社)大日本水産会新年賀詞交歓会/ホテルオークラ

一般社団法人大日本水産会新年賀詞交歓会がホテルオークラ東京別館B2F「アスコットホール」で開催されました。白須敏朗会長から、「今年は、戊(つちのえ)の年。大地、戌(いぬ)は伐採用のカマを表し、あわせて「冬枯れの大地」を意味し、厳しい冬を乗り越えるための「備え」が重要な年ともいうようです。北朝鮮の脅威をめぐり、周辺国の思惑の違いが錯綜し、この先どのような展開になるのか、予見も予断も不能です。具体策はなく、不測の事態に目を配りつつ、平常心を保って、最新の正確な情報を集め、なすべきことに優先順位をつけて行動するという、当たり前の作業を繰り返す以外に道はないが、水産基本計画の改訂、漁港漁場整備計画の策定、平成29年度補正予算、平成30年度予算の編成等を踏まえて、水産業界も、飛躍の年にしたい」との挨拶がありました。引き続き、長谷成人水産庁長官、鈴木俊一オリパラ大臣、林義正文部科学大臣、石破茂自民党水産基本政策委員長、齋藤健農林水産大臣、小野寺五典防衛大臣をはじめ、多くの来賓からの挨拶の後、伊藤滋(マルハニチロ(株)代表取締役社長)副会長の乾杯の発声で懇親になりました。(秘書渡部報告)

■1600〜(政務)化粧品歯磨業界連合新年会/東京プリンスホテル

東京化粧品工業会、日本歯磨工業会、一般財団法人日本粧業会3団体の共催で平成30年化粧品歯磨業界連合新年会が、東京プリンスホテル「鳳凰の間」で開催されました。主催3 団体の魚谷雅彦(株式会社資生堂)会長、濱田和生(サンスター株式会社)会長、岩倉具房(株式会社ウテナ)理事長が紹介された後、3 団体を代表して東京化粧品工業会魚谷雅彦(株式会社資生堂)会長の挨拶があり、続いて、経済産業省商務情報政策局商務・サービスグループ江崎禎英商務・サービス政策統括調整官、厚生労働省大臣官房森和彦審議官からの来賓挨拶、出席国会議員本人の来賓紹介の後、日本化粧品工業連合会の小林一俊会長より挨拶並びに乾盃の発声の後、懇親になりました。(秘書渡部報告)

■1600〜(地元)横浜商工会議所平成30年会員年頭祝賀会/横浜ロイヤルパークホテル

横浜商工会議所平成30年会員年頭祝賀会が横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。 国家斉唱に続き、上野孝会頭より「昨年の経済情勢を見ますと、2010年末から始まった景気拡大局面が高度成長期のいざなぎ景気を超え、更に長期化いたす様相をいたしておりますが、地域経済を支える中小・小規模企業を取り巻く経営環境は経営者の高齢化や人手不足の顕在化が賃金の上昇にも影響を及ぼすなど依然として厳しい状況を余儀なくされております。平成30年を迎えるにあたり、今年こそ安定した政権の下、実効性のある経済対策の断行などによって本格的なデフレ経済からの脱却を実現いたし、あらゆる企業が景気回復を実感できる一年にしたいと心から願っております。会頭就任時に中期ビジョンといたしまして横浜ルネッサンスの礎を築くことを提唱させていただきました。本年はまさに区切りの年といたしまして、決意も新たに横浜が開港当時のように日本においても世界から見ても特別な街として発展をするようにオール商工会議所、オール横浜の体制により三か年計画の総仕上げの年として諸事業に邁進して参りたいと存じております」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1800〜(地元)平成30年洋光台地区新年賀詞交換会/洋光台地域ケアプラザ多目的ホール

