松本純の復帰奮戦記2003-09

2003(平成15)年9月

トップへ 目次へ 前のページ へ 次のページへ

9月30日(火)

●京急金沢八景駅

皆様からいただいた声の中でもっとも大きかったのは「治安」。何としても「世界でもっとも治安の良い国」といわれてきたことが神話にならぬよう、今頑張りたいと思います。

●神奈川新聞

開戦前夜 かながわ選挙区情報

1区

再選を目指す民主・佐藤に返り咲きを狙う自民・松本が挑む。
事実上の一騎打ちの構図だが、社民が擁立を模索するなど候補乱立の気配もあり波乱含みだ。
出馬を表明しているのは松本、佐藤、共産・中家の3人。松本と佐藤の過去の対決は1勝1敗。前回は1万票差(9万1千対8万1千)で佐藤が現職だった松本を振り切っている。
佐藤にとって前回、候補を立てた自由(2万3千)が民主と合流したのは好材料だ。一方で統一地方選で躍進した「ヨコハマから日本を変える会」の代表(7月に辞任)を努めたことなどに連合(前回は推薦)が反発。一部の労組を軸に対立候補探しが進む。社民も候補擁立を模索中で同党元県議らの名が浮上している。佐藤自身は環境問題の勉強会を主催するなどして労組との関係改善や支持拡大に努めている。
薬剤師でもある松本は健康づくりなど身近な課題をまとめた政策チラシ「かわら版」を使い街頭などで支援を広げる。政策面の訴えでは医療、年金問題などを重視。県議、市議のネットワークで自民支持者を固める一方、統一選で3万4千票(1区内)を得た公明との連携も進めていく。
中家は磯子区選出の前市議。駅頭では福祉など市政課題も訴えながら共産候補の前回得票(2万8千票)の上積みを目指す。
県都の中心地(中区)を含む選挙区。前回選挙では自民の苦戦ぶりを象徴した「1区現象」(首都圏などで閣僚経験者ら現職が相次ぎ落選)の1つとなった。各党とも「都市部での戦いの行方を占う重要区」と位置付け力を注ぐ。

  1区(3人) 00民96自
  松本   純53  党支部長  自河元 @
  佐藤謙一郎56  党国交相  民 現  C
  中家  治子49  元横浜市議 共 新


9月29日(月)

●京急六浦駅

PCを新しく変えたら、デジカメの読み込みが思う通りに行かず、緊急事態です。しばらく写真が載せられない状況です。済みません(10/06に直りましたのでアップしました)。しかし、いつもと変わらず朝の国政報告は続けています。見かけましたら、ぜひ声をかけてください。

●自民党横浜市連政経パーティー開催

午後6時よりパンパシフィックホテルにて安倍晋三幹事長を来賓として迎え、盛大な政経パーティーが開催されました。主催者の挨拶に続き、神奈川1区の私をはじめ衆院選立候補予定者が挨拶に立ち決意を述べました。


9月26日(金)

●「松本純さんを励ます会」開催

皆様、こんにちは!すみれ会の会長を務めさせていただいている本田でございます。

過日9月26日にプリンスホテルにて盛大に開催されました「松本純さんを励ます会」には多くの皆様にご出席いただき誠にありがとうございました。

さて、その様子をご都合でご出席できなかった皆様にもお伝えしたいと思います。

まずはじめに「松本純さんを励ます会」の開会にあたり主催団体を代表し、「純政会」(松本純さんを国会議員にする神奈川1区県市会議員の会)の代表世話人である村上健司県議からお礼のご挨拶と所属議員の紹介がなされました。金沢区からは黒川澄夫市議、相川光正市議、国吉一夫県議、峯尾舜前県議、磯子区から関貞彦市議、新井敏二郎県議、渕龍一前市議、中区から村上健司県議、伊波洋之助市議、松本研市議の全員が出席されました。

そして経済界を代表して藤木幸夫さんから激励のご挨拶をいただきましたが、その中で「励ます会」が「松本純総決起大会」に切り替えられ、松本純選挙事務長予定者に高橋輝一郎さんが推薦され了承されました。

いよいよ選挙本番近し!ですね。

 その後、友人激励で河野太郎衆議院議員がご挨拶にたたれ、若者らしく元気いっぱいに「自民党総裁選で若い世代から候補者を立てようと運動しました。推薦人があと一人足りませんでした。松本純がいたら我らの世代から候補者を出すことができました。きっと安倍幹事長ばかりかもっと多くの世代交代が進んだのではないでしょうか。そういう意味では日本の政治を少し改革し損ねた。理由は松本純がいなかったからです。神奈川1区の有権者の皆さんの責任は非常に重いということをぜひ感じていただきたい。」と歯切れの良いお話をいただきました。

