松本純の復帰奮戦記2003-03

2003(平成15)年3月

トップへ 目次へ 前のページへ 次のページへ

3月31日(月)

●宝田良一候補街頭演説、個人演説会


3月27日(木) 神奈川県知事選挙告示

●宝田良一候補出陣式


3月25日(火)

●祈る!イラク戦争早期終結

世界平和は全ての人の願いであることは言うまでもない。戦争と平和、どちらを求めるかと問われて戦争と答える人はいないでしょう。

しかし、イラク戦争は始まってしまいました。
18日10:00(米国17日20:00)国連安保理の採択を得ないまま、ブッシュ米大統領はイラクのフセイン大統領に対する最後通告を行い、48時間以内にフセイン大統領と長男ウダイ、次男クサイが亡命(国外退去)しなければ武力攻撃に踏み切ると演説しました。
20日10:00(米国19日20:00)国外退去を求めた最後通告の猶予期限が切れました。
バグダットに奇襲攻撃をかけて以来、米英軍の空爆と地上戦が展開され、今日の段階でバグダットまで80kmの地点まで進攻してきました。毎日テレビにクギ付けの状態です。
一日も早いイラク戦争の終結を祈っています。

また、我が国日本の対応、小泉純一郎総理の決断については、苦渋の決断といえ最善の選択をしていると私は考えます。国連が絶対的のものではないことが露呈された以上、我が国が脅威にさらされている北朝鮮の核ミサイルなどに対して、自国を守りきれない日本は、唯一同盟国のアメリカに頼らざるを得ないことは誰でも理解できることでしょう。もっと最善といえるのは国家、国民の安全を自力で守ることのできる自立した日本を創り上げることでしょうが、戦後半世紀以上経ってもぬるま湯に浸っている状況で即時解決できません。さまざまな問題が先送りされていることを皆さんと共に認識した上で世界平和と我が国の安全保障について国政の今後を注意深く見守っていきましょう。


3月16日(日)

●事前街頭活動

●中区決起大会


3月13日(木)

●かおり幼稚園のお母様方国会見学

皆さん、国会参観お疲れ様でした。
わずかな時間で充分なご説明ができませんでしたが、少し政治が身近になったのでは ないでしょうか。
日本の国会は議院内閣制といって国会議員の中から総理大臣が選出され、内閣がつくられます。そして総理は行政の長として様々な政策を実現していきます。総理を支える与党と他の総理候補を押した野党が国会の中で討論し、総理は少数の声にも耳を傾けより良い政策に練り上げる努力を重ねていきます。しかし、国会の現実は厳しいもので、政府・与党提出の法案は通常八割以上成立しますが、野党から提出された法案は私の知る限り成立率ゼロです。
政権与党が政策を決める絶対的権力を持つことになるのですから、私は無所属や野党サイドにいて外から政権を批判するよりも、与党に身を置いて政策を実現させる、また内部から自民党そのものの信頼回復の努力を重ねる道を選びました。勿論政治家の質の問題は重要ですが、私は介護保険制度や臓器移植法案を成立させた時のように、経済再生・医療福祉等社会保障制度改革・教育改革などに取り組み、自らの主張によって日本の未来を具体的に創っていくことが最も重要なことであると確信しています。
政治家の独りよがりの未来造りは認められません。なぜなら政治そのものは皆さんのものなのですから・・・
次代を担う子供たちが夢・希望を持って21世紀を生き抜くことができるよう、大人の責任を共に果たしていきましょう。
ありがとうございました。


3月7日(木)

●宝田良一事務所開き

本日午前11時から中区相生町に宝田良一さんの後援会事務所開所式が200名を超える人々が集まり、無事にとり行われました。
いよいよ本拠地が出来上がり、短い時間ですが、間もなく始まる神奈川県知事選挙に向けて準備が始まります。
決して全てが整った完璧な事務所とはいえませんが、多くのお仲間が集まり賑やかに事務所が動き始めました。


3月6日(水)

●各種団体へ出馬報告へ

 


3月4日(月)

●自民党本部は宝田良一氏を神奈川県知事に最適任とし推薦する決定をしました。

宝田 良一 / プロフィール

生年月日 昭和23年1月8日生(55歳)
学 歴 昭和40年6月 セント・ジョセフ・カレッジ高等学校(横浜)
  昭和40年9月 上智大学国際学部入学
  昭和41年9月 米国ボストン大学経営学部編入
  昭和44年5月 米国ボストン大学卒業・学士号
職 歴 昭和46年 母校セント・ジョセフインターナショナルスクール教師
  平成13年4月 合資会社寶田商店(食器・インテリア)代表社員
公 職 昭和59年 社団法人横浜生年会議所理事長
  昭和61年 神奈川県国際平和推進協議会副会長
  平成11年7月 2002ワールドカップ市民の会会長
現 在 協同組合元町SS会(商店街)理事長
  ボストン大学日本同窓会理事
家 族 妻・二男・一女
趣 味 音楽鑑賞、スポーツ(サッカー、野球、空手)

宝田良一後援会事務所
「元気を出そう神奈川の会」

〒231-0064横浜市中区相生町4-75 JTB・YNビル1F

電話 045-640-6260
FAX 045-640-6269


3月3日(月)

●宝田良一氏知事選出馬表明記者会見

3月3日午後6時から横浜ロイヤルパークホテルにて、このたびの神奈川県知事選に出馬を決めた宝田良一氏の記者会見が行われました。
民間経済人が立候補することに驚きと期待を持って友人、特に商店街関係者や青年会議所関係者が激励に駆けつける中、神奈川県政の自立を訴えた宝田氏に大きな拍手が送られていました。
私も、今期たまたま横浜青年会議所シニア会会長を務めている立場から応援の弁を述べさせていただきました。皆さんと共に「民間人だからできる県政」に期待し応援したいと思います。


3月2日(日)

●岡村第10回梅まつり

岡村に梅園があるのをご存知ですか?
毎年梅まつりにご招待いただいているのですが、今年は前日の大雨によって準備にはそうとうご苦労されたそうです。
今年も梅の開花状況は良く、公園の管理を含め愛護会の皆さんの毎日の献身的ご尽力に敬意を表するところです。また、まつりには地元の自治会役員や婦人部の皆さんが模擬店で腕を振るっておられました。新たな取り組みで、港南台のマロニエと岡村の梅を支える両地域が交流をはじめる調印式が執り行われ、次にどのような新たな花を咲かせるか楽しみです。


目次へ     トップページへ