平成30年洋光台地区新年賀詞交換会が洋光台地域ケアプラザ多目的ホールで開催されました。開会後、君が代斉唱が行われ、主催者挨拶では洋光台地区連合自治町内会・三上勇夫会長より洋光台地区の再生とリニューアル、開発事業について述べられました。続いて洋光台地区社会福祉協議会・遠藤洋子会長より例年行われている子供たちから高齢者宛ての年賀状書き、健康寿命を延ばすための洋光台フィットネス(健康体操)の取り組み等高齢者への支援活動について述べられました。来賓紹介では行政機関、各自治会長、地元県市議の紹介と当番幹事議員による挨拶がなされました。国会議員紹介挨拶では松本純代議士より、防災担当大臣を務めた見地から災害復興にかかる予算と被災地の現状を述べ、洋光台地区のリニューアルや発展開発にあたり地域と行政、国・県・市の議員との連携による安心安全な街づくりが必要不可欠である旨を述べ洋光台地区の更なる発展を祈念いたしました。(秘書森報告)

●1900〜(地元)根岸橋通商和会新年会/永興楼

根岸橋通商和会新年会にお招きいただき松本純代議士が出席しました。開会にあたり堤幸雄会長よりご挨拶があり、地元の商店街の廃業や様々な商店街の変化などの状況が述べられ、これからも負けずに頑張っていきたいとのお話がありました。松本純代議士からは、地元の野毛の飲食店の活性化の状況が話され、地域の為にこれからも地域の皆さんと共に尽くして行きたいとの挨拶がありました。乾杯のあとはなごやかな懇親会が行われました。(秘書斎藤報告)

●1920(1800)〜(地元)神無会1月例会/横浜市内

神奈川県の経済界の皆さんの新年会にお招きいただきました。


1月4日(木)曇り時々晴れ

●1000〜(地元)横浜市会新年賀詞交歓会/市庁舎市会棟4F大会議室

公明党横浜市会議員団・無所属へご挨拶

自民党横浜市会議員団へご挨拶

横浜市会新年賀詞交歓会

横浜市会新年賀詞交歓会が市庁舎市会棟4F大会議室で開催されました。横浜市歌青少年につたえて、林文子市長より「お陰さまで横浜市政中期4ヶ年計画の最終年度となり、残り3ヶ月となりました。ほぼ100%近く達成出来たと思います。私が夢と描いてきたことが、横浜市の成長と市民の皆さまの心豊かな生活を同じ思いで進めてきた結果ではないかと思います」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

■1100〜(政務)(一社)全国銀行協会新年賀詞交歓会/パレスホテル東京

一般社団法人全国銀行協会新年賀詞交歓会がパレスホテル東京2階葵の間で開催されました。平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)から、「新たなビジネスモデルの構築に挑戦することで、この危機を乗り越え、成長への道筋を見いだす強い意志と努力が求められる。従来型の預貸ビジネスを超える、例えばグループ機能を統合的に活用したソリューションの提供や、金融仲介・事業仲介を通した地方創生への貢献、あるいはデジタル化を活用した改革など、新たな事例が数多く生まれてくるのではないかと見ている。2018年は、日本の持続的成長の実現に向けて、今年にも増して重要な1年になると思う。内外の政治経済情勢に目を配りながら、安定的な資産運用への支援、質の高い金融仲介機能の発揮、金融インフラの整備等を通して、その実現に向け貢献できるようしっかり取り組んでいきたい。金融機関としての基本的な機能をしっかり維持しながら、つまり社会インフラとしての決済機能や、お客さま、つまり法人・個人の経済活動あるいは生活をしっかり支えるという基本的な使命を維持しながら、一方では大胆に、ビジネスモデルのあり方、あるいは新しい商品・サービスの投入、そして抜本的な経営効率の改善に取り組まなければいけないと考えている」との挨拶がありました。麻生太郎副総理・財務大臣、黒田東彦日本銀行総裁からも挨拶がありました。(秘書渡部報告)

●1100〜(地元)自民党横浜市連役員初顔合わせ/市連会館

自民党横浜市連役員初顔合わせが市連会館で開かれました。神棚への灯明、二拝二拍一拝に続き、坂井学市連会長より「来年の天皇陛下のご退位、皇太子のご即位が決まり、来年の統一地方選挙が平成の世の最後の選挙となるのではと思います。統一地方選挙に向けての大事な年となります。今年一年が皆様方にとりまして素晴らしい年になりますようご祈念申し上げると共に私も精いっぱい頑張って参りますのでよろしくお願いいたいします」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)