それを受け、松本純さんからはお礼に続き、「前回の落選から3年3ヶ月。その間、足元を見つめ、未来を見つめ、もだえ苦しむ中で、次の挑戦者としてふさわしい自分自身を創り出すことができるだろうか、と一日一日を過ごしてきました。いよいよ、その審判を仰ぐ日が近づいてきました。私は、いま武者震いがとまりません。信じ、歩んできた道を、一人でも多くの方に理解していただき、その仲間の輪の広がりで、総選挙に勝利したいと願っています。まさにその第一歩が本日の総決起大会です。お集まりの皆さんのお一人お一人の力を私に与えていただきますよう、投票日最後の最後まで気を緩めることなく、共に闘っていただきますよう心からお願い申し上げます。」と訴えられました。

そして、荒川前会長と私から純さんと真純(ますみ)奥様に激励の花束、また純さんにはタスキを贈呈いたしました。

総決起大会は歓談の後、川本守彦実行委員長の中締めのご挨拶に続き、松本純後援会三橋一夫会長によりガンバローコールがなされ閉会になりました。

(すみれ会 会長 本田節子)


9月24日(水)

●JR新杉田駅

昨日は秋分の日でお休みしました。台風や雨やいろいろな条件で開催できない日も多く、苦慮しています。今朝は新杉田駅にうかがいました。「まちかど政治瓦版」も7号を配布してきましたが、8号については微妙な次期に差し掛かりますので、発行可能かを検討しています。


9月22日(月)雨風

●台風の影響

今朝は台風の影響で雨風共に強く、早朝駅頭演説会を洋光台予定していたのですが、中止としました。ごめんなさい。


9月21日(日)雨

●安倍晋三氏が自民党幹事長に!

いや〜、驚きました。小泉総裁は、幹事長に安倍さんを指名。3期生で閣僚経験のない49歳の幹事長の誕生は劇的でした。この写真は5月に官邸にお邪魔したときの写真なのですが、もっぱら「北朝鮮拉致事件」の解決について、地域活動がどうあるべきかを議論したときのものです。安倍さんが自民党政調の社会部会長のとき、私が副部会長で「介護保険制度」を創設するために共に汗を流した同志です。若い者が指導力を発揮できる環境がつくられ大変うれしく思うと同時に、「自民党が変わった」と実感しました。


9月20日(土)雨

●小泉自民党総裁再選

本日午後2時から自民党本部で実施された議員投票により、小泉純一郎自民党総裁が再選された。得票は下記の通り。「間もなく実施されるであろう衆議院選挙、参議院選挙において政権政党として信任を受けられるように、そして国民政党、改革推進政党として責任を果たす」と力強い挨拶がなされた。

総裁候補者 議員投票 党員投票 合計
小泉純一郎 194 205 399
亀井 静香 66 73 139
藤井 孝男 50 15 65
高村 正彦 47 54
合計 357 300 657

総数657票の過半数は329票。小泉総裁候補は1回目の投票で過半数を越え、再選された。


9月19日(金)

●京急富岡駅

今朝も暑い朝でした。富岡駅は裏表に出入り口があり、東側の口にお邪魔しました。久しぶりにお目にかかる方もいて、体が二つあったら両方の口でご挨拶をしたい思いです。今日は総裁選の郵便投票の締切日。皆さん投票していただけたでしょうか。明日は自民党本部で議員による投票が行われます。どのような結果が出るか・・・。


9月18日(木)

●京急能見台駅

暑い暑い、ワイシャツの内側を汗がツツッと伝わるのを感じます。出勤・通学の皆さんも到着するまで大変ですね。また、電車の中の混雑も相当なようで、降りてくる方々も朝からぐったりしている様子。しかしこれは厚さのせいでしょうか。


9月17日(水)

●京急金沢文庫駅

今週から朝6時半にセットするようにしました。いつも同じ時間にお出かけになるのでしょうから、会えない方は、ずっと会えないことになってしまいますから、少し時間をずらしてみたのです。やはり予想通りで、今まで会わなかった顔見知りの方々と会えてホッとしました。「まちかど政治瓦版」にいろいろなご意見が引き続き届いていますが、やはり「不安」がいっぱい。先の見える政策が示されなければなりませんね。


9月16日(火)

●京急金沢八景駅

私はモーニングセミナーがあり欠席しましたが、スタッフにより「まちかど政治瓦版」の配布をしました。


9月12日(金)はれ

●JR根岸駅

今朝も良い天気でしたが、台風14号のせいでしょうか、ものすごく蒸し暑い朝でした。「まちかど政治瓦版第6号」の配布も今日で一回り終了です。 本牧和田の皆さんが施設見学に出発しましたが、お世話役の伊波洋之助先生の奥様が早くから準備に飛び回っておられました。暑いですから気をつけて行ってらっしゃい! 来週からは第7号、内容は「地域力」についてお伝えします。


9月11日(木)はれ

●JR磯子駅

今日も良い天気でした。磯子駅の歩道橋の上で「まちかど政治瓦版」を配布するとともに、ブルーリボン運動についてご説明しお願いしました。 昨日は名古屋で亀井さんの応援にいった石原慎太郎東京都知事の田中均発言で大騒ぎ。今朝のニュースでも取り上げられていましたが、小泉総理の「爆破物を仕掛けた方が悪い」というのは当然だ。 今朝は4時から起きて、メールでのご意見・ご質問がたくさん届いていたのに一気に返事を書きました。お便りありがとうございました。


9月10日(水)

●JR新杉田駅

良い天気です。しかし残暑は厳しい。 新杉田駅頭にて「瓦版」の配布に汗を流しました。今日もあっという間に一日が過ぎてしまうのでしょうが、私にとっては大事な大事な一日です。 頑張ります。


9月9日(火)

●京急杉田・屏風ヶ浦駅

今朝は早い時間から選対会議があるため、スタッフだけで二手に分かれ「瓦版」を配布しました。
夕方のニュースで野中広務元幹事長の今期限りで政界からの引退が表明され大騒ぎ。時代は確実に変ってきていること、世代交代が着々と進んできていることを強く感じました。


9月8日(月)

●JR洋光台駅

今朝は洋光台駅です。この地域は治安に関して敏感なようで「まちかど政治瓦版」の受け取り率は大変高かったです。ピッキングなどで何度も泥棒に入られたという人もいて、来年の予算で警察官の増員などが重要になると思います。 また、自民党の総裁選が今日から始まります。小泉、亀井、高村、藤井の4氏によって20日の投票日に向け熾烈な戦いが展開されます。この議論の中で日本の問題点が浮かび上がってくると思います。


9月5日(金)

●京急富岡駅

今朝は良い天気でした。残暑が続くそうですが、気温も高いようで汗びっしょりになってしまいました。駅頭では今日も搬入車が出たり入ったりで大忙しな様子。 瓦版の受け取り率は高いのですが、出入り口が線路を挟んで2ヶ所にあるため、反対側の皆さんには私が直接訴えられず、残念です。 ニュースではマンギョンボン号の入港の様子が繰り返し報道されていますが、国際法で認めざるを得ないといっても、なんだか理解できない光景ですね。


9月4日(木)

●京急能見台駅

今朝は曇り。今にも雨が降り出しそうでした。 横浜高校に向かう学生さん達がたくさん降りてきますが、みんな夏休みで真っ黒に日焼けし、たくましく元気そうでした。 次代を担う子ども達が、自分自身の可能性に自らが気がつき、大いにその可能性を発揮できる社会を築かなければ・・・。昨年285万件の犯罪が発生し、その40%は少年少女によって引き起こされた事件と聞くと、わが国の教育問題を家庭・学校・地域社会であらためて考え直さなければならないと強く思います。


9月3日(水)

●京急金沢文庫駅

今朝は金沢文庫にお邪魔しました。お天気は良く、気温もぐんぐん上がってきているようで、汗びっしょりになりました。「まちかど政治瓦版」第6号を配布しましたが、お客さんの数から比較すると受け取り率はちょっと低いような感じでした。今日はあとの予定があり8時ジャストで終了しましたが、今後はできる限り30分延長したいと思っています。


9月2日(火)

●京急金沢八景駅

今朝は八景駅に行きました。学生さんがいっぱいでごった返していました。他に2グループがビラまきをしていて、駅前は大騒ぎ。安倍さんと全国展開を図っている「ブルーリボン」運動の一環で、リボン配りをしましたが、昨年の事件直後の反応に比べると、皆さんの関心は低くなっているように感じました。自分のことで精一杯ということなのでしょうか・・・?。


9月1日(月)

●京急六浦駅

今朝は曇り。とうとう9月になってしまいました。早いものですね。学校が始まったようで、学生さんたちも元気に出かけていました。 「まちかど政治瓦版」も第6号が完成し、今日から配布を始めました。テーマは「治安」でこちらに書いてあるとおり、日本は今、危機的状況にあり「緊急対策」示され、来年の予算が審議されています。


目次へ     トップページへ