●1200〜(地元)馬車道商店街協同組合新年賀詞交換会/ヨコハマ創造都市センター

馬車道商店街協同組合の新年賀詞交換会が開催され松本純代議士が出席しました。開会にあたり六川勝仁理事長より「馬車道は今年151年目を迎えます。2019年にはラグビーワールドカップ2019、2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。開発が進む横浜において、観光地や施設の接点の街である馬車道から横浜を盛り上げていきましょう」との挨拶がなされました。松本純代議士より参加された皆さんへ新年の挨拶に回りました。(秘書大村報告)

■1215〜(政務)(一社)生命保険協会新年賀詞交歓会/経団連会館

一般社団法人生命保険協会平成30年新年賀詞交歓会が、経団連会館2Fゴールデンルームで開催されました。橋本雅博会長(住友生命保険社長)は、「生命保険協会ではこれまで、持続可能な社会保障制度への貢献や、消費者目線に立った経営、高齢者対応、保険教育の推進、健康寿命の延伸や金融資本市場の活性化等の成長戦略への貢献、国際競争力強化に資する意見発信を行うなど、継続的な取組みを実施してきました。生命保険事業の健全な発展に向けた基盤整備を進めるとともに、これまでの取組みを一層推進するために、以下の三つの柱を掲げて取り組んでまいります。一つ目は、安心社会の実現に向けて−生命保険事業の役割の発揮−であります。二つ目は、健康長寿社会の実現に向けて−健康で心豊かな社会づくりへの貢献−であります。三つ目は、生命保険事業の基盤整備に向けた活動−活力ある資本市場への貢献等−であります。」と挨拶の後、乾杯の発声で懇親になりました。麻生太郎副総理・財務大臣からは、「5年前にデフレ脱却を掲げ、日銀に金融緩和をやってもらい、アベノミクス政策を推し進めてきた。当時は経済をよく知らない記者にいろいろと叩かれたが株価は堅調だ。首相在任期間中に株価を一番押し上げたのは、佐藤栄作首相で3.07倍にした。次に中曽根康弘首相で2.87倍。安倍首相は2.3倍(平成29年12月29日)で3番目になった。2倍以上、上げたのはこの3人。きょうも500円を超えている。株価上昇は年金などの資産運用の場面で、すでに国民の利益になっており、目に見えてよくなっている。そのうえで、少子高齢化の壁があり、次世代への道筋をつけたい。生産性を高めることが課題だ」との挨拶がありました。(秘書渡部報告)

●1400〜(地元)横浜船主会・横浜港運協会共催平成30年新年賀詞交換会/ロイヤルホールヨコハマ

横浜船主会・横浜港運協会共催平成29年新年賀詞交換会がロイヤルホールヨコハマで開催されました。藤木幸夫横浜港運協会会長より「今年は平成のラストのとしであります。昭和、平成、そして新しい元号になりますが、港の場合、昭和を顧みるとありがたい時代でありました。昭和の時代に港の格が変わったんです。平成に入り、横浜の港を国の港にしようと考えました。当時上海、釜山などは皆子国の港で発展していました。そうした近隣の港に勝つには国の港にない、国が直接経営しなければと思い、やっとできたのが横浜川崎国際港湾株式会社です。平成の効果はこれ一つです。新しい元号での入り口に今立っています。何年後か、我々の後輩達に、子供達、孫が担当する時が来たら、彼らに良い点数を付けて貰いたいのが今日の新年の皆様へのお願いです」との挨拶がなされました。(秘書古正報告)


1月3日(水)晴れ時々曇り

●0830〜(政務)松本純後援会・國容会新年ゴルフ会/久能カントリー倶楽部

気の置けない中高の同級生とゴルフを楽しんできました。残念ながら楽しむレベルには至らず、思うようにスイングができず、なんとゴルフは難しいスポーツかと思い知らされました。体で覚えるスポーツはもっと時間をかけて丁寧に準備をしなければなりません。当分の間、ゴルフは諦めましょう。

●終日〜事務処理

明日から政務がスタートします。また忙しい毎日が始まりますが、今年も元気に、力の出し惜しみをせず頑張りぬきたいと思います。


1月2日(火)晴れ時々曇り

●1030〜恒例ファミリーお墓参り/円福寺

今日はお墓参りに行ってきました。保土ヶ谷にある円福寺です。孫たちも初めての経験で楽しんでいる様子でした。

●1200〜(地元)TEAM HRK 新春顔合わせ/錦寿司

平木茂チームの皆さんの新年会にお招きいただきました。野毛を中心にした地元の皆さんの新年会です。


1月1日(月)曇り時々晴れ

■0000〜(地元)瀬戸神社歳旦祭・鶏鳴神事/瀬戸神社

瀬戸神社歳旦祭・鶏鳴神事が神社本殿で斎行されました。氏子町内から選ばれた年男、年女が鶏の鳴き声を上げ、平和で幸せな新年の夜明けを祈願する祭事です。佐野和史宮司による祝詞奏上後、年男年女の男女3名による「コケコッコー」の鳴き声で新年を迎えました。(秘書森報告)

●0500〜(地元)実践倫理宏正会京浜金沢支部元朝式/鈴鹿ビル

(一社)実践倫理宏正会・京浜金沢支部平成30年元朝式が鈴鹿ビルで開催されました。新年を迎え、国家斉唱の後、上廣哲治会長の「年頭の辞」が代読されました。続いて来賓議員挨拶では松本純代議士より、明治150年(明治元年から起算して今年は150年にあたり、政府は明治以降の歩みを後世に遺す取り組み)を薬剤の歩みを例にたとえ、新たな発展に向かって行かれる事を祈念した挨拶を述べました。(秘書森報告)

●0700〜(地元)末吉3・4丁目国旗掲揚式/末吉町国旗掲揚塔

末吉町3・4丁目の元旦恒例の国旗掲揚式が末吉町国旗掲揚塔で行われました。国旗掲揚塔は昭和39年に東京オリンピック開催記念として建立され、「この旗のもとに」と刻まれた元衆議院議員・藤山愛一郎の石碑が建てられています。末吉昭和会、万年青会、松本研市議、原聡明祐県議、伊波俊之助市議が参集されました。小山哲夫会長より挨拶がなされた後、今年一年の無病息災をお祈りして乾杯をいたしました。(秘書大村報告)

●1000〜ファミリー恒例初詣/伊勢山皇大神宮

ファミリー恒例の初詣。素晴らしいお天気の中で、我が家全員でお参りに行きました。

■1000〜(地元)中原熊野神社元旦祭/中原熊野神社

中原熊野神社の元旦祭に参加しました。天気にも恵まれ日差しが暖かい朝となりました。杉原博昭宮司により元旦祭が無事に終了し、一年の安寧が祈念されました。(秘書斎藤報告)

■1045〜(地元)森浅間神社元旦祭式典/森浅間神社

森浅間神社の元旦祭にお招きいただき代理出席しました。雲ひとつない青空の下大勢の参拝の皆さんが長い列を作っていました。松本小寿恵宮司により元旦祭が無事に終了しました。(秘書斎藤報告)

●1200〜ファミリー恒例お雑煮会/自宅

ファミリー恒例のお雑煮会です。孫たちにお年玉をプレゼント。おせちとお雑煮に舌鼓を打ちました。

●1400〜ファミリー恒例松本母に新年あいさつ/市内

松本純の母にも新年のご挨拶をしました。元気そうで何よりでした。

●1600〜ファミリー恒例志村母に新年あいさつ/市内

妻真純の母に新年のご挨拶をしました。お元気そうなお顔を拝見し安心しました。

●1800〜ファミリー恒例夕食会/自宅

夜は一家そろっての夕食会。

●2000〜ファミリー恒例麻雀大会/自宅

ファミリー恒例の麻雀大会も開催されました。毎年一回の麻雀ですが、過去のデータなどを見るとそれぞれの性格も現れていて大変興味深いものです。


新年明けましておめでとうございます

今年も「出来ることは全てやる」との気概で頑張ります!

 


目次へ     トップページへ